想いのままに…

日々の生活の中で感じたことを、想いのままに綴りたいと思います。

丸14年…、ありがとう

2013-11-30 22:21:51 | 日記
ここ、山梨での生活も、今日で丸14年になりました。

結婚以来、会社勤めの主人との生活は、転勤も視野に入れた住まい…
つまり、賃貸住宅ばかりでした。

ところが、会社を辞め、事業を始めることになった1998年の3月。
インターネットが繋がれば、どこにいてもできるお仕事ということもあって、
私達は静かで環境の良い場所で生活をしたいと思うようになりました。
当時、大阪の池田市に住んでいましたので、関西近郊のモデルハウスやモデルルーム、
宅地など、いろいろな物件を見て回りましたが、何か違う…どこか違う…と思うばかりでした。
私達の中には、まだ、具体的な構想ができてはいなかったのです。

そんな時、主人が言いました。
私たちが望んでいるのは、いったい何なのかを考えようというのです。

そこで、私と主人はそれぞれの意見を出し合い、それをまとめて書き記しました。

    どこに…
    どんな物件を…
    いつ頃…
    いくらで購入し…
    どんな生活をしたい…

そんな『私たちの未来の住まい、合意事項』をもとに、本格的に住まいを探し始めたのです。

まずは、どこに…『八ヶ岳南麓』
 私達は、小淵沢に別荘を借り、一か月間生活をしてみることにしました。
 その間、私たちが望んでいる生活環境を、肌で感じることができました。
 当時、その辺りには、インターネットが隅々まで普及していませんでしたが、
 それも実感し、参考にしました。
 また、住まい探しも行いました。
 あちこち見た結果、今のこの場所を、とても良い条件で入手できることになったのです。
 物件、時期、価格、生活…
 それらのすべてが、私たちの合意事項の条件を満たしていました。

画して、1999年、11月30日に引っ越してきたのです。
マイナス15度を下回る年もあると聞いて心配していた厳しい冬も、思ったよりも過ごしやすく、
そんなことを帳消しにしてくれるほどの素晴らしい四季の移り変わりに感動しました。
自然の中での、自然の流れに逆らわない生活が始まりました。
こちらで過ごすうちにも、私達に合った生活のリズム、スタイルができて、今日に至ります。

今日は、主人が出先からの帰りに、シュークリームを買ってきてくれました。
結婚以来、私達の記念日には欠かせない…といってもいいほどの、シュークリームです。

ささやかに…、それでもとても温かくて幸せなティータイムでした。
あなたと共に歩めることを嬉しく思っています。
ありがとう…。

 富士山も…

 南アルプス、甲斐駒も…

 そして、八ヶ岳も…、
                                     いつも変わらず、みんな美しいです。

コメント

あれは、何なの?

2013-11-29 22:20:06 | 日記
今日のお散歩…。
空は青く高く晴れ渡り、わずかに残っているカラマツの黄色い色が映えています。
『きれいだわ…』

空を見上げる私の、その目に入ったのは、何か不自然に見える「物」でした。
何かしら?

マリモのように濃い緑で、真ん丸くて、あたりの何よりも目立っています。
立ち止まってよく見ると、それはたぶん…、鳥の巣?

それにしても、どうして濃い緑なのでしょう。
このあたりは標高が高く、針葉樹もかなりあります。
ただ、そのマリモのような物のすぐ近くには、針葉樹が見えません。
これがもしも鳥の巣ならば、鳥は針葉樹の葉をどこかから持ってきて、巣を作ったのでしょうか?

いずれにしても、安全を考えて作った巣が、この時期になりますと丸見えの状態です。
もう巣だっていて、空き巣になっているのでしょうけれど…。

お散歩では、キョロキョロしながら歩いていますと、前日には気付かなかった物に出会える時があります。
楽しいです。

さて、明日はどんなものに出会えるでしょう。


 真ん中に…、マリモに似ています。


 それにしても、何でできているのでしょう。
 なぜ、濃い緑を保てているのでしょう。
コメント

思い込んでいたのですが…

2013-11-28 21:48:22 | 日記
「ありがとう。あっという間に終わったわ。」

今日の夕食後、いつものように片づけを手伝ってくれた主人に、お礼を言いました。
私が洗った食器をお布巾で拭いて、食器棚に直してくれます。
ちょっと食器が多い時などは、本当に助かるのです。

