バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

本庶さんと小野薬品、対価巡り深い溝 知財専門家に聞く

2019年06月13日 | NEWSクリッピング
朝日新聞degital.,2019年6月13日
聞き手・嘉幡久敬

京都大の本庶佑・特別教授が突き止めた分子「PD―1」をもとに開発されたがん免疫治療薬「オプジーボ」。本庶さんはPD―1の特許を共有する小野薬品工業に、対価が少なすぎると不満を募らせている。

https://www.asahi.com/articles/ASM6D63JRM6DPLBJ00H.html
コメント   この記事についてブログを書く
« 中国で誕生の遺伝子編集の双... | トップ | 持続可能な医療社会へ、高度... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

NEWSクリッピング」カテゴリの最新記事