バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

細胞・組織内酸素濃度測定のための高感度近赤外りん光イリジウム錯体

2015年09月11日 | 医療 医薬 健康
出願番号 特願2013-244120
公開番号 特開2015-101567
出願日 平成25年11月26日(2013.11.26)
公開日 平成27年6月4日(2015.6.4)
発明者
吉原 利忠
小野寺 研一
菊池 俊毅
飛田 成史
出願人
国立大学法人群馬大学

発明の概要 【課題】細胞や組織などの酸素濃度を効率よく測定でき、りん光寿命の長い化合物を提供する。

【解決手段】下記一般式(I)で表される化合物を用いて酸素濃度を測定する。



[R1は水素、ハロゲン等、R2はそれぞれ独立に水素原子又は炭素数1~6の炭化水素基を、nは1~5の整数を示す]

J-Store >>国内特許コード P150012275
コメント   この記事についてブログを書く
« 新規錯体化合物、並びにそれ... | トップ | 生命がいなくても酸素を豊富... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事