まらずもうブログ

日本まらずもう協会公式ブログ

新弟子募集

2021-03-08 10:00:00 | 募集について

日本まらずもう協会では新弟子を募集しています。

入門を希望される方は、

  (1)しこ名(『貴乃花 光司』のようにフルネームで考えてください)

  (2)出身地(都道府県名、外国出身の場合は国名)

  (3)希望する初土俵時の地位(序ノ口か幕下付出のどちらか)

  (4)連絡先(深夜・早朝にメールを発信することもあるので、携帯電話以外のメールアドレスを推奨)

の4点を明記の上、日本まらずもう協会(marazumou@gmail.com)までメールをください。 左側のメニューバー(上のほうです)にある「メッセージを送る」をクリック してもメールが送れますが、その場合は連絡のとれるメールアドレスを明記してください。また、質問・疑問などがある場合にも左記のメールアドレスへ。

 

 

<まらずもう入門に関するQ&A>

Q1 まらずもう力士ってなにをするの?

A1 大相撲の開催期間中にあわせて、朝まらの状態(=まらずもうの結果)を報告していただきます。そのとき、取組の状況をかるく説明してもらえると、まらずもうブログの記事が書きやすいので、たすかります。


Q2 いそがしいから参加できるかどうか、わからないんだけど・・・?

A2 いそがしい場合は、場所の途中で休場していただいてかまいません。たとえば、平成25年夏場所は参加力士18人中、皆勤した力士が13人、途中休場が2人、全休したのが3人でした。休場=負けとして計算され、負け越したときには番付が降下しますが、それ以上のペナルティーはありません。


Q3 まらずもうって朝にやらなくちゃだめ?

A3 夜勤などで睡眠時間が不規則なひともいるので「取組は朝以外でもOK」というルールになっています。つまり、「徹夜して朝がえりのあと、そのまま布団にもぐりこんで、夕方目覚めたときの状態を報告」というのはルール上問題ありません。ただし、「朝負けていたので、いったん起きて活動したあと、昼寝して再試合」はルール違反です。

 

Q4 ところで、お金はかかるの? 

A4 力士のみなさんからお金は一切あつめていません。力士のみなさんが負担するのは、結果報告のための電話料金やインターネット料金くらいです。なお、勝負のためにAVを借りてきたり、にんにくを食べたりという場合の出費も経費で落ちたりはしません。各自負担です。

 

Q5 力士に給料はでないの?

A5 給料はでません。すいません。そのかわり、力士のみなさんには場所ごとに番付表が届きます。(番付表の配布はやめてしまいました)

 

Q6 じゃあ優勝賞品もないの?

A6 ごめんなさい。財政基盤がよわいもので賞品を準備できません。物好きなお金持ちがスポンサーになってくれませんかねえ。ねえ?

 

Q7 んじゃ、力士になると、どんないいことがあるの?

A7 毎朝のまらの状態を気にかけることは、日々の健康状態を気にかけることにつながります。実際に多くの力士から『食事や睡眠についてきちんと考えるようになり、健康状態がよくなった』との報告がよせられています。

 

Q8 宗教の勧誘とかじゃないの?

A8 まらずもうは神事から発生しているので、歴史的に見れば宗教行事として行われた時代もありました。しかし、現代のまらずもうはスポーツとして行われており、宗教色はできるだけ排除しています。ですから、なんらかの宗教に勧誘されるということは決してありませんし、どのような宗教・宗派のかたであっても自由にまらずもうをとることができます。

 

Q9 部屋に所属したりしなきゃいけないの?

A9 まらずもうでは部屋に所属するかどうかは自由です。おなじ会社や学校どうしでひとつの部屋をつくる力士もいますし、一匹狼でまらずもうに取り組む力士もいます。大相撲では「同部屋力士の対戦がない」など特定の力士に有利にはたらくルールが存在しますが、まらずもうでは部屋に所属しているかどうかで不利な扱いをうけることは一切ありません。

 

010 競技が競技なんで、素性を明かしたくないんだけど、素性を明かさず参加できる?

