miyabuの雑記帳

写真と雑記の復活

湯の華アイランドに市場が開店しました。

2013-11-30 | Weblog

可児市の、木曽川国定公園内にある湯の華アイランドに大きな産直市場が開店しました。従来温泉駐車場の一部にテント張りで、販売していた産直品を収容し、規模を拡大したものです。

温泉、ショッピングセンター、レストラン、など観光センターが出来た感じです。隣接する木曽川国定公園の散策や、同じく隣接する花木センター、鳩吹登山客なども含め、これから観光バスでの集客も多くなるのでは。
コメント

今日のニュースから

2013-11-25 | Weblog
中国の行為は突飛で驚かされます。一方的な領空権宣言で、無断で侵入したら攻撃もありうるような発言です。中国が宣言しているのは日本の領空権です。当然これに無断進入したら日本はスクランブラ発進して忠告します。

お互いスクランブル発進したら、憂慮すべき事態になるのは極めて高くなります。これを機会に日本も軍備拡張が公認される事態になりかねません。外交力でなんとか事態を穏便に抑えてもらいたい。それにしても、経済力のついた中国は狂い始めています。

作家だった頃の猪瀬さんは純粋だった。その作品も好きだった。東京都の副知事になった頃から、人相が変わり始めた。やはり文筆家だった石原知事の毒気に当てられ、野望に取り憑かれた二流政治家になってしまったようです。猪瀬都知事の命運もここまでです。
コメント (1)

袋井市の防潮公園・ほか雑談

2013-11-18 | Weblog
静岡県袋井市では、津波の避難場所として、昨年10月に着工した「命山」が来月完成を前に、各地の治自体から注目され始めています。袋井市には、江戸時代に「中新田命山」と「大野命山」があったそうですが、その後の開発で、今は史跡となっています。

今回の再現は、南海トラフ地震による袋井市の津波被害想定によるもので、1300人の収容が出来るようになります。総工事費1億4千100万円。普段は公園として市民に開放されるようです。「森の防潮堤」構想そのものです。


大相撲九州場所、西通路の和服美人は、博多区中洲「田じま」の田島恵美子さん(35)でした、カラオケはプロ級だそうです。今日はベージュ柄のお召し物で、同年輩の和服美人と同伴でした。

九州場所9日目には、博多の綺麗どころが、向こう正面に正装でずらりと並ぶのも恒例の一つのようです。

コメント

雑談・茶飲みばなし

2013-11-17 | Weblog

大相撲九州場所も中日を迎えました。今場所も、初日から西通路際「たまり席」で和服美人の姿を拝見し、嬉しくなりました。いかにも高価そうな着物を、毎日取り替え健気に頑張っています。彼女は、インターネット上の全国的有名人ですから・・・今日は、セーターで家族連れ観戦でした。

小泉元総理の原発即中止に全面賛成です。政府が明確な方針を出せば、日本社会はその方針に邁進して、必ずいい結果を出すに違いありません。メタンハイドレートの開発にだって、大きな総合力が注入され、原発に代わるエネルギーになるでしょう。

今現在原発全面中止をしても、その後処理に30年や40年はかかるでしょう。原子力に対する技術は保持できます。メタンハイドレートの効果的な抽出に成功すれば、日本は世界有数のエネルギー大国になります。

ネットのメールアドレスも、10年近く変更せずにいると、いつの間にか企業の商品案内広告に占領されます。つい面倒になって、まとめて削除し、必要な連絡を見落とすことになります。数日前それらを遮断するため、アドレスを変更しました。友達・知人・必要関係先へ再案内中です。
コメント (1)

2013中部美術文化展

2013-11-15 | Weblog

中部美術文化賞・準会員・小黒ツヤ子・海華


11月12日から17日まで、岐阜県美術館・一般展示室で、中部美術文化協会・中日新聞・東海テレビ放送主催の、中部美術文化展がひらかれています。絵画78点、デザイン6点、彫刻6点。絵画の部で、筆者好みの一部を紹介します。


会員・加藤純雄・修羅曼荼羅



一般・岡島妙子・devataはじまりの時



トヨタ画材賞・一般・寺本三恵子・トルソー



東海テレビ賞・一般・栗野照子・どこに・いくの



トヨタ画材賞・会友・堤悦子・香華



会員・加藤順子・未知
コメント

再び森の防潮堤

2013-11-14 | Weblog
東北大震災後、森の防潮堤構築による復興構想が浮上したとき、コンクリートから緑の森へと、圧倒的な支持がありました。しかし現実はどうですか、青森から千葉まで、コンクリート防潮堤建設に邁進しています。コンクリートは、強度の計算ができて、解りやすいからと言うのがその理由でしょう。

「お役所仕事」と言えば、非能率で、無駄の多いことの代名詞ですが、事を始めるに当たり説得しやすい数値を要求されるので、無駄な経費も、日月をかけた根回しや、手続きも必要になり、誰が責任を取るということのない、お役所仕事になります。俺が全責任を持つ、と言う政治家が出てこない。官僚に丸投げの状態だから、このようになります。政治家は、予算だけ確保したら、責任は全うした積りでいるようです。

