漬物王国 山形 ブログ 漬物の梨屋

漬物の梨屋ブログ-山形の漬物・特産野菜・旬の食材・地域文化のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

秋鮭のの仕入れにほぼ目途が付きました☆

2013年10月31日 07時52分48秒 | 山形の漬物
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

10月31日(木)の山形県酒田市は現在曇り、日中は傘マークの予報も出ています。

今日は、気温が15度前後くらいまでしか上がらない予報ですので、服装には気を付けたいですね!

10月・11月は、漬物の梨屋にとって重要な仕入れの時期です。

9月の下旬よりほぼ毎日のように入荷しております秋鮭は順調に入荷し、ほぼ9割方仕入れが完了しています。。

今年は当初、海水温の上昇などで漁獲量が少ないのではないかと心配されましたが、9月下旬頃から予想に反しとても順調です。


10月末時点で、ほぼ目途が着いた形です。

漬物の梨屋本社工場に入荷した秋鮭



秋鮭は、漬物の梨屋のお歳暮シーズンのメイン商品である「最上川漬(鮭親子粕漬)」の主原料だけに、ある意味ホッとしております。

これからは、「最上川漬(鮭親子粕漬)」の販売の方に集中できます。

あとは、「イクラ」が順調に入ってくれば、安心してお歳暮シーズンを迎えられます。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ


コメント

「乾杯条例」をご存知ですか?

2013年10月30日 08時02分13秒 | 店主のたわごと
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

10月30日(水)の山形県酒田市は、青空も少し見えていますが曇りの天気です。

朝起きると、雨が降った跡もありました。

今日は日中の降水確率が高く、夕方からは曇りの予報となっています。

さて、皆さんは、「乾杯条例」なるものをご存知でしょうか?

「乾杯条例」は、伝統産業である日本酒の普及促進を図るために制定された条例ですが、理念条例であるため拘束力はなく、「とりあえずビール!」と言っても罰則はありません。

最初に制定したのは、京都市で今年の1月に施行されました。

その後各地に広がり、現在では全国24の地方自治体で「乾杯条例」が制定されています。

しかし、「乾杯条例」が制定されていてもその認知度は低いのが現状のようです。

それでも、ホテルや宴会場、街の飲食店などとタイアップすることによって「乾杯条例」の認知度を上げて行けば、日本酒の消費量アップにつながるのではないかと思います。

「乾杯条例」は、地域の伝統産業の普及促進を図るほんのひとつの例です。

伝統の地場産業の発展は、地域の発展に欠かせないものだと漬物の梨屋 齋藤真は思っております。

日本酒に限らず、伝統の地場産業の後押しを地域全体で進めて行ければ素晴らしいと思います。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント

大根の受け入れ準備☆

2013年10月29日 08時01分22秒 | 今日のお仕事
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

10月29日(火)の山形県酒田市は青空もでていますが、空は薄い雲に覆われています。

日中の気温は10度台後半とやや暖かいのですが、朝晩は冷え込み1ケタ台の気温となっています。

この時期になると、山形県酒田市では1日中快晴の日は少なくなってきます。

快晴の日は、本当に貴重です。

昨日は、そんな貴重な快晴の日でした。

この日を逃すことは無いと、漬物の梨屋 齋藤真は、漬物の梨屋亀ヶ崎工場で、これから入荷する大根を漬けるための地下タンクの洗浄と、漬け込みに使う押し蓋や横木などの準備を行いました。


洗浄後天日干ししている押し蓋と重石(漬物の梨屋亀ヶ崎工場)



この準備も結構時間がかかります。

押し蓋などは、板が外れている場所をリペアするところから始めなくてはいけません。

結局この日は、準備にまる4時間程かかりました。

これで、いつ大根が入荷しても対処できます。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント

紅葉が見頃です☆

2013年10月28日 07時52分37秒 | 地域の話題
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

10月28日(月)の山形県酒田市は久しぶりに青空が広がっています。

気温もここ数日10度台の前半でしたが、今日は10度台後半まで気温が上がる予報となっています。

山形県酒田市周辺の山々では、今が丁度紅葉の見ごろとなっております。

ここのところの冷え込みで、市内の落葉樹も一部で紅葉が始まっています。

そんな自然を楽しむ観光には最高の季節ですが、台風27号の影響が残り、山形県酒田市は雨の週末となってしまいました。

それでも観光名所の山居倉庫には、大型バスに乗った大勢の観光客の皆様より来て頂いております。

本当に有難いことです。

山居倉庫の大欅も、一部紅葉が始まっています。


大欅の下、観光を楽しむ人たち(山形県酒田市山居倉庫)



四季折々で変わっていく山居倉庫と大欅のコントラストは、何回見ても飽きないものがあります。

11月中旬を過ぎると、いつ降雪があってもおかしくない季節となります。

残り少ない紅葉の季節、山形県酒田市周辺を散策してみませんか!。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント

イベントの広域的協力の必要性☆

2013年10月27日 08時16分01秒 | 地域の話題
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

10月27日(日)の山形県酒田市は冷たい雨が降る続いています。

どうやらこの雨は夕方まで続きそうです。

9月・10月は、酒田市を含む山形県北庄内でも、毎週いろいろなイベントが開催されています。

本日も「農林水産まつり」が市内中心部で開催されます。

秋のイベントは、主なものだけでも「鳥海ツーデーマーチ」「SEA TO SUMMIT 鳥海山」「酒田どんしゃんまつり」「酒田シティハーフマラソン」などがあります。

スポーツイベントなど、参加型のイベントが増えたことで、地域に留まらず参加者が全国から来るようになっています。

こういったイベントは、地域の産業振興にも大きく寄与していると思います。

参加者が多ければ多いほど、それは顕著になってくると思います。

先日、ある会合で酒田市の商工観光部長さんとお話しする機会がありました。

酒田市では、酒田市内で行われるイベントの他に周辺市町村で行われているイベントにも積極的に協力をしているとのことでした。

例えば、「SEA TO SUMMIT 鳥海山」の開催地は隣接の遊佐町ですが、酒田市も全面的に協力をしているとのことでした。


「SEA TO SUMMIT 鳥海山」の開会式の様子



「シーツーサミット」は、アウトドア用品販売のモンベルが主催するスポーツイベントで、毎年全国4か所で開催されています。

現在、「SEA TO SUMMIT 鳥海山」で使われているのは、山形県側の鳥海ブルーラインです。

実は、この鳥海ブルーラインは秋田県側にもあります。

酒田市の商工観光部長さんは、「この大会が山形県側で開催されていることに意義があり、そのことにより地域の産業振興にもつながっている。」とおしゃっておりました。

酒田市では、広域観光の視点で今後も周辺市町村のイベントに積極的に協力して行くとのことでした。

漬物の梨屋 齋藤真も、単独の自治体で開催できないようなイベントも相互協力によって開催できる可能性があり、イベントへの広域的な協力は必要だと感じました。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント