マラナ・タ  …  私たちの負い目を唯一人、背負われて父の元へ帰られたのは。神があなたを愛されているからです。   

ただ父なる神の愛とイエス・キリストの愛を多くの皆様にお知らせしたいのです。帰れやと、父はあなたを慕い待っておられます。

平和のもと

2020年01月24日 | キリスト教

「平和をつくる者は幸いです。その人たちは神の子どもと呼ばれるから。

義のために迫害されている者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。」
                       

                              マタイ 5章 9~10節

 

キリストは、「心の貧しい人、悲しむ人、正義に飢え渇く人、平和のために働く人、正義のために迫害される人、

キリストのために人からののしられ、責められ、数々の悪口を言われる人」が「幸せである」と言っています。

キリストの言う「幸せな人」は、過去に満足している人ではなくて、

前向きな姿勢で理想をもって、努力している人たちです。また今の自分の人格に満足してしまったり、

あきらめたりするのではなくて、常に理想を目指して、自ら鞭打って努力することが人間として

本当に生きているという事なのです。

自分は他人に迷惑をかけていると気づく人、直そうと思ってもなかなか直せなく、

人格の至らなさを悲しむ人が「幸せな人」なのです。

 

日本で最初の迫害による殉教は、1597年2月5日、豊臣秀吉により処刑された26名の信徒であった。

殉教者は後にカトリック教会により、聖人の列に加えられ「日本二十六聖人」に叙されている。

これ以後日本ではキリスト教に対する迫害が苛烈となり、キリスト教徒でありたければ、

迫害は覚悟のうえでという時代が続いた。義とは神の前での正しさである。

信仰を貫き信仰のゆえに迫害された人々は、天国に迎え入れられるのである。

 

 

コメント

扉は内側から

2020年01月10日 | キリスト教

「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。」
   
                ヨハネ 14章 1節

画家が持っている大きな絵には、石造りの邸宅の入り口描かれていました。

道の片側には優しい繊細な花々が描かれています。

反対側にはとげのある木の茂みがありました。扉の前に一人の男が立っています。

長く白いロープを着て右手は扉を叩く高さにあります。

 

花は人生の喜びと美しさを現わし、とげは苦しみを示します。扉は人の心を象徴し、

扉を叩く人はキリスト・イエスです。

 

しかし、ドアを開ける取っ手が描かれていない !  

 

この画家は答えました。「取っ手は要らない。キリストがノックすると内側から開けられるはずだ。

そして、キリストは招き入れられる。」

 

人は誰でも自分の心の支配者です。心を開こうと開くまいと自由です。

神は人の自由を尊重するところから。無理に押し入ろうとはなさらない。

招かれたところだけにお入りになります。扉は内側から開かれるべきなのです。

 

心を騒がせない解決法として、「神を信じ、またわたしを信じなさい。」と言われました。

この箇所は、心を騒がせず、神を信じてイエスを信じるために、

イエスが与えてくださっている約束に満ちています。

 

私たち自身が心を騒がせるとき、どのようなことをすればよいのか知るために、

主イエスのみことばから学びましょう。

 

 

