miyabuの雑記帳

写真と雑記の復活

つれづれの記・電子図書

2014-12-26 | Weblog
NTT西日本とソニーブックストアーから、500円と1000円の電子図書券を貰ったので、ソニ-ブックストアーで、逢坂剛「裏切りの日々」、池井戸潤「株価暴落」、小倉宏「心にしみる31の物語」の3冊を購入。80歳を過ぎて初めて電子図書で、読書をしたが、全く違和感がなく、実に楽しく読書ができた。文字の大きさも、自分で簡単に調整できるし、読書中断には栞をいれ、再読には自動的にそのページが開く。実に良く出来ている。日頃ブログへの書き込みや、いろいろな調査の検索で、自然とパソコンの文書に違和感が無くなっていたようだ。電子図書は、書店の半額程度で購入できるので、紙の魅力もまだまだ捨てがたいが、私も電子図書の利用が増えそうだ。


仁川アジア大会と平昌オリンピック
 第17回アジア競技大会が、今年の9月19日から10月4日まで、韓国の仁川で開かれたが、不祥事続出で評判が悪かった。大会組織委員会に、多くの苦情が殺到し、責任者は隠れ、担当者は権限外だと逃げ、予算がないを繰り返した。海外メディアは、準備不足も甚だしく、最悪の状態だと批判した。それを懸念したオリンピック組織委員会は、18年韓国で開かれる、平昌冬季オリンピックの分散開催を提案した。日本を念頭に置いた案のようでしたが、今年は韓国のマイナス面が噴出し世界の話題を独占しました。よそ事ながらも、お隣の国ですから、良きにつけ、悪しきにつけ、気にかかります。
コメント

富士山女子駅伝立命館連覇

2014-12-24 | Weblog
天皇誕生日の定例行事、富士山女子駅伝で、立命館大学が連覇しました。この駅伝は、「全日本大学女子選抜駅伝」として、従来から行われていたものですが、2013年、富士山が世界遺産に登録されたのを記念して、富士宮市と富士市が、「富士山女子駅伝」として、共同開催することになったものです。名称変更前から通算すると、立命館の優勝は4連覇です。コースは、富士浅間大社~富士総合運動公園陸上競技場の43.4キロ、7区間でした。

順位 優勝立命館、2位大阪学院、3位大東文化大、4位名城大、5位松山大、6位福岡大、7位東京農大、8位京都産業大

区間賞 1区東京農大・飯野麻耶、2区大東文化大・森智香子、3区名城大・松山芽生、4区鹿屋体育大・鍋島莉奈(区間新)、5区大東文化大・福内桜子、6区立命館・太田琴菜(区間新)、7区立命館・津田真衣。

立命館の実力は平均しており、区間記録が2位以下がなく、他を寄せ付けない独走でした。特に1年生、2年生の活躍が素晴らしく、当分立命館が連覇を重ねるだろう。その他では、4区のエ-ス区間で大活躍の、鹿屋体育大・鍋島莉奈(区間新)の今後が注目される。
コメント

江南のイルミネーション

2014-12-23 | Weblog
江南商工会議所主催による、LEDイルミネ-ションコンテスト2014の、表彰式と見学バスツアーが22日午後4時15分から、商工会館1回ホールでありました。随分お金をかけたと思われる力作がたくさんありました。夜間写真の技術が未熟なので、実態から程遠い出来ですが、その一部を紹介します。


宮田町平和・栗本秀明さん宅。クリスマス過ぎには正月用に飾りつけを変えるとのことでした。1月15日まで点灯予定。


小折本町栄・宮川勤也さん宅


布袋下山町南21・船徳商店


上奈良町郷299・有限会社原板金

その他、石窯パン工房アヴァンセ江南店(村久野鈴道)、美容室クリスマス(村久野鈴道)、萩原真理子さん宅(村久野寺東)、すいとぴあ江南、栗木純子さん宅(山尻町大桑)、株式会社岸五。山尻町には、栗木さん以外にも、近辺に綺麗な飾りつけのお宅がありました。これらのお宅も撮影したのですが、写真の出来が悪すぎたので、掲載を取りやめました。
コメント

今日は冬至・ジャネの法則痛感します。

2014-12-22 | Weblog
一年が新幹線のように過ぎ去っていきます。今日は冬至、去年の今日は、日曜日で朝の10時から、高校駅伝を見るため、テレビに貼り付いていました。年齢とともに、月日の経過を早く感じると言う、ジャネの法則を痛感します。冬至は、夏至に比べて、約5時間日没が早くなります。

明日からまた太陽の復活が始まり、一日約2分程度日没が遅くなります。今年は19年に一度の朔旦冬至(さくたんとうじ)と言う、目出度い冬至だそうです。朔旦冬至とは、19年で一周して元に戻った、という意味だと私は解釈しています。家庭でも、ジャンボ銭湯や、温泉でもゆず湯が行われます。私も近くの温泉「天風の湯」でのんびりの予定です。

