バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

機能性胃腸症治療剤

2018年04月03日 | 生薬・植物成分と薬効 漢方
出願人: 大正製薬株式会社
発明者: 二階堂 隆人

出願 2005-154867 (2005/05/27) 公開 2006-327999 (2006/12/07)

【要約】【課題】 機能性胃腸症は、機能性胃腸(管)障害の下位概念にあたり、症状が胃を中心とした上部消化器系に対する症状である。同じ機能性胃腸(管)障害に含まれ、小腸・大腸を中心とする下部消化器系に対する症状である過敏性腸症候群(IBS)と機能性胃腸症とは異なる疾患である。機能性胃腸症に対しては有効な薬物は開発されておらず、医療現場では対症療法を中心に薬剤が使用されていた。本発明は、未だ有効な薬剤がない機能性胃腸症に対して有効な薬剤を提供することにある。【解決手段】 ピペリンまたはピペリンを含有する生薬(コショウまたはヒハツ)を有効成分とする機能性胃腸症治療剤。

http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2006327999/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安全な食品素材由来であるIL−8産生促進剤

2018年02月16日 | 生薬・植物成分と薬効 漢方
IL−8産生促進剤とその用途

出願人: 株式会社カネカ
発明者: 薩 秀夫, 前 辰正, 塚川 美寿, 北原 幹郎, 横田 真一, 清水 誠

出願 JP2004017443 (2004/11/17) 公開 WO2005051405 (2005/06/09)

【要約】安全な食品素材由来であるIL−8産生促進剤、及び、これを含有する免疫賦活剤、または感染症の予防又は処置剤を提供することを課題とする。ペパーミント、ドクダミ、カンゾウからなる少なくとも1種の植物抽出物を有効成分として含有する組成物がIL−8産生を促進すること、およびα−フムレン、α−ピネン、β−ピネン、L−メントールからなる群より選ばれた少なくとも1種の化合物を有効成分として含有する組成物がIL−8産生を促進することを見出した。それらIL−8産生促進剤は、免疫賦活剤、または感染症の予防又は処置剤を配合する飲食品に使用できる。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/s2005051405/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビルベリー又はその溶媒抽出物、枇杷葉又はその溶媒抽出物は、カルパイン活性抑制作用が顕著に優れる

2017年10月30日 | 生薬・植物成分と薬効 漢方
カルパイン活性抑制剤

出願人: 株式会社コスモステクニカルセンター
発明者: 藤代 美有紀, 矢作 彰一, 岡野 由利, 正木 仁

出願 2010-168286 (2010/07/27) 公開 2012-025713 (2012/02/09


【要約】【課題】カルパインの過剰な活性化によりもたらされる種々の疾患の予防及び治療に利用できる安全性に優れたカルパイン活性抑制剤を提供すること。【解決手段】ツツジ科スノキ属に属する植物、バラ科ビワ属に属する植物からなる群から選択される1種又は2種以上の植物又はそれらの植物の溶媒抽出物、特にビルベリー又はその溶媒抽出物、枇杷葉又はその溶媒抽出物は、カルパイン活性抑制作用が顕著に優れることを見出した。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2012025713/

審査最終処分:未審査請求によるみなし取下
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

当帰芍薬散の評価方法およびその評価用マーカー遺伝子の同定方法

2017年10月27日 | 生薬・植物成分と薬効 漢方
出願人: 財団法人奈良県中小企業支援センター, 学校法人北里研究所google_iconyahoo_icon, 国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学
発明者: 加藤 彰, 庄條 昌之, 金谷 重彦, 早崎 知幸, 櫻井 正智, 池田 達彦, 二宮 由佳

出願 2009-181805 (2009/08/04) 公開 2011-030528 (2011/02/17)

【要約】【課題】当帰芍薬散の患者に対する効果および適合性を評価する方法、ならびに当帰芍薬散方剤の活性を評価する方法などを提供する。【解決手段】当帰芍薬散投与前後における発現変動遺伝子を、統計学的手法を用いて、網羅的に解析し投薬前後で遺伝子発現比が有意に変動している遺伝子のなかから、当帰芍薬散の効果を評価するためのマーカー遺伝子になりうる遺伝子を同定し、その同定されたマーカー遺伝子の投薬前後における発現変動を解析することにより当帰芍薬散の効果および適合性を評価する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2011030528/