地元治自体が、森の防潮堤を希望しても、国交省は植樹の資金さえ出そうとしない。林野庁は、景観だけを対象に、防災に効果の少ない、松を植えたがる。また環境省は、森の防潮堤でガレキを埋め地元で処理する案を無視し、全国の治自体に焼却処理を依頼、経費の無駄使いの他、各地でトラブルを引き起こしました。
コメント (1)

携帯受信メールに通信料

2013-11-13 | Weblog
携帯電話の請求金額が、毎月高水準に移行しているので、auの事務所で調べると、受信メールの通信料だとのこと、最近楽天ほか2~3の会社から、容量の大きいメールが、日に2~3本ほど着信しています。商品案内とか、つまらん連絡事項なので、開きもせずに削除していたのですが、それに通信料がかかっているとは驚きでした。

即座に受信拒否の手続きをしたのですが、勝手に着払いで、メールを送ってくるとは何事ですか。相手は、こちらも使い放題の契約をしているつもりでしょうが、携帯でインターネット使い放題の契約をしている人は少ないのではありませんか。auもパソコンから大容量のメールが、着払いできたら、受信許可を取る措置を、設置しておくべきです。極めて不愉快な一日でした。
コメント (1)

偽装品のはん乱

2013-11-12 | Weblog
商店主や、企業経営者の品格が下劣になったのか、それとも昔からの慣習を、情報社会が浮き上げさせたのか、食品のごまかしが次々と表面化してきました。全く人間不信に陥ってしまいます。有名デパート、有名ホテルなどは信頼が価格になっているところです。目先の利益だけに惑わされるとは情けない。

とは言うものの、「お千代保稲荷」の商店街を歩いていたら、青森県のにんにくと、中国産と思われるにんにくが、白い網袋に入れて並べて売られていました。青森県産¥1700円、とボール紙の立札がありました。その隣に産地不明記で、¥300円と書いた、立札がありました。形状、大きさは、ほぼ同じで、不明商品の個数が2個多かったようです。

客が手に取ってみて、置き場所を見違えたら、300円が1700円に成ってしまいそうな感じでした。「青森県にんにく」と言えばブランド商品です、本当にあのような売り方をしているのでしょうか。それならば、故意に間違える人達が出て来るのも、当然かななどと、思いながらの商店街ブラ歩きでした。


コメント (1)

国際宇宙ステーション

2013-11-09 | Weblog

国際宇宙ステーションは、地球から400キロの軌道上を、1周90分で周回しています。2011年、日本、アメリカ、ロシア、カナダ、欧州各国の協力で完成しました。サッカー場程度の広さを持つ構造物です。巨大な太陽電池パネルの他、居住棟、実験棟があります。日本は、実験棟「きぼう」を開発、無人補給機「こうのとり」で物資の供給をしています。

11月7日、打上から6時間で、宇宙ステーションにドッキングした若田さんは、来年の5月まで、写真のステーションに滞在します。3月からは船長としての重責を負うことになります。宇宙ステーションの、肉眼での観測については、http://star2009.jp/iss/iss.html
に、場所と時間帯が記されていますが、比較的見やすい時間帯の1つとして、名古屋地区では、11/10、6:00頃、南西の低い空で見え始め、6:04頃北西の高めの空、6:07頃北東の低空で見えなくなります。
コメント (1)

第9回藤田清美水彩画展

2013-11-05 | Weblog

第9回藤田清美水彩画展が、今日から江南駅前「ギャラリーみわ」で開かれています。出品点数71点。6号が中心ですが希望者には頒布もしています。写真は会場風景です、大勢の入場者で賑わっていて、見ごたえがありました。


舟屋3・白木漁港・40号。藤田さんの作品には舟屋が何点かありますが、一連の舟屋の作品に、魅力を感じています。


桜の頃3・鉱山住宅・6号。足尾鉱山の廃屋になった住宅に、咲き誇る桜、哀愁を感じさせる風景です。


舟溜り・品川・6号。藤田さんは、舟とその風景のレイアウトが実に巧みです。次の写真はアムステルダムの運河の舟溜り。
コメント

第42回江南市美術展

2013-11-02 | Weblog

審査委員・石川裕さん作品


11月1日から4日間、江南市市民文化会館で、江南市・江南市教育委員会主催の美術展が開かれています。絵画・デザインの部65点、写真の部32点、書道の部79点、彫刻・工芸の部33点、でそれぞれ市長賞、議長賞、教育委員会賞が選定されています。


市長賞・ルチニヤーノ教会への道・牧野晶子さん


議長賞・吊り野菜・伊藤恵子さん



教育委員会賞・紹興の路地・本多加代子さん



委嘱・堀井万平さん、神々の回路



委嘱・徳田淳子さん、高原の村


委嘱と言うのは、この市民展で過去に市長賞、議長賞を受賞し、持ち点(?)をクリヤされ、審査委員に認められた人のようです。賞の対象からは除外されていますが、上の2点はなかなかの力作でした。委嘱の人の中には、首をかしげたくなる人もいますが、日展入選ではないが、ここにも人脈があるのでしょう。
コメント