Asian Railway Plaza

アジア各国の鉄道やJR南武線の話題などをお届けします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

南武線103系の3色混色編成

2007年07月05日 00時00分45秒 | 南武線
昭和59年3月5日に松戸区より非冷房車のM319 M'475がエメラルドグリーンのまま中原区に回送され、その代わりにT210が松戸区、T211が豊田区へ回送されました。いずれの車両の転属日は翌日の3月6日付けになっております。この転属により中原区には黄色、オレンジ、そしてエメラルドグリーンが加わり3色の103系が在籍したことになるのですが、翌月の4月2日には3色混色編成が組成され、営業運転に入りました。組成された編成はMc54 M'153 T759 M319 M'475 T'c582で、武蔵中原16:26発の1637デから使用され、4月9日の843デまで、この編成が見られました。私も南武線に初めて3色混色編成が見られることもあり、この期間に撮影と乗車を楽しみましたが、乗務員が「これじゃ信号機だね!」と言った言葉が印象として残っております。5月以降も3色混色編成が組成されましたが、この件についてはまた後日述べたいと思います。また、他のHPにも同じような記事を掲載しておりますので、参考にしていただければと思います。
『神奈川県』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« インドネシアで活躍する8003F | トップ | 103系投入当初の頃の南武線 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (南武線103)
2007-07-05 12:07:03
こんにちは。
南武線ネタなので食いつきました。。

それにしても派手な編成ですね。
模型にも興味あるので、いつかは2色混結編成とか再現してみたいと思います。
画像はもしかして久地ですか??
混色編成 (井上)
2007-07-05 23:16:24
南武線103様、お越しいただきありがとうございます。
国鉄時代は1編成でも検査時期がばらばらであったり、車両の転配も頻繁に行われ、転出先でも山手線や中央線のような路線でない限り、検査時期まで転入前の路線の色のままであったため、103系や101系などでこのような楽しい混色編成が多く見られました。
南武線では黄色+オレンジ色の混色編成が多く見られましたが、101系では黄色+水色、103系ではエメラルド1色や黄色+黄緑色+エメラルドの3色混色編成など感動的な混色編成が見られました。
混色編成の話題については、また後日少しずつ紹介します。
また、この写真はその通り久地です。
Unknown (kazzuo)
2016-11-02 16:55:27
はじめまして。当方南武線沿線(留置線のある某駅が最寄駅)に生まれ育ってウン十年です。
「元南武線の205系が海外で活躍中」というニュースを見て、「昔は他線からのお下がりばかりだったよな」と昔の写真を検索していたらこちらに行き当たりました。
この3色編成もよく覚えています。南武線は国鉄では数少ない黒字路線だったのにこの扱いはなんだよと当時は腹を立てていたものですが(笑)
南武線の今と昔 (井上)
2016-11-11 23:50:48
kazzuo様、こんばんは。
返事が遅くなりまして、大変申し訳ありません。
また、ここ数ヶ月の仕事の忙しさまもあり、ブログを更新しておらず、南武線の話題の提供がご無沙汰になっており申し訳ございません。

ところで、国鉄時代の頃の南武線と言えば電車の墓場とも言われてきたように、中央線や山手線など東京中心部を走っていた車両が晩年の頃に南武線で活躍し、茶色の73系でれば色は1色ですので、かつてはどこの路線で走っていたのかはわかりませんが、101系や103系となると元の線区の塗装色で使用されることも多く、カラフルなつぎはぎだらけの編成をよく見ることがありました。沿線住民や利用者にとってはこれがみっともないように見られるのも当然なのかもしれませんが、私のような人間にとってはこのような混色編成を見れるほうがとても有り難く、中原電車区の検修担当者にいつから走るのか、どの運用に充当されるのか質問しておりました。
国鉄民営化があと5年ぐらい遅れていたならば南武線ではもっとカラフルで混色編成を見れていたに違いないと想像すると残念ではありますが、民営化直後の計画では横浜線とともに南武線も新型の205系に全車置き換え予定の計画が、途中で全体の半分までを205系に置き換えすることに変更されたことから、黄色の103系が2004年まで生き延びてしまいました。103系好きの私にとってはこのような計画変更されたことは、振り返ってみると嬉しい出来事でありますが、その後の山手線からの205系転入により103系は引退となりましたが、大部分の南武線の生え抜き、山手線からの転入組みの205系ともに私には馴染み深いジャカルタの街で南武線カラー(一部の車両は黄色と赤のKCJカラー)で活躍することになり、これもまた私にとっては嬉しい出来事であります。

話しが長くなってしまいましたが、南武線の思い出話しや最近の話題、今後の計画も含めて、話題を提供していきたいと思っております。

コメントを投稿

南武線」カテゴリの最新記事