miyabuの雑記帳

写真と雑記の復活

嘘の情報戦に弱い日本人

2015-01-30 | Weblog
漢民族や、朝鮮民族は、歴史的に嘘と捏造の戦略に長けていて、とても日本人の及ぶところうではない。日本では小さい頃から、家庭でも、学校でも、嘘は悪の始まりとして、忌み嫌われてきた。だから中国や、韓国の嘘と捏造で固めた歴史問題も、素直に信じてしまい、自虐史観で固まってしまう。特にその傾向は、インテリ層に多く、朝日、毎日といった、新聞に代表される。ソ連や、中国の対日工作員は、これら自虐史観に固まった、左翼的インテリを情報戦の対象にした。

今年の8月終戦70周年に当たり、安倍総理の談話が予定されているが、村山談話当時から今日まで、秘密公文書などの公開により、歴史の事実が漸次明らかに成りつつあります。歴史認識も大きく変わってきました、もはや村山談話の踏襲はない。日本と中国との開戦は、ソ連の謀略説が真実のようです。その結果、現在の中国共産党があります。日中戦争がなければ、毛沢東の八路軍は、蒋介石の国防軍に、完全制圧されていた。中国共産党には感謝されてもいい。現に毛沢東は日本の政治家に、日本軍のお陰で私は生き延びたと、冗談に紛らわせて語ったことがあったようです。
コメント

後藤健二シリアの地に眠れ

2015-01-28 | Weblog
日本の全報道機関が狂ったように報道している後藤健二、なぜこのような騒ぎになるのか理解しがたい。日本政府もなにを慌てているんだ、安倍首相まで出てくる問題ではないだろう、政府が派遣した人物なら国を挙げて、奪還に尽力しなければならないが、民間人が売名のために、現地の情報通が止めるのも聞かず、戦争地帯に潜入して、当然のごとく捕虜になただけのことです。潜入前に本人が遺言を残しているのだから、外務省の担当者が後処理をするだけでよろしい。ヨルダンにまで迷惑をかけるなど以ての外です。
コメント

相撲懸賞・君が代・空手・イスラム

2015-01-26 | Weblog
大相撲初場所は、連日満員御礼の好況で終わった。33回の優勝新記録で、白鵬が全勝優勝した、まだ当分白鵬の時代が続きそうだ。白鵬人気、遠藤人気もあり、初場所で獲得した懸賞金が、9,750万円(1,625本×60,000円)、本人の取り分と、協会の取り分は折半のようだから、協会は4,875万円の不労所得があり、「めでたし、めでたし」の初場所でした。

大相撲の最終日表彰に先立って「君が代」の合唱があるが、てんでばらばら、ボソボソで誠に絞まらない、「野々村彩乃」に歌わせ、全員傾聴してはどうか。彼女の「君が代は」日本の美、神の声です。

日本の美といえば、空手の型にもある。女性の空手家、宇佐美里香の演武は、身が引き締まる「日本の美」です。彼女は2012年現役を引退し、後進の指導に専念しているが、2003年から2012年まで連続11回、世界空手道選手権大会の優勝者です。

最近の新聞はどこもここも、みな三流紙だ。イスラムで捉えられた二人の日本人に、高齢者の親を引っ張り出して紙面を埋めている、42歳、47歳と言えば社会のリーダーであるべき年齢です。そんな人たちの浅はかな行動の事件に、後期高齢者の親たちを引き出して、紙面を埋めるとは情けない。
コメント

重友梨佐見事な復活

2015-01-26 | Weblog
昨日は、絶好のマラソン日和だった。大阪国際女子マラソンで、重友梨佐は、昨年の悪夢から見事に復活した。30キロから35キロ、顔つきが変わり去年の二の舞になるかと心配したが、見事乗り切った。総合では3位だったが、4位の渡辺裕子に約2分の差をつけた。1位のガメラ(ウクライナ)は、3連覇を達成、体を左右に振る走法は、エネルギーの無駄のように思えるが、「関節の疲労を全身に分散して、実に効率的な走法だ」とバラエティでお馴染みの武術家武井さんが評していた。

重友梨佐の走法は、引退した赤羽有紀子と同じで、実にきれいだ無理なく滑るような走りは、野尻あずさの力に任せたような走りと対照的です。日本人最高の記録保持者は野口みずきで、2位が渋井陽子、3位が高橋尚子、この3名が19分代で、重友は23分代の9位にいます。しかし今回の大阪マラソンで、脱皮した重友は、今後自己記録を更新していくに違いない。19分前半が出るようになれば、5輪優勝間違いなし。
コメント   トラックバック (1)

心温まる職場・障害者に希望を

2015-01-23 | Weblog
日本理化学工業の場合

人間の幸せとは、①人に愛されること、②人に感謝されること、③人から必要とされること、④人の役に立つこと。日本理化学工業の社屋前には、「働く幸せの像」としてこの言葉が刻まれています。知的障害者雇用で有名な会社です。資本金僅か2000万円の中小企業ですが、全従業員76名のうち57名が、知的障害者が占めています。

写真は工場の現場ですが、会社の主力製品は、ホコリの立たないチョークで、国内占有率30%を占めています。従来のチョークは、石膏ですので粉末の飛散で、学校の先生は衣服から頭髪まで白くなっていましたが、ここで作られているチョークは、帆立貝の粉末が原料ですので、粘着力がよく、粉末の飛散がない。北海道の海岸線をドライブしていると、帆立貝の貝殻を粉末加工している、小さな工場があちこちで目にとまります。最近いろいろな面に用途がふえているようです。

