miyabuの雑記帳

写真と雑記の復活

官僚のメンツが開発に支障か?

2012-07-17 | Weblog
地球最後の、埋蔵エネルギー資源、といわれている、メタンハイドレート。環太平洋の地震地帯に埋蔵されている資源です。日本近海の埋蔵量だけで、日本のエネルギー、100年を支える量があると言われています。


尖閣諸島から、南シナ海にかけて、中国の進出が激しく、摩擦の種になっていますが、メタンハイドレート資源の獲得が目的です。この地区には、13億中国人が、110年に亘って使用できる、メタンハイドレートが、埋蔵されていると見られています。


日本近海の、メタンハイドレートですが、経済産業省の資源探査船が、愛知県沖の深海で発見、しかし、海底の泥に混入した液体状ですので、テスト採収には成功しましたが、有効な採収方法が確立できていないのが現状です。


メタンハイドレートが、脚光を浴び始め、民間での調査も始まり、新潟県沖の浅い海底に固形のハイドレートが露出しているこが、判明しました。これは極めて容易に採収できるのですが、開発に待ったが、掛っています。


莫大な資金を投入して、採収方法を検討しているのに、簡単に開発が軌道に乗っては、先駆者のメンツが立たない、と言うのが本音のようです。官僚のメンツで、日本経済の足を引っ張るようなことになっています。一日も早い開発を願って止みません。
コメント

片隅のニュースから

2012-07-17 | Weblog
オスプレイの安全性

オスプレイの重大な事故について、アメリカの調査委員会が、エンジンに問題ありの結論を出しましたが、アルフレッド・グレイ元海兵隊総司令の横槍で、調査委員会の結論を無視、オスプレイの製造業者と、それを指導した海兵隊技術部に、再分析させ、問題ないとの結論を出したようです。やがて日本に配置され、日本の上空を飛び回ります。どこかの国の原発稼動とよく似た話です。


労動者派遣で外貨獲得本格化・北朝鮮

北朝鮮政府は、開城工業団地の、韓国企業に、月給110ドルで5万人の労働者を派遣、40%~50%をピン撥ね、残額を朝鮮紙幣で支払っていましたが、今回は、中国に月給136ドルで、12万人の労働者派遣を契約したようです。今回は国内ではなく、外国への派遣ですから多くの労働者が、海外の状況に目覚めることになります。その代償は如何ほどになりますか見ものです。


用水路利用の小型発電機

シーベルインターナショナルという会社が開発した、水力発電機は落差の少ない農業用水路にも簡単に設置でき、一台で10キロワットの発電が出来るようです。これを100台設置する計画を進めている県がありますが、一台、一台、農業用水利用の許可を取らねばならないので、特別区の申請で、処理しなければ、実現は無理だとのこと。

世界には、電気のないところが沢山あります。これ一台で、それら未開地区の、100軒程度の電灯が灯るだろうと、シーベルインターナショナルは、輸出にも大きな希望を持っているようです。
コメント (1)

皇子山中学問題は犯罪です。

2012-07-16 | Weblog
いじめで解決できる問題ではありません。犯罪行為です。未成年とはいえ、徹底的に調べる必要があります。大津市は、在日朝鮮人と、部落解放同盟が、大きな力を持っており、その影響力が、教育委員会や、市にも及んでいるとの噂があります。


学校の授業にも、朝鮮語や、朝鮮の歴史の時間があるようです。朝鮮学校ではありません、大津市立中学です。変な力が教育現場に侵入し、極めて危険な影響を、与えているような気がしています。


多くの評論では、学校の評価制度が、隠蔽を増加しているように言っていますが、当地区は、それ以前の問題のように思われます。教育委員会や、加害者の父兄も含め、警察は徹底調査で膿を出してください。加害者の中心人物の母親がPTA会長で、同和開放の婦人支部長?だとか。
コメント (2)

反原発運動と安保闘争

2012-07-15 | Weblog
最初は、300人程度から始まった、反原発運動金曜集会も、何万人もの規模に成長して、全国展開になりました。明日は海の日の祭日ですが、東京代々木公園で、大江健三郎さんや、瀬戸内寂聴さん等の、呼びかけで「さよなら原発10万人集会」が開かれます。


東大生樺智子さんの死亡までだした、60年安保闘争と性格は全く違いますが、国会を取り巻くデモの規模においては、安保闘争に次ぐものになってきました。民主党の仙谷元官房長官などは、全学連で安保闘争の闘士だったと、承知していますが、今は逆の立場で、防戦に努めているようです。当時国会を取り巻いた人達は、浅沼社会党、総評岩井事務局長、神山共産党、東大を中心とした全学連が集めた人達でした。


いま、反対運動を広げているのは、切実に身の危険を感じている、家庭の主婦であり、サラリーマンなど、政治背景の全く無い人達ばかりです。それだけに、タメにする噂がながれやすいのでしょうか、参加すると、日当が貰えるというのです。


日当を目あてに参加している人達だと言うのです。噂の出所は、面白半分の、アルバイト学生、ではないかとおもうのですが、ネット上のQ&Aで「俺の場合は5000円と言われたが、本当は幾らだ」「だれでも一律に一万円だよ。資金源は中国だそうだよ」などと、トボケタ回答をして遊んでいるようです。
コメント (1)

小沢新党は人材不足

2012-07-14 | Weblog
民主党のスローガンを、そのまま党名にした新党が出来ました。「国民の生活が第一」小沢新党です。3度目の正直で、成功したかに見えましたが、信念の実現には至りません。叩かれ、弾き飛ばされて、4度目の旗揚げです。


旗揚げのたびに、人材は離れていきます。党の要職や、大臣の椅子に座ると、当初の信念よりも、保身に傾き、あくまで信念を通そうと、霞ヶ関や、マスコミに多くの敵を持っている小沢さんを、敬遠します。行動を共にして、1からの苦労をしたくないのです。


今回の結党は、極めて人材不足が、強く感じられます。一年生議員の中にも優秀な人達がいるのでしょうが、芽を出すには、経験が足りません、かばん、かんばんで、小沢さんの強力な庇護が必要です。民主党結党のときは、鳩山財閥が控えていました。小沢資金でどこまで、この一年生議員を、国会に呼び戻せるか、小沢さんの手腕に注目です。


民主党政権獲得の、指導者は小沢さんでした。官僚指導から政治指導。税金の無駄使い根絶。緊密で対等な日米関係。国民の生活が第一。これらを旗印に、圧倒的支持を得たのです、そして幹事長の要職につき、自民党時代の悪の根源をなした、陳情制度の大改革を行いました。代議士が陳情団を引き連れ、各官庁を回る制度は、族議員を発生させ、官僚主導を助長するものでした。


この陳情制度の全廃で、政治家や、官僚、財界までブーイングの声が上がり、マスコミが便乗し、検察庁がマスコミに便乗と言った格好で、小沢追放に成功しました。アットいうまの幹事長でした。党員資格停止に付され、完全に発言を封じられては、信念があってもなんともなりません。民主党は、たちまち方向転換を始めました。


小沢さんが幹事長で頑張っていたら、少しは夢の持てる、政治が展開していたかもしれません、残念なことですが、周囲を上手く取り込んでいくのも、政治手腕ですから、その面の配慮に欠陥があるのでしょう。いま、多少でも期待の持てる政治家といえば、枝野大臣かな?。自民党の石原幹事長、谷垣総裁など論外です。
コメント (1)

メルヘンの国に誘う・風の画家展

2012-07-12 | Weblog
誕生祝に、息子から大相撲名古屋場所に招待され、妻と一緒に名古屋に出かけました。6月中旬から、松坂屋美術館で中島潔さんの、作品展が開かれているのは知っていましたが、名古屋まで出かけるのがつい大儀で、腰が上がりませんでした。この度の招待は、いい機会だったので、相撲の前に美術館に寄ってきました。



額装作品100点、京都清水寺成就院に奉納の襖絵12襖、テレビでよく紹介されているので、ご婦人方が圧倒的に多く賑わっていました。絵画はメルヘンの世界ですが、浮世絵の影響を強く受けている感じがしました。写真は入場券に使われていた一枚です。ポストカード一枚250円、版画300枚刷りで、一枚25万円程度。


名古屋場所雑感

相撲でも、野球でも、特にマラソン等は、テレビが特等席ですが、そのスポーツを楽しむには、現場に勝てません。昨日は、マスの両隣が熱烈な相撲フアンで、左隣は40代前半のご夫人達、黄色い声で声援を送れば、右隣は相撲ハッピに向う鉢巻、ビール片手に、割れ鐘のようなドラ声で盛んに声援する初老の男。声援を送られると、力士にぐんと力が入るのが判ります。ご婦人方は最後の弓取りまで「アー、カッコいい、」の連発でした。
コメント

森の防潮堤に期待

2012-07-04 | Weblog


5月25日財団法人「ガレキを活かす森の長城プロジェクト」が発足、理事長細川護煕元首相、指導者横浜国立大学名誉教授宮脇昭さん、のプロジェクトが軌道に乗り始めました。野田総理も仙台での防災会議のあと、試験的に造られた丘を見学されたようです。上の写真は宮脇さんです。先生は84歳のご高齢ですが、世界各地で4000万本の植樹を指導されている世界の権威者です。下の写真は、財団法人設立の記者会見をする、細川理事長「ガレキを活かして、万里の長城のような森を創り上げる」と抱負を語りました。



作業状況などyoutubeで記録されています。市民ネットワークの一員として応援したい。
コメント (1)

危険思想の持ち主という言葉

2012-07-01 | Weblog
戦後生まれの人達が、還暦を迎えていますので、さきの戦争も昔話になりましたが、戦争中は、戦争反対を口に出すと、「危険思想の持ち主」として弾圧され、非国民のレッテルを貼られました。いままた、その言葉が原発村の、お偉い人達の間で囁かれているようです。原発の危険を指摘する研究者や、操業に反対する住民に対して、「危険思想の持ち主」の言葉で、無視し排除しているようです。そのような思想が、最大の危険思想だと思うのですが。


青いターバンの少女

東京都の美術館で、「マウリッツハイス美術館展」が開かれています。目玉はフェルメールの「青いターバンの少女」ですが、後援者がミキモト真珠ですから、日本では、副題の「真珠の耳飾の少女」が、表題になっています。昨年、京都や、神戸でも展示されましたが、日本での展示の場合は、常にミキモトが後援していますので「青いターバンの少女」ではなく「真珠の首飾りの少女」が表題になるようです。


ブログ・アクセスランキング

miyabuの雑記帳を開設して、6年になります、最近では閲覧者や、訪問者も多くなり、年に何度か、ランキング表示されることがあります。先日は、1,733,353ブログ中、15,864位にランクされていました。一度だけ7,000代にランクされたことがありましたが、無名の人間が4桁に入ることはなかなかです。頑張って続けますので、よろしく。
コメント