漬物王国 山形 ブログ 漬物の梨屋

漬物の梨屋ブログ-山形の漬物・特産野菜・旬の食材・地域文化のブログ

「温海かぶ」の漬け込みが終了☆

2012年11月30日 07時57分28秒 | 山形の漬物
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

11月30日(金)の山形県酒田市は快晴、放射冷却現象で朝の最低気温は-0.1度まで下がりました。

午前7時を過ぎても気温はさほど上がらず、車のフロントガラスには霜が着いています。

今日は、夕方頃から再び天気が崩れ、雨となる予報が出ています。

山形県庄内地方の特産在来野菜「温海かぶ」もそろそろ収穫が終わりに近づいているとのことです。

例年に比べると少し早いのですが、11月中旬以降雹(ひょう)や霰(あられ)が降ったことや、今週頭には雪となり産地では一時的に一面が白くなったことを受けて、生産者が一気に「温海かぶ」の収穫に走ったためだそうです。

「雪の下に埋もれてしまうと一文にもならないが、収穫すれば収入になるため収穫を急いだのでしょう!」とのこと。

このため、昨日漬けた「温海かぶ」には、結構小振りな「温海かぶ」が混じっていました。

昨日の漬け込みで、漬物の梨屋では、今シーズンの「温海かぶ」の漬け込みが終了しました。


「温海かぶ」の漬け込み(漬物の梨屋本社工場)



例年より少し早目の終了ですが、予定数量は漬け込むことができました。

明日以降は、本格的な雪が予想されていることから、丁度良いタイミングだったと思っております。

あとは、美味しく漬け上がった「赤かぶ(温海かぶ)」を袋詰めして、皆様にお届けするだけです。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント

「酒田市内共通プレミアム商品券 徳とく券」が発売になります☆

2012年11月29日 08時12分39秒 | 地域の話題
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

11月29日(木)の山形県酒田市は風はさほど強くありませんが、雨が降ったり止んだりの天気です。

11月も今日を含めて2日、今年も残すはあと12月だけです。

今夏、好評だった「酒田市内共通プレミアム商品券 徳とく券」が、いよいよ12月1日(土)より発売、利用が出来るようになります。


「酒田市内共通プレミアム商品券 徳とく券」加盟店ポスター



プレミアムは、前回同様1万円の「徳とく券」購入で1,000円のプレミアムが付きます。

もちろん、漬物の梨屋本舗でもご利用いただけます。

これからは、年末のご挨拶の時期でもあります。

「徳とく券」を有効に活用してください。

なお、現時点で今回の「徳とく券」の半券を利用してのイベントはないようです。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント

日時指定のお客様はお早めにご予約を☆

2012年11月28日 07時41分10秒 | ☆漬物の梨屋インフォメーション☆
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

11月28日(水)の山形県酒田市は曇り、風が強く雪が舞った昨日から見ると落ち着いた天気となっています。

昨日も悪天候の中、ご案内の封筒を持って漬物の梨屋本舗にご来店頂いたお客様が多数いらっしゃいました。

本当に有難いことです。

今週は、現在品薄の製品を優先に、箱詰めや袋詰め作業を行っております。

昨日は、「山形菜(山形青菜)」「奈良漬」の袋詰め、本日は「最上川漬(鮭親子粕漬)」の箱詰めと「庄内小茄子からし漬(民田茄子からし漬)」の袋詰めを予定しております。

特に、「最上川漬(鮭親子粕漬)」は、この時期に人気の製品で、漬物の梨屋のお歳暮の主力製品です。


漬物の梨屋の人気製品「最上川漬(鮭親子粕漬)」



漬物の梨屋では、「最上川漬(鮭親子粕漬)」を、店頭販売で常にお持ち帰り頂けるようにご用意しております。

12月に入ると、受注が急に増えるため、常に美味しい状態の「最上川漬(鮭親子粕漬)」をお客様にお届けするために、在庫管理にはとても気を使います。

とはいっても、注文が集中すると一時的に在庫を切らすことも考えられます。

日時指定のあるお客様は、なるべく早めにご注文頂けますと対応ができますので、よろしくお願い致します。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント

大盛況だった「地酒を楽しむ会」☆

2012年11月27日 08時10分08秒 | 地域の話題
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

ついに冬がやって来ました。

11月27日(火)の山形県酒田市は、この季節特有の強い季節風とともに、時折白い雪が舞って来ています。

昨日、行われた地元の酒蔵とタイアップした「地酒を楽しむ会」は、37名の出席のもと大成功に終わりました。

酒蔵のはからいで、37名の出席者に33升の日本酒を用意して頂いての日本酒パーティーとなりました。

宴会の最後に残ったのはほんの10名程でしたが、33升の日本酒は持ち帰りも含めてほとんど全部なくなっておりました。

特に、乾杯酒で使用した山田錦精米率35%の大吟醸は、本当に美味しく感じました。


乾杯酒の大吟醸



また、幻の酒米亀の尾を使用した搾りたての日本酒も登場し、場は最高に盛り上がりました。


亀の尾を使った日本酒の説明をする社長兼杜氏の佐藤正一氏



漬物の梨屋 齋藤真が漬けたこの酒蔵の酒粕を使った筋子と鱈子の粕漬も、出席者からは大好評を得ました。

中には、「お店に行けば売っているのか!」という声もありましたが、これはこの酒席のために特別に漬けたものです。

製品化に向けては、安定した原材料の仕入れが必要なため、今後の課題とさせて頂きました。

日本酒を囲んでの本当に楽しい一時でした。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント

地酒の新酒を楽しむ会☆

2012年11月26日 07時46分34秒 | 地域の話題
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

11月26日(月)の山形県酒田市は曇りの天気ですが、これから次第に雨が降る予報となっています。

先週の金曜日に「山形菜(山形青菜)」の袋詰めを終えたことで、一通り冬の味覚のラインナップが揃いました。


漬物の梨屋「山形菜(山形青菜)200g」



しかし、「山形菜(山形青菜)」の袋詰めは、現在予約頂いている数量の半分にも満たない量しか袋詰めできていません。

この状況を解消するには、もう2~3日掛かりそうです。

先にご予約頂いていたお客様には、本日11月26日(月)より順次発送するように手配しておりますので、今しばらくお待ちください。

今日は、地元の酒蔵の新酒を楽しみながらの食事会が夜に行われます。

先日ブログに写真を掲載した筋子と鱈子の粕漬は、この酒蔵の酒粕を使って漬けました。


地酒の酒粕で漬けた筋子と鱈子の粕漬



今晩、参加者に食べて頂く予定です。

どのような評価を頂くか、ドキドキと楽しみが交錯している今の心境です。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント