シャンソン歌手

シャンソンの好きな方 ようこそ !

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 平成最後の12月 暖かい部屋で 爽やかな新年へ向かう

2018年12月09日 17時15分49秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 平成最後の12月 暖かい部屋で 爽やかな新年へ向かう

マンションと 一軒家では まるで 気温が違いますね。
かつては マンション暮らし
外国生活の時は セントラルヒーティングですから
マイナス気温の時も 半袖

成城の家で べったりと 居住して暮らしたのは
わずか 10数年ですが
冬の寒さに 耐えに耐えた ことと
お掃除する場所の大きさ
庭の手入れ
なにもかも
もう うんざり・・・気分で・・・
セコムをいれていても
とても 怖い 一人暮らしの
ストレスは
感じない様で あったと思います。

安堵感 幸せ感
マンションという 箱の中は 守られていね感じです。

金曜日
まだ 残務は成城にあるものの
一応
大がかりな 引っ越しとか 廃棄とか
終わった金曜日 午後
宮前平の日帰り温泉へ行き
六時間も のんびりしました。

整体も一時間施してもらいました。

荷物の運搬で かなり 筋肉疲労していると
整体師に言われ
そうだろあなぁー
引っ越しの疲れは
感じないものの
肉体メンテナンスは大切だと思います。
あー 良かったー

土曜日 いつもの通り 元気にお稽古出来て
そして夜は
神楽坂で日本酒を沢山飲み ノンビリして
熟睡
とても リラックスできました。


 


シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY クラシック音楽家だったころ 今は昔

2018年12月07日 13時32分36秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY  

私が音大性の頃は レコード時代でした。
天袋に 貴重なレコードが200枚位 美しいまましまってありました。

ネットで検索して レコードを引き取ってくれる店があり
それらを
何とかしなければなりません。

CDより レコードの方が音質は良いのですが
この 35年間 一度も聞かなかったのだから
もう 諦めて 手放します。

今回 一番手放すのに苦しかったのは
クラシックの声楽 ピアノ オペラ楽譜 
そしてCD
そしてレコード

やはり シャンソンの歌手になる前は
かなり 真剣な声楽家でしたから・・・

でも
最近は
芸大出身ですか?
宝塚出身かと 思いました・・・と いわれることが多くて

私の歌手人生も リサイクル リサイクル
今は昔
マリアカラスのような オペラ歌手になりたかった・・・

今は どんなふうになりたいか・・
欲もなくなり
私の人生を 味わい 歓喜の歌を 苦悩の歌の後には歌いたいです。

苦の後には 歓喜がやってくるのだから・・・
それ位の 望み
毎日の小さな幸せが 望みです。

ほぼ
大きな二世帯住宅は 片付きました。
男の方三人で 二時間
あっと言う間に 廃棄

区に頼んであった 家具と お布団
そして レコード200枚
が 未処分

インターネット 電話回線が 新居に移っていないですが
これは
ソフトバンク光に
想定外に 頼んんでから時間が掛かりました。
一か月以上です。 
今宵から
新居生活です。

新居の
お風呂も 台所も やっと 使える程度に 掃除しました。
教える事と
舞台と 練習とを 継続し続けた中での
大々的
引っ越しイベントも
終盤です。はっはっは・・・色々 楽しかったです。

お一人様で 全て完結
感想としては
インターネットの時代になったということ


意見が食い違う相手の居ない お一人様だと
決断 行動が早くて 無駄な会議時間も必要なく
スピーディーに 進みますが

家族が沢山いたら
売る買う 捨てる 全ての家族年齢と体力の人生設計が
違うので
きっと 何倍もの時間が 掛かることでしょう。

人それぞれ 人生の目的が違うからねぇ。
私は 私の人生責任者として 終活第一話 美学が望み通り
に進みました。
第二話 第三話は 人生街道を歩みながら
考えて きめる・・か あるいは 運命が道しるべを
示してくれるかもしれません。

さぁー
新天地へ
本日で
成城での日常と お別れいたします。
マイカーも 残物も 暫く ありますから
まだ 行き来が 続きます。
GOGO


 

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY  人生におけるイベント 色々な場所に住む

2018年12月06日 21時04分32秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY  人生におけるイベント 色々な場所に住む

