薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンスヤフー店薪ストーブ情報バナー

冷たい雨とカメムシ、薪はずんぐりむっくりが好き!?

 


時雨?

昨日は一日中、雨が降ったり止んだり、時折、お陽さまが顔を出すことはあったものの、
基本的には悪天候で、お天気ニュース的には曇り時々雨で一時晴れ?

空から落ちてくる水滴は、今の時期ならではの冷たい雨で、
緯度が5度も違えばそこは青森、10度なら北海道で、かの地はすっかり雪景色なんだろう。

そう思える南東北の1日だった。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】
スルーの人もたまには!



今年はカメムシが多いんだよね。
薪と薪の隙間に潜んで、ちゃっかり越冬しようとしている。

多いところには2匹つるんでへばり付いて、寒さで硬直しているのか、仮死状態なのか、
薪を持ち上げても、じっとして動かない。

なので、そのまま熾きのたっぷり出来てる炉内へ追加薪だ。


生きたまま火葬するのは残酷、て言うか、可哀想な気がしないでもないが、
ヤツらは臭いんでね、躊躇なく放り込むのだ。

同じ生物でも、人の好き嫌いで待遇がまるで違う。
害虫とか害獣だとか、自然界で人はあまりに身勝手、まぁ、それは分かっちゃいるんだが(笑)


カメムシ独特の悪臭、なんともいえない異様な臭さの素はアルデヒド系らしい。

密閉容器に蟻と一緒に入れておくと、蟻は直ぐに死んでしまうと言うし、
自分の発した臭いでカメムシ自身も死んでしまうようで、それだけ強烈なんだろうね。


薪棚に潜んでいるのは、調べてみたら クサギカメムシ と言う種類のようだ。

カメムシに罪はないが憎たらしい、絶滅して欲しいワ(笑)






最近はアンコールを焚いていることが多くなった。

焚付が一番簡単だし、お湯は直ぐに沸騰するし、
天板が広いから、ケトルを3つ並べても余裕でエコファンも置ける。

追加薪の時、ドアを長く開けておけるのも良くて、クリーンバーンだとそうはいかない。
熾きの上に薪を置いた瞬間から煙がでるんで、素早くドアを閉めたくなる。

それに何と言ったって、薪ストーブはアンコールのルックスに惚れ込んでる。
琺瑯レッドの色の変化もあって、これがまたたまらないのよね。


写真を見ると分かると思うが、今の時期は半端な薪を焚いてることが多い。

長さが不揃いで短くて、ずんぐりむっくりな奴等なんだが、同じ長さの薪ばかりより、
薪が組みやすくて重宝している。


なので本当は、温存して焚きたいところなんだが、
こいつらは暴れん坊で、薪棚におとなしく収まってはくれない。

メッシュカーゴに閉じ込めりゃ良いのだが、あいにく満杯で空きがない。
ビニールハウスの至るところに散乱していて、歩くのにも邪魔な存在なのだ。




 こっちも面倒見てやってください。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ



※今朝の気温 1℃


薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション




閑居人のブログ おヒマなら見てよね!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 薪ストーブ、... 赤キャップは... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。