想いのままに…

日々の生活の中で感じたことを、想いのままに綴りたいと思います。

神仙沼

2018-08-20 22:10:50 | 日記
今日は、隣町にあります高層湿原『神仙沼』に行ってきました。
今までにも行ったことがあり、今年で3回目。

標高765mの所にありますが、すぐそばまで車で行くことができます。
それでも、駐車場からは、約1kmの木道を歩くことになります。

今日は、昨日までに比べると暑くなり、我が家を出る時は28度。
それが、神仙沼では20度でしたから、かなり涼しく感じました。

神仙沼湿原には池塘が点在しています。
池塘とは、泥炭層にできる池や沼を言います。

Wikipediaによりますと、
『エゾカンゾウやワタスゲ等が咲き誇り、ニセコお花畑の一大拠点として賑わう。』
と記されています。
確かに、以前、行った時には、それらの花を見ることができましたが、
今日は既に咲き終わったのでしょうか、それらの花を見ることはできませんでした。

それでも、木道以外は、すべて自然。
しかも、訪れている人が疎らでしたので、
自然の空気を存分に味わってくることができました。

午後のティータイムは、持参したアイスオーレと糖質制限ケーキ。
湿原を歩いた後、自然のミストで涼みながらの時間を楽しみました

神仙沼を出て、ニセコの反対側を下ると、岩内の町に下りて行きます。
霧がかかっているところから、一気に、765mを走り降りるのですが、
下りて行く途中で、霧の景色から、太陽の光が差し込む景色に変わり、
木立の間から見える岩内の海が、とてもきれいでした。

海辺の道を走った後、我が町に向かうのですが、
今日は、今まで通ったことがない道を進みました。
そして、ここでは、可愛いキツネに出会ったのです。

今日も、楽しくて、しあわせな一日でした。
そして、北海道での思い出が、また増えました。
ありがとう、あなた…


 こちらが、神仙沼です。


 以前は、ここにワタスゲが、たくさん咲いていました。


 今日は、こんな花が咲いていました。


 そして、こちらが、キタキツネさん。
 道路を、ゆっくりと横断中でした。
 渡り終えて、しばらく私たちを見た後、茂みの中に入っていきました。
コメント

スフレチーズケーキ

2018-08-19 21:52:17 | 日記
今から10年近く前のことです。

JR三宮駅の高架下を歩いていた時、私の目に留まったのは、
通りがかりのお店の奥にある、一枚の大きな写真でした。
お店…と言っても、高架下ですから、奥行きがないお店。
壁に掛かったフワフワのチーズケーキの写真が、とても目立っていました。

『美味しそう…』

そう思い、少し前を歩いていた主人に、声を掛けました。
「あれ(と写真を指差して)、買っていい?」

その時、山梨に住んでいた私たちですが、
所用があって神戸に行き、海辺のホテルに宿泊していました。
ホテルのリムジンで三宮の町に出て、夕食をする予定だったのです。

お勤め帰りの人でごった返していた時間帯でしたので、
レストランまでの道を、主人と並んで歩くことができず、
主人を見失うまいと、一生懸命に歩いていた私でした。
そんな私が、そのお店に気付いたのは、行列ができていたからです。

当時は、糖質制限もしていませんでしたし、
私は今よりも痩せていましたから、それを心配していた主人としては、
私が食べたいと思うものは、何でも食べていいよとの思いだったと思います。

ところが、ホール500円(と記憶しています)の『スフレチーズ』は既に売り切れで、
とても残念な思いをしたのです。
結局、違う小さなケーキを買って、ホテルで食べたのでした。

今では、糖質制限を始めていることもあって、
美味しそうと思うことがあっても、買いたい、食べたいと思うことはありません。
その分、糖質制限で美味しいスイーツを作りたいと思っています。

そして、今日の我が家のスイーツは、スフレケーキ。

とてもフワフワで、しっとりとしたケーキができました。
私が、長い間、作りたいと思っていた、そんなケーキです。
主人にも好評でしたので、ちょっと嬉しいです。

今日のようなケーキが、いつも安定して作れるようにしたいと思っています。

コメント

肌寒い一日でした。

2018-08-18 22:02:06 | 日記
今日は、先日までの記録的な猛暑から一転、
全国的に、気温が少し落ちついた一日だったようです。

ここニセコでも、最高低気温は10度を切っていますし、
最高気温も20度に満たない一日でした。
肌寒ささえ感じて、パソコンに向かう時には、温かいひざ掛けを出してきましたし、
午前中のティータイムは、主人用として、温かいカフェオレを作りました。

お散歩に着るものも、真夏の生地のものではなく、少し厚めの長袖の上下。
太陽の日差しの中を、ウォーキングとスロージョギングという、
いつものメニューでの『お散歩』でしたが、
それでも、汗をかくということはありませんでした。

このあたりでは、明日と水曜日以降は、雨マークですから、
ヒンヤリ感が漂う日になりそうです。

また、今日の山梨の気温も、数日前に比べますとあまり高くはなくて、
「そろそろ、山梨に帰るモードに切り替えやすくなってきたね…」と話しました。

もちろん、このまま秋…ということもないのでしょうけれど、
もう、暑くてたまらない…という日は少なくなっていくのではないかしらと
思いたいところです。
ちょっと、甘い考え…かしら?

