漬物王国 山形 ブログ 漬物の梨屋

漬物の梨屋ブログ-山形の漬物・特産野菜・旬の食材・地域文化のブログ

月山竹の漬け込みを行っています☆

2019年06月14日 16時43分36秒 | 山形の漬物
こんばんは。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

ここのところ山形県酒田市は晴れの日が多くなっていますが、週末は雨になりそうな感じです。

6月に入ってから、数回にわたり月山竹の漬け込みを行っています。

月山竹の漬け込みもそろそろ終わりです。


漬物の梨屋に入荷した月山竹



月山竹は、藪に入り一本一本採ってくるため、1日の採取量も限られていて非常に高価な竹の子です。

月山竹はこの時期に採れる曲がり竹の一種で、山形県庄内地方では皮つきのまま焼いて塩を振って食べたり、粕汁にして食べたり、煮物にしたりして食べます。

山形県庄内地方では孟宗汁が名物となっていますが、この月山竹も孟宗汁と同じように粕汁にして食べたりもします。

孟宗竹と月山竹は同じ竹の仲間でありながら、風味が違います。

漬物の梨屋 齋藤真は、どちらかというと月山竹の方が好きです。

漬物の梨屋では、入荷してきた月山竹は、粕汁ではなくもちろん漬物に加工します。

入荷してきた生の月山竹に包丁を入れ、皮を剥いて、塩粕で漬けて行きます。


月山竹の漬け込み風景(漬物の梨屋本社工場)



下漬けした月山竹は、塩が落ち着くまでそのままの状態で置いておき、その後数回の漬け換えを経て、「みりん漬」 「奈良漬」に仕上げていきます。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント

「庄内砂丘メロンからし浅漬」が出来上がりました☆

2019年06月06日 14時22分16秒 | 山形の漬物
こんにちは。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

6月6日(木)の山形県酒田市は、空には薄い雲がかかった状態で薄日が差しています。

とても蒸し暑かった昨日とは対照的に、とても過ごしやすい天気となっています。

さて、5月下旬に漬け込んだ「庄内砂丘メロンからし浅漬」が出来上がりました。

といっても、まだ袋詰めできるのは僅かな量です。


漬け上がった「庄内砂丘メロンからし浅漬」



今年も大変美味しく仕上がっております。

「和からし粉」が取引先のメーカーで製造中止になったことをきっかけに、からし粉と一緒に漬ける方法から仕上げにからしエッセンスを加える方法に変更しております。

「酒田まつり」の際に、お神輿団体の「獅子の会」・「木遣り保存会」・「酒田商工会議所青年部」に提供させて頂いた「きゅうりからし浅漬」は、今回と同じ製法で作りました。

その際も、各団体からは大変美味しいとの評価を頂いております。

漬物の梨屋では、昨日6月5日(水)に「庄内砂丘メロンからし浅漬」の袋詰め作業を行いました。

製造方法を変更したことにより、袋詰めしてから袋の中で味を調える工程があるため、6月7日(金)からの販売となりました。

「庄内砂丘メロンからし浅漬」は、昨年同様200g入り平袋の1種類のみで販売価格は540円(税込)、夏期限定の販売となります。

数量には限りがございますので、お早目にお求めください。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント

夏の味覚のひとつ「メロン子」が入荷してまいりました☆

2019年05月24日 17時56分05秒 | 山形の漬物
こんばんは。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

5月24日の山形県酒田市は、最高気温が22度と爽やかな晴れの1日でした。

昨日、5月23日(木)に夏の味覚のひとつ「メロン子」が入荷してきました。

「メロン子」は、毎年「酒田まつり」が終わった頃に入荷してきます。


漬物の梨屋に入荷した「メロン子」



昨日入荷したのは60kg程、大きさは大きいものでウズラの卵ほど、大きいものでにわとりの卵くらいの大きさです。

「メロン子」は、大き過ぎると皮が堅くて美味しくありません。

適度な大きさと軟らかさが必要です。

入荷した「メロン子」は、早速「庄内砂丘メロンからし浅漬」として漬け込みました。


「庄内砂丘メロンからし浅漬」として漬け込んだ「メロン子」



「庄内砂丘メロンからし浅漬」は、砂糖、塩で下漬を行った後にからしの風味をプラスしたシンプルな味付けの漬物です。

「庄内小茄子からし漬」のように、辛さが鼻から一度抜けるタイプの辛いからし漬とは違い、からしの風味が程よく非常に食べやすい漬物です。

低温でじっくりと漬け込むために、仕上がりまでは2週間程度かかります。

「庄内砂丘メロンからし浅漬」が漬け上がりましたら、ブログにてお知らせ致します。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント

「山形菜(山形青菜)」の販売を開始致しました☆

2018年11月24日 15時47分32秒 | 山形の漬物
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

11月24日(土)の山形県酒田市は冷たい雨が降る1日となっています。

山形県酒田市では昨日、今シーズンの初雪が降りいよいよ本格的な冬の始まりとなりました。

そんな中、漬物の梨屋では、本日より山形県の秋冬を代表する漬物のひとつ「山形菜(山形青菜)」の販売を開始致しました。


「山形菜(山形青菜)200g入り平袋」



「山形菜(山形青菜)1kg入りクールボックス」



皆様、大変お待たせ致しました。

ご予約頂いておりましたお客様には、本日発送させて頂きました。

昨日袋詰めした「山形菜(山形青菜)」だけではまだ在庫は不十分ですが、すべてのサイズは取り揃えさせて頂きました。

「山形菜(山形青菜)」のサイズと販売価格は、」以下の通りになります。

「山形菜(山形青菜)200g入り平袋」・・・・・324円

「山形菜(山形青菜)500g入りスタンド袋」・・・・・810円

「山形菜(山形青菜)1kg入りクールボックス」・・・・・1,836円

山形の冬の味覚、「山形菜(山形青菜)」をどうぞよろしくお願い致します。

なお、「山形菜(山形青菜)」の発売開始に合わせて、「冬の味覚セット」も販売を開始致しました。

「冬の味覚セット」もよろしくお願い致します。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント

「赤かぶ(温海かぶ)」の販売を開始致しました☆

2018年11月08日 22時40分00秒 | 山形の漬物
こんばんは。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

秋野菜の漬け込みがピークを迎え、朝や日中のブログの更新が難しいため、夜の更新となりました。

山形県酒田市には多くの白鳥が飛来し、郊外の田んぼでは白鳥の落穂拾いをする姿が各所で見られるようになりました。

鳥海山も山頂付近は雪で白く染まり、晴れた日にはとても綺麗に見えます。

立冬も過ぎ、麓でも冬がすぐそこまで来ています。

そんな中、ようやく待ちに待った「赤かぶ(温海かぶ)」が漬け上がりました。

今年は夏場の大雨の影響で「温海かぶ」の入荷が遅れ、昨年よりも10日程遅い漬け上がりとなりました。

漬物の梨屋では、11月6日(火)と11月7日(水)の2日間にわたり今年度の新物の「赤かぶ(温海かぶ)」を袋詰め致しました。


「赤かぶ(温海かぶ)」の袋詰め作業(漬物の梨屋本社工場)



大根や温海かぶの漬け込みもあったため袋詰めを行ったのは僅かですが、これから徐々にラインナップを揃えていきます。

今回袋詰めしたのは、下記の3種類です。

「赤かぶ(温海かぶ)」175g入り平袋・・・・・324円(税込)

「赤かぶ(温海かぶ)」300g入り平袋・・・・・540円(税込)

「赤かぶ(温海かぶ)カット」150g入り平袋・・・・・270円(税込)


まだまだ在庫になる程の量ではありません。

在庫も徐々に充実させていきますので、よろしくお願い致します。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント