漬物王国 山形 ブログ 漬物の梨屋

漬物の梨屋ブログ-山形の漬物・特産野菜・旬の食材・地域文化のブログ

食べ比べてみるのも面白いと思います☆

2018年04月23日 08時25分52秒 | 山形の食文化
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

4月23日(月)の山形県酒田市は曇り空、特に風が強いという訳でもなく静かな朝です。

今日の天気は、曇り、最高気温は18度、最低気温は9度、降水確率は10~40%、花粉の飛散量は少ないとの予報になっています。

酒田市内の桜は、少し散りかけているところもありますが見頃が続いています。

天気も良く暖かく、まさに春爛漫といったところです。


日和山公園の夜桜



先週あたりから孟宗汁用の酒粕の注文がさらに加速し、トップギアに入りっぱなしの状態になっています。

漬物の梨屋では、土日も返上で、ほぼ毎日スクランブル状態で酒粕の対応に追われています。

スーパーマーケットの店頭に行くと、白い板状の「板粕」と茶色のペースト状の「練粕」が置いてあります。

「板粕」は、新酒を搾る際に出た板状の酒粕をカットして袋詰めしたものです。


漬物の梨屋の「板粕」



また、「練粕」は、新酒の時期に板状もしくはバラの酒粕を踏込んで、夏の土用を越させて自然熟成させた酒粕です。


漬物の梨屋の「練粕」



「板粕」は新酒と同じようにサッパリとした味に、「練粕」は秋上がりの酒のようにコクがあるのが特徴です。

どちらを選ぶかはお好みです。

「板粕」を使った孟宗汁と、「練粕」を使った孟宗汁を食べ比べてみるのも面白いと思います。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ


コメント

酒粕のオーダーに振り回される日々が続いています☆

2018年04月10日 08時19分35秒 | 山形の食文化
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

4月10日(火)の山形県酒田市は快晴、ようやく春の日差しが戻って来ました。

未だに発表になっていない桜の開花宣言も、今日あたり出されるのではないでしょうか?

今日の天気は、晴れ、最高気温は14度、最低気温は3度、降水確率は終日0%、花粉の飛散量は多いとの予報になっています。

酒粕のオーダーに振り回される日々が続いています。


漬物の梨屋の酒粕(練粕)



漬物の梨屋の板粕



3月~5月は、孟宗竹の時期で、急なオーダーに対応するためある程度の数量はあらかじめ袋詰めしてストックしています。

孟宗竹の値段が安くなっていることもあって、あらかじめストックしていた酒粕の数量を遥かに超えるオーダーとなっています。

酒粕の袋詰めを増員し対応にあたっておりますが、常に在庫不足の状態です。

取引のあるスーパーマーケットやチェーンストアすべてで一斉に酒粕を必要としたことが原因です。

酒粕は賞味期限も長いので少し余裕を持ってオーダー頂けると大変助かるのですが、毎度のことですが今すぐ配達して欲しいとのオーダーがほとんどです。

毎年のことなので、孟宗竹の値段がそろそろ落ち着いてくることは判っているのでしょうが、品物が動かないとオーダーが出しづらいのかもしれません。

また、孟宗竹は青果部門、酒粕は日配部門の担当となり、コンセンサスがうまくいっていないことも理由に挙げられます。

酒粕に振り回される日々は、5月末まで続きます。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント

新しい地下タンクの「酒粕(練粕)」に代わっています☆

2018年04月02日 08時27分46秒 | 山形の食文化
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

4月2日(月)の山形県酒田市は、昨日から降っていた雨も上がり再び太陽が顔を覗かせています。

今日の天気は、晴れ時々くもり、最高気温は15度、最低気温は8度、、降水確率は終日0%、花粉の飛散量は多いとの予報となっています。

昨年末から使っていた3600kg入りの「酒粕(練粕)」の地下タンクが空になりました。

昨日より新しい地下タンクの「酒粕(練粕)」に代わっています。


酒粕の練り合わせ(漬物の梨屋亀ヶ崎工場)



漬物の梨屋では、長年「酒粕(練粕)」を取り扱っているのですが、近年の「酒粕(練粕)」は、日本酒を仕込む時のお米の精米度が良いこともあり、仕上がりがとても綺麗です。

以前は、表面の「上粕」と呼んでいる茶褐色の濃い部分が多かったのですが、最近は「上粕」の部分はほんの数センチ程度になっています。

そのお蔭もあり、綺麗な色の「酒粕(練粕)」を販売することが出来ています。

味の方も、大変美味しく仕上がっております。

今年は、新しい地下タンクを開けるタイミングがここ数年で一番早かった昨年よりも1週間ほど早く、今回開けた地下タンクが秋口まで持つか心配になってきました。

次の地下タンクは、夏の土用が過ぎないと開けることが出来ないため、本当にハラハラドキドキです。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント

今週に入って酒粕の注文が増えて来ています☆

2018年03月27日 08時13分45秒 | 山形の食文化
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

3月27日(火)の山形県酒田市は快晴、今日も春の明るい日差しが降り注いでいます。

今日の天気は、晴れ、最高気温は18度、最低気温は3度、降水確率は終日0%、花粉の飛散量はやや多いとの予報となっています。

スーパーマーケットに並んでいる孟宗竹が手の届くくらいの価格になったことから、今週に入って酒粕の注文が増えて来ています。

漬物の梨屋 齋藤真も、酒粕のオーダーに対応すべく地下タンクに貯蔵してある「酒粕」を取り出して練り合わせを行いました。


「酒粕」の練り合わせ(漬物の梨屋亀ヶ崎工場)



地下タンクに貯蔵してある「酒粕」は、そのままでは色や堅さにムラがあるため練り合わせを行うのですが、練り合わせを行うことにより、色や滑らかさだけではなく味も格段に良くなってきます。

長期間自然熟成させることで生まれてくる多くのアミノ酸やミネラル分が、練り合わせを行うことでバランスよく溶け込んでくれるためと考えられます。

もちろん、何も足さず、何も引かずで、ただ練り合わせを行うだけなのですが、味に変化が現れるのです。

しかし、あまり長時間練り合わせを行うと粘り気が出てしまうため、練り合わせの時間も重要です。

漬物の梨屋では、孟宗竹のシーズンが終わる5月末まで、「酒粕」との格闘が続きます。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント

国産の孟宗竹が並び始めました☆

2018年03月22日 08時15分20秒 | 山形の食文化
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

3月22日(木)の山形県酒田市は、風がやや強く冷たい雨が降っています。

今日の天気は、雨、最高気温は9度、最低気温は5度、降水確率は50~90%、花粉の飛散量は少ないとの予報になっています。

例年、3月下旬になると、国産の孟宗竹がスーパーマーケットに並びだします。

今年は先週あたりから、スーパーマーケットの店頭に九州産の孟宗竹が見えるようになりました。

小ぶりで値段が高く、庶民にはまだ高根の花です。

山形県庄内地方では、この時期になると孟宗竹を粕汁にして食べる習慣があります。

そのため、他地方では冬場に一番動きがある「酒粕」ですが、山形県庄内地方では3月下旬から5月下旬にかけてが一年で一番動きがある時期になります。

スーパーマーケットのチラシには、まだ孟宗竹が掲載されていないため、まだ本格的な需要期には入っていませんが、漬物の梨屋では、いつ大量注文が来ても良い様に準備を始めています。

昨日も、販売用の「練粕」を地下タンクより出して、攪拌機に入れ撹拌する作業を行いました。


「練粕」の撹拌(漬物の梨屋亀ヶ崎工場)



漬物の梨屋の「練粕」は、地下タンクで自然熟成させた「練粕」です。

自然熟成させた「練粕」には、アミノ酸やミネラル分が多く含まれ、味も体にも美味しい調味料となります。

自然熟成させた「練粕」は、一定時間撹拌することで、より美味しくなります。

「孟宗汁」には、是非、漬物の梨屋の「練粕」をお試しください。


自然熟成させた漬物の梨屋の「練粕」




漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント