ひなたぱん

天然酵母ぱんと過ごす、のんびり日々の記録です

やっぱり、緊張。 ・・・です。

2021年04月14日 | 日記
2021年4月14日   水曜日


ぱん小屋のメンテナンスも無事に終了し、 明日は、 2週間ぶりのぱん販売の日です。

寄る年波の為か、 たった2週間でも 焼成温度、 焼成時間 etc. etc. 忘れてしまっている事が多く、 明日の取り組みが恐ろしい様です、、、、

認知症か。。。。


明日は、 ギネスビールで風味をつけた イチジクとくるみのパン。 栗のリュスティック。 くるみあんぱん。 豆乳、 菜種油を使用した コレステロール0の オレンジとユズピールの山食パン。

定番のメゾンカイザートラディッションの長時間バゲットに加えて、 ルヴァンリキッド酵母の国産小麦バゲットにもチャレンジする予定です。

南部小麦のワンローフ。 田舎ぱん。 チーズコッペ。 チーズピストーレ。 ミルクフランス。

フランス食パン。 コーンと生ハムのバゲット。 ノワレザン。 ノワレザンクリームチーズ。 クロワッサン オ ルヴァン。 も予定しております。

ドルチェは、 少し小さな お豆腐マフィン。 粉は群馬県産地粉とスペルト全粒粉。 国産大豆の木綿豆腐とオーガニックココナッツオイル、豆乳、 甘みは、 高山村の完熟はちみつときび砂糖。

そこに 有機シリアル、 くるみ、 カカオマスを加え、 重たーい。 けれども、 身体に優しいマフィンを焼きました。

いつもの、 チョコっとお笑いの チョコのサラミもご用意いたしました。

時間が許せば、 ランチ用に、 ピザトーストも焼こうを思っております。

今週末から、 高山村の道の駅への納品再開も予定しておりますので、 少し、 スローペースで進んで行けたら。 と思っております。


今夜は 冷えるようです。

先ずは 明日の早朝 ちゃんと起きる事が出来るか、 小心者の私は 今から 緊張気味ですが、 明日も 変わらず 取り組む事が出来る様に お見守り下さい。

明日のご利用、 お待ちしております。


 

コメント

しあわせなパン焼き。 ・・・です。

2021年04月07日 | 日記
2021年4月7日   水曜日


先週、 今週と ぱん小屋のメンテナンスの為に 木曜日ぱん販売 お休みを頂戴しているので、 仕込みに追われるいつもとは異なり のんびりな水曜日を過ごす事が出来ております。

ぱん小屋を作って頂いた時からの 長いお付き合いの大工さん。 私の依頼する仕事など 一級建築士 + 大工さん には 本当に申し訳ないような内容だけれど、

それでも 嫌な顔一つする事も無く 真摯に しょうもないお仕事に向き合って下さいます。

依頼したお仕事以外なのに、 自宅のマンツオーヴンの移動までサービスでして下さって、 以前 オーヴンの移動の時 便利屋さんにお願いして万札が飛んで行った事を思うと、

とてもありがたかったです。

  


下火と上火の調節の出来る 武蔵オーヴンの一台目を へそくりにへそくりを貯めて購入できた時、 二台目を購入できる事など考えても居なかったので、

ってか、 それだけ 週一のぱん屋しかしていない フツーのおばちゃんの私には 武蔵オーヴン購入のハードルは高く、 コツコツ、 コツコツ、

情けない事に パンの売上では お金を貯める事は出来ないので、 ← それだけ 儲からないパン屋、、、、

主人から渡される 生活費 から 搾取して チマチマへそを喰って 武蔵を購入したから、 先の事などには考えも及ばず。

実は 武蔵オーヴン 標準仕様ではなく 補強使用だと、 2台 上に重ねる事が出来るのだそうです。

一台 一台 へそくりで購入したから、 オーブンを重ねて使用する 等と考えも及ばず、 ぱん小屋の配置も 一台 一台 横並び使用にしてしまいました。

これ以上の改装は 予算的にも無理。 お手上げ状態なので、 使いずらい事覚悟で 結局 マンツは 下の段 しか入れる事が出来なくて、 ここまで辿り着いて、 完了 としました。

  


出来合いの台に乗せていたミキサーは、 稼働するたびに 台ごと暴れまわってしまっていたので、 その度に ミキサーと台とを抑えてなければならず、 手を取られるのも悩みの種でした。

今回は、 大工さんに しっかりと嵌まり込んだ台を作って頂いたので、 タイマーをかけてミキサーを回しながら、 その間に 別の作業をする事が出来ます。

一人っきりの作業なので この様な 効率も 有難い時間となります。


結局 マンツオーヴンをぱん小屋に持ち込む事が出来ましたが、 それと同時に、 今の電気の線では 容量の限界も発生し、、、、、

少しずつ 少しずつ 状況を整えて行くのって、 結構 難しい事を痛感しています。

先立つものが無ければ 一度に 条件を整えることは出来ません。

けれど しがない主婦の私は、 へそを繰りながら コツコツ コツコツ 今を作って来ました。

トンチンカンで、 無駄だらけで、 格好良くないけれど、 人を当てにせず、 自分でチマチマ作りあげた物は、 私だけの 宝物 になって居ます。

サイコーの素敵な 私の 宝物です。  そこで、 今日も、 のんびり、 自分の焼きたいパンだけを 丁寧に、 丁寧に焼く練習をしています。

「 みんなの、、、 」 って格好良い生き方をして、 クラウドファンディングで生きるのって 凄いと思う。

私は、 「 私の為に、、、 」 って思いしか浮かばない。

私の為に、 私のパン焼きが上手になれる為に パンを焼く。 少しでも上手になれる様に 学びを重ねる。

私の為に、 パンを焼く事が、 私が楽しいから パンを焼く。 パンを焼くとしあわせだから パンを焼く。

楽しい事が心地よくできる為に 今の環境を コツコツ、 コツコツ、 チマチマ、 チマチマ 理想郷に近づく事が出来る様に整えて行く。

そうして、 私の焼いたぱんを 「 美味しいよ。 」 って言って下さる客様の言葉を聞く事が出来ると、 私が 凄く しあわせになれる。

私は、 自分が しあわせで有れる様にしか 生きる事が出来ない。  ちっぽけやなぁー、、、、


ぱん小屋のメンテナンス、 予定より早く終了したので、 今週は 春休み。 となって、  のんびりのパン焼き練習です。



素晴らしく香りの良い 1.5斤角食パンが焼けました。  私のちいっぽけなミキサーでは、 1.5斤 2本がやっとこ。

そんでもって、 1.5斤は 材料費もかかるから 販売価格の設定も高くなって、 パン販売でもきっと 売れないパン の仲間に入るだろうな、、、、

焼きたいパン、 買って頂きたいパン、 と、 売れて行くパンは イコールには ならない。 そうすると、 自分のしあわせの為のパン焼き が、 少し しんどくなってしまう。

自分のしあわせを確立する事さえも足掻くわぁー。  



今日みたいなパン焼きが 一番しあわせ。   消費には 困るけど、、、、



コメント

明日も。 ・・・です。

2021年03月24日 | 日記
2021年3月24日   水曜日


明日のぱん販売に向けての仕込み 終了しました。

明日は、 栗のリュスティック。 パン オ ノワ。 ← これ、 くるみパン。 ぶどうぱん。 小さなパンは、 シナモンロール。

高山村のビーツを使った ビーツのちぎり食パン ( 無添加イチジクとプルーン入り。)  

定番の フランス食パン。 南部小麦のワンローフ。 田舎ぱん。 チーズコッペ。 メゾンカイザートラディッションの長時間バゲット。

ミルクフランス。 チーズピストーレ。 等々を予定しております。

ドルチェは、 バナナブレッド。 サワーチェリーパイを焼きました。

相変わらず、 何故だか人気の、 チョコのサラミもご用意いたしました。



時間が許せば、 ニース地方のピザ、 ピサラディエールのご準備も出来ていますし、 ← これ、 いつも準備して、 間に合わなくなって、 我が家のお夕食になっちゃう、、、、

