愛の伝道師・マルチンデター

TBSラジオ金曜パック(イン・ミュージック)卒業から30年「愛の伝道師こと札幌のー」から現在、U.Sなどで「不況」活動中

2018年8月5日 本場スープカレー

2018-08-05 | Weblog
暑中お見舞い申し上げます

昨年の関東地方は梅雨明け宣言から雨続き、台風等で本格的な暑さは8月9日頃からでした。
でも今年は違います!6月29日に異例の速さで梅雨明け宣言!実際は25日に明けてましたが…。
鬼暑い日日「酷暑日」の毎日です。

5年に一度やってる「運命 友の会」。
前回は「定山渓」、今回はなんと「日高町」で。
天気が良いので「支笏湖」を経由しました。
左が「樽前山」、右が「恵庭岳」1,000m位の山なのでさほど高くありませんが、
雪が降積るころになると「恵庭岳」のカットラインが大空に映え魅力度マックス

さて、大泉洋さんが盛んにPRする『スープカレー』
なかなか食べる機会がなく今回やっとトライ。

大きなガスコンロが2つあり、小鍋3つ並べられるので一度に6人分作れます。
行列を避け11時15分に入りましたがお店はほぼ満席
バーナーの炎がガンガン鍋を攻めててワイルドでなんとなく北海道っぽいかなーぁ。
作り方観てると「平野レミ」さん思い出しちゃいますね^^。
上の写真で左手前のチラッと見えるのが骨付き鶏モモ肉、標準はこれがドカーンと1本丸ごと入ります。

食したのは「鶏モモ肉」を「宗谷黒毛和牛ハンバーグ」にチェンジ。

スープは4種類から選ぶので人気の「海老スープ」、辛さは5で。
トッピングが卵、玉ねぎ、ニンジン、サツマイモ、ブロッコリー、シメジ、オクラ、カボチャ、ピーマン、アスパラ、茄子、長芋…季節に合わせて盛りだくさん。
それぞれの素材に合わせて揚げたり、茹でたり、焼たりして乗せてくれます。
ご飯も「白」か「玄米」そして量も選びます。
メニュー選びが大変ながら…でも、うーーーん、美味しかった!
暑い夏には最高のメニューですね
コメント (2)

2018年7月8日 今年の梅雨明け超早

2018-07-08 | Weblog
入谷「朝顔市」

梅雨時期の「ニュースの定番」朝顔市ですが、一度行ってみようと出かけました。
関東、今年の梅雨明け6月29日なんて…凄いことです。
まぁー傘をさして見て歩くより…でも行く時間の方が問題ですね
ご覧のしぼみ加減で…写真として選ぶのが超大変
頑張って9時過ぎには到着したのですが、朝顔ですから大部分は、もう寝ておりました。
市は5時から開いているそうで「8時を過ぎるともうだめですね…」とのこと。

辛うじて見つけたのが…

そして…

売り方の皆さんのお勧めは「団十郎」!
江戸の粋な朝顔「茶色の朝顔」はなかなかほかでは見かけません。
大輪のためか9時過ぎにはクタクタで写真になりません。
観たい方は是非ネットで検索してみてくださいね。

せっかく来たのだから…と、こちらを購入

八重咲きの朝顔…2,000円也。
朝顔市で満開花を見るのは寝坊助の自分には無理ですね^^。
明日から2日間「ほうずき市」
来年は「ほうずき市」ですね。





コメント (4)

2018年6月17日 日光といえば・・・

2018-06-17 | Weblog
華厳の滝

先月、ブログをアップし次を翌週に、が…ついつい遅れてー。
タイミングがズレると間延びしちゃいますよね、ホント。
まぁ、そうは言ってもこれが無いと完結できません。
そーなんですよ、日光と言えば「華厳の滝」、水量は毎秒15トン。
落差約100mから降り落ちる水量の迫力に圧倒されます流石、日本屈指の滝。
通常は毎秒2トン前後のようですが、大型連休のために8倍!大サーーービス!

