ゴミ拾いに挑戦してて、休み中だったけど再開しました

いつの間にか浜がゴミの山に。自分自身の健康のためにもゴミ拾いを始めました。引っ越し先から戻ってきてゴミ拾い再開しました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

すみれ

2017-04-20 21:15:11 | 自然

徳島の家の庭の裏の狭い一角ですが、ここはタチツボスミレの花盛りです。
タチツボスミレだけを残して草ぬきして来ました。
タチツボスミレ天国ゾーンです。













町内の桜街道のすみれ


ニオイタチツボスミレ



それと、いつもの桜の時期には多く見られる紫背スミレはあまり見られなくて
この名前の分からないスミレが見られました。
葉っぱが平らな長いハート型です。







今年もありました。
スミレではありませんが、ホタルカズラ






伯方島の開山公園で見た多分、紫背すみれ
かわいいピンク色のすみれでした。







コメント (4)

室戸広域公園 やっと咲いた~

2017-04-11 23:35:02 | 自然
4月10日 月曜日
朝のうちは曇り、午後から雨の予報でした。(火曜日も雨の予報)
室戸広域公園の小松乙女と神代曙が咲いているかもしれない
そして、もしかして雨が降ったら散ってしまうかもしれない
と危機感を持ったので、朝のうちに行ってみることにしました。

が、室戸広域公園についてからずっと雨が降り続いたのでした。
激しい雨ではありませんでしたが、結構な雨でした。



神代曙も小松乙女も、満開まではいってませんでした。
が、4月5日に行った時には数輪しか咲いてなかったので
これだけ咲いてくれていれば、わたし的には満足です。







神代曙の並木




濃いピンクが見えるのは終わりかけの陽光




それと、八重紅大嶋がたくさん咲いていました。





遠くから見たら、どの桜も同じ様です。
まだまだ木も小さいです。
これから木が大きくなって成長して行ったら、凄い桜公園になるんだろうなって思います。
元気なうちは毎年通おうと思います。



八重紅大嶋





ガク筒は黄緑色の鐘形





小松乙女
















神代曙と小松乙女はどちらもエドヒガン系の桜です。
神代曙の方がピンク色が濃いように思います。
ガクも神代曙は太い壺型、小松乙女は細長い壺型となって、区別がよくわかりません
曖昧なワタシ的印象で言うならば
小松乙女は花が丸く咲き、神代曙は星形に咲くと言った感じでしょうか。


室戸広域公園では2004年から桜の植樹が行われてきたそうです。
ソメイヨシノの本数は少ないです。
ソメイヨシノはテングス病などの病気に弱いので、神代曙などに植え替えを推奨していると聞いた事がありますが
そういう理由もあるのでしょうか。
室戸広域公園だけでなく、他でも新しく植樹されるのはソメイヨシノではなく他の種類の桜が多いように思います。
将来的にはソメイヨシノは減ってくるのだろか?
各地に植えられたソメイヨシノも寿命が来ている様ですし、ソメイヨシノの桜のトンネルも
もしかしたらあと何十年かしたら見られなくなるのかもしれません。


コメント

勢い

2017-04-08 14:46:25 | 自然


ギボウシの芽が出てきました!!
つんつんつん!!!






コメント (2)

室戸広域公園散策コースを歩く

2017-04-08 10:34:47 | 自然

4月5日
室戸広域公園散策コース全長3.1㎞歩きました。



第一展望台
室戸広域公園全体が見渡せました。



お遍路さん歩いているので、3キロくらい何ですか~
と、言っていた連れ合いも
あれ?割と急な坂だね
意外に上り坂がキツイです。




不気味に曲がりくねった枝の木々が生い茂る山の中を歩きます。




大きな樫の木(系)の木がありました~。





山を下りてくると
足元にはすみれが咲いていました。


ニオイタチツボスミレ



普通のタチツボスミレかな?





それと、この青い小さな花
絶対、外来種だよねと思ったけれど、以外にも在来種らしいんです。
ルリハコベ(サクラソウ科)
初めて見た気がします。
徳島にもあるのかな。
「暖地の海岸近くの道端や畑に普通に生える」とあるのですが見たことない気がします。
初見かも。



コメント

ツバキカンザクラ

2017-04-02 23:58:19 | 自然
3月11日
大三島から徳島のうちに帰る途中、伊予西条市の丹原の鉄工所の桜を見に行きました。
桜の季節には工場の敷地を解放してくださって桜を見ることができます。
ツバキカンザクラです。

ツバキカンザクラは松山市の椿神社に原木がある桜です。
シナミザクラとカンヒザクラの交配だと言われています。


シナミザクラ(支那実桜)×カンヒザクラ(寒緋桜)

 



ツバキカンザクラ
シナミザクラに似てオシベモメシベも長いです。
花の色はカンヒザクラに似てピンクが濃くなっています。




鉄工所の敷地を解放してくれています。
ツバキカンザクラは見たことがありますが
こんなにたくさんの木を見たのは初めてです。
凄いです。
満開です。
豪華です。



























コメント (4)

室戸広域公園

2017-04-01 22:51:13 | 自然
3月28日(火)
安芸の神社の桜を見に行って
室戸の広域公園にも寄ってみました
室戸広域公園には30種類以上の桜が植えられているとのこと。
2月には河津桜と大漁桜という桜が咲いて、桜祭りも開催され多くの人で賑わった様です。


今の時期に咲く桜もきっとあるはず。
ソメイヨシノより少し早く咲く神代曙や小松乙女もあるとのことで、もしかしたら咲いているかもしれません。


っが・・・・・・・・・・・・!!!
全然咲いてませんでした。
まだまだ茶色い枝ばっかり。


咲いていたのは
オカメ桜








それと陽光






室戸は家から車で1時間半くらいです。
ソメイヨシノ以外の桜が見られる所としては近い方なので
神代曙、小松乙女狙いで、また近いうちに行きたいと思っています。
コメント

ソメイヨシノがまだ咲きません

2017-04-01 00:50:07 | 自然
12月以来の更新です。
よくもまあ、怠けたものです。
冬眠にしても長すぎる。

春が来て、何となく気力も出てきたので、そろそろ再開します。


徳島の私のご近所では、まだソメイヨシノが咲きません。
開花してないんです。
東京が3月21日に開花宣言してまさいたが、その時にはまだまだ茶色の固い蕾でした。
ようやく蕾も膨らんで、いよいよ明日にも開花かも?という感じになってきました。


3月28日(火)
高知だったら咲いているかも~と思って、高知県の室戸に行ってみました。
ところが室戸でもソメイヨシノはまだまだまだ咲く気配がありませんでした。

もうちょっと足を延ばして、安芸まで行ってみることに。
安芸にはエドヒガンの古木があるとのこと。
以前から行ってみたかったのです。
エドヒガンならソメイヨシノより先に咲くはずです。
咲いているかも~~~~わくわく。


ところが 








急な石段をふうふう言いながら登り
エドヒガンがあるという神社に着いてみると


何と


それは・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!!!


ヤマザクラなの?????
ヤマザクラよねえ?????




やっぱり
ヤマザクラだよねえ・・・・・・・・????
だって、ほら
エドヒガンだと、ガクの形は壺型でガクの付け根ががぷっくりと壺みたいに丸くなってるはずだし
葉は花のあとに出てくるはずだし
これがエドヒガンなのだろうか?????







エドヒガンだと思って見に行ったので、ちょっと残念でしたが(言いきっちゃってる←ごめんなさい個人の独断と偏見かもです)
それにしても立派な古木
300年のヤマザクラ(思い込みかもです)
美しい(美しいです!!!!)


境内の苔の緑も美しい




急な石段を登ってきた甲斐もあったと思う



コメント (2)

ナミキソウ・・・・波来そう?

2016-07-01 08:00:00 | 自然

ナミキソウ
シソ科タツナミソウ属の多年草。海浜植物。





ナミキソウは徳島県では絶滅危惧Ⅰ類に分類されています。
絶滅危惧Ⅰ類とは絶滅の危機に瀕している種の事です。
お隣の高知県では絶滅種(既に絶滅したと考えられる種)となっていますが、
他の県では準絶滅危惧種(現時点では絶滅危険度は小さい種)の所もあります。
全体的に見ても絶滅の危険が増大していると言う事は言えると思います。


それが町内の海岸近くにたくさん咲いています。
町内でも、そこだけにしか生えていない様です。
波が来そうな所に生えているのでナミキソウって言うんでしょうか。



御近所で良く見るタツナミソウの仲間には
コバノタツナミ





御近所では見た事がないオカタツナミソウ
川崎市のI緑地で初めて見ました。
徳島の海辺では見る事はありませんでした。
タツナミソウやナミキソウに比べると背が高いし大きな葉っぱです。



コメント (2)

シコクスミレ

2016-05-30 15:07:32 | 自然

5月5日に稲叢山に行った時、シコクスミレが咲いていました。
シコクスミレだと分かったのは家に帰ってネットで調べてからです。

シコクスミレと言うからには四国にしかないのかな?
と思いましたが
そうではなくて四国で最初に見つかったと言う事の様です。
埼玉県から鹿児島県の太平洋側の山地に生えるそうで・・・あれ?四国の真ん中だけどいいのかな?
あれ?
シコクスミレじゃないかも
















ツクバネソウ??




ミヤマシキミ?


コメント (2)

アケボノツツジを見に行く

2016-05-29 22:11:12 | 自然
長らくブログ更新をさぼっていました。
時々覘きに来てくれて、ど~~したのかな?と思ってくださった方が
いらっしゃいましたら、すみません。
ただのサボりです、ごめんなさい


いつの話ですか?と自分でツッコミをいれたくなりますが
5月5日、稲叢山にアケボノツツジを見に行ってきました。


↓実は去年も稲叢山に行っています。
が、去年は花の時期が過ぎていたのでした。↓

アケボノツツジを見に行く

さて、稲叢山(いなむらやま)とはどこですか?
と聞かれても、自分でちゃんと地理が理解できていないので説明は難しいです。
徳島から愛媛県の瀬戸内海側の伊予西条辺りまで出て、そこから山に入って行きました。
稲叢山は高知県吾川郡になります。
丁度四国の真ん中あたりになります。

山登りがお好きなBさんご夫婦に連れて行っていただきました。


登山道の登り口まではBさんの車で行きました。
ここまで車で来るのにも大変な山奥なのです。
勿論、私の運転ではとても来られません。
山道の運転に慣れたBさんだからヒョイヒョイと行けるのです。
Bさんに感謝です。





少し上ると分岐点
私達は左の稲叢山へ行きます。




足元はこんな感じで
青石ぽい石が散乱するガラガラの道でした。







おおおおぉぉ~~~
アケボノツツジが咲いています。





これは、たった一輪だけ咲いていたコブシ






アケボノツツジ





アケボノツツジ~~~~~~っっっ




稲叢山頂上に近い岩場から稲叢ダム調整池を見ています。
もうちょっと岩から乗り出さないとダムはよく見えないのですが
恐いので写真撮れません。
足がすくみます。

稲叢山頂上は、何人かの登山者でいっぱいでしたし
岩場で恐かったので写真ありません。





この岩場でお昼にしましょうよ
と言われましたが、恐くて落ち着かないので、見晴らしは悪いけれど
安心できる所でお昼と言う事にしました。



お昼休憩の後、下山です。


来た道を戻ります。
ここまで来ればもう安心。




アケボノツツジばかりに気をとられていましたが
標高が高いので、ここにはブナの木もあるのですね。
久しぶりにブナの木を見た気がします。
海岸にはない木ですので。





と、言うわけで去年はあまり見れれなかったアケボノツツジ
今年はたくさん見る事ができました。
これでも、遅いくらいなのだそうです。
花の盛りの時期にはアケボノツツジの花のトンネルの中を歩く様になるんだそうです。
そんな時にまた来られたら良いなぁ~
と思いつつも、花の時期にドンピシャで行くのは難しいのだろうなと思いました。
コメント (4)