miyabuの雑記帳

写真と雑記の復活

悪夢の国道439

2017-12-29 | Weblog
昭和59年50歳の節目を迎えるにあたり、中学時代の同窓会の幹事役を頼まれ、各地に散らばっている人達を調べ上げ、正月2日に母校の地(高知県黒潮町)に集合することになりました。12月31日早朝、淡路島から徳島へのコースを選び江南市の自宅を出発、徳島からは国道439号で山越えをして、国道32号に入るのが近道のように感じたので、山越えに多少懸念もありましたが、国道だからそう酷くはないだろうと判断し決行しました。

この国道439号は1700m~2000mの山々を通過する国道で、剣山国定公園になっています。山道に入ってから一台の車も見かけなくなり、アスファルト舗装も途切れました。ガタガタ道に落石がごろごろ、これは危ない引き返そうと決断しましたが、道幅も狭くなり引き返すにもUターン出来るところまで進むほかなく進んでいるうちに、ワイパーで激しく打ち払わなければならない程の雪になりました。一方通行の表示は何処にもなかったが、車のすれ違いもできない国道が存在していたのです。

私は極限の状態になると、腹を括るのが早い方です、ここで命を落とすのも運命だと、運命論を持ち出して自己納得させてしまいます。雪はだんだん深くなって車を止めたら、動かすことが出来ないに違いありません、峻険な雪の山道を一時間数十分、普通タイヤで踏破し峠のトンネルについたときは神仏の導きを感じ、山の神に深く低頭しました。あれから34年が経ちましたが、徳島の剣山が悪夢となって現れる時があります。

トンネルの先は大きなスキー場がありました、沢山の車の轍の跡に乗り危険な場面もなく国道32号線に入ることが出来ました。国道32号線は高知市内で56号線に替ります、56号線は窪川で四万十川沿いに下る381号線と、海岸沿いに下る56号線に分かれますが、56号線の下りきったところが黒潮町です、56号線は黒潮町から西に向かって中村市(四万十市)が終点になります。また381号線も四万十川と一緒に中村市が終点になります。四万十川はここで太平洋に流れ込みます。

これを掲載するにあたりドライブマップで国道439号を確認したら冬季は通行止めになっていました。機会を作り夏場もう一度439号をドライブをして、道路状況がどの程度改善されているのか確認したいと思っていますが、もし事故でも起こしたら、84歳老人の無謀運転などと新聞種になるのを恐れ決断が鈍るこの頃です。
コメント

舟ぞこに鳴りて過ぎしは枯真菰(軽部烏頭子)

2017-12-25 | Weblog
昭和40年代木曽川河口には葦原があちこちにあり、葦原の小エビやゴカイを狙ってハゼが集まり、ハゼを狙ってセイゴやマダカが集まるといった具合で、葦原の近辺ではよく魚が釣れました。あれはまだ長男が11歳、次男が8歳の年末、お節料理のハゼ釣りをしようと、折り畳み式ボートを車に積み込み、二人の息子と木曽川河口へ出かけました。

12月にしては風もなく温かい天気だったので、安心してボートに乗り込み、中州にある葦原に乗り出しました。子供たちの仕掛けを作り終え、自分の仕掛けを作り始めたころ、手漕ぎボートの小さなアンカーが流され始めました、妙な風が吹き始めたのです、危険を感じ直ぐに引き返しの準備をしたのですが、小さな2本の櫂では手に負えませんでした。幸運にも2キロほど流されたどり着いたのが海洋埋め立て工事の護岸堤防でした。俳句の季語集を見ていて、主題の句に出合い思い出した一話です。
コメント

足せるものと足せないもの

2017-12-22 | Weblog
中部大学教授武田邦彦氏が、ある女性評論家の無知に驚き、テレビに出て出鱈目を喋っては困ると、ユーチューブで憤慨していました。かの女性評論家の「自然界に存在する1.5シーベルトの放射能を我々は常に浴びている、原発の1シーベルトの放射能のどこに問題がある」との発言を捉えたものです。この評論家は温度と同じように、放射能も足せないものと勘違いしている、250ccのペットボトルに、25°の温水を入れた4本のペットボトルを足すと1㍑になるが、温度は足すことが出来ないので25°のままの観念がこの評論家にはあるとの主張です。


武田先生も分かり易く説明するのに苦労していましたが、説明に少し言葉不足があったようです、足した回数で割る事の出来ないものと、出来るものの違いです。温度は足した回数で割ることにより平均温度が出ますが、「放射能は蓄積される足し算、電気も消費される足し算」で割り算の介入する余地がないと言うのが武田先生の主張でしょう。
コメント

改憲論点の4項目・横綱白鵬の幼児性

2017-12-21 | Weblog
自民党の改憲議論で9条2項を残したまま自衛隊を併記することの案があります、今更何を言ってるのでしょうか2項を削除しなければますます政治判断でどうにでもなる憲法になります。そのた54条(緊急時の参院の緊急集会の規定)、26条(義務教育の規定)、47条(両院の選挙事項の規定)は現行のままで何ら差支えがないのでは、議論内容が改悪になりそうな議論が出ているような感じです。


今回の相撲協会騒動は、幕内上位の関取、貴ノ岩が「俺たちの時代が来た」と自慢したことに腹を立てた白鵬が原因になっています。本来横綱ならば「そうだよく頑張った、これからはお前たちの時代だ、一日も早く綱を巻き、次代を引き継いでくれ」と励まして若手を引き上げる度量が無くてどうします。日本の相撲は師匠を追い越してはじめて恩返しができた、と言うのが信条なのです。「競争相手になりそうな奴は今のうちに叩き潰してしまえ」が白鵬の本音でしょう。「貴乃花が巡業部長なら、我々は巡業に出ない」まるで幼児の駄々を八角理事長が通してしまうのですから、40勝が協会の癌になりつつあります。
コメント

恐怖の木造船

2017-12-09 | Weblog
何があったのか、北朝鮮の情勢が不安視されるこの頃、軍籍にあるイカ釣り木造船が多数流れ着いている、何か漁場に事変があったのか、それとも戦略的な意味があるのかと恐怖を覚える、奇しくも先般打ち上げた大陸間弾道弾ミサイルが、落下したあたりで操業していた漁船団がその影響で破壊され日本の沿岸に漂着したのなら、自業自得でむしろ神の采配と喜ぶべきですが、そんな馬鹿なこともないでしょう。


白鵬の増長ぶりが目に余るようになってきた。それを許している理事長の責任はは大きい、白鵬の実績は見事ですが内容に問題がある、横綱になったら横綱の相撲があります、何が何でも勝てばいいと言うもんではありません。所詮モンゴル人に言っても通じない話でしょうが。
コメント