♪♪あっという間に…、あっという間に…♪

そんな一節を思わず口ずさんだのですが…、
『あれ? この歌ってどんな歌だったかしら? 何かのコマーシャルソングだったかしら?』

もう一度歌ってから、主人に尋ねました。
「何の歌だったかしら? だんご3兄弟だったかしら?」

すると、主人はすぐに歌いだしました。

♪♪あっという間に始まって~
  あっという間に終わります~
  それでは皆さんまた明日~
  あっという間~
  あっという間~
  あっという間の劇場~

「ああ~、そんな歌だったわね。それにしても、よく覚えているわね。」と
私は感心してしまいました。

しばらくして、主人が一言…。
「ところで、この歌、何のコマーシャルだったっけ?」
「何だったかしら。せっかくのコマーシャルソングなのに、
何のコマーシャルかわからないなんて…。こんなこともあるのね。」

夕食の片づけも終わり、私たちの会話もここまでとなりました。

先ほど、ブログを書くために調べてみましたら、
『おかあさんといっしょ』の中で歌われていた「あっという間劇場」の歌らしく、
コマーシャルソングではなかったのです。

コマーシャルソングだとばかり思っていたのですが…。


 今日の夕焼けです。 
 夕方、カーテンを閉めようと窓際に行くと、
 夕焼けがとてもきれいでした。

コメント

気分もすっきり…

2013-11-27 22:33:16 | 日記
今日は、久しぶりのお散歩でした。

お仕事がとても忙しく、ここ数日、お散歩には行けませんでした。
健康のことを考えて続けているお散歩ですが、お仕事が忙しいことも、
とても嬉しいことです。
お客さんに、我が家に頼みたい…と依頼していただけるのですから、
とてもありがたく思っています。

アメリカのスタッフの人達とは、常に連絡を取り合っていますが、
忙しい時には、予定よりも多めのお仕事をしてくださる時もありますので、
とても助かります。

お客様からのご依頼など、お客様との窓口は、主人が対応しています。
そのお仕事を、主人がスタッフに依頼し、スタッフが仕上げたものを
我が家で再チェックします。
まず、私がチェックしたものを、主人が総合的にチャックし、仕上げます。
お客様への納品も、主人が責任を持ちます。

そんな中、数日前から、主人の体調が万全ではないことが気がかりでした。
主人のいろいろな作業は、私にはできません。
私ができることと言えば、主人の体調管理くらいです。
それだけに、ここ数日の主人をみていますと、私は反省せざるを得ませんでした。
数日前に、いつもとは違っている様子に気付いていながら、何もしてあげなかったのです。

その頃、あるプロジェクトが忙しくて、主人には疲れがたまっている様子でした。
その頃に何か手を打ってあげていれば…と悔やまざるを得ません。

でも、忙しかったお仕事も、明日の納品を済ませますと、ひと段落します。
そんなこともあってか、今日は、主人が一言…。
「お散歩に行こうか。」

気分転換も兼ねて、我が家を出ました。

…行って、正解でした。
自然の中を歩くことは気持ちが良く、身体にも良いことが実感できました。
事実、今日の夕方、主人が…。
「こんなに体調が悪いってこと、何年振りだったかな~。でも、気分がちょっとすっきりとしたよ。」

私は、ひと安心しました。
でも、本調子に戻るまで、できるだけ無理はしないでね。


 我が家の西側の小道です。


 こちらは、我が家から北に向かう小道です。
 サクサクと落ち葉を踏みしめながら歩きます。


コメント

温まりました。

2013-11-26 21:59:28 | 日記
今日は、この冬初めての『お鍋』をしました。

毎年、冬になりますと何度となくお鍋をするのですが、この冬は初めてなのです。
お鍋は、体が温まりますし、お野菜がたくさん食べられます。
更に、手間をかけずに作れますので、主婦としては、ちょっと嬉しい献立です。

この時期ですと、タラや牡蠣がいいですね。
蟹なども出てきますが、蟹を食べない我が家では、鶏肉やミンチボールなども使います。
お野菜は、白菜、大根、ニンジン、白ネギ、キノコ、春菊などの他、
キャベツを入れることもよくあります。
キャベツは甘みがありますので、私は白菜よりもキャベツを食べることが多いかも…。

「どんなお味がいい?」と主人に尋ねますと、「白みその味が食べたい。」という要望。
そこで、お出汁の他は、白みそとお塩少々…。
それだけで、充分おいしくなりました。
煮詰まってくると濃くなりますので、かなりの薄味でのスタートです。

家族が多い場合は、材料を足しながらお鍋をつつきますが、
我が家は二人ですので、材料すべてをお台所で8割方作ってから、
テーブルコンロに乗せて食べ始めます。

そして、お鍋の締めくくりといえば、お雑炊か麺類ですが…。
夕食に炭水化物を取らない我が家では、そこで終了です。

おいしかったです。
温まりました。
お腹がいっぱいになりました。
ごちそうさまでした。


 我が家の2階から…。
 木々の葉は、すっかり落ちました。
コメント