想いのままに…

日々の生活の中で感じたことを、想いのままに綴りたいと思います。

糖質制限の…スイーツ作り

2016-09-30 22:12:52 | 日記
9月も今日が最終日です。
北海道から帰ってきてからも、ほぼ毎日、スイーツを作り、食べています。

思い返せば、生チョコを作り始めたのが、一昨年。
同じ年に、ティラミスを作ることにトライし始めました。
そして、昨年の北海道では、レアチーズケーキやアイスクリーム。
今年になってから、クッキーやケーキ、カスタードクリームなど…。
黒大豆で、餡までも作るようになっています。

いずれも、糖質制限でのスイーツですので、
小麦粉やホットケーキミックス、片栗粉、コーンスターチなどは使わず、
フルーツも使いません。
粉類を使うなら、おからパウダーです。
お砂糖の代わりは、ラカントS。

それでも、徹底した糖質制限…といえないのは、純ココアを使うことです。
純ココアは、使う材料の中では、糖質が多いほうかと思いますが、
使う量は、ケーキ1台で小さじ2杯分ですから、食べる量は少なくなるのですが…。

材料として、卵やチーズ類、おからパウダー、純ココア、生クリーム、豆乳などを使えば、
とてもおいしくて、しかも安心できるスイーツができるのです。

調理器具は、オーブン、炊飯器、レンジ、コンロ、冷蔵庫…。

今日は、オーブンでチョコケーキを作りました。
1台を4等分し、半分を今日二人で食べ、
残りの半分は、明日、食べます。

新しく考えているのが、チョコでコーティングをしたケーキです。
コーティングをしますので、ケーキがあまりフワフワですと
カットしにくいことになります。
そこで、炊飯器でチョコケーキを作り、
出来上がったケーキを炊飯器からひっくり返して取り出し、
その上に、チョココーティング…。

コーティング用のチョコは、ココアとラカントSを豆乳(牛乳又は生クリーム)で薄め、
更にゼラチンを入れて混ぜて作り、ケーキに回しかけて冷やします。

頭で考えると上手にできそうですが、いざトライとなりますと、
一度目は上手にはできないのが、今までいろいろなものを作った現実です。
1度の失敗では諦めない気持ちで、トライすることにしましょう。


 重そうに垂れ下がっているのは…


 ヤマボウシの実です。
 ジャムなどにして食べられます。

コメント

不食3度目、間近です。

2016-09-29 21:47:13 | 日記
10月1日の夕食から、3度目の不食をすることにしています。
2日の夕食までを食べません。

1度目の不食は、7月31日。
この時は達成することができず、ナッツとチーズを食べることになりました。

2度目は、9月10日。
1度目の経験を生かし、10日の夕食から食べないタイムに入りました。
翌日11日の夕食前までを食べなかったのですが、
この時は、無事に終えることができました。

今回は、さらに経験を積んでいますので、それを生かすというよりも、
少しゆとりが出てきたからか、むしろ楽しみにしています。
身体の変化を、今までよりも感じることができるのではないかしらと思うのです。

食べないことで健康になれる…なんて、それまでは考えられないことでした。
もちろん、食べ過ぎは良くないと思うのですが、
私の場合は、太っていないというよりも、
痩せていることを不安にさえ思っていましたので、
食べ過ぎていると思ったことはありません。

ところが、2年半前に糖質制限を始め、主食の炭水化物を止めました。
その分、脂質とタンパク質を増やしましたが、
体調は良くなり、気分もすっきり…。
体重に、大きな変化はありませんでした。

更に、昨年12月半ばからは、昼食を食べなくなりました。
一日2食ということになります。
それでも、体調は良く、身体が軽い感じです。
この時も体重に大きな変化はなく、今に至ります。

食べる量をこんなにも減らしたのですが、それまでよりもむしろ元気ということは、
なぜ、あれほども(3食)食べていたのかしらと、不思議に思います。
何のために食べていたのかしら?

確かに、私が子供の頃は、3食こそ食べていましたが、
決して豊かではなく、お腹いっぱい食べることはありませんでした。
多すぎるほど食べていなかったのでしょうね。

ところが豊かな時代になってくると、好きなものを好きなだけ食べることができます。
バイキングともなりますと、無理をしてまで食べて当たり前。
何とも、情けないことです。

今は、健康を第一に考えています。
糖質制限食を一日2食、糖質制限スイーツで食べる楽しみも大切にしつつ、
月に一度の不食を交えての生活です。

私は、3度目の不食の日を心待ちにしていました。
身体が変わっていくのが実感でき、それが楽しみなのです。
もうすぐです。
コメント

アポロ

2016-09-28 21:59:43 | 日記
お散歩から帰った私は、お散歩用にかぶっている帽子を取って驚きました。
その帽子は、頭の部分が細い毛糸で編んだようになっているのですが、
その網目の穴に、はまり込むように…、
「これは何なの?」


 見落としてしまいそうですが…、


 このようについています。

パッと見た時には気付かなかっただけに、
思わず帽子を投げ出してしまうほど、驚いたのでした。

我が家では、その形が似ていることから「アポロ」と言っているのですが、
金水引(キンミズヒキ)の果実かと思います。

この時期は、いろいろな草花の種が落ちたり、飛んだりして、
植物の子孫繁栄が始まります。
種類によっては、こうして、人に衣類にくっつくものもあります。
残念ながら、このアポロは、私の手からゴミ箱に入りました。

それにしても、ズボンの裾に付くのならまだしも、
帽子に付くということは、どんな状況だったのでしょう。
考えられることは、私が写真を撮るためにしゃがんだから…、かもしれません。

その写真とは…、
実は、雨が多い最近は、キノコがたくさん出ていますので、
ついつい撮りたくなるのです。


  




かわいいキノコたちがたくさん出ています。
一日で傘が開き、違う形になってしまいますので、
いいなと思う時に、つい、撮ろうと思ってしまいます。
コメント

日々、大切に…

2016-09-27 21:33:32 | 日記
昨日、その悲報に衝撃を受けました。

メジャーリーグの、イチロー選手がいるマーリンズの
ホセ・フェルナンデス投手が、高速ボートの事故で亡くなったとのこと。
まだ、24歳という若さでした。
今期は16勝を挙げ、いつも明るく、チームメイトから好かれていたそうです。
突然のことだけに、ご遺族はもちろん、チームメイトのショックは如何ばかりかと
胸が痛む思いです。

そんなニュースの後、私達は、20年ほど前の、ある出来事を思い出していました。
当時、主人が勤めていた広島の職場で、事故死した人があったのです。
主人と彼は、大阪であった会議に、広島から出席しました。
アメリカ人の彼を、主人はホテルまで送っていき、別れました。
その人は、その翌日から休暇を取っていて、
ダイビングのため、タイに行くことになっていたのです。

その数日後、ディレクターに…と、主人にかかってきた電話は、
彼の訃報を知らせるものでした。
夜間のダイビングをしていたそうです。

主人の片腕として働くことになっていた彼の死は、
どれほど主人を悲しませたことでしょう。
メモリアルサービスを気丈に仕切って、彼を見送った主人の落胆を
私は見守ることしかできませんでした。

翌年、私達は、カリフォルニアに彼のご両親を訪ねました。
主人は、多くの人から好かれる彼の日本での働きぶりを、
ご両親にお話ししていました。
物静かなご高齢のご両親からは、大切な息子さんを亡くされた悲しみが伝わってきて、
涙が流れてしまいました。
そのあと、ご両親と一緒に、彼のお墓にお参りをさせていただいたのでした。

生あるものにとって、死は、ある日、突然訪れることもあるということが、身に染みます。
一日一日を大切に、大切に、生きていきたいと、改めて思っています。


今日は、紫苑(シオン)の花です。

コメント

声が出ません。

2016-09-26 22:05:34 | 日記
今朝、私達がお散歩に出掛ける時ですから、9時前だったと思います。
玄関に、にゃん子が来ていました。
久しぶりです。
雨の日が続いていたことや、近くで小さな工事があり、
車や重機の出入りがあったこともあってか、
私達が山梨に帰ってきてからは、4度目になります。

先日もそうだったのですが、にゃん子の声が出なくなっています。
「にゃん子」と呼びますと、「ニャ~ン」と言っているようですが、
声が出ていないのです。
にゃん子も、自分の声が聞こえないことが不思議に思えるからか、
『ドキッ』として、耳を動かしているのがわかります。

以前にも、そんなことがありました。
その時は、全くでないというよりも、『…ニャ』というくらいは出ていました。
でも、今日は、全く出ていないのです。

主人は、長い間声を出していなかったからかもしれないよと言いますが、
野生の猫にとって、声が出ないことが弱みになることはないのかしらと
ちょっと心配です。

人は、風邪などをひくと声が出なくなることがあります。
そんな時、無理に声を出そうとすると、喉が痛くなってしまいます。

にゃん子を見ていますと、そんなことを考え併せてしまい、
喉が痛くなるから「鳴かなくていいのよ。」と言ってしまいます。
けれども、私がそんなことを言うたびに、にゃん子が反応し、
出ない声でも、「ニャ~ン」と鳴いているようなのです。

私は何も言わず、黙って…、
それでも、にゃん子の目を見て労わってやりたくなります。

今日は、私達がお散歩から帰ってくる1時間を、
玄関デッキに座って待ってくれていました。
また、その後も、南のウッドデッキで日向ぼっこをしたりして、
ゆっくりと過ごして帰っていきました。

にゃん子、早く声が出るようになりますようにと、祈っていますよ。
明日も、良ければ、また遊びにいらっしゃいね。
待っています。

コメント