審査最終処分:未審査請求によるみなし取下
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

認知機能改善を示すヤマイモエキスの臨床研究

2017年10月26日 | 生薬・植物成分と薬効 漢方
和漢薬研究から健康づくりへ 認知機能改善を示すヤマイモエキスの臨床研究 富山大学・和漢医薬学総合研究所・神経機能学分野 東田千尋(教授)ら

日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2017.10.25
富山大学

和漢薬成分のジオスゲニンがアルツハイマー病モデルマウスの記憶障害改善作用、および正常マウスの記憶能力向上作用を有することを発見してきたが、今回、その基礎研究に基づき実施した臨床研究で、ジオスゲニン含有ヤマイモエキスによる健常人の認知機能向上効果を証明し、その成果を論文として発表した。
https://research-er.jp/articles/view/64277
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山薬とウチワドコロの混合物の生薬抽出物を含有する糖尿病性末梢神経病症の予防及び治療用組成物

2017年09月08日 | 生薬・植物成分と薬効 漢方
複合生薬抽出物を含有する糖尿病性末梢神経病症の予防又は治療のための組成物

出願人: ドン−ア エスティ カンパニー リミテッドgoogle_iconyahoo_icon
発明者: キム、スン−フェ, ソン、ミ−ウォン, チェ、サン−ジン, キム、ヒョ−ジュ, リュ、ジャ−ヤン, キム、サン−ヨウ


出願 2013-558774 (2011/12/29) 公開 2014-508189 (2014/04/03)

【要約】【解決課題】本発明は、山薬(Dioscorea Rhizoma)とウチワドコロ(Dioscorea nipponica)の山薬:ウチワドコロ=3*5:1(w/w)の混合物の生薬抽出物を含有する糖尿病性末梢神経病症の予防及び治療用組成物に関する。【解決手段】本発明による山薬(Dioscorea Rhizoma)とウチワドコロ(Dioscorea nipponica)の山薬:ウチワドコロ=3*5:1(w/w)の混合物の生薬抽出物は、山薬またはウチワドコロの単独抽出物、山薬とウチワドコロの他の重量比の生薬混合物の抽出物に比べて、糖尿病の発病により減少している生体内神経成長因子の含量を増加させる作用機序を通じて神経細胞の死滅を防止し、神経の再生を促進させる効果において相乗的な上昇効果を示すことができる。従って、糖尿病性末梢神経病症の予防及び治療用薬学組成物及び健康機能食品で使用され得る。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2014508189/



生薬抽出物を含有する退行性神経疾患の治療又は予防のための組成物

出願人: ドン−ア エスティ カンパニー リミテッドgoogle_iconyahoo_icon
発明者: キム、スン−フェ, ソン、ミ−ウォン, チェ、サン−ジン, キム、ヒョ−ジュ, リュ、ジャ−ヤン, キム、サン−ヨウ

出願 2013-558773 (2011/12/29) 公開 2014-509609 (2014/04/21)

【要約】【解決課題】本発明は、山薬(Dioscorea Rhizoma)とウチワドコロ(Dioscorea nipponica)の3*5:1の重量比(w/w)で混合された生薬抽出物を含有する退行性神経疾患の予防または治療用医薬組成物及び健康機能食品に関する。【解決手段】本発明による山薬(Dioscorea Rhizoma)とウチワドコロ(Dioscorea nipponica)の3*5:1の重量比で混合した生薬抽出物は、生体内の神経成長因子含量の増加、神経細胞の増殖の増加、神経突起形成促進、認知能力の向上において相乗効果を有する。従って、本発明の生薬抽出物は、退行性神経疾患の予防または治療用医薬組成物及び健康機能食品に使用され得る。

http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2014508189/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

漢方の主原料「カンゾウ」を国産化 武田薬品が成功 脱中国依存へ

2017年08月01日 | 生薬・植物成分と薬効 漢方

 武田薬品工業は、漢方薬の主要な原料である生薬「カンゾウ」の量産に日本で初めて成功したと明らかにした。平成32年までに同社製品に使うカンゾウをすべて国産に切り替える方針。現在は中国からの輸入に頼っているが、価格高騰などで安定調達に不安があり、国内での栽培研究に取り組んでいた。 産業経済新聞SankeiBiz。online.,2017.7.31
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東洋紡、自社工場で漢方植物人工栽培

2017年07月15日 | 生薬・植物成分と薬効 漢方

産業経済新聞SankeiBiz。online.,2017.7.15 05:00

 東洋紡は14日、富山県の自社の植物工場を活用し、漢方薬の原材料となる薬用植物の人工栽培に向けた研究を始めると発表した。現在は約9割を輸入に頼っている薬用植物で人工栽培による安定供給を確立し、将来的に医薬品や化粧品メーカーなどへの販売を目指す。
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170715/bsc1707150500008-n1.htm
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プロセシンググルコシダーゼ阻害剤

2017年07月07日 | 生薬・植物成分と薬効 漢方


出願人: 富士フイルム株式会社

出願 2014-169457 (2014/08/22) 公開 2014-210825 (2014/11/13)

発明者: 本間 俊之, 西河 淳
【要約】【課題】植物に由来する安定性および安全性の高い成分を有効成分として含有する新規なプロセシンググルコシダーゼ阻害剤を提供すること。【解決手段】サラシノールを有効成分として含有する、プロセシンググルコシダーゼ阻害剤。

http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2014210825/


プロセシンググルコシダーゼ阻害剤

出願人: 富士フイルム株式会社
発明者: 本間 俊之, 西河 淳

出願 2011-074084 (2011/03/30) 公開 2012-206982 (2012/10/25)

【要約】【課題】植物に由来する安定性および安全性の高い成分を有効成分として含有する新規なプロセシンググルコシダーゼ阻害剤を提供すること。【解決手段】サラシノールを有効成分として含有する、プロセシンググルコシダーゼ阻害剤。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2012206982/

審査請求:有 審査最終処分:特許登録
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サラシア属植物由来の組成物、および該組成物の製造法

2017年07月06日 | 生薬・植物成分と薬効 漢方
出願人: 学校法人近畿大学, 株式会社ダイアベティム
発明者: 村岡 修, 赤木 淳二, 三宅 荘八郎, 森川 敏生, 吉川 雅之

出願 2009-051033 (2009/03/04) 公開 2010-202597 (2010/09/16)

【要約】【課題】サラシア属植物由来の抽出物、該抽出物を含有する血糖値上昇抑制用医薬組成物および健康食品、さらに前記抽出物の品質評価方法を提供する。【解決手段】脱硫酸コタラノールを高濃度で含有することにより、マルターゼ阻害活性の高いサラシア属植物由来の抽出物を得ることができる。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2010202597/




α−グルコシダーゼ阻害活性を有する化合物の定量方法、及びサラキア属植物又はその抽出液のα−グルコシダーゼ阻害活性評価法

審査請求:有 審査最終処分:特許登録

出願人: 学校法人近畿大学, 株式会社ダイアベティム
発明者: 村岡 修, 吉川 雅之, 森川 敏生


出願 2007-265750 (2007/10/11) 公開 2009-092597 (2009/04/30)

【要約】【課題】α−グルコシダーゼ阻害活性を有するサラシノール、コタラノール又はこれらの類縁化合物の、正確かつ簡便な定量方法を提供し、かつ、前記定量方法を使用してサラキア属植物やその抽出液のα−グルコシダーゼ阻害活性を、正確で簡便に評価する方法を提供する。【解決手段】サラシノール、コタラノール又はこれらの類縁化合物の標準試料について、高速液体クロマトグラフ質量分析を、擬似分子イオンに該当する陰イオン又は陽イオンについての選択イオンモニタリングで行い、マススペクトルピーク面積と化合物量との関係Aを求め、被分析試料についての同様な測定によりマススペクトルピーク面積を得、関係Aとの対比によりα−グルコシダーゼ阻害活性を有する化合物を定量し、この定量値に基づきサラキア属植物等のα−グルコシダーゼ阻害活性を評価する。

http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2009092597/

註)サラシア属植物とは、インドやスリランカなどの亜熱帯地域に自生する、つる性の植物です。
現地では古くからの歴史を持つ貴重な植物として、健康維持のために利用されています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加