その日の宿は、さらに奥に上がった「湯元」なので早めに移動。
温泉地ながら温泉街は無く、ちょっと寂しさを感じましたが…。
ただ自慢は「お湯」、浴室が白濁、露天が緑濁。源泉を2本引き込んだホテルのお湯は最高。
しっかり癒されました、加えて不思議と湯につかっていると病んでいた古傷が痛むことなくって不思議。

(早朝、だれもいないので脱衣所に戻ってスマホで撮影)

さてさて夜の食事。

お腹が空いて急いでファインダーにと…、なんと後で見るとメインは隙間に詰め込んだ漬物(汗)
食欲に屈してしまいました^^。

そして翌日。
帰りは「龍頭の滝」。

龍の2つの頭ということらしいのですが…うーーーん、それほどねぇ。
でも…ここから上流に登っていくと、おーーーっ、龍の胴体…うろこだ!
上流からザぁーーーッとドバドバ流れてきます。

おそらくドローンで上空から眺めると雄大な龍の姿になっているのでしょうね。
水の流れる音、しぶき…鳥になって飛び回り龍の姿 見たくなりますね。

中禅寺湖で昼食、ここで「湯波丼」頂きました。
天気は下りざか「いろは坂」を下って帰路に。

コメント (2)

2018年5月20日 日光まで

2018-05-20 | Weblog
5月大型連休9日間

この時期に9連休は有難いです。
盆暮れは何かと忙しく特に年末年始は大掃除があるのでほとんど休んだ気がしません!なので最悪。
まぁー、そうは言っても9連休も過ぎてしまえば悲しい現実…。

今回は日光、奥日光へ温泉一泊の旅。
ロマンスカー…とは言わないんですよね「けごん」とか「リバティ」とかに乗って日光へ。
着いてびっくり!!
渋滞で駅から東照宮までバスで40分もかかります!
「歩いた方が早いですよ、30分で行けますから」
「えっ!」
「ほらさっき出たバス、まだ目の前に!」
ぎょえーーーっ、これはもう歩くしかない。
写真は東照宮入り口の「神橋」、ここまで25分。

さてさて中に

入って直ぐに修復が終わった五重塔が迎えてくれます、圧巻でした。
ただ逆光気味で修復の見事さがカメラに響いてくれません!ちょっと残念。
どんどん進んで…

ホント、ここは世界遺産の塊ですね。
アップしたくなる素材が盛り沢山!

でもこのくらいで切り上げないとダラダラしちゃいますね。

そうそう忘れてました…これはマスト。

「見ざる、言わざる、聞かざる」
幼いうちは、純真で周囲の影響を受けやすい。だから世の中の悪いことは見聞きせず、悪い言葉も使わせず、良いものだけを与えよ。この時期に良いものを身に付けておけば、悪いものに触れ(対し)ても正しい判断(行動)ができる。


最後に引いた『おみくじ』
…その身に備わる才能や力量をわきまえて分に相応した仕事に全力を尽くせ。大それた考えを起こしてはならぬ…と。願望…あまり大きく望むは損失を招く、待人…来ても遅い、失物…出ても役に立たない!・・・・・
いやーーーコテンパンにやられました。
「ねぇー、これってさぁー【吉】って言えるの?」と聞くと
「ほら、まだ身のほど解ってない!」と。
追い打ちは「額に入れてしばらく見とけば!」

うーーーん、あまりに厳しきお言葉!
しかし、これが現実ーーーっ!



コメント (4)

2018年4月29日 大型連休スタート

2018-04-29 | Weblog
ゴールデンウイーク始まりました

2日目の今日、皆様いかがお過ごしですか?
お天気もそこそこ、うれしい連休のスタート。

先週、名古屋出張で久しぶりに鰻が食べたくなり…、
うな重もいいけどひつまぶしも…ねぇ。
そう『ひつまぶし』といえば創業明治6年老舗「あつた蓬莱軒」。

名古屋出張、適度にあるので時間があれば松坂屋10階の行列に並びます。
でも今回は熱田本店へ。

せっかくなので関東ではなかなか見受けない『肝わさ』も注文。

もちろん肝焼きもあとで食べるのですがまずは、スッキリわさびで。
臭みもなく歯ごたえそこそこ、すーっと口の中で溶けていきます、うーーーんウマイ。
仕事がなければ純米吟醸あたりで頂きたくなりますが…もちろんビールでも!

実は一緒に届いていたこちらが『肝焼き』


これがとてつもなく美味い!山椒の風味でめまいしそうです。
肝焼きを一つ口に入れ…噛んでる途中で濃いめの生酒がスーッと追いかけ「はーーーっ」
もう、創造するだけで仕事どころではありません。
また一口、噛みしめながら出て来るヨダレが酒を欲しがるのです、不憫でなりません。
「ささ、よしよしねんねしなーっ」となだめます。
そしてまた一口…こんどは涙です(笑)

9連休も2つ減って…逃げるようにいなくなります^^




コメント (2)

2018年3月25日 さくら開花宣言

2018-03-25 | Weblog
お花見本番

今年は寒い冬でしたから開花が遅れるかと思いきや、あっという間に「さくら」が咲き始めました。
ここ数年「開花宣言」後に雨が降ったり、冷え込んだりで長く楽しめて、今年も先週21日、横浜雪降りで今年も同じパターンかと。
ところが一転、その後5月並みの陽気で今週から雨なし、いっきに暖かくなる予報。。。週末まで持つかなぁー。
地元の桜まつりはいつも4月になってから…今年は微妙ですね。

この時期、子供の入学式、卒業式はウイークデーのため一緒に桜を見ることができていたのですが、週末の休日は桜見の経験があまりありません。
いつもこの時期、会社の創立記念コンペなるもののため練習に明け暮れ?週末はお花見どころではないのです。
なので『花見なんか連れてってもらったことなーい!』とよくツイートされます^^。

いゃー、私も好き好んでやっているわけでもなく、オーナーのゴルフ熱に迎合するサラリーマン(情けない…)。
ということで週末は冷たい視線をよそに励んでおります。
ただ、ゴルフというのは語学と同じで一夜漬けがなかなか効かないスポーツ(あんなのスポーツじゃなーい!とも言われてます^^)。
コツコツ地道に積み上げていく努力が…デモなかなかご理解頂けないのですよね。

これから「春爛漫」ながら…愚痴っぽくなっちゃいましたーっ!

コメント (2)

2018年2月25日 平昌五輪/湯島天神「梅まつり」

2018-02-25 | Weblog
LS北見「銅」メダルおめでとう

平昌オリンピック…スタート時点はやや盛り上がりに欠けていましたが徐々にメダルラッシュ…すっかり楽しませて頂きました。
カーリング女子もさることながら小平奈緒さんとイ・サンファさんの絆の様子も心温まる一コマ。
その小平奈緒さん、500mオリンピック・レコードで盛り上がる会場を次に滑走するイ・サンファさんのために会場の声援を鎮めようとゆっくり滑走しながら「お願い静かにして…」と人差し指を口に当てて「しーーーっ」を繰り返してました。
その後は御覧の通りの印象的なシーン。

出場者を支え続けた方々の美談もいっぱい紹介され目頭が熱くなり、こころもホッコリ。
多くの感動をありがとうございました。

「LS北見」予選から準決勝進出と…絶えず勝利の女神に見守られていたような勝ち方、とても印象的。
3位決定戦、イギリス最後の投球ミスでの逆転勝利は劇画を見ているようでした。
「そだねぇー」ジャパンになっちゃって…北海道弁まるだし…ちょっと恥ずかしいけど「いいかもねぇー」。

さてさて、オリンピックの合間に「湯島天神」の梅を観に…
いつも初詣にしか行かない場所ですが、梅の名所ということでポチポチお出かけ。
今年は寒いのでちょっと早すぎた感じですがまずまず。

見上げるとウグイスならぬ「メジロ」が…素敵なワンショットを頂きました。

暖かい日差しに…お猿さんもなかなか楽しませてくれました。

外国からの方々も多くお猿さんの周りにいっぱい。

さぁーーー、もうすぐ春ですね


コメント (4)

2018年2月13日 LEDELグラス&ワインテイスティング・セミナー

2018-02-13 | Weblog
赤ワインとチョコのマリアージュ

いつもご案内頂きながら日程が合わずお流れになっているリーデルさんの「テイスティングセミナー」
今回、マリアージュとして選んだのがバレンタイン・デー前のチョコ。
「赤ワインにチョコ?…どう合わせるのだろう?」興味津々。
ウイスキーやブランデーと言えば定番に上がるチョコですが…今回はワインがお相手
セミナーは予約制のため早めにエントリー。

ちょっとグラスの形がわかりにくいので目線を水平にしますね…
左から「ピノ・ノワール」「シラーズ」「カベルネソーヴィニヨン」の順です。

用意された赤ワインもグラスに合わせて3種類。
それぞれのワインが配われる容器は宴会用のプラ・コップ^^割れずに安心

講師は吉井大介さん
まずはピノ・ノワールから…

くぼみが大きく90°倒してもワインがこぼれません。。。ということは顎を上げて飲まなければ口に入って来ませんね。
でもそうすると…あら不思議、ワインが一番敏感な舌の先端に細く注がれてきます。
なるほどそーだったのか!ピノの繊細な味わいを感じ取る形にグラスがデザインされてるんだ。

シラーズのグラスは長くなるので割愛!

最後はカベルネソーヴィニヨン…
ピノよりくぼみが緩やかながら白ワイングラスよりくぼみがあります。

唇に当たる径はピノより大きめですからワインが口に入ってくる量というか幅というか…口の中に太く入ってくるって感じでしょうか。。。
なのでカベルネソーヴィニヨンの重厚さを口の中で感じ取れ、舌全体で味わう抱擁感と満足感(ひいき目)があります。

さてさて、ここからがチョコとのフードペアリング。
ホワイトチョコとビターチョコが出てきました!

ピノ・ノワールとのベスト・ペアリングはカカオ豆のビター感がないホワイトチョコ…当然かも。
ふーーーん、意外と合いますね。・・・ちょっとした驚き!

そして次はブラックチョコ…そうです!当然のごとくカベルネソーヴィニヨン。
うーーーん、ポリフェノール、タンニンが口の中で待ち受けているビターなチョコと溶け合い…ちっと恋に落ちる感覚でしょうか。。。

今回のチャレンジングな赤ワインとチョコレートのマリアージュ
チーズとか生ハムなどの肉類とは違う新鮮な感覚のペアリングでした
コメント (2)

2018年1月8日 (少し遅い)謹賀新年

2018-01-08 | Weblog
賀正

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

もう昨年のことになっちゃいましたが…
越前ガニを求めて富山まで。
天気は良好、上空からの富士山も最高!
年賀にふさわしいワンショットを頂きました
ただ、現地は雷が鳴りそして雨。いったん上がってから霰へ。
そして少し薄陽が差しながら粉雪が舞うという「気象アラカルト」のこと体験。

現地のみなさん「一日のお天気がだいたいこんな感じなんですよ」と
太平洋側が空っとしているのは日本海側のお陰…って改めて感謝です。

さてさて「越前さま」

蟹足に黄色いタグ「越前港」の紋章。
ブランドづくりは地方にとって今や必須要素。

メスの松葉ガニは別名『セイコガニ』と言われておりました。
まぁ、なんとセイコちゃん。。。ゴチ頂いちゃいます。
外に溢れているのが外子、甲羅の中にあるのが内子…どっちも美味しーい!
しかも食べられる期間は11/6~1/10までの2ヶ月間だなんてーぇ。
いい時に来ました

夜はよるで美味しいお酒を求め…

富山と言えば「立山」、昔はよく飲みましたこのお酒。
この頃は純米酒志向のため「満寿泉」とか「羽根屋」を頂いてますが…
その日は板さんのお勧めもあり隣県石川の「手取川」…わが心を見透かされているようでした^^。
いゃー、美味しかったー。
キーボードをたたきながら今、よだれが出てくる自分…。
読み返してもここのフレーズになるとよだれ…。いゃーぁ情けなかーぁ

でも今年もいっぱーい飲み続けたく「頑張りマウス」






コメント (2)

2017年12月29日 今年もあと3日

2017-12-29 | Weblog
ボージョレヌーヴォー2017

もう一本のヌーヴォー「Albert BICHOT(アルベール・ビショー)」を頂かなきゃ年越せないとイブの日に。
このヌーヴォー、昨年に続き今年も金賞を受賞。
ちょっとドキドキしながら…
うーーーん、これなら納得かも。
香りも色も口に含んだアロマ感漂う豊かな広がりも…素敵な仕上がりです。
渋みもさほど気にならず良過ぎなくらいのヌーヴォー。
・・・それにしても前回のジョルジュ・デュブッフの渋みはなんだったのだろぅ。

2017年の天候は4月に霜、7月に雹が降ったものの、その後好天に恵まれ乾燥続きで葡萄は濃厚な仕上がりだそうです。
ヌーヴォー当たり年って「濃いバイオレッドな色調」と「やや熟度感ある味覚」って感覚ですが2017年も近い感じ。
まぁー、なんだかんだ言ってもワインは嗜好品、なのでそれぞれの好みによりますよね。
偉そうなこと言ったってマルなんか…酔っぱらっちゃえばわかんなくなっちゃうんだから。。。

さてさて、皆さーん今年も残りわずか、どんな一年でしたか?
おそらくいろんなことがあった一年!とおっしゃる方々も多いのでは。
そうなんですよね…一言では語れない!
嫌なこと、嫌な奴…うじょうじょ

自分なりに振り返ってみるとね…不思議と今年のヌーヴォーと同じ出来っぽいんですよ。
最良の出来ではないけれど決して悪くはない…むしろ良い位。
まぁー、そう思って総括して終わろうと思ってます。

それでは皆様、佳いお年を!!!






コメント

2017年11月26日 ボージョレヌーヴォー2017

2017-11-26 | Weblog
ジョルジュ・デュブッフ作

今年のヌーヴォー店頭に並ぶ期間も短くあっとい間に棚から消えてました!
年々、話題性もなく盛り上がりも欠けてきましたね。
そもそも「熟成途中のワインを早出しで高く売る」というのはワイン道に反する?^^?
ヌーヴォーにプレミア感を高めるのはいかがなものか…というのも反感を呼んでますね。

さて今年のキャッチコピー
『今世紀最高と称される2015年を上回る、芳醇さと優美さが魅力』
とのことでかなり期待度高まりました。
さらに「完熟したベリー系の香りがあふれる風味まろやかな味わい」とか。

毎年コントロールにしているジョルジュ・デュブッフのヌーヴォー…
ベリー系の完熟感はありますがその分、アルコール香がやや強く何といっても渋みが強すぎ。
渋みは好きなワインのジャンルですがそれにしても…。
バイオレット色は例年より強く出ていて熟したブドウの収穫年と思われます。
でもこのヌーヴォーの渋みはいただけません。。。
ヌーヴォーで飲むより18~24ヵ月寝かせた後に期待感が高まりそうですがヌーヴォーに使用される「ガメイ種」の葡萄が長期熟成に向いているかはなんともわかりません。

ジョルジュ・デュブッフさんは今年の作品『我がワイン人生最良のヌーヴォー』とのこと。
このヌーヴォーの帯「ボージョレヌーヴォー市場売上&受賞歴No1」とあるのですが、
うーーーん、苦しーいタイトルに納得。

メルシャンがチョイスした「アルベール・ビジョー2017」がもう一本あるので次回に期待しまーす^^
コメント (6)

2017年11月19日 チョットだけリフレッシュ

2017-11-19 | Weblog
バリ島

お休み取ってバリへ
11月から雨季、アグン山噴火で先月まで「警戒レベル4」…
まぁー、何とかなるかぁーと出かけました。
こちらとしては観光客も少なく快適、でもバリ島の皆様にはちょっとお気の毒、お見舞い申し上げます。
行きと帰りで2日間はなんとももったいないですが7時間程かかるので…。

さてさてちょっとだけ観光、世界遺産「ライステラス」

ここではお米が年3回収穫できるそうですが、土地が痩てしまうため工夫がいるとのこと。
いつ行っても見れる「ライステラス」…世界遺産の維持はとても大変。
そんなわけで「刈入れ近い稲穂地区」を見学後、移動した先に「田植え地区」が目に飛び込んでくる風景…不思議感漂いながら納得。

同じく世界遺産「タマン・アユン寺院」

とても広い寺院で維持が大変そう…。

次の日はウブド市場、寺院、美術館、ウブド王宮舞踊と…

生の迫力に圧倒されます!

後半は海沿いヌサドゥアへ移動しプチリゾート気分。。。

海水も暖かく一年中泳いでサーフィンしちゃうんですね

バリとえば「スパ」、スパと言えば「バリ」…

自分のスパ姿は絵になりませんゆえ…足が限界^^
とにかく時間がゆっくり流れていく感覚、時が刻まれ進む感じとは少し違います。。。

ランチのあとは部屋から120歩のビーチへ、至福の2日間…
もうこの段階で帰りたくなくなってます^^

オーストラリアからここまで3時間、バリは物価が安くロングスティが多いそうです。
毎日がこんな風景の日々なんですね。。。


ボージョレヌーヴォーは予約のままでまだ飲んでおりません…今週ですかね。
コメント (4)

2017年10月29日 間もなくハロウィーン

2017-10-29 | Weblog
ハロウィーン

総選挙も終わり…与党の圧勝というより「野党の大敗」がすべてでした。
個人的に野党にはもっと頑張ってほしかったのですが…。

ところで今年の10月、台風続きでずーっと雨ですね
でも今日の台風通過で明日、明後日の本番は盛り上がりそうです。
年々日本もハロウィーン・イベント高まってていい感じ。
夏以降、お彼岸、体育の日、文化の日、勤労感謝の日と祭日が続くのですが今一、遊び心のある感じがしません。
そのためこれから残るイベントと言えば「クリスマス」…ハロウィーンが根付くといいですね。

