写真紀行

日々の風景と将来に残したい風景を求めて

2019・2・2上野東照宮ぼたん苑

2019-02-04 15:12:15 | 四季の彩り

上野東照宮
元和2年(1616)に亡くなった徳川幕府の開祖家康は朝廷から「東照大権現」の神号を宣下と正一位を贈位されました、神格化された家康は遺言や天海僧正の進言によって久能山と日光に東照大権現を建立して墓所としましたが、徳川、松平一門に加えて三代将軍家光の進言により、全国各地の譜代、外様を含めた恩顧の大名が大小を含めて500社以上の「東照大権現」を建立しています(その後、東照宮に改称)
特に、上野は家康の信任が篤かった伊賀上野藩主藤堂高虎の敷地であったが寛永4年(1627)に家康の遺言もあって高虎により大権現が建立されました。
慶安4年(1651)に三代将軍家光により社殿が改築され、その後の戦災、大地震にも耐えて往時の姿を現在にとどめています。

社殿は平成21年から25年までお色直しの為、非公開だったが26年に改めて公開されました。(拝観料500円で境内に入れますが建物内部は非公開)
境内には重文に指定された全国の大名が寄進した石灯篭(200基)や銅灯篭(48基)が並んでおります。

なお、現在も各地に東照宮がありますが、その中で特筆される東照宮としては数年前に訪れた「世良田東照宮」があります。
日光東照宮は寛永11年(1634)に三代将軍家光によって大改造が行われ豪華絢爛な現在の姿になりましたが、二代将軍秀忠が建てた初代の日光東照宮社殿は家光により寛永21年(1644)に徳川家発祥の地である群馬県太田市徳川町に「世良田東照宮」として移築されました、今も彩色が残る本殿は訪れる人も少ない田園地帯の中にひっそりと佇んでいました。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

(参考写真:世良田東照宮)

              


                 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


                        
                                現在は上野動物園内にある五重塔                                 大名が寄進した石灯籠


                        
                                慶安4年(1651)老中阿部重次が奉納した水舎門                                上野東照宮入口(午後5時閉門)


                        
                  拝観料を払い社殿に向かう、慶安4年に造営された透塀、社殿四方を囲んでいる                              社殿への入口


                        
                                               
                           
                             
                                                                    黄金に輝く社殿


                           


 
                           

                                                                  唐門内部 
                             

                           

                     
                           



                        
                                  社殿右手の出口から外へ                                      徳川御三家(尾張・紀伊・水戸)が寄進した銅灯篭


                        

                           
                                                                     唐門正面

                           

ぼたん苑
昭和55年(1980)に日中友好を記念して開苑され今年は冬(40種、200株)、春(110種、600株)が植えられています。
今まで上野東照宮は何度も訪れていたが「ぼたん苑」に入ったのは初めて、苑内は想像以上の広さでした。


                        


                                          


              


              


              


              


              


                        


                           


                        


                        


                           


                             


                        
                                                                            垣根越しに江戸時代創業の鰻の名店、割烹「伊豆栄」が見える

                           


                       


                       

  
                       

                           

                                                                    「ぼたん苑」と五重塔


                           


                           


                        

                          
                           
 

                           
   

                           


                             


                             


                           


                        


                           


                        


                            
                                                              塀の向こうは上野東照

                             


                       
                                                                    入門は午後4時30分
  
                           
                                                                                     石灯籠が並ぶ参道
 

                          


                                            
                                                 第四代将軍家綱時代の大老・酒井雅楽頭が寄進した大石鳥居
  

                           
                                                          午後5時過ぎ、上野東照宮は閉門されています


コメント

親父達の遠足 - 深川から両国を歩く

2019-01-24 15:53:24 | 都会の風景

以前勤めていた会社で所属部署、勤務地、年齢がバラバラなリタイアした親父達が集まって月一回、都内・近郊を歩いています。
1月22日は
「江戸の歴史巡り」で門前仲町からスタート、累計12回目の遠足です。

富岡八幡宮
寛永4年(1627)に創建され、徳川将軍家からも庇護をうけて江戸庶民からも「深川の八幡さま」と親しまれてきたが、一昨年の不祥事により大幅なイメージダウンで正月の参拝客が激減しているそうです。
江戸時代初期の貞享元年(1684)に始まった勧進相撲は富岡八幡宮の境内が発祥の地であり、以降100年間に渡って春と秋に本場所が開催され、その後両国の回向院に開催地が移っています。 
現在でも境内では横綱になった力士の奉納が行われていて、境内には相撲関係の碑が建てられています。 
また、毎年8月に行われる例大祭「深川八幡まつり」は120基の街神輿(そのうち54基の大神輿)が勢揃する連合渡御は赤坂・日枝神社の山王祭、神田明神の神田祭と共に「江戸の三大祭」として現在まで引き継がれています。


                                                                             



                                                                   
                                                                   近くに住んだ伊能忠敬は測量の旅に出る際に八幡宮にお参りしてから旅立ったと言われる


                                                                   
                                                                                     大関力士碑

                                                                                   
                                                                         本殿       

                                                                            
                                 本殿裏手にある横綱力士碑、初代からの横綱の名前が刻まれた石碑がたっており、今回引退した「稀勢の里」も刻まれている


                                                                   
                                                                                    「稀勢の里」の次はブランク

                                                                   
                  右の石碑には江戸時代の初代「明石滋賀之助」から始まり歴代の横綱名が並んでいた   

深川不動尊(成田山新勝寺東京別院)
元禄16年(1703)に創建され、成田山新勝寺の本尊の出開帳により「深川の不動様」として江戸庶民の篤い信仰を集めた。             


                                                                             
 


                                                                     
                       新たに建てられた本堂は回廊となっていて外壁には数えきれないクリスタルのお不動様が並んだ荘厳な空間となっています

                                                                   


