想いのままに…

日々の生活の中で感じたことを、想いのままに綴りたいと思います。

片付けを始めました。

2017-02-27 22:13:27 | 日記
今日は、ライカムに行ってきました。
今年の沖縄生活では、最後となるライカムでのお買い物です。

大きなモールですが、行くところはいつも決まっています。
本屋さん、スターバックス、100円ショップ、
そして、スーパーマーケットです。

今日も、まず、近くの沖縄総合運動公園でのお散歩でした。
スロージョギングとウォーキングをした後に、ライカムへ…。
お茶を飲みながら語り合った後、主人は本屋さんへ。
私は、100円ショップで、荷造り用のガムテープを買ってから、
主人と合流しました。

広いライカムですので、駐車場も4000台が止められるという広さ。
スーパーと本屋さんは、建物の東と西に位置し、
その距離は300m以上ありますから、
スーパー側に車を止めれば、本屋さんまでは300mを超え、
往復では600m以上を歩くことになります。
結局、ライカムにお買い物に行くと、最低でも2km近くは歩くことになります。
それでも、広々とした空間を楽しめますので、いい時間を過ごしてきました。

沖縄総合運動公園を出る時もそうでしたが、ライカムを出る時も、
「長い間お世話になりました。」という気持ちでした。

我が家の中も、帰る日を前に、少しずつ片付け始めています。
先ほどは、お台所の引き出しから、レシピのメモが出てきました。
糖質制限を始めてから、少しずつ増えてきたメニューですが、
そのメモは、昨年の夏の、北海道での生活の時から書いていたものです。

今回の沖縄でも、使えるかと思って持ってきたのですが、
買う材料が、場所や季節によって違うこともあって、
実際には、今回はそのたびにインターネットで検索したりしながら
お料理を作りました。
スイーツにしても同じで、作りたいスイーツの、細かな部分は、
その都度、検索をしながら作ってきました。

となりますと、今までのメモは必要ない…ということになり、
こちらで処分して帰ることにしました。

今年も、何件かのメニューを書き足したものの、
70件近いメモの数には、自分でも驚きましたが、
処分するにしても、それが無駄だったとは思えません。
こうしながら、次のステップに行くことになるのでしょうから、
これからを楽しみにできます。

これも、遊牧民的(主人曰く、渡り鳥のよう)な生活をしているからこその経験であり、
その中から学び、感じ、考えることができるということなのでしょうね。
ありがたいことと、感謝しています。
コメント

心の不食

2017-02-26 22:24:55 | 日記
山梨へ帰る日を数日後に控えた今日、主人が言いました。
「この前、僕に訊いていたことだけれど…、楽しみにしているよ。」

先日、私は、山梨に帰る日が近付いたことについて、
どう思っているの?と尋ねたのです。

主人が言うには…。
今年の沖縄での生活は、お仕事が忙しかったこともあって、
とても充実していて、今までの数年間の中では特に良い年だったと思う。
山梨に帰るとまもなく、(アメリカン)フットボールの春の試合も始まるし、
その楽しみもあるから、ちょっとワクワクする気持ちだよ。

私も、主人のそんな言葉を聞いて、嬉しい気持ちになりました。
今までの生活も、これからの生活も、そのどちらもを楽しく思えていること…。
それって、とても幸せなことですね。

昨年の暮れのことになりますが、沖縄での生活のために、お荷物を送りだしました。
お仕事関連の物や衣類、ちょっとした日常雑貨、調理器具などの他、
主人は、例年ですと、読みたい本なども、荷造りに入れています。
ところが、今回は、本や音楽などを楽しむものは送りませんでした。

「いらないの?」と訊ねた私に、
「心の不食をしたいと思っている。」と答えた主人です。

心の不食…、その言葉には、私の心の奥底に響く何かがありました。

私たちは、昨年の夏から月に一度、丸一日何も食べない『不食』を実行しています。
そのことから気付くことや学べることが多く、
今や、月に一度のその日を楽しみにしているほどです。

主人は、今回の沖縄で『心の不食』をしてみたいと思ったそうです。
時間があれば、本を読み、インターネットを見る…というのではなく、
それらがない状態を経験することから見える何かがあるのではないかと思ったのでしょう。

主人にとって、『心の不食』から見えたものが何だったかわかりませんが、
社会に貢献できることがあるとすれば、自分には何があるだろうか。
主人が、そんなことを考えているような気持ちになっていた私は、
この2ヶ月の、最近にはないお仕事の量などを思う時、
『心の不食』を考えた主人の気持ちが、天に届いたのではないかと思いました。

あなたを求めている人に、
あなたの持っているものをもって、応えてあげるのはどうでしょう…と。

そう思うと、私も、初心を忘れず、
私のできることで、少しでも主人を助けられたらいいなと思うのです。


 連日のスイーツですが、今日も、主人の希望で、再度、お抹茶ロールを作りました。
 今日の出来栄えは、一昨日よりも良くできました。
 一昨日と同じ餡の量です。ホイップも同じですが、少し硬めにしています。
 そうすることで、餡とホイップの境がはっきりと分かれて、きれいになりました。
 
コメント

にゃん子へ

2017-02-25 21:39:24 | 日記
にゃん子、元気にしていますか?

