ゴミ拾いに挑戦してて、休み中だったけど再開しました

いつの間にか浜がゴミの山に。自分自身の健康のためにもゴミ拾いを始めました。引っ越し先から戻ってきてゴミ拾い再開しました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ホタル

2009-06-26 23:29:45 | Weblog
川崎にも自然の蛍が生き残っている所があります。
養殖、放流するなどはしていません。
蛍のいる谷戸の自然環境を守る事で蛍を守っています。
そこでの蛍鑑賞は、懐中電灯の光も禁止、携帯電話の光さえ蛍の
繁殖の邪魔になるので遠慮してもらっています。
写真撮影も前面禁止です。
蛍は大事にされています。
勿論、捕って帰るなんて論外です。

見に来る人達もここの蛍を守るために協力してくれる人がほとんどです。
ほとんどですが、中にはガードマンさんに注意されても
知らんふりをして三脚持ってカメラ持って来る人もいるそうです。

川崎の夜の空は明るいです。
目が慣れると懐中電灯の明かりが無くても森の中を歩けます。
決して漆黒の暗闇ではりません。
しかし、明るい夜に慣れた人々には充分暗闇でしょう。
蛍を見に来る人達は暗闇の中を歩く経験なんてしたことがあるのでしょうか。
そんな経験が無い人が殆どで不安かもしれませんが、それでも懐中電灯を消してくれます。
蛍のために。
そして、蛍を見るために。
明るい光を見た目では蛍の光は見えないので。
そこには蛍はチラホラいるだけで、とても乱舞などとは程遠いものです。
けれどこの谷戸が養える蛍の数はこんなものなのではないでしょうか。
暗い森の中に蛍の光を見つけたとき、みんな嬉しそうに声をあげます。
蛍のはかない光は、この静かな暗闇の中でこそ美しいのだと思います。

私の故郷、徳島県には蛍が天然記念物に指定されている所があります。
行きたいとは思っていましたが、まだ行ったことがありません。
凄い数の蛍が乱舞しているそうなので、さぞ蛍は守られているのだろうな
と思ったら、案外そうでもありませんでした。
ネットで見る限り、野放し状態みたいです。
蛍見物のマイカーが押し寄せてきてヘッドライトの光害。
蛍祭りで明々と電気のついたイベント会場。
ええ?こんなでいいのかな??
蛍は強い光に弱いはずじゃなかったのかしら??
川崎の蛍みたいに細々と命をつないでいる状態じゃないし
何千匹もいるから心配ないのかな???
蛍の生きていく環境はばっちり整っているから少々の事は平気なのかしら?
本当に大丈夫なの?
徳島に帰ったら、行ってみたいです。


私は田舎育ちの人間です。
だから蛍は珍しくはありませんでした。
けれど、どれだけ蛍のことを知っていたでしょうか。
実は蛍が成虫になってから1週間ほどしか命がない事も
成虫になってからは何も食べない事
お互いの光でオスとメスが相手を探す事
日暮れに光りだして9時前には飛ばなくなることなど
何も知りませんでした。
近所のおじさんが、車のハザードランプをつけていると
蛍が寄って来るんだよと教えられてもそんなものかと思っていました。
それが蛍にとってどんなに迷惑なことか分っていませんでした。
蛍のことは何も知らなかったと言ってもいいですね。
コメント (6)

山田富士にやっと登れる

2009-06-23 20:41:31 | Weblog
先日、横浜市都筑区の山田富士に登ったつもりになって帰ってきました。
帰ってきてから、それが山田富士ではない!と言う事に気づき
近いうちに、もう一度行ってみようと思っていました。
昨日は、午後から晴れてよい天気になってきましたので
早速行ってきました


芝生と池のある広場から見ると
こんなイメージで、ちょうど山田富士が木の陰に隠れて見えなかったのです。
昔は木が低かったので、この広場からも見えたのだと思います。
その時は、山田富士がどこかしらと思うこともなかったのでしょうが・・・。





芝生の広場の向こう側に上り口がありました。
しかし、山田富士の上り口がここであるとの案内板などどこにもありません。





この階段を登ると・・・・





おお~~
ついにその姿を現した山田富士



山頂は火口を模して丸く掘られていました。
センター北駅方面の眺めです。




思いがけず、コシアキトンボが飛んでいました。



胸の模様が見えなかったので何トンボかはちょっと分らなかったのですが
赤とんぼもいました。



芝生の広場のあやめが咲く池にはショウジョウトンボがいました。



この池にはミシシッピアカミミガメがいました。
この前来た時子供達がアメリカザリガニを捕っていました。
バケツにたくさん捕っていました。
アメリカザリガニがたくさんいるみたいなので、トンボなどの生き物には
条件が悪い環境のようです。
その悪い環境の中でも、コシアキトンボやシオカラトンボ、ショウジョウトンボ
などは多くは見られませんでしたが、生きていけるみたいですね。

この池に注ぐ湧き水の流れの上のほうには、小学校の子供達が
蛍を飼っているみたいです。
ザリガニに食べられるんじゃないでしょうか。
心配です。
ザリガニがいるのは自然が残っていて素晴らしい
なんていう人が時々います。
ザリガニはいない方がいいと思うんですが・・・・・
コメント (2)

ご近所富士山に行く

2009-06-20 19:01:50 | Weblog
江戸時代、富士山は信仰の対象でした。
富士山に登山することが修業にあたるのだそうです。
が、江戸時代にはなかなか実際の登山はできなかったので
地元に小さな富士山を作り、そこに登ることで富士登山を疑似的に体験する
富士塚がつくられたのだそうです。

四国にはミニ88箇所が所々にあって、88箇所巡りをしたのと同じ御利益
があると言われていますが、同じ様なもんでしょうか。

神奈川県の港北地区にも富士塚がいくつかありましたが
開発で失われたりして少なくなったのだそうです。
今も残るその富士塚に行ってみました。
ご近所富士山にお手軽登山・・・みたいな感じでしょうか。

まず向かったのは、横浜市の横浜市営地下鉄北山田駅近くの
山田富士公園です。

このこんもりした山が山田富士らしいです・・・。→ではありませんでした。
登ってみましたが、山頂には何もありませんでした。



・・・・と行った時は思っていたのですが
これがどうやら、すごい思い違いだったのです!!!
あ~~、何と言うことでしょう~~
山田富士は、茂った木々の間に隠れて見えなかったのです。
このこんもりとした山の左側に山田富士はあるはずなのです。
これは家に帰ってから調べて分ったことです。
あら~~行く前にネットで調べた時にはちゃんとした富士山の形の山
だったのにおかしいな~とは思ったのですが・・・。
今度、もう一度行って確かめてきてみたいと思っています。

さて、間違いに気づいていない私は変だな?と思いながらも
次の富士山を目指しました。
横浜市営地下鉄ブルーラインに乗って北山田から都筑ふれあいの丘へ。
地図を見ながら池辺富士に向かいます。
清掃工場の裏手にあるらしい・・・・

おぉぉ、あれだ!!
ここは緩い傾斜地になっています。
何だか、写真まで傾斜しています・・・。
へ、ヘンテコリンな山・・・あれが富士山・・・・?



坂の下側から見た池辺富士。
ビニールハウスの横にあります。
清掃工場の煙突も見えています。



ビニールハウスの横側に上り口があります。
鳥居さんがあります。
富士塚ですね~~~っ。
いざ、富士登山!!



あっと言う間に頂上にたどり着きます。
祠もありました。
ちゃ~んとお賽銭をしてお参りしました。

池辺富士がある辺りは農業地帯になっていました。
農業専用地区になっているようです。
キャベツの収穫が終わったところみたいです。
わぁ~~、いい感じです。





最後に行ったのが川和富士です。
池辺富士から行くと、一旦坂道を下りてまた上る感じです。
直線距離にしたら800メートル程ですが
道のりで言うと1200メートルくらいでしょうか。
高低差もあります。
川和富士は川和富士公園の中にあります。
立派な富士山です。
ここで富士塚はどこかしら?と迷う事はありません。
公園の真ん中にドデンとあります。
でも、頂上には祠などはありませんでした。





と言うわけで、ご近所富士塚3つに行ったつもりでしたが
残念ながら、山田富士には行けていませんでしたので
また今度本物の山田富士を見に行ってこようと思っています。
コメント (2)

Britain's Got Talent が面白い

2009-06-10 23:59:12 | Weblog
イギリスのオーディション番組「Britain's Got Talent 」にはまっています。
「Britain's Got Talent 」と言えば、スーザン・ボイルです。
ですが、スーザン以外にも気になる人がたくさんいます。
その中でも私のお気に入りは、バイオリンのお姉さんスー・ソンです。
この人の何が凄いかと言うと、その化けぶりです。
化けぶりと言うと嫌な感じがするかもしれませんね。
成長ぶりとでも言いましょうか、どんどん自信をつけて花開いていく
その姿が何とも眩しいと言うか、驚かされます。
最初はオドオドした小娘だったのに、ビックリするほど堂々とした女性に
なっていくのです。
何か・・・感動しました。


最初、「Addicted」と言うキーボードとバイオリンの二人で出場します。
キーボードのジーンとは親友みたいです。
私は英語がちゃんと理解できてません・・・って言うか分ってません。
ので適当に想像も入ってます。
審査員のサイモンがスーにあなたは良かったからソロでもう一度やってみないかと
言われているみたいです。
イエスかノーか
どっちなんだと迫られています。
友情を取るのか、オーディションを取るのか・・・・みたいな感じでしょうか。
悩むスー・ソン
さあ、どする
イエスと最後に答えて、もう一度チャンスが与えられます。
(この前まで無かったのですが、ターミネータの予告編のCMが先に出ます)

http://talent.itv.com/videos/video/item_200154.htm


ソロでのオーディション。
審査員はあ~~、あの時の・・・って感じです。
見事にイエスを3つもらいます。
私にとってはバイオリンは遠い楽器なので
スーが上手いのか下手なのかわかりませんが、素人耳には
凄いんじゃない~~?
二人の時よりずっと良いです。


http://talent.itv.com/videos/video/item_200142.htm


セミファイナル
あっと驚く変身ぶりです。
登場した時から何だか圧倒されます。
同じ女の子だとは思えないです。
あ、23歳と言っていたので女の子は失礼ですね。
堂々としたパフォーマンスです。
短期間でこんなに変われるものなのでしょうか。
予選通過してセミファイナルに出られた事が大きな自信になっているのですね。
この人はこれからもどんどん成長しそうな気がします。


http://talent.itv.com/videos/video/item_200222.htm


他には、こんなオバカな親子の踊りもあります。
私、これが大好きです!!!

Stavros Flatley

それから、格好だけ見れば普通のパンク系かどう見てもロック系の若者が
あっと驚く岡本友高(にはちょっと及ばないけど)ソプラノで
オペラの歌を歌ったりします。

Greg Pritchard

本当に面白いものが次から次へと出てきます。
色々見ていたら夜が更けてしまいます~

コメント (8)