                                                                          
                                     毎日行わる「護摩修行」                                本堂前の大草鞋

                                                                     
                                    寛永6年(1629)に創建された法乗院ゑんま堂(深川閻魔堂)、日本最大のゑんま大王坐像があります


                                                                   
                                  途中にあった里見八犬伝の著者滝沢馬琴誕生の地の碑                              清澄庭園の向かいにある「深川江戸資料館」の案内
  
                                                                   
           資料館に向かう途中にある古刹「霊巌寺」、江戸時代田沼意次失脚後「寛政の改革」を断行した白川藩主で老中松平定信(徳川吉宗の孫)の菩提寺 

深川江戸資料館
館内には江戸時時代末期(天保期)の深川佐賀町の町屋(表店と裏店)を実物大で再現しています

                                                                      
                                                                 

                                                                   
                                                                                       夜明け前の町屋の設定
 
                                                                   
            
          木戸、表店、裏店(九尺二間の長屋)、火除け地、屋台、共同スペース(井戸・トイレ・ごみ溜め・稲荷)等がコンパクトにまとめられて江戸時代のエコ生活がしのばれる


                                                                   


                                                                   


                                                                   


                                                                     
                             長屋になじむ親父5名                                資料館近くにあった江戸みやげ屋

                                                                   


                            
                                                                          「古池や蛙飛び込む水の音」

                                                 近くにある芭蕉記念館分館屋上の「芭蕉庵史跡展望庭園」と芭蕉稲荷大明神 
      
                                                                   
                                旧宅後に建つ芭蕉庵跡の碑                         討ち入りを終えた赤穂浪士が近くの堅川一の橋を渡り泉岳寺に向かったと言われる
  
                                                                     
                                         名木川脇にある庭園にある芭蕉像

                                   
                                                   庭園から見た隅田川                                                                                           

                                                                               

                                ランチは大正13年創業の森下の老舗割烹「みゃ古」で、深川めしの名店です


                                                                  
  

                                                                   


                                                     


                                                                    
                                             あさりがたっぷりの「深川めし」セット

                                                                   
                                                                                                                                                                                       近くに池波正太郎の鬼平犯科帳に出てくる軍鶏鍋屋「五鉄」の店があったという設定

                                                                    
          森下駅近くにあるベーカリー「カトレア」カレーパンの元祖です                                             両国・時津風部屋


                                                                    

                                     赤穂浪士が討ち入った高家肝煎吉良上野介の屋敷、通称「本所松坂町の吉良邸」跡が小さな公園として残されていた

                                                                    

回向院
明暦3年(1657)に江戸の大半を焼いた「明暦の大火」で亡くなった10万人や安政の大地震等の震災で亡くなった無縁仏を幕命により葬り、回向している、一方で富岡八幡宮で行われていた勧進相撲が明和5年(1768)からこの地に移され、現在の両国国技館に歴史が引き継がれている。


                                                                    


                                                                            


                                                                   
           鼠小僧の墓、墓石を削ると「勝ち運」がつくという言い伝えがあり、墓の前に削り石が置かれていた


                                                                  
                             日本相撲協会が建てた力石                                      遠足終了後は両国駅近くのマックで休憩






コメント

2019・1・5 高尾山薬王院で初詣、そして初ハイク

2019-01-08 13:30:13 | 登山

高尾山薬王院で初詣
昨年に続いて山仲間との初詣を兼ねた初ハイクは高尾山、今回の参加者は6名、私を覗く5名は高尾山登山口から一号路を登ったが、出遅れた私はケーブルカーでショートカット。


                              
                        いつもは頂上まで歩くが、今回は諸般の事情で待ち合わせ時間に間に合わず、初めて高尾山ケーブルで「清滝」ー「高尾山」登りました、(乗車時間は6分)
 
                                                                    
                                                                                                                         ケーブルカー高尾山駅で仲間と合流

                                                                             
                                                         東京都内を遠望、新宿副都心の先に東京スカイツリーが見える

                                                                             
                                                                空気が澄んでいれば都心の夜景がきれい


                                                                
                                   天平16年(744)に聖武天皇の勅命で建立された真言宗智山派の大本山・高尾山薬王院           山門
  
                                                         


                                                                     
                                                                            本坊(宿坊があり、精進料理が有名です)  
      
                                                             
                                                                                   仁王門・本堂に続く階段
  
                                                                            
                                                             本堂、初詣客が引きも切らず                                                                       
 
                                                                
                                                                               鐘楼

                                          


                                                                


                             

                                              偶然、本堂から本坊にも戻る途中の管主の一行に出会う、法螺貝を吹く女性僧が珍しい


                                                                              


                            


                                                             


                                                              
                                                                                       薬師堂


                                                                 
                                 浅間神社                                              高尾山頂展望台にて                

                                                                         
                                                                   残念ながら富士山の頂上が雲の中

   
                                                                
                                                                                      もみじ台 

                            

                                                    一丁平でランチタイム


                                                                         
                              各自、コンロで湯を沸かして麺類、食後のコーヒーを沸かす                                I君は厚切りベーコン、ウィンナーをソテー


                             
                                                                                     私は稲荷ずしセットとインスタントの蕎麦

                           
                        アツアツで旨かった、ビールが欲しい
                                                                     

                               
                                             

                                                                
   

                                                                     
                                                    小仏城山で小休止

                                                                  
                                             

                                                                 


                                                                 
                              小仏峠に向かう途中で見えた相模湖                                              小仏峠に何故か信楽の狸が・・・


                                                                          
                              登山口(昨年は逆ルートでここから高尾山頂上を目指した)                            JR高尾駅行きのバス停

                                                                
                                  JR高尾駅                                                高尾から中央線で立川に向かう
                      
                                               午後4時から立川の居酒屋で新年会

                             


