ゴミ拾いに挑戦してて、休み中だったけど再開しました

いつの間にか浜がゴミの山に。自分自身の健康のためにもゴミ拾いを始めました。引っ越し先から戻ってきてゴミ拾い再開しました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

王禅寺ふるさと公園 迷子のインコ

2011-03-27 15:11:40 | Weblog
3月26日
王禅寺ふるさと公園を王禅寺方面に出た所の生産力地

花桃の花が咲き



トウカイザクラ(東海桜)も咲いていました。
トウカイザクラ = シナミザクラ×コヒカンザクラ

去年は切花が無人直売所で売られていましたが今年はありませんでした。






その花を見るために上ばかり見ていましたが
鳥の鳴き声がしてふと下を見ると、インコらしき鳥がいました。
迷子の鳥さんだと思います。
畑の金網のフェンスの向こうにいたので捕まえる事はできませんでした。
朝夕まだまだ寒い日がありますから、この迷子の鳥さんがはやく飼い主さんに
保護される事を祈ります。





コメント (6)

地震の日の桜

2011-03-27 14:45:26 | Weblog
3月11日金曜日
未曾有の大震災が起こるとも知らず、呑気に花見に行っていた私。
川崎市麻生区王禅寺ふるさと公園。

早咲きの桜 玉縄桜
ソメイヨシノの実生から大船フラワーセンターが育成した品種









そして、地震がきました。
川崎市麻生区では震度5弱だったと園内の放送がありました。
大災害になるとはこの時は露ほども思いませんでした。


そして2週間以上がたちました。
何と言う日々だった事でしょう。
日がたつにつれ被害の大きさが報道され
今でもなおその全てが把握しきれないほどの大災害
被災地の方々には心からお見舞い申し上げます
なんて言葉では全く表せない
信じられない破壊
容赦ない自然の猛威
なすすべもなく命を奪われた多くの人達
追い討ちをかけるように原子力発電所の放射能漏れ

毎日TVを見続けました。
次から次に目に入り耳に入るものはあまりにも重く辛く
またパンや米などの買占め、ガソリン不足など
自分さえ良ければよいと言う人間の身勝手さを見聞きし
そしてその身勝手な人間の中に自分も入る
自分も被災者の方たちに対しては間接的にせよ加害者なのだと思うと
落ち込む自分を感じていました。


3月26日 土曜日

王禅寺ふるさと公園
あの日と同じ玉縄桜が今もなお咲いていました。
2週間がたちました。
玉縄桜は自分のつとめを果たしています。
ずっと花を咲かせていました。














「自分にできる事をしよう」
よく耳にするが理解していたとは思えない私
被災地の状況を見るにつけ無力感を感じ
日本の明日を信じられない気持ちになりました。
原子力発電の放射能漏れの不安は不安を呼び自分の中で不安を増殖させていました。



gooニュースで見た 地震の報道「サバイバーギルティー」に注意




テレビは消して。大事なニュースは一日に3回ほど見れば充分


それが私には必要な事だと思いました。
不確かな情報に右往左往せず自分をしっかり持って普通の日々をおくる事が私には必要です。


王禅寺ふるさと公園の玉縄桜
何があっても変わりなく花を咲かせ続けていてくれた
その花を見て段々安心感が心に広がっていくのを感じました。

コメント