考古学の進歩で、一般的な常識も随分変わってきました。浙江省河姆渡遺跡から発見された、12000年前の稲のDNAは、熱帯ジャポニカ(赤米)で、佐賀県の遺跡から発見された6000年前の稲と同じDNAだった。おそらく浙江省海岸の漁労民によって、日本に持ち込まれたと、推測されている。

稲作は、縄文時代から始まり、焼畑稲作によって栽培されていた。水田耕作も5500年程前から始まり、温帯ジャポニカが生まれ、青森県あたりまで普及している。紀元前後の水田が、青森県で発見されているが、既に早生(わせ)の稲作が始まっていた。稲作は弥生時代と従来考えられていたが、この時代中国大陸や、朝鮮半島から、大勢の外来者があり、稲作技術が進んだことによるものと考えられる。
コメント

女子・大阪薫英。男子・世羅優勝。

2014-12-21 | Weblog
第26回高校女子駅伝と、第65回高校男子駅伝が12月21日、京都西京極陸上競技場で、午前と午後に分かれて開催されました。女子の部は、5区間のハ-フ競技。男子の部は、7区間42.195キロのフル競技でした。

女子の部の成績は、上記のとおりです。区間賞は下記の5名です。特に豊川・鷲見梓沙と大阪薫英・前田梨乃の活躍は目立ちました。

男子の成績は下記の通りです。3区で世羅のマラソン留学生カマイシが、独走態勢を作り、以降独走を堅持、6区、7区でも区間賞を取り、3年ぶりの優勝になった。

区間賞・1区下史典(伊賀白鵬)、2区・前田恋弥(市立船橋)、3区・カマイシ(世羅)、4区・カキウキ(青森山田)、5区・外岡拓磨(伊賀白鵬)、6区・井上広之(世羅)、7区・吉田圭太(世羅)。
コメント

安倍内閣と景気回復

2014-12-19 | Weblog
現政権は、大企業の牽引によって、景気の回復を図ろうとしていますが、いまや大企業はグロ-バル化して、貧富の差を拡大するだけです。中小企業の育成に全力を投入した方が景気回復の近道です。中小企業に活気が出てきたら、景気は速やかに回復します。現政権が目標としている、法人税20%まで下げても海外に根を広げた大企業は国内に帰ってきません。一部資本家に利益が集中し、大衆による国内需要の喚起は望めません。この2年間現政権の政策が証明しています。

コメント

小沢一郎と生活の党

2014-12-18 | Weblog
生活の党も、政治助成金の対象外に転落しました。小沢一郎の選挙洞察は極めて適確です。今回の選挙でも結果を予測して、事前に党員の離党を奨め、他の政党からの立候補で命拾いをした議員が5名います。選挙に対する見通しや、講演の内容は、人を惹きつける魅力はあるのですが、権力を握ったあとの行動は、全く自己的で、反国家的です。

小沢語録、「資本の、資本による、資本のための、市場経済を打破し」、「人間の、人間による、人間のための、経済を立ち上げ」、「住民の、住民のによる、住民のための、社会をつくる」。この小沢語録で、どれだけの人が騙されたか。

平成21年8月30日、第45回総選挙で、民主党を率いて戦った小沢一郎は、衆議院で303議席を確保、絶対多数の政権党幹事長に就いた。とたんに態度が豹変、12月10日には、百数十名の団員を引き連れ中国詣で、あのへりくだった中国詣で、中国は日本に、高圧的な態度を示す状況をつくった。しかも、帰途、韓国に立ち寄り、ここでもまた韓国を持ち上げ、日本を卑下した発言を、あちこちにばら蒔いた。その結果韓国も、慰安婦問題、竹島問題など高圧的な態度で日本に対応するようになった。

これらの行動は、小沢一郎の反国家的行動として、長く国民の記憶にとどまります。それに歩調を揃えた民主党も、再び政権の座につくことはないでしょう。3年余りの民主党政権で失った国家の威信は大きすぎます。現自民党政権にその反動が来ています、反動が大きくなりすぎる危険も感じますが、まだ自民党のほうが安心感があります。
コメント

実業団女子と佛教大

2014-12-16 | Weblog
マラソンとか、駅伝があると、テレビの前から動かなくなってしまいます。高校、大学、実業団、都市対抗で出てくる中学生の頃から目をつけていた子が成長していくのを見るのも実に楽しい。いま実業団女子では、佛教大学の卒業者が大活躍です。14日に開かれた全日本対抗女子駅伝で連覇のデンソ-にも、石橋麻衣(23年卒)がいます。