    昨年1月12日の高尾山ハイクです(https://blog.goo.ne.jp/attaboy1019/c/8ba5eee976b073429a5c848eb8a35d53

 

コメント

2019 鎌倉・鶴岡八幡宮で初詣、そして永福寺跡を見る

2019-01-06 20:23:24 | 歴史散歩

鶴岡八幡宮で初詣、人出が多くて参拝まで時間がかかるが、社の佇まいが好きで毎正月に参詣しています。
いつもは藤沢から江ノ電に乗り江の島ー腰越ー鎌倉高校前までの湘南の海沿いを歩くが、今年は初詣と合わせて鎌倉幕府の初代征夷大将軍源頼朝が建てたと言われる永福寺(跡)を見る為、北鎌倉で下車して歩きました。
1月3日、松戸から常磐線ー上野東京ラインー横須賀線を経て北鎌倉まで要した時間は1時間30分でした。

                        
                             都内近郊の指定地域内であれは終日乗り降り自由の「休日おでかけパス」を購入                北鎌倉駅で下車して鶴岡八幡を目指す 

                        
                        北鎌倉駅前の円覚寺                春秋の週末だけ解放する長寿寺、正月も閉門でした                  鎌倉五山第一位の建長寺

                            
                                  建長寺前を過ぎると巨福呂坂切通(洞門)                                    洞門を過ぎると雪ノ下・鶴岡八幡宮の森が見えてきます

                                                             
                            三の鳥居に続く段葛や通行止めとなった車道は参詣客が途絶えず                                三の鳥居

                                                                      
                                                                           源平池に架かる太鼓橋(通行止め)から見た八幡宮

                                                                                                               
                                                           

                                                                     
                                                 参拝した人は参道左右の出口から出る為、参道はこれからお詣りする人だけが本殿に向かう         

                                                                
                                                                              
                             
                  初詣客は参道を進むにつれて警察のロープによる人数制限を受けて待機       女性のDJポリスがマニュアルを見ながら本殿に誘導するアナウンスを行っている                                                                                                  
                                             
                                                                
                         ロープ規制を解かれて61段の階段を登り本殿に向かう  
               
                                                                
                                本殿に続く門が狭いのが渋滞の原因                                    階段下でロープ規制中

                                                                

鎌倉宮
後醍醐天皇の皇子である護良親王を祭神とした神社、武家から天皇中心の社会へ復帰させることを目的とした建武中興に尽力した親王の功を賛えて明治2年(1869)に明治天皇が造営

                          
                           萩の名所である宝戒寺前を左折                        鶴岡八幡宮から徒歩30分、二階堂に建つ

                                                                
                                              参拝客も少なく、社も素朴な佇まい

                                                                            
 

                                                                

永福寺
以下は鎌倉市の案内
ー永福寺は源頼朝により建久3年(1192年)、奥州合戦で亡くなった弟・義経や藤原泰衡ら数万の霊を供養するために建てられた大寺院。応永12年(1405年)の火事で焼失したといわれ、現在は廃寺。発掘調査により本堂、阿弥陀堂、薬師堂の三堂が横に並び、その前面には広い池が作られ、中の島や釣殿がある浄土式庭園を持つ壮大な寺院の遺構が確認されている。現在は、鎌倉時代を代表する遺跡として国の史跡に指定され、史跡を生かした公園として親しまれているー

頼朝は鎌倉に永福寺の他に勝長寿院、鶴岡八幡宮の大寺院を建立したが、鶴岡八幡宮以外の2つは焼失している、なお永福寺は頼朝が平泉の中尊寺の二階大堂のすばらしさに心をうたれ、それを模して建てたと言われ、地名も二階大堂からとっている。



                                                          

                                                                                                        
                           
                                                             瑞泉寺に行く途中に寺院跡があった 

                                                              


                                                             
                                                                     礎石が残されていた

                                                             


                                                             

 
                                                          


                                  
                             永福寺跡の碑                               帰途途中、そば処「段葛・こ寿々」でランチと考えたが行列ができており断念






コメント

親父達の遠足 - お台場から豊洲市場を歩く

2018-12-23 11:03:01 | 日々の景色

親父達の遠足 No.11
12月18日、今年最後の遠足は台場ー有明ー豊洲市場を歩きました。

             
                              東京都の新交通システム「ゆりかもめ」で台場駅下車                                                           フジテレビ本社

                           
                                                 台場海浜公園から見たレインボーブリッジ、背後は芝方面、東京タワーが見える、夜はライトアップがきれい

                      
                   パリ・セーヌ川の中州にある「自由の女神」像のレプリカ像、高さは12m               青海のダイバシティー東京前に立つユニコーンガンダム

                       
                                         「機動戦士ガンダム」 の実物大モデル、時間間によって変身、ライトアップにより変色するそうです     

                      
              台場―青海ー有明を歩く、台場到着時は風が強かったが、時間が経つにつれて弱まり、快晴の天気が気持ちよい                複合商業施設「パレットタウン」と大観覧車 

                      
                                     夢の大橋、この近くに2020東京オリンピック開催時に聖火台が置かれるそうです

                           
                                                         夢の大橋から見た芝浦方面

                           
                                         東京ビックサイト脇から有明テニスの森を通り豊洲埠頭に開場した「豊洲市場」に間もなく到着

東京中央卸売市場 豊洲市場
永く築地場内にあった卸売市場が、紆余曲折を経て今年10月11日に開場、コンパクトにまとまっていた築地に比べると、広大な敷地内に「水産卸売場棟」、「水産仲卸売場棟」、「青果棟」、「管理施設棟」と別れて建物が建っていた、「築地の場内」は一般の人も自由に立ち入りが出来たが、この施設では見学者コースが決められており市場内には立ち入りが出来ない様です。

