漬物王国 山形 ブログ 漬物の梨屋

漬物の梨屋ブログ-山形の漬物・特産野菜・旬の食材・地域文化のブログ

酒田舞娘☆

2011年01月31日 09時09分25秒 | 地域の話題
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

先日、酒田市日吉町にある「料亭香梅咲」で、取引銀行の新年会が行われました。

といっても、そんなに堅苦しい会ではなく、企業取引の人たちだけではなく、個人取引の人たちも混じっての終始和やかな会です。

お座敷での新年を祝う会とあって、会には「酒田舞娘」も花を添えてくれました。

今回、踊りを舞ってくれたのは「小鈴さん」です。


酒田舞娘の小鈴さん



漬物の梨屋 齋藤真も久しぶりに「酒田舞娘」の舞いを見ることが出来ました。

「酒田舞娘」は、芸妓組合の解散を切っ掛けに、伝統ある酒田の料亭文化と地方芸能を伝承する目的で20年程前に作られたものです。

現在「酒田舞娘」は、「相馬樓」を中心に活動しております。

お食事をしながらの舞娘踊りの観賞や舞娘踊りのみの観賞もできるようです。

詳しくは、「相馬樓」までお問合せください。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント

インフルエンザ対策を☆

2011年01月30日 08時58分23秒 | 漬物あれこれ
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

山形県酒田市はこの1カ月間雪の日が多く、太陽の陽を浴びたのはほんの少しです。

冬場になると雪国の日照時間は極端に少なくなり、晴れ間は本当に貴重です。

なぜ、冬場にインフルエンザが流行るのか?

それは、日照時間が短く、人間が十分に体内でビタミンDを作ることができないためと考えている研究者もいるようです。

ビタミンDの錠剤を投与することで、インフルエンザへの感染か半減したとか!

ビタミンDが多く含まれる食材には、サンマ・干しシイタケ・鮭などがあります。

特に鮭は、1切食べるとサンマ3尾分のビタミンDを摂取することができます。


漬物の梨屋「最上川漬(鮭親子粕漬)」



山形県酒田市内の小中学校でもインフルエンザが流行し始めています。

受験シーズンも本番を迎え、体調管理には十分気を付けたい時期です。

インフルエンザ対策には、こういった食材を食べてビタミンDを十分に摂取することが大切です。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント

吹雪の時の信号機☆

2011年01月29日 08時53分40秒 | 店主のたわごと
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

山形県酒田市では、1月28日の朝方から夕方にかけて猛吹雪の荒れた天気が続きました。

市内の道路でも時折視界が利かなくなるために、日中から車がヘッドライトを点けて走行している状態です。

吹雪の時に困るのが信号です。

ここ数年、山形県酒田市内の信号は、省エネのために、LED電球に次々と変わって来ています。

LED電球は、皆様ご存知のとおり熱を帯びません。

そのために、吹雪のために信号に付着した雪は、融けずにそのまま信号の上に残ります。


雪が付着した信号機



山形県酒田市の街並みは、区画が東西と南北に道路が走っています。

冬場、吹雪の時は西から東方向に風が吹きます。

そのため、西から東に向かう車から見る信号は、すべて白になります。

当然、そのために渋滞が起きることもしばしばです。

以前信号に使用していた電球は、電球の周りが熱を帯びていたため、吹雪で付着した雪も融けて、信号をハッキリと確認することができました。

雪国の信号機の問題は、事故を誘発しかねないため、何らかの対策をして頂きたいと思っている漬物の梨屋 齋藤真でした。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント

大根の漬け換え作業☆

2011年01月28日 09時06分26秒 | 今日のお仕事
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

1月27日の山形県酒田市は、午前中に束の間の晴れ間がのぞきました。

12月の末以来厚い雲に覆われていた出羽富士鳥海山も、久しぶりに勇姿を見せてくれました。

天気が良かったこともあり、漬物の梨屋 齋藤真は、従業員とともに漬物の梨屋亀ヶ崎工場で大根の漬け換え作業をしていました。

天気が良いとはいえ、気温は最高気温で3.6℃と冷蔵庫の中で仕事をしているような状態です。

しかし、常に体を動かしての作業のため寒さを感じることはありません。

1月27日に漬け換えした大根は、「福味漬」 「山野香(やまのかおり)」のための下漬です。


漬物の梨屋の「福味漬」



漬物の梨屋の「山野香」



「福味漬」 「山野香(やまのかおり)」ともに、漬物の梨屋の人気商品のため、下漬の在庫管理も気が抜けません。

ただ、大雪で野菜が高騰しているために、「切大根(大根粕漬)」の売れ行きも好調で、塩蔵の大根の在庫も考えながらの漬け換えとなります。


漬物の梨屋「切大根(大根粕漬)」



正直なところ、塩蔵の大根の在庫も心配なところです。

仕事をしていても春が待ち遠しい漬物の梨屋 齋藤真です。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント

「美味しかった!」の一言☆

2011年01月27日 09時01分17秒 | 山形の漬物
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

山形県酒田市は、寒気が緩んだためか、非常に重い雪が積もりました。

気温が低い時に降った雪に比べ、除雪時間が多くかかり、漬物の梨屋 齋藤真も朝から披露困憊です。

美味しい漬物を作るには、それなりの手間がかかります。

漬物の製造は、決して楽な仕事では無いと思います。

それゆえに、購入して頂いたお客様に「美味しかった!」と言われることが最高の喜びです。

先日も、「山形菜(山形青菜)」をご購入頂いた常連のお客様から、「今年の「山形菜(山形青菜)」は、去年より美味しかったけど、製法でも変えた?」と言われました。


漬物の梨屋の「「山形菜(山形青菜)」



漬物の梨屋では、昨年と何ひとつ変わらぬ製法で「山形菜(山形青菜)」を製造しています。


「山形菜(山形青菜)」の袋詰め作業(漬物の梨屋本社工場)



気候の影響で山形青菜が不作だったこともあり、山形青菜自体の品質が例年に比べてどうなのか不安な面もあったことから、お客様から言われた「去年より美味しかった!」の一言は、大変嬉しく感じました。

お客様からのこうした声は、漬物を作って行く上での大きな励みになります。

漬物の梨屋 齋藤真は、こうしたお客様の声に応えるためにも、より美味しい漬物作りに精進していきます。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ


コメント