そういえば、今日と明日、倶知安町の比羅夫では、夏祭りです。
露店が出たり、盆踊りや花火大会もあるようです。
外国人が多い地域ですので、盛り上がり方が日本のそれとは違う…けれど、
楽しみにしている人が多いようです。
因みに、人混みをあまり好まない私たちは、
比羅夫のあたりで、6度の夏を過ごしましたが、お祭りには行ったことがありません。

今年のコンドミニアムは、比羅夫とは、ちょっと距離も離れていますので、
花火大会の音も聞こえませんでした。
でも、みなさん、楽しまれたことと思います。


 肌寒さを感じた今日の、窓からの景色。
 森も、心なしか寒そうです。


 こちらは、2ヶ月前(6月19日)の同じ場所からです。
 お天気の違いもありますが、緑が鮮やかで生き生きとしていました。
 季節の移り変わりを感じます。
コメント

最後のお出掛け

2018-08-17 21:54:42 | 日記
昨日は、夕方から雨が強くなり、風もゴーゴーと唸るよう。
日暮れと共に、窓の外は真っ暗になって、何も見えませんが、
窓にたたきつける雨の音と、木々の葉が擦れ合う音は、異常でした。

怖いくらいの音に、私は息を呑む思いで過ごしました。
窓の外は、どんな景色になっているのかしら?
明るいうちだったら、様子が見えて安心だけれど、
こんなに暗くなってからでは、何も見えないだけに、不安だわ。
今までに、これほどの音を聞いたことはないと思うけれど、
木が倒れて、窓ガラスが割れるのではないかしら?

次々と、いろいろなことを想像し、考えてしまって、
夕食後の片付けが終わってから後、「さあ、寝ようか。」と
主人が声をかけてくれるまで、じっと我慢の子(おばさん)でいました。

「ちょっと、怖いわね。」
私は、やっと、主人に不安な思いを話しました。
「えっ、怖かったの? 黙っていたから、気になっていないのかと思ったよ。
 だから、静かだったんだね。」

確かに、私の言葉数はぐっと減っていたのです。
でも、主人に話したことで、不安と怖さが一気に爆発しました。

そんな時って、笑ってしまうものなのですね。
私は、何となく、うふふ、うふふと笑っていました。
ちょっと震えながら…だったかもしれません。

そして今朝、風と雨は小康状態を保っていましたが、
9時を過ぎる頃には、雨は止み、やや強い風が吹くだけとなっていました。

今日は、今回の北海道での生活で最後の、小樽経由、札幌行きの日です。
我が町ニセコは青空でしたが、倶知安は雨。
小樽までは、叩きつけるほど大雨の場所があり、札幌は晴れ。
いずれも、風は強く吹いていましたが、ところ変われば、お天気も変わります。

でも、いつものコースを、いつものように周って過ごすことができて、
とても楽しいお出掛けとなりました。

今日も、とても良い思い出が残る一日になりました。
あなた、お疲れさまでした。
そして、ありがとう…。


 札幌へのお出掛けの帰り、倶知安町に入ってから見える羊蹄山。
 手前は、ジャガイモだったと思うのですが、収穫が終わったようです。
 
 
コメント

美味しい食材

2018-08-16 21:40:31 | 日記
今日の夕食に、北海道産のマガレイの煮つけをしました。
大きなカレイでしたが、二つの切り身にしてあったので、助かります。
この大きさでは、家庭用のまな板と包丁で切るのは、かなり大変ですから。

カレイは、裏側(白い方)に、味がしみやすいよう、切れ目を入れておきます。
大きめのお鍋にお出汁とお水少しを入れ、調味料は、お醤油少々とラカントSだけ。
少し煮立てて、切り身を入れます。
その他には、玉ねぎを4分の1、糸コンニャク、しめじの子房を少し入れ、
お玉で煮汁を回しかけるようにした後、弱火にします。
落し蓋(私はアルミホイルです)をして、12~13分で火を止め、
しばらく置くことで、味をしみ込ませます。
お皿に盛り付ける前に、もう一度、温める程度、火を入れます。

そのマガレイの、なんと美味しかったこと。
ふっくらとした柔らかさが、堪えられませんでした。

一昨日は、マダラをいただきました。
ムニエルにしたのですが、これまた、ふっくらとした美味しさでした。
大きな切り身を買ったのですが、糖質制限の我が家では、
小麦粉の代わりに、おから粉とアーモンドプードルを混ぜたものをまぶし、
無塩バターを入れて焼きます。
アーモンドプードルの味がありますので、塩コショウなしでもいいのです。

いずれのお魚も、北海道ならではの食材です。
大きな切り身が新鮮で、しかも、どちらも税込みで380円。
二人分の夕食のメイン料理がこのお値段ですし、
これらの食材は、地元のスーパーで買うことができます。
この他にも、生ホッケやサーモンも、美味しくいただける食材です。
とてもありがたく思っています。


 お散歩コースでは、こんな共演が見られます。
 奥にアジサイ、手前は桔梗です。


 桔梗を大きくしてみました。
 もう少し早く撮っていればよかったのですが、
 今では、花が終わりそうになってしまいました。
 
コメント