A10 「まわりに知られたくない」と希望する力士には、協会といたしましても最大限配慮いたします。結果報告を直接協会にメールしてくれれば、連絡先がまわりに知れることはありません。また、本名をしこ名にしない限り名前が表にでることはありませんし、出身地も自由に設定できます。たとえば『モンゴル出身 蒙古里(もっこり)』なとど登録すれば、素性がばれる可能性はかなり低いのではないかと思います。「協会に個人情報がもれるのがいや」という力士は、フリーの捨てメアドを用意してください。協会といたしましては力士と連絡がつきさえすればいいので、それ以上の個人情報(住所、電話番号、本名など)はお尋ねしません。


Q11 捨てメアドだろうが、メールアドレスは教えたくないよ。

A11 こちらから連絡がとれないと、必要な情報も届けられません。メールアドレスだけは教えてください。

 

Q12 具体的にはどんな入門手続きがいるの?

A12 日本まらずもう協会(marazumou@gmail.com)に「入門します」と書いたメールをください。このブログの左上にあるメニューバー「メッセージを送る」からも応募できます。(ただし、メニューバーから応募する場合は、ご自分のメールアドレスを明記してください。)その瞬間からあなたもまらずもう力士です。

 

Q13 ほんとにそれだけでいいの?

A13 すいません。大事なところをはしょりました。そのあと、「しこ名」「出身地(でたらめでよい)」「入門時の地位」「結果報告の方法」の4点を決めなくちゃいけません。それがすめば完全にまらずもう力士です。

 

Q14 大相撲だと身長とか年齢とか体重とかいろいろ入門条件があるみたいだけど、まらずもう入門にはどんな条件がいるの?

A14 健康な男性なら、年齢・学歴・体格などにかかわらずどなたでも入門できます。まらのサイズも問いませんので、大相撲のようにシリコン等を入れてサイズアップをはかる必要はまったくありません。

 

Q15 わたし女なんだけど、まらずもうは無理かな?

A15 現在、女性力士の募集はしていません。たしかに「くりずもう」とか「ちくびずもう」とかあってもいいとは思うんですが、まらずもうと同じ土俵で比較していいのか、わかりませんし。ただ、茶柱親方が河豚狸さんの結果を報告してくれている例もあるとおり、既婚女性が配偶者の朝まらを報告するという形で参加されるのは大歓迎です。また、「わたし、独身だし、そういう相手もいない」という独身女性のかたは、ぜひ事務職員になっていただけないでしょうか? 女性ならではの冷たい視線で、力士たちを冷たく突き放すような記事を書いていただけると、それだけで興奮して勝率が上がる力士もでてくるかと思います。

 

Q16 なんかいいしこ名ない?

A16 「同じ名前の力士がすでにいる」「やたら長すぎる」などの場合、「べつの名前にして」とおねがいする場合もありますけど、基本的にはなんでもいいです。迷ったら本名で土俵にあがるのもありですが、お相撲さんっぽい気のきいたしこ名を考えてみるのもたのしいですよ。

 

Q17 入門時の地位ってどうやって決めたらいいの?

A17 序ノ口と幕下付出のどちらかを選んでください。(以前は幕内からとりはじめることもできましたが、現在は幕内付出の募集はしていません)

・序ノ口
しばらくは15日のうち7日間報告すればよい。
(=全勝ペースで勝ち進んでも、十両昇進まで5場所かかる)
『まらずもうブログ』でもさほど目立たない扱い。
ちょっとずつ出世していくたのしみが味わえるので、長くつづけたい人向け。

・幕下15枚目格
とりあえずは15日のうち7日間でよ いが、すぐに15日間とることになる。
(=最初の場所に全勝すれば、すぐに十両に昇進する)
全休してもしばらく番付に名前がのこるので、休場が多そうなひと向け。

といったかんじでしょうか。「ま、わかんないし、どっちでもいいよ」という場合は、序ノ口にしといてください。


Q18 名古屋場所とか九州場所とかがあるみたいだけど、あちこちに移動しなくちゃいないの?