私たちが、山梨を発つ日、南のウッドデッキに来ていましたね。
出掛ける時に、初めて気が付きましたので、
車の窓を開けて声をかける程度のお別れになりました。



あの日から、2ヶ月近い日が過ぎました。
私たちは、暖かい沖縄で暮らしていますが、
にゃん子は、山梨の厳しい冬の中ですね。

『どうしているかしら?』と、いつも思い出していますよ。

なぜって、このあたりには、猫がたくさんいるのです。
猫…だから、放し飼いという言い方はおかしいかもしれませんが、
町の中にも、川の淵にも、公園にも、どこに行っても、猫がいます。
しかも、1匹や2匹ではありません。
そんな猫たちを見るたびに、あなたのことが、頭をよぎります。

そういえば、先日、お散歩のために沖縄総合運動公園に行ったとき、
にゃん子によく似た猫がいました。
広い公園をスロージョギングしている時、その猫がいることに気付きましたので、
2周目にその場所に居れば、写真を撮ろうと思っていましたら、
いました、いました。



そこで、まず、遠くからパチリ。
そのシャッターの音で、猫も私に気付いたようです。
振り向くや、『にゃあ~ん、にゃあ~ん』と駆け寄って来るのです。
しかも、あまりにも勢いよく来ましたので、私は、少したじろいでしまいました。

それでも、写真を撮ってきましたよ。



遠く目に見ると、にゃん子に似ているように思いましたが、
近くに来た時の写真をよく見ると、少し違いますね。

来週の土曜日には、沖縄を出ますが、
その夜は、東京でアメリカからの友人ご夫婦とお会いすることになっています。
山梨に帰るのは、月曜日になります。

にゃん子、会えますね。
また、元気な姿を見せてくださいね。
コメント

糖質制限スイーツ

2017-02-24 21:36:03 | 日記
ここのところ、ありがたいことに、お仕事がとても忙しい毎日です。

そんな中でも、我が家の生活リズムを崩すことなく、
お散歩やティータイムの時間だけは大切にしています。

ティータイム…ということになりますと、
その忙しさにも負けず(?)、スイーツ作りも欠かせません。
今や、私の楽しみの一つにもなっているからです。

今回のスイーツは、主人の希望もあって、餡を使ったお抹茶のロールケーキに決定。

昨夜のうちに、ポットに熱湯と黒大豆を入れておきました。
朝、炊飯器に移して、「おかゆ炊き」。
その後、保温を2時間ほどして、黒大豆だけを取り出し、
ラカントSを入れて潰します。
水分が少ないと思ったら、ゆで汁を足しながら、餡にしていきます。

スポンジ生地は、卵、おからパウダー、アーモンドプードル、ベーキングパウダー。
よく混ぜて、トロリとなるくらいまで、豆乳で調整します。
平皿に、ラップを広げて、その上に平らになるように生地を広げます。
レンジの強で3分弱が目安。
表面の水分がなくなるくらいで止めます。

出来上がった生地を冷まし、生クリームとラカントSで作ったホイップを敷き、
その上に、2cmくらいの筒状にした餡を芯に置き、巻いていきます。

今日の出来は、『上出来』でした。
黒大豆で作った餡ですが、小豆と遜色なく出来上がりましたし、
今までは難ありだったスポンジ部分も、ソフトに仕上がっていて、
スポンジ、ホイップ、餡が違和感なくマッチしていました。

これからは、いつ作っても、今日のようにできるといいなあ~。
近いうちに、再度作ってみたいと思っています。


 味だけではなく、見た目も、まあまあの出来になりました。
コメント

沖縄も、冬です。

2017-02-23 22:05:58 | 日記
冬枯れかしら?

今日のお散歩で、そう思ったのは、
いつものお散歩コースの大木が、その葉をすべて落としたからです。

私たちが沖縄に来た頃には、濃い緑の大きな葉っぱがたくさんありましたが、
やがて、少しずつ紅葉していたのです。
その葉も、風が吹くごとに落ちていき…、落ちていき…、
今日は、とうとう、まったく無くなっていました。

日本では琉球列島と小笠原に分布しているということですが、
枝が水平に伸びることや大きな葉をまとめて広げるという特徴があるので、
木陰を作るため、沖縄のように暑いところでは、好まれるのでしょうか。

その木の名前を、ずっと知りませんでしたが、
木の特徴を覚えていたこともあって、
今年、その名前を知ることができたのです。

その名は、『モモタマナ』

モモタマナが標準和名ですが、ここ沖縄では、コバテイシ、あるいはクファディーサなど、
沖縄各地での呼び名は異なるようです。

今年は、蘇芯花(ソシンカ)やパパイヤの木も覚えましたし、
バナナの花を見ることもできました。

この時期を沖縄で暮らすようになってから、もう4年にもなりますし、
実は、来年は、沖縄ではないところでの暮らしを考えています。
沖縄で暮らした記念(?)というには、とても小さなことですが、
少しでも知ることが増えると、嬉しい気持ちになります。

残り約1週間あまりとなりましたが、
日々を、いつものように、大切に過ごしたいと思っています。


 wikipediaには、半落葉性の高木と書いてありましたが、
 冬枯れ?と思うほど、葉を落としてしまいました。
コメント