決められた位置で決められた、単純作業をする場合は、健常者よりも知的障害者の方が、根気よく熱心に働くようです。「働く喜び」「自立の喜び」を感じているのです。この会社では、健常者と同じ賃金が支払われています。最近の工場は単純作業が増えています。知的障害者の特徴を生かした、労働力の確保が増えて来るに違いない。

中電ウイングの場合

中部電力グル-プで、障害のある人達が働く中電ウイングは、ダムに流れ着いた流木や、発電所から出る灰をリサイクルして、「木玉」と呼ばれる植木鉢を作っています、「知的障害者は、一つの事に集中してコツコツやる事に、優れた才能を発揮する」ことに注目した、足立園芸課長の発案のようです。

写真は木玉を作っている障害者の様子。知的障害者を、20歳から60歳まで、福祉施設でケアしたら、一人当たり2億円の社会保障費がかかる計算になるようです。本人が働き自立できれば、社会保障費が大きく削減できます。
コメント

イスラム国と2人の日本人

2015-01-21 | Weblog
you tubeの影響力を見せつけられた一日でした。二人の日本人、湯川遥菜、後藤健二、特に湯川の馬鹿さ加減、昨年拘束された時の写真は、幼児の戦争ごっこの様な姿で、馬鹿まるだし。いずれにしても自己責任で、危険地帯を彷徨いていたのですから、砂漠の土になっても悔いはないかな?。しかし、写真自体は合成されたものに違いない、影の様子が極めて不自然だ。本当に処刑するつもりなら、こんな合成写真は不要だろう。既にイスラム国の兵士になっているのかも?、それほどの度胸もないか?。

コメント

個人情報カード・管理体制整備

2015-01-20 | Weblog
厚生労働省は、社会保障と、税情報を一元的に管理する、個人情報カ-ドに、健康保險証と同じ役割を持たせる方針を固めた。これは昨年7月、自民党の特命委員会が、個人番号カードを普及させるため、カードを保険証として利用できるよう、政府に求めた結果です。政府では、銀行の預金口座にも、個人番号を付けることを検討している様ですが、私は予てから、その早急な実現を促していた一人として、大いに期待しています。事務の効率化、生活保護の不正受給防止、その他各方面で、公平化が進みます。今年の10月には、各自に番号が通知され、16年1月から希望者にはカ-ドが交付されますが、健康保険証として使用できるのは、17年7月以降のようです。

個人情報を握られるのは嫌だ、管理されたくない、自由を束縛するな、などと言う人がいますが、管理されているから、安定した生活が出来ているのです、管理者側に情報が少ないと、不公平な管理が発生し、不平不満がでてきます。
コメント

2015箱根新記録で青山制覇

2015-01-03 | Weblog

91回の歴史を重ねる箱根駅伝、青山学院が総合で新記録を出す初優勝でした。過去総合で11時間を切ったのは、3度ありますが、10時間50分を切ったのは、今回が初めてでした。写真は監督の胴上げ風景、監督は感激の涙を流した。

優勝のテープを切る、アンカーの安藤悠哉


安藤のゴールを出迎えるメンバー

順位①青山、②駒沢、③東洋、④明治、⑤早稲田、⑥東海大、⑦城西、⑧中央学院、⑨山梨学院、10大東文化大。以上シード権獲得。
区間賞、1区・中村匠吾(駒沢)、2区・服部勇馬(東洋)、3区・中谷圭佑(駒沢)、4区・田村和希・区間新(青山)、5区・神野大地(青山)、6区・三浦雅治(早稲田)、7区・小椋裕介(青山)、8区・高橋宗司(青山)、9区・藤川拓也(青山)、10区・安藤悠哉(青山)。
コメント

青山学院・箱根往路優勝

2015-01-02 | Weblog

第91回東京箱根往復大学駅伝の、往路優勝は、素晴らしい新記録で、青山学院が制覇した。青山の4区、田村和希も区間新を出したが、5区、神野大地は、山の神と言われた、東洋大柏原竜二の記録を大きく破る、新記録での、往路優勝でした。写真はゴール直前の、青山学院神野大地。

5区の中間まで、独走態勢にあった駒沢の馬場翔太が、神野大地に抜き去られたあと、精神的な打撃からか、終盤意識朦朧となり、何度も倒れながらの、ゴールで4位に転落した。着順 ①青山、②明治、③東洋、④駒沢、⑤中央学院、⑥早稲田、⑦東海大。8位から20位は明日、一斉スタートになる。
コメント

ニューイヤー駅伝・トヨタ完全優勝

2015-01-01 | Weblog

第59回全日本実業団対抗ニューイヤー駅伝は、恒例通り元旦朝8時30分から開かれました。
コース1区・群馬県庁~高崎市庁(12.3キロ)、区間賞・大迫儝・日清食品
   2区・~前橋市(8.3キロ)、区間賞・レオナルド・日清食品、カキロ・DeNA、同タイム
   3区・~伊勢崎市(13.6キロ)、区間賞・鎧坂哲哉・旭化成
   4区・~太田市(22キロ)、区間新・設楽悠太・HONDA
   5区・~桐生市(15.8キロ)、区間賞・大石港与・トヨタ自動車
   6区・~JA赤堀町(12.5キロ)、区間賞・田中秀幸・トヨタ自動車
   7区・~群馬県庁(15.5キロ)、区間賞・早川翼・トヨタ自動車
以上7区間100キロ、トヨタ自動車は、ルーキー窪田忍がエース区間の4区で、上位3位に、6区の田中秀幸が独走態勢の好走で、4年振り2度目の完全優勝を果たした。


優勝のテープを切るトヨタ自動車・早川翼。
1位から8位は、次の通り、①トヨタ自動車、②コニカミノルタ、③日清食品、④HONDA、⑤中国電力、⑥DeNA、⑦富士通、⑧NTN
コメント