A18 あ、誤解をまねく名前だったかもしれませんね。場所の名称は、大相撲にならって便宜的につけただけです。名古屋場所だからといって名古屋に行ったり、九州場所だからといって福岡に行ったりせず、自分の都合のいい場所でまらずもうに取り組んでください。力士のなかには縁起をかついで、それぞれの場所中に名古屋名物のひつまぶしを食べたり、博多名物のもつ鍋を食べたりするひともいます。そういう試みは協会としても「遠征している気分が盛り上がるし、ありがたいなあ」とは思いますが、べつに義務ではありません。

 

Q19 そういえば、毎朝の勝敗判定はだれがどうやってやるの?

A19 それぞれの力士が、毎朝自分のまらを見て、自分の良心にしたがって勝敗を判定してください。自分のまらに真摯に向き合うことで「まらずもう精神」が鍛えられ、そのことも精神修養の一環になります。

 

Q20 その「まらずもう精神」ってなによ?

A20 まらずもうは、まらずもうの神様がご覧になっています。まらずもう精神とは、まらずもうの神様がお喜びになるような、正々堂々とした恥ずかしくないまらずもうをとろうとする、その精神性のこと・・・ですかねえ。

 

Q21 一晩のなかでも、まらが大きくなったり、小さくなったりするんだけど、そういう場合の判定はどうするの?

A21 原則としては「寝床からでて一日の活動を開始するとき」のまらの状態を報告していただきます。ですから、「目が覚めた時には大きかったんだけど、なかなか布団から出られないでいるうちにしぼんでしまった」というのは「負け」として報告してください。ぎゃくに「未明にトイレや水分補給などのためにいちど起きたあと、いちど寝なおして、もういちど起きたら大きかった」や「うつらうつらして浅い眠りのまま朝を迎え、布団からでる直前、大きい状態で布団からでた」などは「勝ち」と報告してください。

 微妙なところとしては、「一度目に起きたときに負けていたので、そのまま二度寝して勝負をかける」や「目が覚めたときに小さかったので、布団のなかで大きくなるのを待って、大きくなったタイミングを見計らって布団からでる」などは本来は好ましくないのですが、「トイレに起きた」「うつらうつらして眠りが浅かった」などと明確な線引きをするのがむずかしいため、グレーゾーンでぎりぎりセーフということになっています。ただ、こういう取り口は「まらずもうブログ」の記事などで卑怯者扱いを受けることもあります。(あまりに頻発して目にあまる場合は、将来的にルール改訂があるかもしれません。)

 このへん、あいまいな規定のために判断がむずかしい部分もありますが、ようするに「まらずもう精神にのっとって、正々堂々と判断してほしい」ということです。

 

Q22 自分で勝敗の判定をしたら、うそつき放題じゃん。

A22 まらの神様はうそつきが嫌いです。うそをつくひとはまらの神さまのたたりをうけます。それがわかっていて、あえてうそをつくのであれば、協会はそれ以上なにも言いません。

 

Q23 そんなので、ほんとにたのしいの?

A23 たのしいですよ、っていうか、毎日の生活が充実します。

 

Q24 やっぱり恥ずかしいよ。

A24 その恥ずかしさに打ち勝つことも修行です。

コメント

春場所の抱負(金精山)

2021-03-07 10:00:00 | 力士にきく

― きょうは大関・金精山関にお話をうかがいます。よろしくお願いいたします。

(金精山) 「よろしくお願いします」(相変わらずの全裸でまらをおっ勃たたせて登場)

 

ー 気温が上がったり下がったりと体調管理のむずかしい季節です。風邪などは引いていらっしゃいませんか?

(金精山) 「花粉症はありますが、他は元気そのものです!」

 

― 三月といえばひなまつり。お人形をたくさん飾ったり白酒をのんだりしてたのしく遊ぶ風習がありますね。金精山関のところではどのようにお祝いをなさいましたか?

(金精山) 「やっぱ白濁液というか白酒でしょう。自分の白酒を飲むってのは、また盛り上がっていいもんすよ」

 

― ところで、十五人飾りのひな人形のなかだと、どなたが好みのタイプでしょう?

(金精山) 「うーん、師匠の毛呂乃関のように人形プレイは考えたことないんで、難しい質問すね。敢えて言えば、自分と同じく白酒を飲んでた右大臣ですかね。出世を試みるなら内裏かもしれませんが、人生楽しく生きるには、話の合う右大臣すね」

 

― コロナウイルスの流行から1年。もうすぐワクチンの接種もはじまるなど明るい兆しもありますが、いまだに収束はしていません。まらずもうをはじめとしたスポーツ界も大きな影響をうけていますが、金精山関ご自身はコロナ以前といまとを比較して、戦い方の変化などは感じていらっしゃいますか?