コメント

忘却は愛。

2020年01月03日 | キリスト教

「互いに忍び合い、責めるべきことがあっても、赦し合いなさい。

主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたも同じようにしなさい。」
   
                       コロサイ 3章 13節

赦すことへの勧めですが、「赦す」という意味を考えなければいけません。

それは、端的にいうと「過ぎ去らせる」ということです。お互いの間に、何が意見の不一致があって、

気まずい思いになったとしましょう。このときに陥りやすい罠は、「私はこのように話した、

あの言葉が、このように言い換えればよかったのね。」云々と、細かいことの分析をすることです。

自分たちのことを掘り起こしたところで、何も良いものが生まれません。

むしろ、キリストにあって互いにこの問題を過ぎ去らせ、再び新たに関係を気づくことが大切です。


ウィリアム・バークレイはクリスチャンとして私たちが人を許すために三つのことを

学ばなければならないといいます。そしてその第一は「理解すること」であるというのです。

「人の行動はいつも理由がある。粗野な人、失礼な人、気難しい人には、心配事があるか、

他の苦痛があるのかもしれない。人を疑ったり嫌ったりする人は、相手に対して誤解があるか、

相手の言動を曲解しているのかもしれない。あるいは環境や遺伝のせいかもしれないし、

また、気難しい気質のため問題が多く人間関係がうまくいかないのかもしれない。

人を非難する前にその人を理解しょうと努めれば許すことも容易であろう。」と。いっています。

そして、他の二つの許しのカギは「忘れること」と「愛すること」と言っています。


 
コメント

真の豊かさとは。

2019年12月27日 | キリスト教
 「 主に従う人が持っている物は僅かでも/主に逆らう者、権力ある者の富にまさる。」
          
                   詩編 37編 16節

「ひとりの人の持つわずかなもの」とは一体何なのでしょうか。それは、豊かな命、豊かな心ではないでしょうか。

自分は正しいとし、人にも正しいとされていたパリサイ人と、自分を罪人だと自覚し、

人にも罪人だと思われていた取税人が、二人並んで神殿の前で祈りました。

パリサイ人の祈りは、「この横の取税人のような罪人でない事を感謝します。

神よ。私は何事も正しくやってきました。」でした。

取税人の祈りは、「神よこんな罪人のわたしをあわれんでください」でした。

イエス・キリストは軍配を取税人の方にはっきり示されたのです。

罪を悔い改めて神を恐れ(畏れ)、神に新しい心をいただいた正しい人のその心、その命こそ豊かなのです。

見えるところは僅かでも、それは宝石のように貴重なものです。

御言葉と心の関係を主が土のたとえで話されていたとき、良い土地に落ちる種は三十倍、六十倍、

百倍の実を結ばせると約束されましたが、それはただ、良い土地に一つの種が落ちるという僅かな出来事によってです。

ルカ18:10~14
「二人の人が祈るために神殿に上った。一人はパリサイ派の人で、もう一人は徴税人だった。
パリサイ派の人は立って、心の中でこのように祈った。『神様、わたしはほかの人たちのように、
奪い取る者、不正な者、姦通を犯す者でなく、また、この徴税人のような者でもないことを感謝します。
わたしは週に二度断食し、全収入の十分の一を献げています。』
ところが、徴税人は遠くに立って、目を天に上げようともせず、胸を打ちながら言った。
『神様、罪人のわたしを憐れんでください。』言っておくが、義とされて家に帰ったのは、
この人であって、あのパリサイ派の人ではない。だれでも高ぶる者は低くされ、へりくだる者は高められる。」



コメント

平安のために

2019年12月20日 | キリスト教

「義のために迫害されている者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。」
 
                マタイ 5章 10節
 
ここで考えなければいけないのは、それは、第一義的に神との平和です。
 
一人ひとりが、罪の赦しの必要があります。家族の一人ひとりにも罪の赦しの必要があります。
 
これは家族といえども代わって赦しを受けることはできない。その心の一新があってこそ、真の平和が訪れます
 
「正義」「平和」という言葉がよくつかわれますが、それは社会的に大きなことだけとは限りません。
 
人と人との関わり合いにもそれが必要です。お互いにかけがえのない兄弟であり、
 
社会を作っていく仲間であるということを全面的に認めた時に、好き嫌いによって過大評価をしたり、
 
過小評価をする資格や権利のないことが分かると思います。そこには正義があります。
 
感情的で生理的な好き嫌いは一生付きまとうかもしれませんが、お互いに欠点を持ち、迷惑をかけながらも

一人ひとりを大切にし、  支えになっていこうととする時、平和があるのだと思います。
 
それは、キリストの兄弟である小さな一人に、自分の方から隣人になっていくという積極的な姿勢と、
 
毎日毎日、自分自身の矛盾と闘いながら、少しずつ前進していく努力です。もうこれでよい、
 
という時は決してこないものなのではないでしょうか。
 
面白い事に、私たちが悔い改める事によって、世から迫害を受けます。なぜなら、世は、心の貧しいもの、
 
悲しむもの、柔和な者、義に飢え乾いている者、人をあわれむもの、心の清いもの、平和をつくる者が嫌いです。
 
そういう人たちが自分たちの中にいたら、迫害し始めます。
 
コロサイ1:13
「神は、私たちを暗やみの圧制から救い出して、愛する御子のご支配の中に移してくださいました。」
 
 
コメント