miyabuの雑記帳

写真と雑記の復活

一年を顧みて

2010-12-30 | Weblog
感動したこと
チリ鉱山落盤事故のとき、地下に閉じ込められた人々の行動と、救出作業、冷静に対応したリーダーの偉大な指導力。小惑星探査機「はやぶさ」の帰還と日本の技術力。600万台のリコールにも、微動だにしなかった、トヨタの経営基盤の強さ。

顕著な失政
今年最大の失政は、尖閣諸島中国漁船暴挙の影像を極秘事項にしたことです。それがため中国は、日本の暴走と判断し、国内世論を喚起し、日本にとんでもない報復をしてきた。その後、韓国でも同じような事件があったが、韓国はその影像を、即時全世界に流したので、中国は世界の顰蹙を買い、韓国外交の勝利に終わった。普天間の問題から始まり、日本外交の失政を重ねた一年でした。

悲しかったこと
幼児の死亡に至る虐待が相次いだ年でした。つい先日も、広島で起こりました。同居中の女性の長女2歳を足で踏みつけて、殺害したと言うのです。同居の男性、吉村雅史35歳、なぜここまで、心が荒んでしまったのか、悲しすぎます。

私の一年
今年もつつがなく、越年できました、と年賀状を発送した直後、交通事故で救急車の世話になってしまいました。76年の生涯で救急車の世話になったのは初めてです。精密検査後一晩入院、翌日退院の許可を取り、帰省しました。傷はたいしたことは無かったのですが、ガラスの破片が頭と手の傷に入っていて、出血が止り難かったようです。肋骨にヒビがありますが、痛みもとれ、生活に支障なく越年できます。
コメント (1)   トラックバック (1)

高校駅伝・男子鹿児島・女子興譲館

2010-12-26 | Weblog
第22回全国高校女子駅伝は26日午前、第61回全国高校男子駅伝は午後、西京極陸上競技場発着で開かれました。女子は興譲館高校が2度目の優勝1時間7分50秒。男子は、鹿児島の初優勝2時間3分59秒でした。

連覇を狙った豊川高校はワイワイヤ(マラソン留学生)の貯金を食い潰す形で、2位を確保したが、平均した力を持った、興譲館に勝てなかった。特に興譲館の、赤松姉妹の活躍は注目に値しました。愛媛県代表の瀬戸内海の小島、小豆島高校は、46位でしたが、全員島内の選手で、予選を勝ち抜いての、初参加でした、さわやかな笑顔でゴールインしたアンカーの姿が、印象に残りました。

女子の場合は、ハーフでしたが、男子の場合はフルコースでした。女子と同じく、連覇を狙っていた世羅は、3区のデランゴ(マラソン留学生)が、9人抜きでトップに飛び出し、2位に36秒差をつけて、4区に繋いだが、貯金を食い潰す形で、2位に止まりました。鹿児島のアンカー高田は、16秒先行していた、世羅を競技場手前で捉え併走、トラックで一気にかわしての初優勝でした。
コメント

検索の情報量

2010-12-25 | Weblog
ブログやホームページによる、政治家の情報提供が多くなり、思想や、行動が分りやすくなりました。有名人になると、たいてい名前の検索だけで、その人のホームページや、ブログに繋がります。世界的な分野の検索では、グーグルが圧倒的ですが、日本国内の情報量ではヤッフーが勝っているように、私は感じています。

政治家個人の情報は、ネット上で取りやすいのですが、実業界をリードしている人達の、思想や、信念あるいは人生訓のようなことを知りたいと思っても、会社のページばかりで、個人のページが殆ど無いのは残念です。

コメント

天満屋念願の優勝

2010-12-19 | Weblog
長良川スポーツセンター発着の実業団女子駅伝で、天満屋が念願の初優勝と獲得しました。過去19回出場、2位は3回ありましたが、あと一歩で惜敗、涙を呑んでいました。注目の福士加代子をエース区間に置いた、ワコールは、昨年と全く同じレース運びとなってしまいました。5位でタスキを受けた福士が5人抜きで、トップに飛び出し、完全独走態勢を作りましたが、後が続きません。

第一生命には、飛び抜けた、スター選手はいませんが、平均して選手のレベルが高く安定していました、特に、野尻あずさの活躍が注目されました。豊田自動織機の脇田茜、ルーキーの小島一恵は、楽しみな選手です。3区のエース対決で、福士、野口、渋井、赤羽の女王争いは、福士で決まりでした。野口は動きが重く限界を感じました。

天満屋では、中村、栗栖、重友、浦田、特に4区栗栖が2位に、5区の重友が1位に、アンカーの浦田が、2位に1分以上の差を付けての優勝でした。
コメント

パンタ・レイ=万物は流転する

2010-12-17 | Weblog
首題の言葉は、今日の、中日春秋で使っていました。「万物は流転する」古代ギリシャの有名な哲学者の言葉で、ギリシャ語でパンタ・レイと言います。中日春秋からの引用ですが、当時ギリシャでは大変な、流行語になったそうです。その挿話の一つに、お金の返済を迫られ「借りた私と、今の私は変わっている、パンタ・レイ」。貸した男が頭にきて、相手を殴り、裁判になった「殴った私は、いまの私ではない、パンタ・レイ」。

「政権交替後の民主党は、交替前の民主党ではない、パンタ・レイ」。このパンタ・レイ政権が、筋を通した、数少ない例が、諫早湾の開門でした。賛否両論、結果的にどちらが正しいのか分りませんが、あのギロチンと呼ばれた、海水遮断門が、開門します。

日本は、比較的貧富の差が少ない国ですが、それは占領政策でマッカーサーが、財閥解体を断行し、地主制度を解体したことにあります。しかし貧富の差は、政治面でこまめにテコ入れしなければ、直ぐ増大します。田中内閣が日本列島改革を打ち出し、農村部の収入が一挙に増大したことで、国民の60%までが、中間層意識を持つようになりましたが、小泉内閣以降また貧富のさが大きくなりつつあります。

弱小企業に対する、徹底した保護と、税制の抜本的な改革です。消費税は貧富の差の抑制にはなりません、所得税の徹底改革ですが、改革を検討する人たちが、おおむね高額所得者ですから、問題が解決しないのです。「市会議員の給料が高すぎるので、民間ベースまで下げようではないか」市長が提案しても、決定権を持つ市議会がこぞって反対で解決しないのと同じです。情けない人たちを、選んだわれわれが悪いのだから、以後肝に銘じよう。
コメント (1)

あれこれの記

2010-12-14 | Weblog
海老蔵事件は、これから弁護士の知恵比べになります。東京第一弁護士会に所属する藤本勝也弁護士をテレビで拝見し、暴力団に負けないほどのグレ振りに驚きました。身元を調べてみると、看板は藤本法律会計事務所になっていますが、株式会社BYD JAPANの一員で、オーナーは王伝福と言う中国人です。渋谷の事務所には、藤本健子、平山真理、高安聡、松原康明のメンバーがいます。

仕事の中心は、中国関連のビジネスで、在日中国人の犯罪にかかわる問題、中国進出企業の問題、入管事件や、ビザの取得、などのようです。今回の事件の暴力組織の中に、中国人暴力組織が関連していることも考えられます。また朝青龍事件に関連した、暴力組織が今回も関連しているとの、情報もあり海老蔵さん側では、暴力組織に対抗する大物弁護士として著名な深沢直之弁護士をたてたのはよかった。

江南市北部中学はいい教育をしています。ソフトボール部とバレーボール部の40人が、北小学校の体育館をお借りしたお礼にと、素手で体育館のトイレを磨き上げたと言う話です。
北部中学校では、4年前から「自分磨き」として、素手で構内のトイレを掃除し、磨き上げる「便教会」を実行しているそうです。近来稀な素晴しい教育に接し、心ほのぼのです。
コメント (1)

重徳和彦

2010-12-11 | Weblog
先日、奥村悠二さんの後援会「悠話会」の役員会で、自民党推薦知事候補の重徳和彦さんに会いました。活動的な好青年でした。後援会勧誘用の印刷物だけでは、よく分からないので、重徳さんのブログ「しげちゃん工房」を開いてみました。ブログを拝見していると、人柄がよく判ります。私も無力ながら、応援したいと、思っています。

信念、決断、行動力、若さ。智慧や信念があっても、決断力や行動力が無ければ、絵に描いた餅になります。高齢になって一番衰えるのは、決断と、行動力です。つい面倒臭くなってぎりぎりまで、やろうとしない、そのうちに駄目になってしまう。来年の知事選は、39歳の重徳さんが、自民党のイメージを、一新するでしょう。
コメント (1)

始まったパイの獲得合戦

2010-12-07 | Weblog
県会議員を中心に、後援会の拡大獲得会議が開かれ始めました、目的は、23年4月10日の県議選に向けての動きでありますが、2月6日の知事選に、推薦している候補を自分の後援会に周知させ、同時に知事候補の後援会に勧誘させることにあります。昨日この会議に参加して、組織票の強さを痛感しました。

来年2月の知事選は、混沌とした状態になってきました。大村さん、重徳さん、御園さん、薬師寺さん、この4人は、誰がなっても、それぞれ納得できるものがあるだけに、よく話しに耳を傾けたい。ただ、大村さん県民減税の公約はどうですかね、この点だけは河村構想にも私は、強い疑念をもっています。

英語のページ検索に「three bush edit」と言うのがあります。翻訳しますと「三薮編集」になります。私のブログ「三薮の雑記帳」に「三薮編集」からアプローチがありましたので、覘いてみました。薮のつくいろいろな、記事やブログを205,000件ほど集めていました。例えば、「薮中三十二のホームページ」、ブログ「薮医者のつぶやき」、「三薮の雑記帳」もありました。薮のつくことなら、大抵これで用が足せます一度覘いて下さい。
コメント

地方分権に向かって

2010-12-06 | Weblog
地方分権に、23年の統一地方選挙が、大きな決起となりそうです。愛知知事選に立候補した、大村氏が中京都構想を公約として知事選に提起、大阪でも橋下知事が大阪都構想を既に打ち上げており、地方の重複行政の見直しや、スリム化が真剣に検討され始めました。

関西広域連合の始動は、中部圏の知事会議や、その他の行政組織の動きに刺激を与え、道州制の原形になっていくような気がします。関西広域連合は2府5県ですが、奈良県が加入していないのが、瑕になっているようです。国の出先機関を原則廃止し、国の権限を地方に奪い取ることが目的です。その手始めが、厚生労働省のハローワークと、国土交通省近畿地方整備局、環境省近畿地方環境事務所の事業移管要求です。

政府の地域主権戦略会議では、国の出先機関の原則廃止を決めていますが、実態は対象から外されることが多く、500件以上の案件のうち移管決定は、2割程度で、それも移管時期は、法整備を行った後と言うだけで、不明のままです。ましてハローワークは、民主党の支持母体である連合が、反対しているので、現政権下では無理でしょう。

しかし、地方分権の機運は高まっています。来年の地方統一選挙で、政権の趨勢が見えてきます。自民も、民主も、分裂し大合同で再構築する機運が近づいているような気がします。支持率1%でも政権を維持するなどと、馬鹿なことを行ってるような、党首の政権が持つはずがありません。といって、自民党に政権を渡す気にもなりません。分裂再構築以外に道は無いのです。
コメント

桜内議員のブログから

2010-12-01 | Weblog
11月29日、議会開設120年記念式典が、天皇皇后両陛下、秋篠宮殿下ご夫妻、ご臨席のもと参議院本会議場で開かれました。当日の様子を、桜内参議院議員がブログに載せているのを拝見し、驚いています。概略を下記に箇条書きしました。

1、国会の節目となる行事に330人以上が欠席していたこと。共産党は党として15人全員欠席。2、式典で最高裁長官が、式辞を読み上げている最中、鳴り響く携帯の着信音。3、演壇の正面に閣僚席が用意されていたが、最前列は仙谷官房長官だけだった。4、秋篠宮殿下ご夫妻が入場のあと、天皇皇后両陛下の、ご入場をお待ちになっている間、起立されていたのに対し、「早く座れよ、こっちも座れないじゃないか。」と民主党のベテラン議員がヤジを飛ばすなど、想像を絶することがあった。

民主政権は、国会まで崩壊させたか、このブログを見て、言葉を失った。
コメント (1)