                         
                                各所に置かれた立入禁止案内                              高架道路から見た「水産卸売場」

                     
                    我々は反対方面の有明から歩いてきたが、市場に来る人は前方の「ゆりかもめ」市場前駅から入場                              市場正門

                     


                     
          管理施設胸2Fは飲食街、時間は正午を過ぎていたが、まだ多くの人が希望の店の前に行列中、寿司店が多い、飲食街は水産仲卸売場棟にもあります

                     
                            築地でも行列が出来ていた「八千代」もあった                 

                     
                                         PRコーナーにて                                 親父4名

                     
                              管理施設棟から見た水産仲卸売場棟                                   デッキを渡って水産仲卸売場棟に向かう                       

                           
                                                     水産卸売場棟・管理施設棟(左)と水産仲卸売場棟(右)

                     
             

                     
                                        水産仲卸売場棟3Fには物販店舗が並んでた 

                     
                                                                                   包丁専門店、マグロ解体用の長尺包丁が目を引いた

                     
               上階への移動はエスカレーターもあった                                 ガラス窓越しに1Fの仲卸売場の通路が見れる

                     
                            見学者コースに置かれた観光写真用のターレー                                     屋上には緑地帯が出来ていた

                           
                                     

                     

                                                    広大な水産仲卸売場棟の屋上に緑地広場が造られていた

                            
                                                       
広大な敷地に取扱品ごとに建てられた施設が整然と並んでおり清潔感があるが、動線が長く非効率な印象が強い、築地は猥雑として必ずしも衛生的とは言えなかったが庶民の台所として市場を身近に感じられた、せめて場外市場だけは築地で今後も頑張って欲しい。 


                                                                                   


                       
                                来場記念写真   


◎参考資料◎ 今年1月に撮った移転前の築地場内市場の風景

                                                                            
                                         築地場外市場(小売)から場内市場(卸売)に入る、車は登録が必要だが、人の出入りは自由

                                                               
  
                                        卸売対象の場内市場、建物は違うが鮮魚、青果が一体になっていて効率的、一般の人も買うことが出来ました


                                                             


                           
                                          場内で新鮮な寿司が食べれる「魚がし横丁」、多くの店が豊洲に移転していました


                                                              
                                  終日多くの観光客で賑わう「魚かし横丁」の寿司などの店


                                   ーーー☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ーーー
                     
                      
            豊洲市場見学終了、ゆりかもめ2駅分を歩いて豊洲へ、地下鉄有楽町線に乗り、途中乗り換えで新宿へ、午後4時から新宿の居酒屋で忘年会 

コメント

2018 東京・イルミネーション(3)ミッドタウン日比谷ー丸の内仲通りから東京駅へ

2018-12-19 20:25:44 | 都会の風景

東京ミッドタウン日比谷
六本木に続き、今年春にオープンしたミッドタウン日比谷もイルミネーションが行われていたが、日比谷公園で開催中の「東京クリスマスマーケット2018」と丸の内仲通りのイルミネーションに挟まれて、ささやかな印象でした

                                                                      
                                              日比谷劇場・映画街

                                                                             
                                                     東京ミッドタウン日比谷のメインの飾り

                                                                             


                                                                           


                                   
                                                 日比谷から丸の内仲通りに移動 

丸の内イルミネーション2018
ブランドショップが並ぶ約1.2kmの丸の内仲通りに植えられた200本の街路樹が、100万灯のシャンパンゴールドLEDで彩れれていました


                                                                           


                                                                         


                                                                         


                                                                           


                                                                             


                                                                         


                                                                           


                                                                         
                                    

                                                                                       


                                                                           

                                                   丸ビル1Fの「マルキューブ」で開催中の松任谷由実とコラボした「北欧のクリスマス」のツリー、点灯式には本人も出席したそうです


                                                                             
 

                                                                           
                                                    ユーミンの曲「恋人がサンタクロース」に合わせてプロジェクションマッピングで雪が舞う演出も

                                                                           


                                                                            
                                      仲通りから行幸通りに渡ると、正面にライトアップされたレンガ造りの東京駅が偉容を見せる

                                                                          

 




コメント

2018 東京・イルミネーション(2)代々木公園の「青の洞窟」から表参道へ

2018-12-17 20:57:31 | 都会の風景

「青の洞窟」
乗換案内のジョルダンによる今年のイルミネーション人気ランキングで一位に選ばれた「青の洞窟」、青色LED60万球で代々木公園から渋谷公園通りまでの約800mがブルー一色で彩られていました、12月31日まで開催されています。     
「 
                                         
                                      JR原宿駅から歩いて10分程で到着

                           


                              

 
                             


                            
                                                    通りの所々にはイルミネーションが反射するコーティングがされたにくい演出も
       

                           


                            


                            
                                                         「ラルカンシェル」のイベント会場もあった
表参道
原宿に戻り、明治神宮前駅から表参道を歩いて地下鉄表参道駅に移動しました、1.1kmの通り両側に並んだ150本のケヤキが90万球のシャンパンゴールドのLEDで彩られています 


                            
                                                                                                                                                             

                           


                           

                                                        
                           
                                                 通りの両側には高級ブランドの店が並び、何時来ても人出が多い

                            
                                                            表参道ヒルズ内の光

                           


                            
                                                                                      表参道ヒルズに旧原宿同潤会アパートの名残が残されていた


                            



コメント

2018 東京・イルミネーション(1)恵比寿ガーデンプレイス

2018-12-17 14:05:17 | 都会の風景

(1)恵比寿ガーデンプレイスのバカラシャンデリア

サッポロビールの工場跡地に平成6年(1994)に再開発された複合施設です、例年暮れになるとフランスのクリスタルガラスのバカラ社がイベントを開催、今年は「Baccarat ETERNAL LIGHTS-歓びのかたち-」と銘を打ちクルスタルパーツ8000pcs、高さ5m、幅3m、10万灯の光でライトアップした世界最大のクリスタルガラスのシャンデリアを展示、都内のイルミネーション名所として多くの人が訪れます。

                        



                            

                                                               ガーデンプレイス内にはサッポロビール本社や三越などの商業、飲食施設、写真美術館、集合住宅エリアなどがあります


                            
                                                        
      
                            
                                                                      ガーデンプレイス入口には大きなクリスマスツリーが出迎え                                                             


                           
  

                            


                           
                                             バカラシャンデリアは四方をガラスで囲む枠内に飾られている

                                                  


                           

                                                                      クリスタルの輝き


                            


                           
                                                                     ガーデンプレイス敷地内中央のなだらかなスロープを降りた広場に鎮座

                            
                                                                                          シャンペンバーもあった                                        

                            
                                                                                                 シャトー風レストラン

コメント

2018 紅葉(5)鳩山会館(親父達の遠足No.10)

2018-12-05 21:25:04 | 四季の彩り

  
鳩山会館(音羽会館)
昭和29年(1954)から3期(2年間)首相を務めた鳩山一郎の邸宅が鳩山会館として一般公開されています、同氏は日本自由党と日本民主党をの「保守合同」を成し遂げ自由民主党初代総裁となりました、首相在任中の最大の功績はソ連との国交回復があげられましょう、息子には福田赳夫内閣の外務大臣威一郎(ブリジストン創業者の長女石橋安子と結婚)、孫の由紀夫も民主党政権となった2009年に93代内閣総理大臣になった(宇宙人的な発想で物議をかもす言動が多い)、日本屈指の名門一族です。

「親父達の平日ハイク」は肥後細川庭園ー関口芭蕉庵ーカトリック東京カテドラル関口教会ー護国寺と歩き、音羽の「鳩山会館」に到着しました。
文京区音羽に2,000坪と言う広大な敷地に構えた洋館は大正13年(1924)に完成、平成7年(1995)に大規模な修復工事を行い、記念館として一般公開されています。
薔薇の咲く庭園も有名。



                         
                                                                 目白通りに面してゲートがあった

                         
                                             なだらかなスロープを登って会館に到着

                           
                                                                  会館の前は広い庭があった                                     

                                            
                                                                                      庭の奥のバラ園、この時期は花が少ない
          
                         
                                       会館はイギリス風洋館                                      入館料¥600.-(シルバー¥500.-)を払って入館                                    


             
                                                                                                         庭に鳩山一郎像が建てられていた


                             


                           
  

                          
  

                          
                                                                                            親父達が集合    

                         
                                                                                               二階昇る階段に踊り場に和風ステンドグラス

                         
                                                         大広間


                         
                          内閣総理大臣の任命書

                         
                                                    吉田茂と会談したサンルームが往時のまま残されている                           

                         
                                     応接室                             


                          


                         


                         

         






コメント

2018 紅葉(4)護国寺(親父達の遠足No.10)

2018-12-02 21:55:02 | 四季の彩り

肥後細川庭園―関口芭蕉庵の紅葉を見てから、胸突坂を登り、護国寺に向かいましたが、目白通りに出てから椿山荘向かいにひと際目立った教会(カトリック東京カテルドラル関口教会)を覗きました。

                                                 
                                            銀杏並木がきれいな目白通             

                                
                                         カトリック東京カテルドラル関口教会(マリア大聖堂)は丹下健三の代表的建築物

                                  
                                                  高さ61メートルの鐘塔                    

                                                     
                                                                                    ルルドの洞窟
                                                               
護国寺
天和元年(1681)に徳川綱吉の生母(桂昌院)が祈願寺として設立された真言宗豊山派の古刹、江戸時代は浅草寺、回向院に次いで出開帳の宿寺として江戸町民の信仰・人気を集めました。


                                                                            
                                                                              仁王門

                                                                                      


                                                                    


                                                                            
                                                                            不老門                                           
                                                                           
                                                                    


                                                                            
                                           戦災を免れた本堂、元禄10年(1697)に建立された

                                                                            


                                                                            
                                                                       多宝塔

                                                                     


                                                                     



                                                                            


                                                                             


                                                                     


                                                                     
                                                                                                  鐘楼


                                                                                   


                                                                            
                                    右は滋賀・三井寺から移築された月光殿(桃山時代の建物)


                         
                                       茶室

参考資料 
真言宗豊山派の総本山は奈良の長谷寺(創建は奈良時代)、枕草子、源氏物語、更級日記などの古典文学にも登場する国内屈指の名古刹です、「花の寺」としても有名で春の牡丹、秋の紅葉が見事。
護国寺は豊山派の東京大本山 の位置づけになります

長谷寺(奈良県桜井市初瀬)                                                        

                                           
                                                                            

                                        近鉄大阪線長谷寺駅から徒歩15分で到着、名古屋在勤時代に数度訪れました


                                                                            
                                                                               長谷寺全景


                                                                            
                                                                                                                                                                              初瀬山を一望できる大舞台

                                  
                             山門から本堂に続く長い回廊                                              
                      
                                                                      
                                                  
                                            初瀬山中腹にありました、紅葉の名所です                                                                   

                                                                     

                            
                                                                             


                                                                             


                  






コメント

2018 紅葉(3)肥後細川庭園(親父達の遠足No.10)

2018-12-01 13:47:11 | 四季の彩り

肥後細川庭園
熊本藩(石高54万石)の下屋敷跡が池泉回遊式庭園として解放されていました、都電早稲田駅から神田川沿いに歩いて10分程の距離にあります。
庭園はこじんまりとした佇まいながら、この時期は池に映るヤマモミジは見事でした。

11月29日に月一度、都内・近郊を歩く「平日ハイク」仲間と10回目のハイクで訪れました、今回の参加は5名、肥後細川庭園ー護国寺ー鳩山庭園ー六義園と文京区の史跡・紅葉を巡りました。


                          
                            正門、入園料は無料                                                    庭園入口                         
 
              
                   熊本藩の学問所であった松聲閣                               松聲閣入口に菊の盆栽が並んでいた            クマモンがお出迎え


              


                         
                                                何故か松聲閣の前に「One Pece」タワーがありました、熊本地震からの復興支援等を目的に文京区が開催しているのだそうでです
                         
                                        
                                                松聲閣内から見た庭園、11月23日~12月3日までの紅葉の時期は庭園がライトアップされます                                        

                         

                                        
                         


                                             
                                  松聲閣内の展示スペースに肥後の刀工が造った太刀が飾られていた                                       刀剣「同田貫正国(上野介)」  
                                  
                                                             
                                                                                       額縁から見た庭園内


                         
                                5名の閑なオヤジ        

                         
                  
                                              午前9時すぎに入園しました、時間が早く訪れる人もまだ少ない


                             
                                                    
                                                  松の雪吊りが絵になります

                             


                                      11月下旬になると、池の周りの松の枝を守るため、わら縄で枝を吊る雪吊りが行わます、張られた縄がきれいな傘形になって見事 

                           


                           


                           


                         


                         
                       庭園に隣接して日本、東洋の古美術を展示する美術館「永青文庫」があります、国宝に指定された収蔵品も多数展示、館長は元総理



関口芭蕉庵
伝承によると松尾芭蕉が2度目の江戸入りの後、延宝5年(1677)~8年(1680)の間、旧主筋の藤堂家が神田上水の改修工事を行っていて、芭蕉はこれに携わり、工事現場付近にあった「竜隠庵」と呼ばれた水番屋に住んだと言われる、享保11年(1726)の芭蕉33回忌に「芭蕉堂」と呼ばれた松尾芭蕉やその弟子らの像などを祀った建物が敷地に作られ、いつしか人々から「関口芭蕉庵」と呼ばれるようになったそうです。

                         
                                       永青文庫の催し                                                 芭蕉庵


                           
                                   この地で詠んだと言われる「ふる池や かわづ 飛びこむ みつの音」の句碑がありました


                         



                         
                      肥後細川庭園から関口芭蕉庵脇を昇る急登「胸突坂」、この後、護国寺に向かいました



              



 

コメント

2018 紅葉(3)本土寺

2018-11-25 15:23:02 | 四季の彩り

本土寺
地元にある古刹です、の縁起によると開基は建治3年(1277)、長栄山池上本門寺、鎌倉の長興山妙本寺と共に朗門の三長三本と言われます。
境内には徳川家康の五男万千代(武田信吉)を生んだ側室「下山殿」(通称秋山夫人)の墓碑があります。

秋が深まった一日、カメラを持って出かけて来ました、イチョウの大木2本は盛りを過ぎて散り始めていたが、境内の楓、もみじの色づきはまだ5分程度、この日は紅葉のピークにまだ早かったあ為か、500円の参拝料が無料でした。


                 
                               無料開放中                                天気は曇り空で鮮やかな色が出ず

                           
                                                          渡り廊下越しに見える紅葉も絵になるが、今年は色づくのが遅い
  
                           


                          


                          


                               
                                                                   2本のイチョウの木が黄色が際立つ


                          


                         


                            


                           
                                                                     散り始めた像師堂前のイチョウ

                         


                        
                                                                                     弁天池の中にある厨子(弁天堂)

                            


                             

 
                             


                           


                             


                            

                                                                       まだら模様の色づき


                           


                           

                         


                        


                          

                           
  

                            
                                               五重塔


                           
                                                                         方丈に続く門


                           
                         
                           
                         
                                   本堂                                    

                           
                                                   慶安年間(1648-1651)に建立された仁王門     
                               
                           
                                                       見頃は1週間後位か

    




                            


コメント

2018 紅葉(2)昭和記念公園

2018-11-22 20:41:22 | 四季の彩り

2018・11・20 昭和記念公園
11月3日~25日の間「黄葉・紅葉まつり」が開かれていました、私が行ったこの日の天気は晴れの予報だったが、午前11時到着時点では太陽は雲に隠れたまま
紅葉は陽が当たらないと鮮やかさが半減、昭和天皇在位50年を記念して昭和58年(1983)に70haに及ぶ広大な土地に
開園した国営公園は、現在では都内4位、全国12位の紅葉の名所になっていました。

              
                      西立川駅から徒歩1~2分で公園入口着                                                     西立川口を入ると目の前に「水鳥の池」が広がる

               
                                                      ガイド付きだがセグウェイで公園内を回れます(¥9,000.-)

                         
                                       ボート乗り場                                                                                                     
                          
                           
                                                      
                                                                       渓流広場 

                           
               
                        
                          
                                                                皇帝ダリアがまだ咲いていた


                          
                                                                                     公園内には何カ所か飲食できる店があった

かたらいのイチョウ並木

                            
                          
                                                    神宮絵画館前のイチョウ並木と並んで都内有数のイチョウ並木


                           
                                                               平日の午前の為か、人出がまだ少ない
                           
                           
                                                                    人気のないベンチ


                         

                                       青空に映え黄色いイチョウを期待したが、残念ながら太陽は隠れたまま                          

                         
                                                     青空が見えてきたがすぐに雲間にかくれてしまった
       
                               


                                            
                                    イチョウ並木が珍しいのか東南アジアから来た女の子達が自撮り中
                                           
                              
                                                       中国から来たカップルが記念写真撮影中(気温は16度、花嫁さんが寒そう)

                           

                                                           イチョウ並木を撮ってから日本庭園に向かいます
                                                   

                        
                
                          
                         
                               山茶花の花が鮮やか

                         

 
                           

日本庭園
公園の奥に位置する池泉回遊式庭園、この時期になると紅葉を観に多くの観光客が訪れます。

                                           
                                                   昭和記念公園のHPより抜粋した日本庭園の図


                                                                       
                                 入口

                        
                                                 休憩所(青池軒)前の紅葉が見事

                        
            

                            


                             
     
                                              
                                                              


                                       


                                                                      
                                                                                                                                     茶屋(歓楓亭)

                                                                      

                                                              
                                                              
 
 
                             
                  

                           

  
                             

                                                            四阿(昌陽)からの眺め

                           


                         


                           
                                                      曇り空で紅葉の色が映えなかった
  
                           
                                                          左・休憩所(清涼軒)、右・茶屋(歓楓亭) 

                             
                                                                      四阿(昌陽)

                              
                          小さな滝が見れる四阿(涼暮亭)

                         
                                            原っぱ西花園では次期の花畑耕作中でした

                           
                                                                                                                                                   午後2時すぎになって青空が広がった
     

    

  

 

コメント

2018 紅葉(1)袋田の滝

2018-11-06 14:20:07 | 四季の彩り

紅葉の袋田の滝
以前在職していた会社の現役、OB12名の写真好きが集まった「四季彩倶楽部」久し振りの撮影ツアーです、今回は6名が参加、11月2日午後11時30分に車でJR武蔵野線新八柱を出発しました、今回は茨城県の花園渓谷、袋田の滝の紅葉です。

               
                              常磐道友部SAで小休止               花園渓谷に午前2時30分に到着して車内で4時間仮眠、夜が明けてから花園渓谷沿いを歩くが紅葉にはまだ早かった
        
                        
                                    道路沿いに川が流れていて、モミジが色づくと絵になる風景が見られるはず                                   色づいた一株のモミジ                 
 

                       
                                    「花園渓谷」を離れ、曲がりくねった茨城の田舎道を「袋田の滝」に向かう、午前8時過ぎに通った山村に靄がかかった風景が車窓から見えて、暫し撮影タイム


                           


                           

午前9時過ぎ、久慈郡太子町の「袋田の滝」駐車場に到着、時間が早い為、駐車場はまだガラガラ(午前11時には満車になっていました)、外はまだ寒く気温は15℃
係員に了解をとって駐車場で各自、お湯を沸かして暖かい麺類等で朝食。


                        
                                                            車の横でお湯を沸かして暖かい朝食を摂る

                                                                            
                                                                    天気は快晴で最高の撮影コンディション            

                       
                                    駐車場から滝まで700m                               滝に向かう途中にある四度滝不動尊

 
                            


        
                  倶楽部発起人のO氏                毎回運転をしてくれるI事務局長          名前だけの会長                              K氏は撮影に間に合わず 
                       
                           


袋田の滝
日本三名瀑に数えられる、久慈川の支流滝川を流れ落ちる滝は高さ120m、幅73m、滝の流れが大岩壁を四段に落下することから「四度の滝」とも呼ばれている。

以下は茨城県の観光サイトから転載
(四段の岩壁を流れる水のつくり出すラインは白糸のようになめらかに、そして時には激しく、さまざまな顔を見せてくれます。
新芽吹く木々の緑に彩られた春、涼を求めての夏、あでやかな紅葉が滝のお化粧をする秋、厳しい寒さで滝が凍結する冬と、袋田の滝は四季折々に姿を変えてくれます。

滝を観るには観瀑料¥300.-を払って専用のトンネルに入ります、入口から210m地点に「吊り橋」への出口、250m地点に第一観瀑台、さらに先にあるエレベーターで昇ると第二観瀑台へ
滝を違う高さから観ることができます。

                        
                                   滝に続くトンネル入口                                 

                             
                                                                     第一観瀑台から観た滝


                           
                                                               今年は水量が少なく、滝の迫力が無い

                                                      
                                                                                                紅葉の時期になると夜間にはライトアップされるそうです

                                                                            
                                                                                                                                                                                       第二観瀑台から観た滝                          

                                                                              
                                                                                                                                            
 
                                             


                                                                            
                                                                 
                                                                            
                                                                            
                                                                    滝川から流れ落ちる
                     
                        
                                                                 吊り橋入口                                   滝を横から観ることが出来る展望台から見た吊り橋

                                     


                                     
                                                                    雄大な自然の中、右下に滝が小さく見える

                     
                                 左が第一観瀑台


                                          
                                                                       吊り橋と滝


龍神峡と大吊橋
約1時間30分の撮影タイムを終えて午前10時30分、袋田の滝から奥久慈にある龍神峡に移動しました。

以下は常陸太田市のHPから抜粋
(竜神峡は茨城県の奥久慈県立自然公園に位置します。
竜神峡にひろがるV字形の美しい渓谷の中を流れる竜神川をせき止めた竜神ダムの上に竜神大吊橋はかけられました。橋の長さは375mあり、歩行者専用の橋としては日本最大級の長さを誇ります。
ダム湖面よりの高さは100m、橋の上からの眺めは絶景で、四季おりおりのパノラマが広がります。橋の両側にある壁面には龍の絵が描かれており、橋はその大自然の空間を舞い上がる竜を想起させます。) 

竜神バンジー
水面から100mと日本一高い竜神大吊橋から飛び降りるバンジージャンプ、料金は16,000.-、年間10,000人以上が飛び降りているそうです。

                             
                                                                         竜神大吊橋


                       


