咲とその夫

 定年退職後、「咲」と共に第二の人生を謳歌しながら、趣味のグラウンド・ゴルフに没頭。
 週末にちょこっと競馬も。
 

第44回エリザベス女王杯・検討

2019-11-10 12:12:12 | スポーツ

[ポチッとお願いします]

 先日の松葉ガニ(ズワイガニ)の初セリ、鳥取港で1匹500万円の驚異の値段がついていた。
 最高品質のブランド「五輝星(いつきぼし)」の認定を受けた松葉ガニとのこと。
 いくら何でも、500万円はないであろう。
 無茶苦茶であると思った。
 これだけのお金があるなら、台風15号、19号などの被災地に寄付でもすればいいと思われるが・・・。
 そう云えば、大間のマグロに千万単位のセリ値もあった。
 何だか、お金をもて遊んでいるようにも思える。
 庶民感覚なもので。

 さて、競馬の話。
 本日のエリザベス女王杯、荒れるのか、順当なのか。
 恐らく順当であろうけど・・・ちょっと荒れることに期待もしている。

予想レース

[京都11レース・エリザベス女王杯(G1)(3歳以上オープン)(牝)]
 ここは、先週の追い切りが良くて、今週はジョッキーに感触を確かめてもらうだけとの2番ラッキーライラック、古馬の貫禄を示すには久々に好機。
 併せてG1レース2勝目を目指す。
 鞍上・C.スミオン騎手には、昨日の武蔵野Sの借りを返してもらいたい。

 一方、今年のオークス馬・11番ラヴズオンリーユー、4戦4勝でこのコース2勝などで一番人気に支持されている。
 スキのなさそうな同馬、馬柱にも団子印が並んでいる。
 常にメンバー最速の末脚で勝ち上がっているから、古馬を相手でもヒケは取らないであろう。
 春よりさらに気配良好との評価。
 鞍上はここ一番の集中力が抜群のM.デムーロ騎手。

 この2頭で勝負してみたい・・・。
 
  2,11 ⇒ 2,11 ⇒ 3,4,6,8,9,10,12,13,16,17  3連単フォーメーション20点。

さらに
  2,6,8,11     馬連及び3連複10点。

 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます


コメント (2)