ゴミ拾いに挑戦してて、休み中だったけど再開しました

いつの間にか浜がゴミの山に。自分自身の健康のためにもゴミ拾いを始めました。引っ越し先から戻ってきてゴミ拾い再開しました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ぼちぼちやってます

2015-06-13 21:52:38 | ゴミ拾い
6月12日
2回目のゴミ拾い

Uの浜では今日もアワビ漁の漁師さんが漁をしていました。
「アワビの市」も町内で開催されたらしいけれど、ちょうど出かけていて行けませんでした。
アワビ、地元でも高いんだろうなぁ。






ゴミの様子はこんな感じです。








と言うわけで、初日の10日に1袋
12日に2袋
ボランティア専用のゴミ袋にゴミを詰め込みました。






とりあえず、1袋ずつでも
気長にゴミ拾い続けます。
浜のゴミが綺麗に片付くまでには・・・・・5年?10年?
分からないけれど、とりあえず続けていくって事で
コメント (4)

ゴミ拾いに挑戦再開する

2015-06-11 22:32:52 | ゴミ拾い
いったい私の「ゴミ拾いに挑戦」はどうなっちょるの?
とは自分でも思っていますが、帰ってきて一年がたとうとしているのに
何ら行動を起こさないでいます。
このまま何もしないで過ごすつもりなのでしょうか。


以前だったら浜中に打ち上げられていたペットボトルが
目立たなくなりました。
「容器包装リサイクル法」のお蔭ではないかと私は思います。
国の政策と言うのは思ったより庶民の生活に影響を及ぼします。
庶民の生活と言うよりは「庶民の認識」でしょうか。
ペットボトル→捨てちゃえ
ペットボトル→リサイクルでしょう!!!
てな風に頭の中が書き換えられたみたいな感じかな。



以前は発砲スチロールだらけ
ペットボトルがそこら辺に転がっていた浜








今は以前よりはマシになりました。





アワビ漁も解禁になりました。
漁師さんが来ていましたが、アワビ漁かな?
それともテングサ取り??





去年、海岸漂着ゴミについて考える会に行ってみました。
海岸のゴミ拾いや遍路道のゴミを地元の人と共に清掃するイベントを開催するグループの方の
活動の報告が主なお話だったと思います。
聞いていて思ったのは、やっぱり、どうしても人間の見た目で綺麗にしたい
と言う事なんだよねえと言う事です。
私もそうですが、海岸のゴミ拾いなんんかをしていると、綺麗に片付けたくなるんです。
その為には、「ちょっとくらい良いよね」と、ゴミを手っ取り早く燃やしてしまいたい
衝動みたいな欲望みたいな焦燥感みたいなものを感じてしまいます。
けれど、何の為に綺麗にしたいのかと、ちょっと立ち止まって考えると
ああ、ウミガメの為だったんだよなぁと思い出すわけです。
ウミガメにしたら浜にゴミが散乱しているより、浜の砂が化学物質に汚染されている方が迷惑なんですよね。
なのに、ウミガメだってゴミの無い綺麗な浜が良いに決まっていると思い込む。
そういう風に自分はなってしまっていたわけです




そんなこんなで
海岸の漂着ゴミ拾いって、意味あるかなぁ
と思っていましたし
再開するのが面倒になっていました




6月10日
突如として、ゴミ拾い再開したしました  

    


別に理由はないのです。
何となく再開しました。
町役場の支所に行って、ボランティア用のゴミ袋もらってきました。


ウミガメの上陸・産卵の観察も始めます
コメント (10)

ESTA申請で危うく騙されそうになる

2015-06-09 21:33:53 | Weblog
息子が今月ハワイで挙式します。
私達両親と妹である双子の娘達も参列します。

ハワイは言わずと知れたアメリカ合衆国の州です。
アメリカ入国にはESTA申請というものをしなくてはいけないのだそうで。

何じゃ?ESTAって???

電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization)の略で、
ビザ不要でアメリカに渡航する旅行者を入国前にチェックする制度


だそうです。

と言うわけで
「ちゃんとESTAのトップページから入って申請しよう」と息子がくれた資料に書いてあったのに
うっかり検索サイトから入ってしまいました。
ですが、そこは代行業者のサイトで、本来ならば14ドルの申請料だけで済むところを
手数料を含めて70ドルくらい取られちゃうところだったのです。

危ない、危ない~~~


と言うのも
最初、ESTAのトップページを開いたものの、夜遅かったので面倒になり
明日にしようと思い、繋ぎっぱなしにしていたのです。
すると、長時間繋ぎっぱなしにしていたので不審者と思われ
ESTAからアクセスを拒否されてしまっていたのでした。
(多分そうだと思います)
なので、パソコン、ターミナルアダプタ、無線LANの機器の電源を一旦切りました。
次の日には普通にESTAのトップページが表示されました。
まあ、何が悪かったのか良かったのか、はっきりとは分からないのですが。


最初は何でESTAのトップページが表示されないのか分かりませんでした。
検索エンジンで検索すると、上の方に出てくるページからは申請できるようだったので
そっちにしようかと思ったのでした。
それが代行業者のサイトだったのです。
「ご家族の分も一緒に申請できます」
とあったので二人分手数料を取られるところでした。
そこには小さな小さな字で、申請料の他に手数料がかかります
と書かれていたそうなので、まあ、詐欺にはあたらないのだと思います。

うっかり者や知らない者が損をする仕組みになっているのですね
注意を受けていたのに、引っかかりそうになるとは
おれおれ詐欺みたいで、
これからは自分もそんなものに引っかかる年になったのだと注意していきたいと思いました。
コメント (12)

恐ろしい・・・恐ろし過ぎる

2015-06-06 08:20:18 | Weblog
隣の市にある、とある地域包括センターには
こんな恐ろしいものがあります。




こんなものがお腹のまわりについているかと思うと気を失いそうになります。
これが3つ4つ、 私の腹の周りや尻の周りにもついていると言う事ですね・・・・
うわぁ


この脂肪の塊を見て、お産の時のことを思い出しました。
すごく太った人がカーテンで仕切られた隣の診察台にお産で運ばれて来て
苦しいので帝王切開にしてくれと先生に言っていました。
先生はなるべく自然に生むようにしましょう
と言っていましたが
その人が病室に戻った時に看護婦さんに
「あの人の腹が切れるか!切っても切っても脂肪ばっかりだ」
と言うのが隣にいた私に聞こえてきました
脂肪と言うのはどこにでもつくらしく、産道も脂肪がついて狭くなるんだそうです。
それでお産も大変になることがあるとの事でした。
結局その人は、その後何日か後に苦しみながらも自然分娩でお産をしたように記憶しています。

その頃は、こんなに脂肪がついてブヨブヨになるとは思いもしませんでした。
他人事だと思っていましたが・・・・・
今、開腹手術の必要があったら、私のお腹は脂肪で阻まれてメスで切り開くのに苦労するに違いない
コメント (9)

伯方島へ

2015-06-03 22:48:58 | Weblog
伯方島に行ってきました。
しまなみ海道の伯方島です。
伯方の塩の伯方島です。


伯方ビーチ
人工ビーチの様です。
 



サイクリストの聖地!!
なるほど~
以前、八王子の友達一家がしまなみ海道を自転車で走ったと聞いていましたが
橋は自転車も人も通れるようになっていたのですね。






ふるさと歴史公園




ふるさと歴史公園からの眺め
伯方島は海運と造船の島であるとの事です。




伯方島に行ったのは、単に観光と言うわけではないのです。
もしかして月のうち10日ほどは伯方島に滞在するという暮らしになるかもしれません。
主人が伯方島の友人の会社の手伝いをすることになりそうなのです。
私もついていく事になるだろうと思います。

主人が退職して一年がたちました。
毎日が日曜日の退屈な暮らしに飽きてきていたのだと思います。
今月の終わりころには新しい生活が始まりそうです。
コメント (8)