サンノゼのころ…
10月ハロウィーン
11月感謝祭で住民の大移動(こっちのお正月のように帰省ラーッシュ!)
12月そしてクリスマス
年末に向け大きなイベントが毎月続きます。

10月に入るとハロウィーン関連製品の専門店が突如オープンしたりします。
先月まで空き店舗だったのに…。
高速道路では後ろのトランク「骸骨人形はみ出し走行」、「相席に死神同乗」…とやることが派手。
そうそうレストランやショップのレジの子はハロウィーン帽子被ってたりしてますので思わず「ハッピーハロウィーン!」と声が出ちゃいます。

会社近くのホテルに大きなカボチャが場所狭しとアート化、でもスタッフまではねぇー。
この時期、もっともっとワクワクしたいですね


コメント

2017年10月8日 「ひやおろし」シーズン到来

2017-10-08 | Weblog
楯野川純米大吟醸

山形県酒田市にある楯の川酒造の「ひやおろし」
実は目的はマツコの知らない世界「納豆」部門一位となった北海道産ゆきしずか大豆の「超小粒納豆」入手だったのです。
TVでは新宿京王デパート地下とのことで、展示会の帰りに立寄ったのですが売り切れ
店員さんも「マツコさんに出たんですよね…一日60個なので開店と同時にね…」とのこと。
「午前中にお越しいただければなんとか入手できると思いますよ」と言われてもね…。

そんなわけでふらふらしていたら…本能なんでしょうかね、気が付くと日本酒コーナーでした^^
京王デパートは豊富な納豆群もさることながら日本酒群も豊富でビックリ!
そっかー、もう「ひやおろし」シーズンなんですよね。
昨今、酒屋さんだけじゃなく居酒屋さんでも「ひやおろし」取扱っていてポジション固め出来つつあります。

さて、選んだのはこの「楯野川」
お酒好きの人なら知ってるこのお酒。
一般的に純米大吟醸、それなりに高いのですが楯野川はコスパがgood。
1,700円前後(720ml)で入手できますし、飲み比べ負けしません。
香りはやや控えめで穏やかですが、重厚な透明感に加え深みのあるバランスと余韻が最高!

「夏子の酒」以来、低調気味の日本酒業界でしたが経営者の代替わりが進んだことと…
「獺祭」の登場がいろんな意味でカンフル剤にもなった感じがします。
切磋琢磨してより高みへの道へ…と願いつつ…今日も酔っ払っちゃいますね
コメント (2)

2017年9月24日 朝ドラ『ひよっこ』のミニチュア展(下)

2017-09-24 | Weblog
田中達也さん・その3

かっぱ橋で売っている食品レプリカ…、
ちょっとした遊び心があるとこんな感じになるのでしょうか。

小さいころ…「食べ物を粗末にしちゃいけませんよ」と言われた世代には無い発想。
でも今は飽食の時代!遊び心で楽しんじゃう感覚いいですね。

グリコのポッキーも発売されてからもう50年。

バタープリッツが出たとき今までのお菓子の概念が一変したのを覚えています。
その3年後、このポッキーデビュー。飲み屋さんの定番メニューでしたよね、氷の入った容器にいっぱい刺さってた!
あの頃…お菓子っていくらでも食べれたのに、今はねーーーっ。
そうそう11月11日って「ポッキー&プリッツの日」だそうです^^


「ロケットマン」もトウモロコシ打上でポップコーンを作るくらいのゆとりがあるといいのにね。。。

でもこんな大きなポップコーン食べきるのがちょっと大変。

そして温泉化してしまった電卓…

ちょっと古めの電卓、田中達也さん35歳の感覚からすると昔の電卓は温泉?

いえいえ違います古い感覚とか新しい感覚とかの問題ではなくって…
PCのキーボードでさえこんな感じに…

なかなかこんな発想にはなりません

まだまだ作品はあるのですが…最後は、これ

ノアの箱舟ですね。

西瓜船に大きな看板でSUICAじゃダメだけど「PASUMO」なんて書かれていたらー
「みんな電子保存!」なんてブラックはいかがでしょうか^^

今週で9月おしまいですね。
早いもので来週は10月、そして今年もあとわずか…。






コメント