想いのままに…

日々の生活の中で感じたことを、想いのままに綴りたいと思います。

庭木の剪定

2018-04-30 21:58:00 | 日記
昨日、木立の成長に伴って、お庭の木々の剪定をしていただきました。
お願いしていたのは、地元の70代後半のご夫婦です。
切っていただきたい木は、南のお隣りさんとの境界に立っている4本。
木の高さは、2階建ての我が家よりもずっと高く伸びています。

剪定と言っても、木が高く大きく育っていますので、
切るのは、とても難しいと思われました。
お隣りには、切る旨の連絡をして、了解を得ているのですが、
お隣りの屋根などに倒れ掛からないようにしなければいけません。

果たして、どのようにして切られるのかしらと見ていますと、
切る部分の、1mほど上にロープを巻いてから切るのです。
幹のほぼ9割を切ったところで、倒れてほしい側に、下からロープを引っ張ります。
すると、木は、引っ張られた方向に倒れていくのです。

ただ、今の時期には、既に葉が多く出てきていますので、
それらの葉が邪魔をして、途中で引っかかったりするというアクシデントが発生。
そんな時は、息の合った奥さんが手伝って、お二人で上手に引っかかりを取り除き、
無事に、下まで引き落とされるのです。

昨日は、お願いしていた4本のうち、2本の剪定を終了。
2本と言っても、内1本は途中から2本に枝分かれをしていましたし、
もう1本の木に至っては、3本に枝分かれをしていました。
ですから、2本とはいえ、5本分の木を切ってもらったのです。

残りの2本は、連休の後半に剪定をしてくださることになりました。
電気のこぎりを使うと早くできるということですが、
音が大きいため、ご近所への配慮をして、手のこでの作業をしてくださるという、
とても細やかな心配りをしてくださるご夫婦なのです。

昨日、私たちは…と言いますと、経験がないため、お手伝いができる場がなく、
「手伝ってもらわなくてもいいよ。」との言葉に甘えることにしました。

そこで今日、私たちは、切り落としてもらった木や枝の片付けをしました。
主人は、鉈やのこぎりを使って、幹から枝を落とし、
更に、幹を運びやすいサイズに切って、森の端に運びます。
私は…と言いますと、短い枝を森の端に運びました。
二人で、2時間かかりましたが、あたりがきれいになり、嬉しい気持ちです。

主人に「疲れたでしょう?」と尋ねましたら「木を切ることを思えば、楽だよ。」とのこと。
確かに、昨日の作業を見ていましたら、とてもたいへんです。
ご夫婦には、快く引き受けてくださったことに、心からの感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

そして、あなた、お疲れさまでした。


 剪定は、こうして行われました。
 梯子一つで高い木に登り…、
 とても、70歳後半のお仕事ぶりとは思えません。


 こちらは、剪定前(3日前)の写真です。


 そして、今朝の写真です。
 空が広く見えるようになって、引っ越してきた頃を思い出します。
コメント

連休間近

2018-04-26 21:06:48 | 日記
明日は、食料の買い出しに出掛けます。

山梨に来てからは、スーパーが遠いこともあって、
まとめ買いをするようになっている我が家です。
それも、平日と決めています。
ゆっくりとした、静かな流れが好きだからです。
こんな田舎町ですが、週末になりますと、人出が多くなりますし、
自然を求めてこられる都会の人も増えます。
こと、ゴールデンウィークや暮れからお正月にかけては
様相は一変します。

このあたりに帰省する人もあるでしょうから、その家族のためにお買い物をする人や、
ペンションなどの宿泊施設の人が、お客さん用の食材をカートに山ほど買ったり、
また、別荘に来られる人のお買い物もあります。
とにかく、スーパーは、この時期、大賑わいになるのです。

というわけで、我が家では、そんな混雑する時期には出掛けなくてもいいように、
明日、甲府の方まで足を延ばし、連休明けまでの食材を調達しようと思うのです。
もちろん、5月の1日か2日に、近くのスーパーでの買い足し程度は考えています。

甲府に出ますと、このあたりでは買うことができない食品もありますので、
いろいろと買ってくることになりますが、
まとめて買っても、冷蔵庫が大きいので助かります。

冷蔵庫といえば、我が家の冷蔵庫はアメリカ製で大きい…。
容量もさることながら、通電する時の音も大きいのです。
その音の大きさに、引っ越してきた頃は、通電するごとに驚きましたし、
「さすが、アメリカ製…。」と、苦笑するほどでしたが、
今や慣れてしまい、その音は、あまり気にならなくなりました。
それどころか、まとめ買いをする今では、大きいことに感謝したいほどです。

さて、明日は、何をどれだけ買いましょう。
買いたいものをメモに書いて、買い忘れがないようにしなければ…。


 我が家の、大きな冷蔵庫です。

コメント

なんとなんと…

2018-04-25 22:02:50 | 日記
「え~っ…。」

今日は、我が家の内見の日だったのですが、
内見をしたいというご夫婦とお話をするうちに、
なんとなんと…。

ここ4年ほど、北海道のニセコで暮らしておられるらしく、
今年の6月も、ニセコで暮らすことにしているそうです。
我が家も、ニセコは7年目になりますので、
もしかすると、スーパーなどでお会いしていたかもしれません。

しかも、釧路でも暮らしたことがあるとのことで、驚きました。
私たちも、7年前には釧路で暮らしましたから…。

そんなこんなで意気投合したということでもありませんが、
19年前の建物とは思えないほど、とてもきれいに使っておられるとの
お褒めの言葉までいただき、我が家を気に入ってくださいました。
そして、今年8月のひと月を借りてくださることになりました。

お帰りの時には、今年の6月、ニセコでお会いしましょうと言っておられました。

そのご夫婦は、その他にも、石垣島でも暮らされたそうで、
沖縄本島で暮らしていた我が家とは少し違いますが、
それでも、我が家と同じく、東京にご自宅を持ちながらも、
あちこちのコンドミニアムで、長期滞在をしておられるようです。

川での魚釣りがお好きらしく、また、パンも好きらしく、
川釣りができ、パン焼きやお料理が作れるお台所があることが、
ご夫婦が求めておられるコンドミニアムのようです。

そういう意味では、我が家に広めのお台所とオーブンがあることは、
よかったのではないでしょうか。
どうか、楽しく過ごしていただけますように…と思っています。

コメント

明日は内見です。

2018-04-24 21:09:17 | 日記
6~8月に、我が家をコンドミニアムとして貸し出すことにして、今年で3年目。
一昨年と昨年は、7~8月を借りてくださる人がありましたが、
今年は、ご家族との都合がつかないらしいのです。

そこで、新たに借りていただく人を…と、不動産屋さんにお願いしていましたら、
明日、8月に我が家を借りたいと言ってくださる方が、内見に来られます。

もともと、さっぱりとした広い空間が好きな私たちですから、
お部屋の中は、かなり片付いて、広々としています。
それでも、どなたかが来てくださるということになれば、
それなりに、きれいにしておかなければいけません。

こと、借りたいと言ってくださっているのですから、
できれば、借りていただく時のイメージ通りの状態にしておきましょうと、
2~3日前から、少しづつ準備をしていました。
とりあえず、今日の夕方に完了。

そんな夕方、今度は、7月に借りたいと言ってくださる人がある…
との連絡が入りました。
何と嬉しいことでしょう。
今月末に、内見をご希望らしく、お引き受けしました。

このあたりは関東圏に近いこともあって、ゴールデンウイークや週末などに
関東圏のナンバーの車を、よく見かけます。
今回の内見の方も、関東の方らしく、ちょうど良い距離ということなのでしょう。

今、雨がかなり降っています。
明日の午前中は、雨の予報になっていますが、午後には上がりそうです。
せっかくですから、着ていただく時間には、雨が上がっていますように…。


 今日のお散歩コース…、桜の花びらが、道をピンクに染めていました。
 
コメント

春から夏へ

2018-04-23 21:57:50 | 日記
梅に始まって、山吹までが春の花…と聞いたことがあります。

今日、久しぶりに、いつものお散歩コースを歩いてきましたが、
コースのあちこちで山吹が、きれいな花を咲かせていました。
その山吹も、このあたりでは満開になってきていますから、
春も終わりになってきたということなのでしょうか。


 我が家の山吹、これは昨年の4月28日の写真。


 これは、今年4月14日の写真です。

全国的に気温が高いと言われていますが、
ご多分に漏れず、標高が高いこのあたりなりとはいえ、気温が高い日が続きました。
山吹の花が満開になるのが、例年より早くなっても納得…ですね。

山吹の花言葉は、『気品』『高貴』などがあるようですが、
一重咲きの山吹は、透明感が感じられますので、そんな花言葉になっているのかしら…
なんて想像しています。


 こちらが、一重咲きの山吹です。

私が子供の頃に見た山吹は、八重咲きばかりでしたので、
一重咲きの山吹を知ったのは、山梨に越してきてからだったのです。
因みに、一重咲きの山吹には実がなりますが、八重咲きの山吹には、実ができません。

そういえば、『七重八重 花は咲けども山吹の 実の一つだになきぞ悲しき』という古歌がありますね。



コメント