まつたけ秘帖

徒然なるままmy daily & cinema,TV drama,カープ日記

神をも騙す男前

2018-07-04 | 韓国映画
 「MASTER マスター」
 投資会社のチン会長は、カリスマ的な魅力と巧言で客から巨額の金を集め、権力者に賄賂をばら撒いてビジネスを拡大させていた。知能犯罪捜査班の刑事キム・ジェミョンは、チン会長の部下でハッカーのパク・ジャングンを脅し、捜査への協力を強制するが…
 イ・ビョンホンとカン・ドンウォン、2大スター競演作。ビョン吉さんが悪役、ということも話題に。これまで「グッド、バッド、ウィアード」や「メモリーズ 追憶の剣」など、何度か悪役も演じてるビョン吉さんですが、いずれもイカレ男とか悲しい宿命ゆえにとかで、真の悪人役はこの映画が初かも?貧乏人や国から金を騙しとるだけでなく、裏切者や邪魔者を容赦なく始末する悪魔のような男を、いつものビョン吉らしくカッコよくオチャメに、かつ狂気じみたヤバさで演じてました。

 実はいい人とか、悲しい事情があって、みたいなヌルさはなし、とことんワルなビョン吉さんが、潔く小気味よかったです。とにかく彼、ほんとカッコいいわ~。狡猾で残虐な、早く退治されて!な邪悪野郎役でも、いい男フェロモンとオーラが強烈。強力な磁石みたいな魅力が相変わらずで、ただ見た目がいい、ただ演技が巧い、な俳優にはないカリスマ、スター性に圧倒されます。小柄だけど、すごく大きく見える力強さ、存在感の濃厚さは、まさに韓流随一です。

 低い美声で、口汚く罵ったり脅したりな台詞も、たまらんわ~。やさぐれた役が得意なビョン吉さんですが、こんなにゲスいこと言うビョン吉さんは初かも。冷酷非情だけど、どこかトボけたオチャメな魅力もあって、何か笑えるシーンも多々ありました。金がほしいというより、スケールとリスクの大きいゲームに勝つことを目的にしてるような詐欺師ビョン吉さんが、すごくカッコよかったです。彼を追いつめる警察のほうが、むしろ悪役に見えてしまったほど。銀髪も似合ってて、素敵なおじさまになったな~と惚れ直しました。若い頃より今のビョン吉さんのほうがチョア~年が近いキムタクと違って、年齢にふさわしい熟年の魅力を備えたビョン吉さんです。

 熟年だけどおっさん臭はなく、現役男の色気ダダ漏れ、俊敏で颯爽とした身のこなしなど、ただもう見とれるしかないです。スーツ姿だけでなく、リゾート風アジアンファッションもイケてました。セクシー熟年のビョン吉さん、次は色仕掛けで女を騙す詐欺師を演じてほしいです。カッコいいビョン吉、ヤバいビョン吉よりも、ラストのみじめすぎるビョン吉が衝撃的でインパクトあり。韓流きっての大スターであるビョン吉さんが、まさかあんな末路を迎えるとは。キムタクは絶対やらないでしょう。でも、カッコいい悲劇的な最期なんて陳腐、あのカッコ悪さはまさに役者の腕の見せ所で、主役は俺!最後の最後までおいしいところ全部いただき!なビョン吉さんは、やはり稀有な千両役者!

 キム刑事役のカン・ドンウォンは、相変わらずスラっとスマートで、もう30半ばなのに若い頃と不変なルックスが驚異。あまりにも若く見えるので、捜査を仕切る辣腕エリート役には貫禄不足。若造がエラそうに命令すんじゃねーよ!と、私が部下なら反発するでしょう。劇中、ビョン吉さんとの一緒のシーンはほとんどなく、そのため撮影中に険悪とかライバル意識メラメラとかいった美味しい裏話は、全然ないようです。最近は大物スターの競演が多く、ファンには嬉しい楽しいけど…一枚看板ではなかなか成功しにくい現状なのかな。ジャングン役のキム・ウビンは、反町隆史とカープの九里亜蓮をブサイクにしたような顔。韓国ではイケメン扱いなの?不可解。キム刑事とジャングンの関係は、作りようによってはほのかなBLにできそうだったので、カンちゃんとキム・ウビンが私好みのイケメンでないことが残念。でも二人とも、長身小顔でスタイルは抜群!顔は???でも、韓流男優はほんとキレイな体つきしてますよね~。日本のチビで貧相な某事務所タレントを見慣れた目には、別生物に映る韓流男優の体の美しさです。

 この映画、実際に韓国で起きた事件をモチーフにしてるとか。男前天才詐欺師とイケメン天才捜査官の華麗なる騙し合いコンゲームとか(警察も詐欺師も、演技力がありすぎ!)、ド派手な銃撃戦とかカーチェイスなんて、かなり話を盛ってるとは思いますが、盛り方がエンターテインメントで巧み。日本でリメイクされるとしたら、ビョン吉⇒キムタク、ドンウォン⇒向井理、キム・ウビン⇒新田真剣佑、がmy理想妄想キャスト(^^♪キムタクもそろそろ大人の悪役に挑戦してもいいのでは?

↑ 「孤狼の血」が韓国でリメイクされるとしたら、役所広司の役はビョン吉さんにお願いしたいわ。松坂桃李の役は、キム・スヒョンかイ・ジェフンあたりになるかな?公開中の時代劇「天命の城」に続く新作「それだけが、僕の世界」が、来春イルボン公開決定。久々のTVドラマ「ミスター・サンシャイン」も待機中で、バリバリ働いてる働き盛り、男盛りのビョン吉さんです(^^♪
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

天国にいちばん近い部屋

2018-07-01 | 北米映画 20s~50s
 「第七天国」
 第一次世界大戦前のパリのスラム街。下水清掃員の若者シコは、アル中の姉に虐待されていたディアーヌを助け、彼女を“第七天国”と名付けた自分の屋根裏部屋に匿うが…
 広島市映像文化ライブラリーで上映された1927年の無声映画。記念すべき第1回アカデミー賞の監督賞、主演女優賞、脚本賞を受賞した伝説の作品です。
 初めてのサイレント映画鑑賞!危惧してたような違和感とか退屈とか、まったくありませんでした。古~い映画なのに、返って何もかもが目新しく新鮮でした。上映中のピアノの生演奏も素敵で、サイレント映画も悪くないな~と思いました。映画も時代とともに進化し、映像も音響も驚異的な技術で、映画ファンもそれにもう狎れきってますが…この映画を観て、進化には余計なもの、不要なものも多いよな~と、最近のCGだらけ映画や映像に凝りすぎ映画や奇をてらい過ぎな設定映画を思い出したりしました。最近の映画は、美味しいけど脂肪分も添加物も着色料もたっぷりなコンビニ弁当みたい。その点、この無声映画はおかしなものは何も入ってないけど、ほのかな甘みのあるオーガニックお菓子みたいでした。シンプルイズベスト、だけど、笑いや感動といった心の栄養分はちゃんと含まれてました。

 声や音はなく、たまに字幕が挿入される、というサイレント映画のスタイルは、慣れるとなかなか面白く、なおかつ余計なものを削いで物語に集中できる効果もありました。いい台詞だけが字幕にされてたのも良かった。シコの口癖である『いつも上を向いて生きる』には、永六輔があの名曲「上を向いて歩こう」を作詞する際にインスパイアされたのだとか。つらく悲しい境遇、孤独な夜でも、幸せを信じ希望を抱いて優しく強く生きる、という「上を向いて歩こう」のテーマそのものな内容でした。貧困や戦争といった暗い影にすっぽり覆われたりしない、ハートウォーミングでロマンティックでスウィートなシーンは、かなりアメリカ的。シコやディアーヌみたいなフランス人、あんましフランス映画では見ないですし。ムチで打たれるヒロインとか、大時代すぎる設定がいかにも古~い映画。そういうところも、現代の映画では味わえない珍味ではありました。

 行き場を失い、警察に連行されそうになったディアーヌを、しょーがねーな~と仕方なく自分の部屋に匿うシコが、ディアーヌを迷惑な居候扱いしつつもナンダカンダで親切に紳士的に振る舞って同居を続け、しだいに彼女との間に親愛を培っていく、という筋書きは、現代でも少女漫画の定番中の定番である“イケメンとヒロインのワケありルームシェア”もので、この映画は胸キュンよりもほのぼの重視でした。シコのツンデレっぷりが可愛く微笑ましかったです。ちょっと荒っぽく口が悪いけど、強く明るくウルトラポジティヴで善良なイケメンのシコに、ディアーヌが心惹かれるのは当然のことですが、シコがディアーヌに惚れるには、もうちょっとディアーヌの魅力の掘り下げが必要だったかも。父性本能が強い男は、ああいう可憐で可哀想な女の子が好きなんだろうな~。俺が守ってやらねば!と思わせる弱さこそ、ディアーヌの魅力なのかな。ただもうビクビクした臆病者だったディアーヌが、シコに影響されて強くたくましい女に成長する姿も、なかなか感動的でした。
 ロマンティックで心温まる前半から一転、戦争が勃発してからの後半は、かなりドラマティックで哀切な展開に。出兵したシコは生きてディアーヌのもとに戻れるのか、それとも…けなげなディアーヌとともに、祈るような気持ちにかられてしまいました。ベタともいえる引き裂かれた運命物語ながら、これも無声映画のおかげか、フツーならお涙ちょうだい狙いに鼻白む私も、つい涙腺を緩ませてしまいました。神さまを信じれば…な、ちょっと宗教色のある内容が気になったけど。最も尊い幸せを得るためには、大きな代償を払わねばならないのですね。ラストシーンは、神々しくも峻厳でした。

 ↑ 窓辺のシーンがロマンティックですごく好き
 ディアーヌ役を演じ、オスカーの主演女優賞受賞者第1号となったジャネット・ゲイナーの、可憐さ、けなげさも今の女優にはない魅力。今の女優ってみんな、男以上に強いじゃないですか。セクハラ問題に激怒し、女性の権利を鼻息荒く鬼の形相で訴える女優たちは、立派だけど何かもう優しさとか愛らしさなど微塵もない。映画の役も、男に守られ愛されるかよわい女なんて愚の骨頂!な風潮だし。男に守られる、男に影響されるヒロインなんて、もう絶滅種。今もてはやされてる、性格もキツそうで見た目も態度もデカい女優とは別生物のような、見るからに乙女といった風情の小柄で愛らしいジャネット・ゲイナーの、尊厳と愛に目覚めて強くなっていく演技には、今の女優が軽蔑してる、失っている女性の魅力について考えさせられました。シコ役のチャールズ・ファレルは、ちょっとマシュー・マコナヒーっぽいイケメンで、いかにもアメリカ男な(フランス人役だけど)タフでノーテンキでお人よしな感じがワタシ好みでした。

 ↑ジャネット・ゲイナーが可愛かった!他の出演作も観たいです
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

思いきりアフリカン

2018-06-27 | 北米映画 80s~90s
 懐かしの80年代映画③
 「愛と哀しみの果て」
 1913年のデンマーク。裕福な独身女性カレンは、スウェーデンの貴族ブロアと結婚し、英領ケニアへ移住する。農場経営も結婚生活もうまく行かない中、カレンはハンターのデニスと出会い親密となるが…
 1986年のアカデミー賞作品賞、監督賞など、7部門で受賞した作品。美貌の男爵夫人がエキゾティックな未開の国で、ハンサムな恋人に支えられながら困難や悲しみに立ち向かう…といったハーレクインな物語を、ふんだんに製作費をかけ、一流の演出と一流の演技で映画化。これで駄作になるわけがなく、事実ドラマティックで優雅な秀作に仕上がってるのですが…感動も感銘も私にはもたらしてくれなかった。なぜ?それはおそらく、ヒロインに魅力と好感を感じられなかったからかも。この映画、実際に当時の英領ケニアで暮らしたデンマーク人女性の体験記を基にしているのですが、典型的な白人の上から目線話なんですよね~。野蛮で無知なアフリカの土民に、文明や教育を施してあげてる立派な私♪みたいな、独善的で自己満足的なヒロインの自慢話みたいな映画でした。アフリカ人にとっては、ありがた迷惑でしかなかったかもしれないのに。でも土民たちはカレンを女神さまのように敬い従うのです。そんな描写も、白人目線すぎてちょっと鼻白んでしまいました。

 カレン役のメリル・ストリープは、言わずと知れた現代映画界最高の大女優。ハリウッド業界人や映画ファンからの崇敬を一身に受けてる彼女ですが、アンチも同じぐらい多い。私は大好きですが、ごくたま~に、アンチの意見も理解できる演技に出くわすのも事実。我こそは演技派!な彼女と会うと、クラスに必ずいたウザい優等生を思い出す人、多いのではないでしょうか。正論を自信たっぷりに押し付けてきて、文句を言わせない、文句を言うほうが間違っていると思わせる優等生。メリルおばさまの完璧な演技がまさにそれ。彼女が得意とする外国語訛り英語とか、スゴいな~とは思うけど、何か鼻につくんですよね~。本気モードじゃない、ちょっと力を抜いた遊び心ある時のメリルおばさまのほうが、大女優の余裕を感じられてカッコいいです。

 演技の巧さは右に出る者なしなメリルおばさまですが、うっとり見とれてしまうような美人では決してないのが、こういったハーレクインもののヒロインには、ちょっとしっくりこないというか…エレガンスとか優しさよりも、剛毅と誇り高さが増してるヒロインは、確かにメリルおばさま向けなのですが、ヨーロッパの男爵夫人というより、アメリカの女社長って感じがしました。苦労や心労が絶えない役なので、いつもカリカリギスギス。ライオンをムチで追っ払うシーンとか、ライオンよりメリルおばさまの顔のほうが怖かったです。

 デニス役のロバート・レッドフォードは、ハンサムで知的でまさに理想の白人アメリカ男性…だったのは60・70年代の昔話で、この作品ではいかんせんおじいさんすぎる顔、シワクチャ。全体的に男の艶はなく、カサカサ乾いてる感じ。おばさんとおじいさんのラブシーンとか、誰得?なイタさ。大物スターの競演は、ハーレイクイン映画に必要なロマンティックさや情熱的な雰囲気、といったケミストリーを生み出すことに失敗してたように思われました。ブロア役のデンマーク俳優、クラウス・マリア・ブランダウアーが、貴族らしい優雅で生活力のないダメ夫を好演しています。
 アフリカロケや、当時を再現したセット、衣装など、さすがハリウッドの威信をかけたような大作だけあって、目に楽しく見応えたっぷりです。映画館で観れば、きっとアフリカの雄大で神秘的な自然の美しさにもっと魅了されたことでしょう。この作品でオスカーを受賞した故シドニー・ポラック監督ですが、個人的にはこの映画よりも「トッツイー」のほうが好きです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プラトニック刑事

2018-06-24 | 北米映画 80s~90s
 懐かしの80年代映画②
 「刑事ジョン・ブック 目撃者」
 現代社会から距離を置いて生活しているアーミッシュの村で暮らす未亡人のレイチェルは、幼い息子サミュエルを連れて都会に住む親戚のもとを訪れる途中、殺人事件に巻きこまれてしまう。事件を担当する刑事ジョン・ブックは、サミュエルが目撃した犯人が警察内にいることに気づくが…
 80年代最高のスターといえば、わし的には何と言ってもハリソン・フォードです。子どもの頃、TVで観た「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」で初めて彼に出会った時、な、何てカッコいいおじさまなんだ!と幼い乙女心が激しくときめいた記憶は、今も褪せていません。彼目当てで、もちろんスターウォーズも観ました。インディ・ジョーンズとハンソロ、という映画史に残る大当たり役に2つも恵れたハリソンおじさんですが、それではやはり役者として飽き足らなかったのか、さらなる高みを目指して選んだのがこの名匠ピーター・ウィラー監督作における刑事役でした。

 ハリソンおじさんの目論見は成功し、この作品の演技で彼は初めてアカデミー賞の主演男優賞にノミネートされました。今のところ、それが最初で最後のノミネーションとなってます。この作品のハリソンおじさんが素晴らしいのは、みんなから愛されたインディとハンソロのイメージを、ひっくり返したり壊したりしてなかったところ。演技派を目指したといっても、いきなりデ・ニーロもどき、パチーノもどきな分不相応な無茶をするのではなく、今まで通り+α的な演技だったのが賢明で、ファンにも優しい挑戦でした。

 ジョン・ブックもインディ&ハンソロ同様、ちょっと屈折してるけどオチャメな面もある、力強く正義感の強いタフガイヒーロー。アドベンチャーやSFではなく、現実社会に生きるリアルなヒーロー、というのがインディ&ハンソロとの相違で、それがハリソンおじさんの新たな魅力となってました。くたびれたスーツ姿もイケてましたが、アーミッシュ村での農夫姿と大工姿の似合いっぷりときたら!やっぱ私、キレイキレイなイギリスのハイソな美青年よりも、土のにおいがする男らしい肉体労働者のほうが好き。実際にもハリソンおじさん、俳優になる前は大工さんやってたとか。道理で板についてたわけだ。

 ハリソンおじさんのロマンス演技も秀逸でした。不器用だけどロマンチックで切ない大人のプラトニックラブ。夜の納屋でのダンスシーンや、裸のレイチェルをじっと見つめ、彼女を抱きたいけど抱かないシーンでの、情感のこもったハリソンおじさんの表情に胸キュン。インディやハンソロもキスが上手でしたが、ジョン・ブックの情熱的なキスもなかなかのものでした。おまえは俺のものだと言わんばかりの、いい感じで支配的な男らしいキス。あんなキスされてみたいものです。

 レイチェル役のケリー・マクギリスは、美人なんだけどちょっとイカつくて男っぽいところが、農婦っぽくて役に合ってました。都会的な美女や嫋々とした美女だと、きっとミスキャストになってたでしょう。いつの間にか消えてしまったケリー・マクギリスですが、今どうしてるんでしょう。サミュエル役のルーカス・ハースが可愛い!幼いのに、危機にも賢く勇敢に振る舞うサミュエル。もしmy 甥っ子のジミーだったら、映画が始まって10分ぐらいで死んでますわ村の若者役で、LOTRのアラゴルンことヴィゴ・モーテンセンが!わ、若い!可愛い!台詞はまったくなく、ただニコニコして画面に映ってるだけなんでけど、妙に目立つのがやはり後にスターとなる者の輝きでした。
 さすがオスカーの脚本賞を受賞しただけあって、サスペンスとロマンスの融合が巧みでした。でもこの映画最大の見どころは、アーミッシュの生活描写でしょう。私、この映画で初めてアーミッシュの存在を知りました。現代社会を拒絶した清らかで閉鎖的なライフスタイルが、美しい映像で描かれていました。今でもネットとかスマホとは無縁なのかしらん。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

同棲時代 in U.S.A

2018-06-21 | 北米映画 80s~90s
 懐かしの80年代映画①
 「きのうの夜は…」
 真剣な恋愛ができない青年ダニーは、出会ってすぐに関係をもったデビーとは一夜限りの恋にできず、戸惑いながらも彼女と同棲を始めるが…
 80年代半ばのハリウッドでは、“ブラッドパック”と称されていた若手俳優たちが人気で、グループみたいに仲良く共演したり、単独で主演したりと活躍していました。そんなブラッドパック映画の金字塔、日本のTVドラマでパクられた青春映画の名作「セント・エルモス・ファイアー」でも共演していたロブ・ロウとデミ・ムーアが、80年代シカゴのビタースウィートなカップルを演じた恋愛映画です。
 お話は、劇中にガンガン流れる80年代のラブポップソングの歌詞そのもので、若者っていいよね~こんな他愛もないことで世界一幸せで世界一不幸になれるんだもん、と苦笑したり羨ましくなったり。設定とか台詞も、ちょっと男女7人夏物語っぽいというか、日本の80年代のトレンディドラマっぽくて、80年代に青春した人は懐かしさを感じる映画です。

 かなりラブコメテイストになってはいるのですが、軽い遊びがだんだん真剣になる過程が、なかなか丁寧にメロウに描かれていて、若かりし頃の自分と引き比べてみていろいろ考えさせられる一興さがありました。男と女の愛の温度差とか価値観の違いは、古今東西、今も昔も不変のテーマです。見てて虫歯になりそうなほど甘~くなったり、激しくぶつかり合ったりを繰り返すダニーとデビーにを見てると、恋愛ってやっぱ体力と気力が要るな~と思った。何でそんなことで大騒ぎするの?何でそんなしょーもないことで傷つけ合うの?と失笑し、そこは男が我慢するべきとか、そこは女が妥協すべきとか、冷めた考えをしてしまう私は、やはりもう恋愛などできない年寄り…若気のいたりって、愚かだけど素敵!打算とか分別なんて要らない!若いうちはいっぱいバカやって傷つけて傷ついて、衝動的で放縦な恋をすべきなのよ!私も若い頃はもっとバカになってりゃよかった!と、失敗を恐れるあまり安全を選び、今の後悔です…

 ダニーが、ほんとイラ&ムカ、な男なんですよ。いくらイケメンで根は優しくても、ガキっぽすぎ!24、5歳の設定だったと思うけど、20代半ばってあんなに子どもっぽいものなの?あんな中身が中学生みたいな男とじゃ、まともな恋愛できませんよ。少年っぽい男とガキっぽい男は違いますもんね。ツルんでる悪友とのやりとりも、あまりにも子どもじみてて笑えない、不愉快だった。男の友情っていいな、とは全然思えなかった。
 ダニーと違ってデビーは結構大人で、ナンダカンダでダニーに合わせてあげたり譲ってあげたりと、いい女だった。あんなコドモ男に期待したり夢見たりしてしまったのが、やはり若い女の浅薄さ、未熟さだったのでしょう。元カレもアレな男だったし、いい女なのにダメ男ばかりに引っかかるデビー、典型的なだめんずウォーカーでした。それにしても…恋愛だけなら、相手のことを知り過ぎない関係でいたほうがいいですよね~。同棲はイチがバチかの賭けだわ。

 ダニー役のロブ・ロウと、デビー役のデミ・ムーア、当時20代前半!当然のことながら若い!そして美しい!今はキワモノおじさん、改造人間おばさんと化している二人の、もっとも輝いていた頃の作品なのではないでしょうか。当時のロブ・ロウは、ブラッドパックの中では最もイケメンで、「ホテル・ニューハンプシャー」など良質の作品で好演してました。美男子だけど、たまにイチローに似て見えた(私だけ?)。デミ・ムーアは、ほんと美人!可愛いけどブリっこではなく、すでに大人の女の成熟が。ハスキーヴォイスもセクシー。他愛もない恋愛映画なんだけど、二人の脱ぎっぷりのよさ、ラブシーンの大胆さにはちょっと驚かされます。邦画は言わずもがな、ハリウッド映画でも今、あんなに脱いでセックスシーンできる男優女優、いないもんね~。Hの後、お互い全裸でキッチンをウロウロするシーンなど、すごく自然で良かったです。セックスの最中にシーツ巻いてたり、ヤった直後に下着しっかり着てたりなんて、すごく不自然ですもんね。二人の80年代ファッションも懐かしく、おしゃれにさえ見えました。
 ダニーの親友役のジェームズ・ベルーシは、ジョン・ベルーシの弟ですね。風貌も芸風もそっくりです。いい加減キャラと意地悪そうな顔が、ちょっと苦手かも。デビーの親友役は、トム・ハンクスの「ビッグ」でヒロイン役を好演してたエリザベス・パーキンス。デビーへの友だち思いな屈折ツンデレっぷりが笑えました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加