バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

中国で誕生の遺伝子編集の双子、短命のリスクか 研究

2019年06月13日 | NEWSクリッピング
19:29 発信地:パリ/フランス [ フランス ヨーロッパ ]

【6月5日 AFP】中国の研究者がゲノム編集の技術を使ってエイズウイルス(HIV)に耐性がある遺伝子を持つ双子を誕生させた問題で、同様の遺伝子変異が先天的にあった人はそうでない人より寿命が短いとする研究結果を、米カリフォルニア大学バークレー校(University of California at Berkeley)などの研究チームが3日、医学誌ネイチャー・メディシン(Nature Medicine)に発表した。 AFP BB News.,2019年6月5日
コメント   この記事についてブログを書く
« A型の血液をO型に変え誰にで... | トップ | 本庶さんと小野薬品、対価巡... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

NEWSクリッピング」カテゴリの最新記事