(金精山) 「もともと一人でする競技なんで、戦い方の影響はないすね。敢えて言えば、免疫力を高めるために肥満を解消すべく筋トレを始めたことすかね」

 

― 場所前の稽古のほうは順調にすすんでいらっしゃるでしょうか? さしつかえなければどんな稽古をしているか教えていただけるとありがたいのですが。

(金精山) 「順調も何も毎朝勃起してます!稽古は大体4~6時間。最大で12時間。なので、毎日は難しく、休日に集中してシコ1000回すね。1時間ほどで毎日した方がいいんでしょうけど、なかなかヤリ始めると止まらないので。まらずもうも好きですが、稽古はそれ以上に好きですね。シコと並行してイメージトレーニングに励んでいます。動画を見ながらチェックすることも多いですね。後は腹筋やスクワットなどの筋トレ。これが稽古の下支えになっていて、男性ホルモンが活性化し、まらがギンギンになるのを助けています」

 

― さいごに今場所の目標をお聞かせください。

(金精山) 「今回はまらの調子がすこぶるいいので、全勝狙います」

 

― 金精山関にお話をうかがいました。ありがとうございました。

(金精山) 「ありがとうございました!」(お辞儀をしてまらが腹につく)

コメント

大相撲力士とまらずもう力士の地位対照表(令和三年春場所)

2021-03-05 10:00:00 | まらずもう新聞編集部のまらずもう分析

 まらずもうの力士が大相撲でいえばだれくらいに相当するのか、表にしました。

地位 まらずもう 大相撲
理事長 毛呂乃(けろの) 八角親方(はっかくおやかた)
東大関 金精山(こんせいざん) 正代(しょうだい)
西大関 玉椿(たまつばき) 朝乃山(あさのやま)
東三段目23 播潟(はりがた) 舛東欧(ますとうおう)
西序二段9 明烏(あけがらす) 中尾(なかお)
東序ノ口5 蒼狼’(そうろう) 藍(あい)

 


ー さて、大相撲に気になる力士はいますか?

(玉椿) 「舛東欧さんを見てて思ったんだけどさ」

― はあ。

(玉椿) 「まらずもう界でも『舛』って字を使ったしこ名はあってもいいよね」

― どうしたんですか? いきなり。

(玉椿) 「べつに漢字は『増』でも『升』でも『鱒』でもいいんだけどさ、『ます』って響きはまらずもうっぽいと思うんだよ」

― ああ、そういうことですか。

(玉椿) 「むかし一部でカルト的な人気があった増健さんも、いかにもまらずもうっぽいしこ名だろ」

― で、舛東欧さんってどんなお相撲さんなんですか?

(玉椿) 「舛東欧さんはハンガリー史上初の大相撲力士で2005年入門だそうだ」

― 2005年! 16年前ですか。

(玉椿) 「同期生の豪栄道とか栃煌山とかはもう引退しちゃってる。外国からやってきて、16年も下積み生活をつづけるなんて、なみの根性じゃないよな」

― 相撲ぶりはどんな感じですか?

(玉椿) 「相撲の技術的なことはわからんけど、外見は把瑠都とか碧山みたいな、いかにも東ヨーロッパっぽい、ゆるゆるにたるんだ体型をしてて、わしは好きだね。年齢的にはきついだろうけど、がんばってほしいね」

― 舛東欧さん、がんばってください

コメント

春場所に達成が期待される記録

2021-03-04 10:00:00 | まらずもう新聞編集部のまらずもう分析

<通算勝利数>

・玉椿 700勝まであと7勝 (現在693勝)

・金精山 400勝まであと4勝 (現在396勝)

 

<通算敗北数>

・播潟 200敗まであと6敗 (現在194敗)

 

<幕内通算敗北数>

・金精山 100敗まであと6敗 (現在94敗)


― どうですか? 気になる記録はございますか?

(玉椿) 「播潟もいよいよ通算200敗が近づいてきたね。200敗は一流の証。まあ春場所の達成はちょっと厳しいかもしれんけど、五月か、おそくとも七月くらいには達成しそうだね」

― なんだか負けてほしそうな口ぶりですね。

(玉椿) 「負けてほしいってわけじゃないけど、敗北数が多い力士はいい力士だよ。自分の負けを正々堂々認められるってことだからね」

 

― 金精山関も幕内通算100敗まであと6敗に迫っています。

(玉椿) 「これも時間がかかるかもしれんね。ってか達成の時期が読めんね。ちょっと負けがこめば一場所で達成するかもしれんし、調子がよければ半年たっても達成できんかもしれん」

― とくに金精山関は暑くなると強くなりますからね。秋口まで待たされるかもしれませんね。

 

コメント

三月場所は取組結果記事の更新時刻が遅くなります

2021-03-02 10:00:00 | 協会からのおしらせ

 

 いままで、取組結果記事の更新時刻は大相撲にあわせて18時にしてきましたが、担当者の都合がつかず、三月場所の更新時刻は22時にいたします。五月場所以降については未定です。

 


(玉椿) 「三月はちょっと忙しくて、夕方17時まで労働して、18時ころに帰宅する感じになるからね。いままでどおり18時に更新するのは無理だ。すまんね」

― 週末とか休日とかは18時に更新できるのでは?

(玉椿) 「それもちょっと考えたんだが、更新時刻が日によってころころ変わるより、毎日一定のほうが読者もチェックしやすいんじゃないか……って判断したよ。早めに記事が書きあがっても22時までアップしない」

― この記事とかは午前10時に更新ですが、仕事中なのでは?

(玉椿) 「こういう記事はひまなときに書いて予約投稿できるから、好きな時間にアップできる。取組結果は力士から報告をもらって、そこから記事を書き始めるから、書き溜めができない」

― なるほど。

(玉椿) 「というわけで、ファンのみなさまにはご迷惑をおかけする。すまない」

― 五月以降はどうするんですか?

(玉椿) 「先のことはまだ決めてない。五月場所直前になったらまたアナウンスするわ」

コメント

令和三年春場所新番付

2021-03-01 07:42:48 | 協会からのおしらせ

【幕内】
―理事長 毛呂乃
―東大関 金精山
―西大関 玉椿

【三段目】
↑東23 播潟

【序二段】
↑西9 明烏

【序ノ口】
▼東5 蒼狼

(-:地位変動なし △:昇進 ▼:陥落 ↑:枚数上昇 ↓:枚数下降)

 


ー いよいよ春場所がはじまりますね。気になる力士はいらっしゃいますか?

(玉椿) 「気になるもなにも、いつものメンツじゃねえか。まあしいていえば蒼狼が序ノ口まで落ちちまったから、今場所も全休すると番付から名前が消えるね」

― 蒼狼さん、元気ですかねえ?

(玉椿) 「コロナとかかかってないといいな」

コメント

初場所を振り返る

2021-01-25 10:00:00 | まらずもう新聞編集部のまらずもう分析

ー 初場所、おつかれさまでした。

(玉椿) 「あーおつかれ。ほんとつかれたよ」

 

― 初場所は半年ぶりに毛呂乃関の優勝でした。強かったですね

(玉椿) 「大相撲でも埼玉出身の大栄翔が優勝してたろ。まらずもうと大相撲で同一都道府県出身者のアベック優勝は史上初の快挙だよ」

― おお、埼玉すごいですね。

(玉椿) 「まあ、この20年くらいは大相撲の優勝はほとんど外国人だったしな」

― 今場所の毛呂乃関の強みはどのあたりにあったと思いますか?

(玉椿) 「毛呂乃はいつも強いけどな。まじめに土俵にあがれば毎回優勝だとおもうぜ」

― とくに印象に残った相撲などは?

(玉椿) 「個人的には、十日目から十三日目まで四日間ずっと勃起しっぱなしだったのが印象的だったね。まらがつかえて部屋から出られなくなって、さいごは屋根を破壊して脱出だろ。ふつうじゃないよね」

― あれはすごかったですね。

(玉椿) 「毛呂乃自身は七日目の相撲が印象に残ってるみたいだよ。休日に屋内スキー場に遊びに行って、人工降雪機ごっこをしてきたって相撲だね。あいつ、たまの休日も勃起のことが頭から離れないんだな」

 

― 金精山関はどうでしょう? 綱とり場所として期待されましたが。

(玉椿) 「寒いのが苦手なのもあって、実力を発揮しきれなかつたね。それでも11勝。悪いときに粘りがきくようになって、大崩れはしなくなったね」

― 金精山関の相撲で印象に残っているのは?

(玉椿) 「わしが印象に残ってるのは八日目の相撲だね。日本酒を六合のんでから土俵に上がって勝ったって相撲だ。前半戦はかなり負けが込んで、やけを起こしたように見えたんだけどさ。あそこかから立ち直ったからね。金精山らしい豪快さもあるし、初場所のターニングポイント的な相撲だったと思うね。金精山本人は十一日目がお気に入りなのかね。たしかにあれが内容的にはいちばんいい相撲だったね」

 

― 玉椿関はカド番脱出おめでとうございます。

(玉椿) 「あーありがとう。勝ち越せてほっとしたよ」

― 玉椿関自身は、お気に入りの相撲などはございますか?

(玉椿) 「内容はあんまりよくなかったからねえ。いい相撲ってのはあんまりなかったけど、しいていえば十日目かなあ。銭湯に行って体温をむりやり上げた相撲だ」

― ふつうの相撲に見えますが、なにがよかったんですか?

(玉椿) 「実は今場所はあんまり気合が乗らなくて、自然の流れに任せていたんだけどさ。十日目だけは自分の工夫で勝てたんだよね。あそこで連敗してたらずるずると悪い流れになってた気がするんだよ。あの一番でうまく流れを引き戻せた気がする。勝ち越しにつながった相撲だね」

 

― なるほど。きょうは玉椿理事に初場所を振り返っていただきました。

(玉椿) 「んじゃまた三月場所に」

 

 

コメント

幕内の結果(千秋楽)

2021-01-24 17:30:00 | 取組結果

○毛呂乃(14-1)

 優勝を決めた後、前日は不戦敗。全勝への期待をあっさりつぶしてしまったがこういう奔放なところも毛呂乃らしく、これはこれで完全復活、といえそう。千秋楽最後の一番、「どうして?子、うなった!!!」すでに300%を超えていたにもかかわらず、さらにうなりをあげてそそり立つムスコ。「昨日から今日にかけてとても寒い!体は眠い!」優勝を決めた一番で家屋を破壊し、身体の一部を露出して突き立てているのだから寒いのは当然。寒いだけで縮こまってしまう情けない力士もいる中、それでも「まらは動かない!」ガチガチに硬くなった、不動の熱柱をあらためて誇示してこれにて千秋楽。優勝力士の千秋楽ということで記者団に囲まれたが、ここまでを振り返って「(やっぱりまらずもうが)好き。異常でベトベトだったのにな。んで、ベトベトで振り、撒いてること担ってるの」。自身の異常なまでのまら、異常なまでにベトベトな精。この体、この競技に出会わなかったら持て余していたかもしれない。でもまらずもうに出会い、ベトベト状態のまま腰を振り、まき散らして見せる役割を担い、いまや理事長を務めるまでに。相撲人生を振り返り、珍しく素直なまでに熱いまらずもう愛を語る毛呂乃。毛呂乃といえど、いや、常勝の毛呂乃だからこそ、約半年ぶりの優勝の感慨はひとしおだったようだ。

 

○金精山(11-4)

 きのう10勝目をクリアしてなんとなく集中を欠いたのか「別に稽古をしていたわけでもないのに、寝たのは5時」と出遅れぎみの立合い。しかし、ピンチを迎えてからギアを一段階上げられるのが金精山の強み。「目が覚めたのは7時半で強烈な勃起。まだ早いともう一眠りして目が覚めても強烈な勃起」と実質2回勝つという圧倒的な相撲を見せ「今場所1,2を争う自分らしい豪快なまらずもうがとれ、大満足」と初場所を締めくくった。「いろいろ言われるが、大体負け越す初場所で勝ち越せたので、次の場所への布石につなげたい。やっぱ、まらずもう最高っすね! 今日は打ち上げで稽古三昧だ!」と笑顔でべろんとまらを出し、「理事長挨拶の『オナニーのやりすぎには気をつけろ』って俺のことでしょうかね? やりすぎくらいがちょうどいい!」とさっそく稽古を開始していた。

 

●玉椿(9-6)

 優勝が毛呂乃に決まり、幕内全員がすでに勝ち越しを決め、注目ポイントがなくなった千秋楽。「なんだか、どうも気がぬけちゃってね。まあ9勝6敗ってのも大関らしくていいだろ」とふぬけた相撲で6敗目。長かった十五日間を振り返り「今場所はカド番だったからね。なんとか勝ち越せてよかったよ。とにかく連敗をしなかったのが大きいね」とほっと安堵した様子。

コメント

十両以下の結果(千秋楽)

2021-01-24 17:25:55 | 取組結果

<序二段>

○明烏(4-3)

 千秋楽に勝ち越しを決めた明烏。初場所を振り返り「ゆっくり勝負出来るように休みの日を中心に取り組み、なかなか納得の行く取り組みは出来ませんでしたが、何とか勝ち越ししました」と納得の表情。

コメント

令和三年初場所星取表

2021-01-24 07:09:29 | 星取表
幕内 理事長 毛呂乃 ○○○○○○○○○○○○○■○ 14勝1敗 優勝25
東大関 金精山 ○●●●○○●○○○○○○○○ 11勝4敗  
西大関 玉椿 ●○●○●○○○●○○●○○● 9勝6敗  
十両        該当力士なし       
幕下        該当力士なし       
三段目 西52 播潟 や○や●や○や●や●や○や○や 4勝3敗  
序二段 西31 明烏 ややや●○や●○ややや●○や○ 4勝3敗  
東42 蒼狼 ややややややややややややややや 0勝0敗15休  
序ノ口        該当力士なし       

 


新弟子は随時募集中です。

興味のある方は marazumou@gmail.com までメールをください。

コメント

千秋楽協会御挨拶

2021-01-24 07:00:00 | 協会からのおしらせ

 

 在科罗纳(Corona)经历了一段艰难的时期,所以请不要对摔跤手和观众都过度。

 


  毛呂乃理事長に千秋楽の協会挨拶を依頼したところ、かえってきたのはなんと中国語。原稿をうけとった玉椿理事、「こりゃわからん」とネットで自動翻訳をかけてみると、サイトごとに言っていることが違っていて、ますますわからない。


コロナは大変な時期でしたので、レスラーや観客で無理をしないでください。(google)

科の網納(Corona)に1段の苦しい時期を経験して、全てだから転ぶことを投げ捨てることに対してはいけない手と観衆過度。(Weblio)

コロナでは大変なことになっていますので、レスラーも観客も無理をしないでくださいね。(DeepL)

科のルーマニアが刺し縫いするのが(Corona)1段経験した苦難に満ちている時期、だからレスリングする手と観衆に対してすべて極端でないでください。(excite)

コロナ(コロナ)では辛い時期を経験しているので、力士も観客もやり過ぎないようにしてください。(みらい翻訳)


 玉椿理事はしばらく翻訳文を首をかしげなから眺めて「まあ、オナニーのやりすぎには気をつけろってことかね?」と解釈したようす。どういう解釈をすればいいかは、読者のみなさまにお任せしたい。

 

コメント

幕内の結果(十四日目)

2021-01-23 18:00:00 | 取組結果

 

○金精山(10-4)

 横向きに寝て、まらに引っ張られるような感覚で目覚めたという金精山。どうもこの横向きの姿勢が合っていたようで「これだ! 俺が求めていた勃起は!」と会心の相撲で10勝目。数日ぶりにすっきりした勝ち方を披露できて「納得のイク内容」と笑顔。

 

○玉椿(9-5)

