みちあき神父のふぉと日記

カトリック教会の司祭です。日記のテーマは「がんばらない―Take it easy―」。ここで、ひと息ついてくださいね。

さいたま教区大会@日立

2011-11-23 17:30:00 | Everyday is special
きょうは、第11回カトリックさいたま教区大会が、茨城県日立市の茨城キリスト教学園の講堂で開催されました。
埼玉、群馬、栃木、茨城各県の教会から600名以上が集いました。
また、日立市内の他のキリスト教教会の牧師さんや信徒の皆さんも参加してくださいました。

今回のテーマは「東日本大震災を被災した私たちと教会」でした。

午前中の発表の部では、それぞれ、胸に問いかけられたり、心に響いたりするものばかりでした。

お弁当も、あれだけの数をよく準備したと思います。美味しかったです。

午後は、アトラクションがあり、恒例のフラも、とてもよかったです。
マザー・テレサの祈りが歌になった「わたしをお使いください」のフラも、皆で踊れてよかったですね。

そして、キーボードの脇でぼくもギターで参加した'We are the World'の合唱も、盛り上がって最高でした。これまで練習してきたフィリピンの皆さんの歌はとても上手くて、ノリノリでしたね。

最後は、ミサがささげられ、そこでもオルガンの後ろで少しギターを弾かせていただきました。

今日この日のために、県内の信徒の皆さんは、一年以上も前から熱心に準備してきていました。
震災の後もそれぞれ大変だったと思いますが、今回のテーマに変更になってからは、じつに熱心に準備されてきました。
中には準備をしてこられたのに病気で入院されていて参加できなかった方もいらっしゃいます。きっと祈りのうちに心で参加してくださったと思います。

茨城キリスト教学園は、とても美しいキャンパスにあります。使わせていただいた講堂も素晴らしかったです。感謝です。

皆さん、どうもお疲れさまでした。
そして、おめでとうございました。


ところで、日本のカトリックの司教団から、最近「いますぐ原発の廃止を」というメッセージが出されました。
ぜひこの機会にお読みくださればと思います。こちらからどうぞ。
また、それについての解説文『司教団メッセージ「いますぐ原発の廃止を」についてのコメント』も出されています。合わせてお読みくださればと思います。こちらからどうぞ。

ぼくは、このごろ出されている原発による発電コストの計算に、事故の対応や損害賠償の費用なども含めて計算されていることに対して、悲しさを超えた憤りを感じています。人の命までもがお金で計算されていることが、何と悲しいことかと思います。事故を前提としたこのような考え方には、ぼくは正直ついて行くことができません。心が深く痛みます。司教団メッセージに、ぼくはもちろん賛成です。多くの方に読まれることを願っています。


写真は、昨日の朝の初霜の写真。友部修道院の庭です。寒かったけど、とても明るい朝でした。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 晩秋の軽井沢 | トップ | 近況 »
最近の画像もっと見る

Everyday is special」カテゴリの最新記事