エース角食パンで作る ピザトーストも 焼けたらなぁー。 と、 思っております。


明日のお天気予報は、 曇り 時々 雨。 

それだけで ココロが少し凹んでしまう程、 この一年のコロナ禍に、 気が付かないうちに ココロがダメージを受けてしまっています。


明日 頑張ったら、 リセットボタン 押さなきゃ、、、、






明日も、 自分なりに 精一杯で 乗り切れたら と、 思っております。

お休み前の ご利用 お待ちしております。
コメント

お休み 予定のお知らせ。 ・・・です。

2021年03月23日 | 日記
2021年3月23日   火曜日


お家の片隅の 小さなぱん小屋に、 張り出しの対面式ぱん販売のお店をつけ足して 木曜日ぱん販売を始めて、 もう直 4年になります。



2017年5月18日   木曜日

18日、 木曜日。  木曜 ぱん屋さん、 「 はじめましての日。 」

これ、 その日のブログの書き出し部分。。。。



張り出しの 販売場所を作る前は、 パンを焼くだけの小屋。 格好良く言えば工房 だけど、 ココロが壊れる程辛かったお仕事を辞めて得た退職金をつぎ込んで作った、

プレハブ程度のぱん小屋は、 ずーっと前から存在していて、 そこでパンを焼いては、 スーパーさんの直売所で販売したり、 イベントで販売したり、 

その傍らで、 得る事の出来たお小遣いで、 東京や 鎌倉や、 横浜の パン教室や お菓子教室に通い続けて居ました。


昨年 やっとこ、 やっとこ、 自分の人生の長い事の憧れだった コルドンに通う事も出来、 随分と 長い時間 パンを焼いては 学び、 学んでは パンを焼き。

木曜日だけの事だけれど、 コツコツ、 コツコツ やって居た様に思います。 でも、 少しも パン焼き 上達しないけれど、、、、 ← これ、 愚痴。。。


小さなぱん小屋も 私も、 随分と 時間の経過をして来ました。

お互いに 歳を取って来ました。

もう少し 効率よく パン焼きに取り組める様に、 少しだけ、 小さなぱん小屋の 不便な部分の改善に取り組んでみようかと考え始めました。


まず、 オーヴンを背にしてしまう動線を改善する為に 作業台の向きを変えました。




慣れない動線に 戦々恐々ではありますが、 オーヴンを背にしての作業は、 パンの焼け具合の確認を忘れてしまう失敗が多々ある事がとても気になって居ました。


上火と下火の調節の出来る 武蔵オーヴンを ぱん小屋に設置した為に、 それまで使用していた マンツオーヴンが自宅待機になってしまっていた事も悩みの種でした。

「 パン教室の為に 」 が理由でもありましたが、 このコロナ禍で、 呑気に 「 小さなお子様と一緒に パン遊び楽しみましょうよ。 」 とお声をかける気になりません。

「 こんな田舎でも 楽しい事が出来る場所を作りたい。 」 それが私の夢でしたが、 今の状況では 夢 の気分がしてしまうのです。

先日、 コルドンの仲間との会話で、 「 丁度 今頃、 最終試験のときだったね、、、 」 と、 一年前を振り返りました。

その時 既に コロナの恐怖と戦いながら、 マスクをして、 換気の為に お教室の扉は全開で、 少しでも早く学びの時間を終える事が出来る様に ランチの時間も割いて、

色々な対策を取りながら、 リスクに向き合いながら、 それでも、 学びたかったし、 それでも みんな 学んでいました。

「 リスクが解りながら、 それでも、 最後まで 学びたかった。 」 笑ってしまう様なおばちゃんたちの思いだけれど、 夢中。 夢中。 の時間でした。

でも、 私のパン教室は、 そんな 夢中 の物では ありません。 だから 少しでのリスクでも 存在するべきではないと 私は 思っています。

だから、 当分、 私のパン教室は、 あり得ません。

いつの日か 笑いながら出来る日になったら、 取り組めば良い事です。 


って、 いつもの様に 随分と 話しがズレました。。。。



寄る年波の ぱん小屋と私は、 少し 手を入れようと思います。

大工さんと 電気屋さんに入って頂き、 雑多な部分の修正と、 

先日 通販で購入できたルヴァンさんのパンの美味しさを目指して、 私も 練習に取り組もうと考えました。

今週のぱん販売を終えたら、 ← 明後日は 頑張ります。。。





少し お休みを頂戴し、 ぱん小屋と 店主の メンテナンスをさせて頂こうと思います。


ご迷惑をおかけいたしますが、 寄る年波の店主と ぱん小屋、 ご理解の程 宜しくお願いいたします。  

いつも様に、 平に、 平に、、、、



コメント

明日も。 ・・・・です。

2021年03月17日 | 日記
2021年3月17日   水曜日


明日のパン販売に向けての今日の仕込み、 終わりました。

明日は、 起きて直ぐに ルヴァン生地状酵母を使用したノワレザンの給水。 オートリーズを60分取って 捏ねます。


今朝、 お彼岸の入りのお墓のお花さしに行ったり、 バタバタしながら 朝を過ごしていたら、 TVで、 SDGsの取り組みに於いてで、 広島の有名なパン屋さん ドリアンさんを取り上げていました。

その働き方を 何度も、 何度も TVで取り上げているのを拝見した事が有ります。

「 貧乏暇なし。 」 「 朝一番早いのは、 パン屋のおじさん。 」 「 肉体労働者。 」 それから抜け出す事が出来て、 しあわせだけでパン焼きに取り組めて、 採算も取れたら、

理想郷。。。。 です。 

「 定期購入販売で、 年商4000万の売り上げだと思います。 朝は、 4時頃に出勤して、 etc. etc.  定期購入のパンしか焼きませんので、 

捨てるパンはありません。 無駄が出ません。  パン焼きで、 こんな働き方を教える学校を作る事がこれからの理想です。 」

と、 熱く店主が語っておられました。

その先に見えたのは、 広く とてもきれいな作業工房と、 大きなスパイラルミキサーと、 沢山のお若い研修生さんと、 山積みになった、

真新しい 定期販売用の段ボールの箱でした。

(  先日 上田のルヴァンさんから届いた通販用のパンが入った箱は、 材料購入の際に出来た 使い古された リサイクルの段ボールの箱でした。 )


SDGsの代表の広島のドリアンさん。 ドリアンさんは、 理想の働き方の代表の様なパンやさんで、 何度も 何度も TVで拝見したし、 店主の本も読みました。

ドリアンさんのHPには、

1年ぶりの定期購入は定員に達しました。ありがとうございました!
(1年〜数年は募集の予定はありません。。)
update 2021/3/13

と、 ありました。

そんなパン焼きに憧れて、 ドリアンさんに修行に行ってらした群馬のパン屋さんのインスタもフォローさせて頂いています。

私は そのパン屋さんの事を存じ上げているけれど、 相手は 私などご存じないし、 

日々 理想郷のパン屋さんに向けて、 工房作り、 石窯作りに奔走されている様子を、 こそっと、 憧れと羨望と共に、インスタで覗かせて頂いています。



私の小さなぱん小屋は、 あれ以上 広げる事も出来ないし、 ドリアンさんの様な 憧れの石窯を設置したり、 定員に達する程の定期購入など、 私のパン焼き人生には、 実現できる事ではありません。


子供を育てながら、 パートをしながら、 パン教室に通い続け、 パンやさんで働いた事も無ければ、 修行をさせて頂いた事もありません。

「 作業所で 障害者の方達と取り組むのに、 本物でありたい。 」って、 何が本物かも定かではなかったけれど、 本物と感じる事が出来る物を探しました。


群馬から 東京の町田市に有ったピッコリーノの体験教室に通った時の試食で食べさせて頂いた田舎ぱん。 何故だか、 食べた途端、 「 これ、 本物だ。 」 って意味も無く思いました。


それから 色々な事が有って、 福祉作業所を離職した後も、 やっぱり 色々なパン教室に通ったり、 色々学んだけれど、


コルドンに通った時 やっぱり、 突然、  何故だか、 ピッコリーノで学んだ時と同じ様に、 「 ここの学び、 本物だ。 」 って意味も無く思いました。


それでも やっぱり 未だに 「 本物 」 が何かは、 私自身 よく解りません、、、、

またまた いつもの様に 脱線のブログになってしまいました。


明日もまた、 理想郷のパン屋さんとはかけ離れた、 SDGsとは程遠い働きのぱん屋に取り組む事でしょう。

朝一番 早く起き、 貧乏暇なしで、 肉体労働者で、   だけれども、 人間関係が地獄の様だった福祉作業者の仕事の時よりも ずーっとしあわせで、

私にとっては、 ずーっと SDGsの環境なのです。 

一人で コツコツ、 コツコツ。  独りぼっちだけど、 沢山の人と理解し合えずに働いて居た時よりも ずーっと 寂しくありません。

開店時間になると 大好きな方達のお顔を見る事も出来ます。

お見えになるお客様は 殆どの方が、 お馴染みさま です。

繰り返しで来て下さる事が、 私のしあわせに繋がっています。  

それが 私の 答えに繋がっていると、 感じています。 本当に 有難い答えです。


明日は、 ココアオレンジノリュステックステック。 大きな手のカタチのマン ド ニース。 ライ麦粉を10%混ぜ込んだカンパーニュ。 竹炭のパン ド ミ。

小さなパンは、 マロングラッセ。 南部小麦の生地に バターミルクを挟んだ ミルクフランス。 と、 自家製イチゴバターを挟んだ イチゴバターぱん。

定番の 田舎ぱん。 チーズコッペ。 ワンローフ。 ポリッシュ種の薄皮のフランス食パン。 メゾンカイザートラディッションの長時間バゲット。

ルヴァン酵母のチョコクロワッサン。 ルヴァン生地状酵母を使用したノワレザン。

ドルチェは、 キャロットケーキ。 りんごのタルト。 

お馴染みの 



チョコのサラミもご用意いたしました。  


明日も 理想郷とはかけ離れた 肉体労働者の私が、 足掻きながらパンを焼いて お待ちしております。

宜しかったら お付き合いの程、 宜しくお長い致します。  平に、 平に。。。。


コメント