 きょうの東京は雨模様。「外出する気にならんから、ひたすらアニメ鑑賞でもするよ」と玉椿。記者に、なにかおもしろいアニメありました? ときかれて「『はたらく細胞BLACK』ってアニメの第3話が勃起の話でさ、すごく勉強になるから見るといいよ。TVerだと木曜日まで見れるみたいだよ」とのこと。「声優さんたちが真剣な声で勃起勃起連呼してるからさ、まらずもうの時代が近いな、って気がしてくるね」 ちなみに玉椿自身の勃起は「湿度が高くて寒さを感じにくいおかげか、よく眠れていい勃起ができたよ。赤血球さんたちががんばってくれたね」

 

コメント

十両以下の結果(十四日目)

2021-01-23 17:55:55 | 取組結果

<三段目>

○播潟(4-3)

 「寒いですね。夜から雪が降るらしいですね」と寒さにこごえる播潟。それでもまらは元気いっぱいでうれしい勝ち越し。

コメント

毛呂乃、25回目の優勝

2021-01-22 18:05:00 | 協会からのおしらせ

 まらずもう初場所十三日目、毛呂乃がけさも勝って全勝を守り、昨年七月場所以来となる25回目の優勝を決めました。


― 半年ぶりの優勝おめでとうございます。毛呂乃関にしては長いこと優勝から遠ざかっていた印象ですが、いまのお気持ちをお聞かせください

(毛呂乃)「なんともはや表現の選択に戸惑いつつも実感も事実もない優勝という虚構が支配する名目に対して感ずるところは皆無であろうことを否定することは非常に困難であると考えます」

― すいません。なにを言ってるかわかりません。

(毛呂乃)「今日は久々に平伏状態。やっともとに戻った感じです」

― あー、つまり九月と十一月に優勝を逃したのが納得がいかない、今場所優勝できてやっと気持ちが落ち着いた、ということですか。

コメント

幕内の結果(十三日目)

2021-01-22 18:00:00 | 取組結果

○毛呂乃(13-0)

 300%勃起が部屋の中で突き刺さったまま、優勝を迎えそうなきょうの一番。「私ゃ、僕ゃ、天の方が好きです」と叫ぶやひっかかっていたモノをここぞでさらに突き上げ、天を目指してそそり立つ。当然周りの壁は壊れ、屋根は吹き飛ぶ大惨事、瓦礫のなかから雄大にそそりたつまらが、高らかに優勝を宣言した。自宅を破壊して大損害だが、「損など、うがーー!!!」と雄たけびを上げ、さらに大きくなる優勝まら。ガチガチのコチコチに凝り固まった自身のモノに自分でも驚くほどで、「(自分の)モノ、(こんなに)凝っているとは」。まらで四方を睥睨し、「今日は久々に平伏状態。やっともとに戻った感じですね」と安堵のひとこと。最強の疑いのない毛呂乃だが、昨年七月以来、半年ぶりの優勝、思い起こせば苦しい時期を過ごしていたのだ。毛呂乃の勃起に他の力士たちが平伏し、まらずもう界の秩序が戻った。混迷を極める大相撲の優勝争いを尻目に、13日目で無傷・余裕の優勝、まさに王の帰還。まだまだ場所はあと2日。拘束をといた全開まらで、残り2日も魅せてくれるに違いない。

 

○金精山(9-4)

 今場所はなかなか波に乗れない金精山。けさも「ギリギリのところで踏ん張ったという感じ」と歯切れが悪い。「酒で理性が外れないと毛呂乃関レベルのまらずもうは取れないかも、ということにふと気づく。かといってそうそう毎日酒飲むわけにもいかない」と悩みは尽きない。たしかに一日だけ全力を出し切るのと、十五日間の連戦を戦い抜くための戦略とはおのずと違ってくる。さんざん悩んだ結論は「やっぱり稽古あるのみ」。けっきょくそこに戻ってくるのか。

 

○玉椿(8-5)

 「近所のスーパーでまるごとバナナが安売りしてたからさ、こりゃ縁起ものだと思って買ってきたよ」と玉椿。『まるごとバナナ』とはバナナを1本まるごと生クリームとスポンジ生地でくるんだという豪快なお菓子。「これ、どう見ても、バナナがまら、スポンジ生地が包皮、生クリームが精液のメタファーだよね」と山崎製パンの社員が聞いたら激怒しそうな感想を言いながら、おいしく完食。「おかげさまで今朝はきもちよく目覚めたよ」と十三日目でようやく勝ち越し。

コメント