バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

ナノ秒オーダーのきわめて短い電気刺激による免疫細胞の活性化

2019年06月13日 | 医療 医薬 健康
日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2019.06.12
熊本大学

熊本大学パルスパワー科学研究所の矢野憲一教授を中心とする研究グループは、血液の細胞分化研究に使われるヒト培養細胞 HL-60 を好中球と呼ばれる免疫細胞へと分化させ)、これにナノ秒パルス高電界を作用させた際に誘起される細胞の応答反応を解析しました。その結果、細胞からの染色体DNA の放出や、細胞核内で DNA を巻きつけているタンパク質であるヒストンにシトルリン化※ 3 と呼ばれる特殊な修飾反応が生じることを観察しました。
https://research-er.jp/articles/view/80197
コメント   この記事についてブログを書く
« 脳画像解析により、てんかん... | トップ | 新生児集中治療室で保育され... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事