漬物王国 山形 ブログ 漬物の梨屋

漬物の梨屋ブログ-山形の漬物・特産野菜・旬の食材・地域文化のブログ

食育の大切さ☆

2011年10月31日 07時37分38秒 | 店主のたわごと
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

10月最後の日、山形県酒田市は、雨の天気となりました。

やはりこの季節、日差しが無いと何だか肌寒く感じます。

先日、「漬物王国 山形 ブログ 漬物の梨屋」で、日本の伝統食「一汁三菜」のユネスコ世界無形遺産登録のお話しをしました。


日本の伝統食「一汁三菜」の一例



また、アメリカでは、韓国の大統領を招いての晩餐会で、日本料理を振る舞ったことで、韓国メディアが大騒ぎしたというニュースもありました。

ところが、現実の話、日本国内の家庭の食卓を見るとどうでしょうか?

主食が、ご飯ではなく、パンであったり、パスタであったりするご家庭も多いのではないでしょうか!

日本の食卓は、いつの間にか欧米化してしまったのです。

その原因のひとつは、学校給食にあると思います。

今の子育て世代が、学校給食で食べた料理は、主食として出るパンにあった料理でした。

そのような学校給食を食べてきた世代は、やはり欧米の料理に傾倒して行ってもおかしくないと思います。

現在は、米飯給食も盛んに行われているようですが、もう一歩踏み込んで、日本の伝統料理を学校給食にも盛り込んでもらえると嬉しく思います。

学校給食は、食育です。

子供の頃に食べなかったものを、大人になってから食べ始めるということは、なかなか難しいと思います。

そこに食育の意義があるのです。

日本の伝統食「一汁三菜」を受け継いでいくためにも、学校給食のあり方を今一度考えてみる必要があると思います。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ


コメント

「山形青菜」の作柄状況☆

2011年10月30日 07時58分00秒 | 山形の漬物
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

山形県酒田市は、10月29日(土)も日中はポカポカ陽気で、本当に気持ちの良い1日でした。

天気はこれから下り坂なのか、鳥海山は前日とは違い雲がかかっていました。

「山形青菜」の情報が入ってきました。


収穫を待つ「山形青菜」



「山形青菜」は、現在収穫はしておりますが、まだ小ぶりで本格的ではないということです。

今年は、秋野菜の種まき時期に集中豪雨があり、その影響もあるようです。

良品の「山形青菜」が本格的に出てくるのは、11月中旬頃ではないかとのことでした。

昨年の漬物の梨屋の入荷状況を確認したところ、「山形青菜」は11月15日頃に入荷しておりました。

漬物の梨屋では、現在、「温海かぶ」と「大根」の漬け込みを集中的に行っている最中です。

これに「山形青菜」が入荷すれば、漬物の梨屋の「冬の味覚」のラインナップが揃います。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント

秋鮭の入荷量が一向に増えません☆

2011年10月29日 07時18分22秒 | 山形の漬物
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

山形県酒田市は、小春日和の日が3日程続いています。

10月28日(金)は、少し雲が懸かっていた前日とは違い、鳥海山も綺麗に全景を見せてくれました。

暑くもなく寒くもない本当に気持ちの良い1日だったと思います。

漬物の梨屋では、毎年10月より秋鮭を使った「最上川漬(鮭親子粕漬)」を販売しております。


漬物の梨屋「最上川漬(鮭親子粕漬)」



毎年大変好評を頂き、お客様からの引き合いも多くなって来ております。

ところが、今年は、東日本大震災の影響なのか、それとも温暖化の影響なのか、秋鮭の入荷が例年の半分程度になっています。


秋鮭の下漬けの様子(漬物の梨屋本社工場)



例年ですと、10月の中旬過ぎから脂ののった良質の秋鮭が多く入荷してくるのですが、今年は10月末になっても1日当たりの入荷量が増えてきません。

秋鮭は、12月ぐらいまでは水揚げされますので、今の入荷量を維持できれば何とか例年並みの仕入れはできると思います。

しかし、これからの季節は季節風が吹き、海が荒れることもしばしばです。

この荒れた海に乗って秋鮭もやってくるという方もおりますが、入荷量を見ながら、心配な毎日を送っています。

今は、お客様の期待に応えらえるように、日々努力を続けている最中です。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント

酒田夢の倶楽協力会昼食懇談会☆

2011年10月28日 07時47分03秒 | 地域の話題
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

10月27日(木)の山形県酒田市は、久しぶりに秋の日差しが戻って来ました。

寒かった前日とは違い、日中はポカポカ陽気となりました。

久しぶりに山頂付近が見えた鳥海山には、ふたたび白い雪が積もっていました。


落穂拾いをする白鳥と雪が積もった鳥海山



そんな中、漬物の梨屋 齋藤真は、酒田夢の倶楽協力会昼食懇談会に出席して参りました。


酒田夢の倶楽が入っている山居倉庫



席上、酒田夢の倶楽の上期の売上状況が報告されました。

東日本大震災の影響で、4月~7月は前年比を大きく下回ったものの、8月・9月で盛り返し、予想よりも健闘している結果が報告されました。

ツアーに関しても、7月まではすべてキャンセルという状況でしたが、8月以降は多くのツアーが来店したとのことです。

特に、長野県からのツアーの誘客に成功したのも健闘の要因になったようです。

今後も、11月いっぱいくらいまでは、ツアーの予約が入っているとのことで、今年ほとんどなかった海外からのツアーも、11月に台湾から来るとのことで、来シーズンに向けての明るい話題です。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント

秋野菜とにらめっこの日々☆

2011年10月27日 07時36分55秒 | 今日のお仕事
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

10月26日(水)の山形県酒田市は、冷たい雨の降る1日でした。

最高気温も15度以下で、仕事で体を動かしている時は暖かいのですが、座って行う事務仕事の時は寒く感じました。

山形県酒田市内で営業しているお店では、すでに暖房を入れているところもあります。

漬物の梨屋 齋藤真も、仕事の合間をみながら、暖房の準備を行いました。

山形県では、今週に入って秋野菜の値段がようやく落ち着いて来ました。

漬物の梨屋でも、「温海かぶ」や「大根」といった秋野菜の漬け込みで忙しい毎日です。


漬物の梨屋に入荷した庄内砂丘大根



あとこれに「山形青菜」が出てくれば、今年度の仕入れの目途がつきます。

山形県酒田市には、これから雪のシーズンがやってきます。

雪が積もると秋野菜がストップするため、地元野菜の仕入れは11月いっぱいが限度です。

お客様においしい漬物を手ごろな値段で提供できるように、秋野菜とのにらめっこの日々がしばらく続きそうです。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント