バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

不均一ながん幹細胞及びその用途

2015年01月18日 | 細胞と再生医療

出願番号 : 特許出願2014-42544 出願日 : 2014年3月5日
公開番号 : 特許公開2014-207889 公開日 : 2014年11月6日
出願人 : 国立大学法人 岡山大学 発明者 : 妹尾 昌治 外2名

【課題】新しいがん治療の技術を提供する。
【解決手段】以下の工程を含むことを特徴とする、がん治療薬のスクリーニング方法:
工程1:iPS細胞をがん細胞の培地に含まれる培養成分の存在下に培養して、不均一ながん幹細胞を含む細胞集団を誘導する工程、
工程2:不均一ながん幹細胞を含む細胞集団にがん治療薬の候補物質を作用させて、がん幹細胞に有効ながん治療薬をスクリーニングする工程
特許資料>>astamuse 2014

コメント   この記事についてブログを書く
«  医療、経口、非経口、薬液、... | トップ | パナパナソニック、息で肺が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

細胞と再生医療」カテゴリの最新記事