                       
                                    バンジー中の若者                                この吊橋は渡っても先に道は無く、行って戻るだけです
           
                       
                                                                               対岸にある竜神のモニュメント
                                                              この吊橋は


           
                    午後12時30分、昼食は名物の常陸秋蕎麦を食べる事に決定、ナビで調べて「そば処かねさん」へ、家族で営んでいる蕎麦屋だが客が引きも切らず、旨かった。

コメント

親父達の遠足(9) 世田谷線沿線を歩く

2018-10-30 14:52:58 | 日々の景色

親父達の遠足
以前勤めていた会社で勤務地・勤務先・年齢がバラバラでリタイアした親父達が月一回集まって都内・近郊を歩いています。
9回目は10月25日に世田谷区豪徳寺から三軒茶屋までの世田谷線沿線を歩きました。


              
                                         小田急線豪徳寺駅に午前8時30分に今回の参加者4名が集合して古刹「豪徳寺」を目指して商店街、住宅街を歩くこと20分程で到着    

大谿山豪徳寺 
文明12年(1480)南北朝時代、足利氏の同族の世田谷城主吉良政忠が叔母の菩提を弔う為に臨済宗弘徳院として建立したと言われます、徳川三代将軍家光の時代の寛永10年(1633)に幕府からこの地が彦根藩に与えられ、時の藩主井伊直孝により井伊家の江戸における菩提寺として寺号が豪徳寺と改号されました。
寺伝によると井伊直孝が雷雨にあった際に、猫によって門内に招き入れられて和尚の法話を聞くことが出来た事を喜び、以降、豪徳寺は「招福猫児」と称し、招猫観音を祀る「招猫殿」を置かれ、招猫殿横には願いがかなったお礼としていた招福猫児が奉納される様になったと言われます。    

                         
                                                                                 杉の大木が両側に並ぶ参道
      
                       
                                    山門                                           額には「碧雲関」とあります                     
                               
                        
                                  仏殿

                       
                         仏殿正面に「弐世佛」の額が掲げられていた                                  延宝7年(1679)に鋳造された梵鐘

                           

                                
                                                                                     平成8年に再建された三重塔
                      
                         
                               昭和42年に再建された本堂                                                 庫裏      

                       
                                  招福殿(まねき猫)  

                       


                           
                                                   願い事を祈念した人が置いてく「招き猫」、特大・大・中・小・極小とありました
  
                            
                              豪徳寺は井伊家の菩提寺です                         彦根藩15代藩主井伊直弼の墓(幕末期の大老、桜田門外の変で暗殺された)                                     

                                                           
                                             豪徳寺から徒歩5分で着いた吉良氏の居城跡、天正18年(1590)豊臣秀吉の小田原・北条氏攻め・陥落により廃城

世田谷代官屋敷
江戸期中期以降、徳川幕府直轄領が占める江戸において唯一の大名(彦根)領であった世田谷20ケ村(2,300石)の代官であった大庭家の屋敷跡。
天正6年(1578)、この地を支配していた小田原城主北条氏政が楽市を開いたのが始まりと言われる「世田谷ボロ市」、毎年12月15、16日と1月15、16日の4日開催されています。

                       
                                           例年多くの人を集める「ボロ市」、代官屋敷を中心に数百店の露店が並ぶ東京の風物詩、東急世田谷線上町駅下車 

                            


                           

     
                           
                                                                  昭和42年に復元された大庭家の主屋

                       
                                                      主屋の内部                                                                            

                       
                                                                                  代官屋敷には公事を扱う白洲もありました
                      
                                      
                                       屋敷内の井戸                           屋敷内にあった大山往還の道標、往還は江戸時代に大山を目指す多くの人が通った道

                        

                                               代官屋敷内にあった世田谷区の資料館に置かれた「ボロ市」のジオラマ


                      


                               
                                                                        都内では都電荒川線と共に路面電車として貴重な存在の東急世田谷線、三軒茶屋―下高井戸間をけなげに走る

                           

松陰神社
江戸時代の末期、長州藩萩において私塾を開き、幕末に多くの志士を生み出した「松下村塾」を開いた吉田松陰を祀る。
幕末期の思想家で長州藩において高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文等門下生の精神的な支柱であったが、一方で倒幕論者でもあった、安政6年(1859)に幕府によって「安政の大獄」に連座したとして小伝馬町の牢で死刑となった、文久3年(1863)に小塚原・回向院にあった松陰の墓が高杉晋作らの門人によって長州藩の別邸があったこの地に改葬され、明治15年(1882)に墓所脇に松陰を祖とする神社が創建され現在に至る。
門下生の中から幕末―明治政府を主導した人材を多く輩出している。


                       


                           


                              


                         
                                          松下村塾の門人が寄進した石灯篭32基が並んでいる
   
                           
                                                                                                                                                                                                              本殿

                       
                                               萩の松下村塾を模した建物が神社脇に造られている
                                                         
                        


                            


                           
                                                                        吉田松陰像

                           
                                                                                 今回の参加者4名
 
                       
                                                             吉田松陰の墓所

                           
                                            江戸時代、大山往還(R246)が分岐するこの地にあった3軒の茶屋に由来するのが「三軒茶屋」と言う地名だそうです       

                       
                                        キャロットタワー1階が世田谷線の始発駅

キャロットタワー
三軒茶屋のランドマーク、26階の展望スペースからは都心部や神奈川県方面が一望出来、空気が澄んだ日は富士山が見えるが、この日は見えず。

                                   
                                                  東名高速につながる首都高3号線                                                      

                         
                                                   キャロットタワーから見た世田谷線電車


                           
                                                                 高層ビルを建築中の渋谷


                           
                                                                      港区方面

                           
                                                                   新宿御苑の奥に新宿副都心

                           
                                                                   中央の丸いビルは六本木ヒルズ

  







コメント