miyabuの雑記帳

写真と雑記の復活

37回クイーンズ駅伝(全日本実業団女子駅伝)

2017-11-26 | Weblog

写真は優勝チームのユニバーサルエンターテインメントAC・左から木村友香、秋山桃子、鷲見梓沙、伊澤菜々花、中村萌乃、猿見田裕香

第37回クイーンズ駅伝が26日仙台市の弘進ゴムアスリートパーク仙台(仙台陸上競技場)を発着で行われました。優勝は小出義男代表が率いるユニバーサルエンターテインメント・アスリートクラブで、5年振り2度目の優勝でした。(小出代表も酒の飲み過ぎか、体を壊し一時の元気は全くありません。)1区から4区まではパナソニックの独走態勢でしたが、5区でユニバーサルの中村が、パナソニックの森田詩織を抑え首位でアンカーへ、アンカーは18歳のルーキー猿見田でしたが、見事な力走で独走態勢に入り完全優勝を果たしました。

区間賞・1区・森田香織(パナソニック森田詩織の姉)、2区・渡辺菜々美(パナソニック)、3区・堀優花(パナソニック)、4区・ブロ(TOTO)、5区・前田彩里(ダイハツ)、6区・猿見田裕香(ユニバーサルエンターテイメントAC)大学時代から注目していた前田さんの復活を喜んでいます、これからまたマラソンでもお目にかかれそうで期待しています。駅伝・マラソンでその名も高きワコールのOOさんも若手に座を引き渡す時期が来たようです。後進の指導に力を入れワコールの復活に貢献してください。
コメント

南海トラフ地震を想定して

2017-11-23 | Weblog
南海トラフ地震を想定した、江南市総合防災訓練が蘇南公園でありました。このような訓練を重ねていると、だんだん身近な問題として意識するようになります、今年3度目の訓練参加でした。皇居では新嘗祭の儀式が行われました、それを祝福した新嘗祭休日が勤労感謝の日です。今日は雨の予想でしたので訓練規模を大幅に縮小しましたが、幸い降られることなく無事に終わりました。


横綱白鵬と嘉風の勝負について、横綱の取った態度は明らかに非難されるべきものでした。張り手で攻めた横綱が、もろ手に刺され懐に飛び込まれたのでビックリして力が抜けただけです。これに似たような場面が、9月場所の3日目横綱日馬富士と琴奨菊の取り組みにありました。この時は行事のミスだと私も判断しました、立ち合いすぐ日馬富士が琴奨菊の肩を3度叩き力を抜いています、それでも琴奨菊の突進が止まらず寄り切りました。日馬富士は異議を申し立てず負けを認めました。行事や審判席が勝負を認めた以上、素直に従うのが相撲道です、そのてん日馬富士は誠に紳士的でした。


大阪市とサンフランシスコ市の50年に亘る友好都市契約が解消されそうです。大阪市の反対を裏切って慰安婦像を設置することになったからです、ふにゃふにゃの外務省より、大阪市長の方が余程ぴっしとしています。友好都市契約解消を申し込まれたサンフランシスコ市がどう反応するかですが、日本政府は韓国に対しても、もっと厳しく対応すべきです。
コメント

朝の仕事は結露拭き

2017-11-21 | Weblog
急に寒くなりました、3日前からわが家も暖房を始めました、起床後カーテンを開ければ、サッシに一面の結露です、6枚のサッシ戸を拭き取るには3枚のタオルを絞りながらの作業になります。わが家の暖房はストーブに常備ヤカン沸騰させているための影響でしょう。エアコン暖房なら結露も比較的少なく済むのかなと思いますが、火の気に親しみを感じます。


最近のガスコンロは、加熱の温度が上がると自動的に種火になってしまうので、鉄鍋の中に小石を入れた焼き芋器では、すぐに種火になってしまいます。取り扱いには十分注意が必要ですが、焼き芋器をストーブに乗せておくといい具合の焼き芋が出来ます。今も傍らで焼き芋を焼きながら、原稿を投稿しています。


コメント

相撲協会の権力争いに利用されたか?

2017-11-20 | Weblog
日馬富士事件は、どうやら貴乃花親方の権力争いに利用された気配が濃厚です。理事長争いに敗北した腹いせとは言え、ナンバー2の理事が誇大表現で本場所中に騒動を起こすのは感心できない。3役クラスの力士になると少々の事では壊れない位鍛えられています。かと言って親方も心配だったのは事実でしょうが、謝りの来訪に対応し、様子を見る余裕を見せてこそ相撲協会の幹部として執るべき道では無かったか。

横綱稀勢の里の連敗ぶりは目に余る、怪我の後遺症よりも相撲勘が全く鈍っています。半端な気持ちで出てきても伸び盛りの若手に通用しません、9日目で金星を5つも配っては横綱引退に繋がります。待ちに待った日本人横綱が、こんな情けない状態で引退に繋がれば相撲人気もガタ落ちになりかねません。豪栄道も中盤に入って、取り口がもたつき始めています、場所前の練習では稀勢の里を寄せ付けないほどの精彩があり、優勝の期待もしていたのですが期待外れになりそうです。
コメント