ダイハツがこの大会で2位に着けたのは、日本を代表するマラソンランナ-木崎良子(写真上・19年仏教大卒)と注目の新人前田彩里(写真下・25年仏教大卒)がそれぞれエ-ス区間でごぼう抜きの大活躍をしたことが大きい。前田は、大学時代「初マラソン」の新記録を出しています。3位のヤマダ電機にも、森唯我(21年卒)、竹地志帆(24年卒)がいます。

コメント

明治・大正・昭和の未年年賀状

2014-12-15 | Weblog
戦前の未年年賀状展が江南市歴史民俗資料館で12月13日から1月12日まで開催されています。資料提供者は、江南市在住の石黒三郎さんで、年賀状・絵葉書・鳥瞰図の収集家。展示品の中から、年代別に1コマずつ紹介します。

明治40年、既に写真の年賀状も随分出回っていたようです。この年は日露戦争の最中でした、それにちなんだ年賀状もありました。

大正8年、最下段左端の羊賀状は、与謝野鉄幹・晶子夫婦が出した賀状、右端の羊賀状は鳥瞰図で有名な吉田初三郎画伯の賀状です。

昭和18年、日米戦はガダルカナルからの撤退を始め日本軍の苦戦が始まります。山本五十六連合艦隊長官がブ-ゲンビル島上空で撃墜され戦死、年賀状も元気がありません。

はがきの年賀状は、明治6年12月に始まっています。元日に年賀状が配られるようになったのは明治17年からです。12月20日から30日までに投函すれば、元旦消印で1月1日に配達される年賀郵便の特別取り扱いが、特定郵便局で始まったのが明治32年です。年賀状も随分歴史を重ねてきました、かっては「勅題」の年賀状もありました。明治40年の勅題は「新年松」、大正8年の勅題は「朝晴雪」、昭和18年の勅題は「農村新年」でした。この年賀状展には、「勅題」の年賀状もたくさん展示されています。
コメント

平昌オリンピック

2014-12-10 | Weblog
2018年冬季オリンピックが、韓国の平昌で開かれるが、IOCの委員会で、設備問題に関し、競技の一部を、日本で開催してはどうかとの案が検討されました。これに関して、韓国の組織委員会が、猛反発し、住民も一団となって、反対運動が盛り上がっているようです。韓国人も時には、まともな行動をすることがあるんですね。

アギ-レ監督の疑惑、日本サッカ-協会の選ぶ、代表チ-ムの監督は外国人ばかりですが、日本にだって監督の資格を持っている人がいるはずです、八百長疑惑をきっかけに、日本人に変えてはどうですか、日本語も話せない監督よりも、選手の力が発揮できるように思うのだが。

福岡国際マラソン、2014年福岡国際マラソンは、期待の中本健太郎が30キロ地点でトップ集団から離れ、藤原正和が辛うじて4位に入った。記録は2時間9分6秒で、日本人トップとは言え、今ひとつでした。優勝のマカウ(ケニア)は、世界記録の保持者ですが、2時間8分22秒は平凡なタイムでした。
コメント

植村元朝日新聞記者

2014-12-09 | Weblog
従軍慰安婦の証言を初めて報道した、元朝日新聞記者の、植村隆北星学園大講師は、中日新聞のインタビュ-に対して、「民主主義を守る戦いの最前線にいる、不当な圧力に屈する訳にはいかない」と断言している。

植村さん、あなたは問題をすり替えています、朝日新聞当時のあなたは、捏造で固められた、慰安婦を支持する団体の発言を、盲目的に支持し、朝日新聞を利用して、あなたの偏向思想を、あたかも正義の如く、世界に広めたことです。これは反国家的テロ運動です。そのような人間を大学の講師としておくのは危険極まりない、と言うことです。

反国家的思想で洗脳されたあなたに、慰安婦問題を含めた日韓問題を、冷静に調査し直してみませんか、と言っても無理でしょうが、間違いは間違いと朝日新聞の社長も認めたのですから、あなたも屁理屈をこねないで、認めればあなたへの攻撃も沈静化します。

韓国とウズベキスタンウズベキスタンという国を、日本人はあまり知りませんが、1914年から1945年の日本敗戦の年まで、日本が委任統治していた国です。当時はパラオと言っていましたが、日本の敗戦後アメリカの統治下に入り、その後独立して、ウズベキスタンとなりました。

パラオ当時、日本は積極的に、インフラの整備を行い、道路、病院、学校など住民の生活向上に力を入れました。それをパラオの住民達はよく認識していて、独立に際しては国旗を日本と同じデザインで色違いにし、独立式典では「君が代」を歌い、国民の八割が日本姓をつけています。

ウズベキスタンと同時期、日本の統治下にあった、朝鮮でも日本はインフラを整備し、住民の生活向上に、多大の資本投入をしました。日本の敗戦で独立国となった韓国ですが、ウズベキスタンや、台湾の人々と全く正反対の行動に走った韓国、いまだに日本に難癖をつけることを生き甲斐にしているようです。
コメント