何年振りか?風邪に捕まる

2017-11-17 | Weblog
久しく風邪とは縁を切っていましたが、妻が風邪から解放された翌日から、私がおかしくなり置き薬を飲んで終日安静、2日間で20個余りのみかんを食べ、お陰様で風邪の気配が消えました。


3月16日から11月16日まで、田んぼの豊穣を守ってくれていた山の神様もお山に帰り、今朝のお山は雪帽子で冬支度に入ったようです、下界も冬隣の季節に入りました、風邪やインフルエンザに注意しましょう。


日馬富士の暴力事件がトップニュースになっています。ビール瓶で殴ったのが本当だとすれば余程の事があったのだと思いますが、心情的には穏便な解決を願っています。モンゴル人の中で私が一番好感を持てるお相撲さんです。


政界では相変わらず、加計学園でごたごたしていますが立憲の幹事長も、希望の党代表も、自民党元幹事長も、文部省元次官も、日本獣医師会が利権を護るためにお金を使って動かしている人達です、医師会は利権を護るために、政界に金をばら撒くのが常習になっています、嘆かわしいことです。
コメント

秋の防災運動・収穫祭

2017-11-12 | Weblog

江南市秋の火災予防運動の一環として、アピタ西店でヘリコプターによる人命救助の訓練が11日にありました。写真上はヘリから救助員が降下、写真下は被災者をヘリコプターに引き上げる訓練でした。多くの参加者がヘリからの指示に従って行動していました。


12日にはスイトピアで秋の収穫祭が開かれ、賑わっていました、農作物の特売は市価の半値以下と思われる金額で、午前中で完売のテーブルもありました。筆者も紫芋や柿、野菜など購入してきました。


コメント

不思議なお国がら極まりました

2017-11-08 | Weblog
韓国では元売春婦が第1級の著名人になっています。国賓を歓迎する晩さん会に招待され、トランプ大統領にハグを要求する姿はなんとも見苦しい状態でした。韓国大統領の嬉しそうなハグの後、トランプさんの迷惑そうな苦笑いが、外交上の礼儀を韓国に教えているようでした。88歳と言うこの元慰安婦は年齢から言っても、日本軍の慰安婦ではなく、朝鮮戦争時米軍に提供された慰安婦だったに違いありません。


そもそも慰安婦募集は日本の軍隊が行ったものではなく、売春宿の経営者が行ったものです。当時の戦争は、現在の戦争と違って圧倒的人海作戦で、どの前線にも慰安婦は付いて回り、売春宿経営者も命がけでしたが、見返りの稼ぎが大きくやめられない商売でした。韓国の売春宿経営者が、日本軍の名を騙って韓国内で強引な人集めをした事もあったのでしょう。韓国内の監視は韓国人の警察官が行っていたので、賄賂による目溢しがあって少女が売られていったケースが少女像になっているのかなと思います。


日本軍が関与したのは、前線で性病が蔓延しては困るので、慰安婦全員に定期的な性病検査や、治療を強制的に実施したことです。これは感謝されてしかるべきことですが韓国人は何事についても感謝の気持ちはないようです、韓国の歴史が作った国民性でしょうか。日本統合時代日本は韓国に膨大な資金を投入し韓国の近代化を成し遂げました。それらすべてを無視して恨みの捏造を創り上げる、実に不思議なお国柄です、お隣の国ですがかかわりを持たないことが賢明なようです。
コメント

フラワーパークの散歩道

2017-11-06 | Weblog


穏やかな秋日和に誘われて、木曽三川公園江南フラワーパークを散歩してきました。かぼちゃの魔女のお迎えでご挨拶代わりに一枚。チャーミングな魔女に迎えられ気分爽快。



パンパスグラスの小道で一枚、パンパスの最盛期は過ぎていましたがそれなりの風情は残っていました。



カラマツも色ずきはじめ沢山の松ぽっくりを付けていました。18日・19日の土日にかけて、江南市のスイーツフェスティバルがこの公園で開かれるようです。今日は静かでしたがフェスティバルの日は賑わう事でしょう。それにしても北朝鮮の金正恩とトランプ大統領の口撃戦はますますエスカレートしています。軍帽軍服で盛装した北の軍幹部を見ていると、漫画を見ているようで思わず笑ってしまいます。

コメント

第46回江南市美術展

2017-11-03 | Weblog
市民文化会館で11月2日から5日まで、江南市美術展が開催されています。ご紹介の写真は私の好みによるものです。

招待者水谷たき氏作品「大地」


委員石川裕氏作品「時の番人」


委員亀淵元昭氏作品「シロテナガザル」

招待者黒瀬道則氏作品「兆し」

南川美智子氏作品「市場に続く道」


高橋秀治氏作品「奥入瀬阿修羅の流れ」
コメント