留学や転勤やら 結婚など それぞれの人生において
世界中 日本中 各地に 住んだことの事のある方も
たくさんいらっしゃるでしょうけれど

第二次世界大戦の時は
亡き母や その祖父母は 長野に疎開までしたし
父は 満州で戦争に参加したわけで

自分の意志とは
関係なく
住みたい場所に引っ越すという理由だけでなく
人生における
住居の地は 色々な要因で
選ぶわけですね。

先日 生家に70年住み続けているという女性が
いらしたので
そちらの方が 驚きでした。

私も 色々な地に 住みました。
どこが 一番好きだったか・・・
住めば都
どこでも 楽しみました。
室内の 模様替えも
住む家ごとに
色々 スタイルを変化させて 楽しみました。

今回の新居は イタリアンモダン・・
パリで 一か月近く借りて
住んだアパートメントがイタリア系で
その部屋が とても 気に入ったので
今回は そのイメージで 全て 部屋を模様替えしました。

なので 
ここが 私の 居心地よい新天地
私の目に映る全てが 綺麗であるように
毎日 あちらこちら
室内を うろうろ 片づけています。

そして
明日は 成城の最後のガラクタ ゴミ 雑物を
大量に捨てる為に
廃棄業者さんを 頼んであります。

家一軒 空カラにするって
凄い事です。
最後になって
まだ 出てきたものもあります。

そして
新居に まだ 入りそうなので 捨てようとしたCD達を
追加で マイカー運搬したり・・・

落ち着いて 音楽の稽古が出来ない状況です。
あと一歩

成城は 一応 実家なのですが
親も子も居なければ
ただの 箱という感じです。

生徒さん達は 皆 新居で 楽しく稽古しています。
音楽がある場所なら
どこに住んでも
私には 同じです。

ベルギーでもパリでも
東京でも 地方でも・・・

過去の住居に
思い入れは 全然なくて
私は 過去に生きるタイプではないみたいです。
たぶん
父が私の事を よく馬鹿にして瓦かわら乞食と
言っていましたけれど

体が一つあれば 音楽が鳴る 私の体が 私の家
私の 脳の中のメロディー宇宙が 私の住まいです。

殻が無い カラが無い 
色々なカラーで
固執しない考え方と 精神で
色々な場所に旅して 住んで 経験して
色々な方々と出会い 音楽愛をはぐくみ
あらゆる人生イベントを 満喫し続けたいです。

ただ
この一週間 外食が多くて そろそろ 飽きてきました。
お風呂も 台所も 明日から 新居で使い始めようと
考えています。
一応 12月17日までは 成城に住み続けられるのですが
新居にだけに 住みたいものです。
なかなか 片付けが終わらなくて ・・・
明日廃棄業者さん 片付けが終われば 少し 安心です。でも まだ色々・・・あるあるある

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY  音楽を介した奇遇な出会い 継続する絆 

2018年12月05日 22時48分39秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY  音楽を介した奇遇な出会い 継続する絆

本日も 朝 電車で成城から 下北沢新居まで出かけました。
成城での最後の 引っ越し仕事は
書類 チラシ 文具の選択 
これで 全て 完了ですが・・・

なかなか 進まない
自分の歌手人生の 出演したチラシやプログラム

莫大な量の紙類

全部 捨てたい位ですが
もう少し とっておくつもりになって
選んでいます。

引っ越し疲労しないように
マメに日帰り温泉に行き バレエストレッチしなくては・・
と思うものの 
今週は 時間が作れず 行けなかったのですが
昨日 あまりに暑くて
体が ゆるゆる柔軟になり
冬なのに 汗をかき
とても 爽やかでした。

下北沢から ほんの 八分で着く新居なのに
駅で 探検隊して あちらこちらの店を
きょろきょろするので
一時間位 散歩のように歩いてしまいます。

自然食品店が 家に行く途中に 二件あり
あーら まさに 私向き・・

とても 有難いです。

明日は また 寒くなる様ですが
これ程 暖かいと がらーんとした
大きな家の中でも 凍えずに済み
ありがたいです。

夜十時ごろ
新代田駅側ののタンタンメンの有名店に
入り
出てきたら
なーんと 昔々の お弟子さんの山崎さんと
ばったり 遭遇
山崎さんと 我が新居は すぐ近所だと知り
先日 お手紙を書いたばかりでしたので

「先生 遊びに行くつもりでした・・・」と
私は
「こうして ばったり会えるなんて やっぱり 縁ね」と

二人で 大喜びしました。

こんな大きな宇宙の中の 大きな地球の中の 日本の東京の
路上で
ばったり出会う・・

同じ時代に 生きていて 何だかの縁が続くというのは
偶然ではなく
必然・・・と 思えて仕方ありません。

私は いつも
出会いと 縁と 継続する運命に感謝しています。
全ての方に
私と出会ってくれて ありがとう・・本当に
有難い

私は 一人ではない
お一人様でも 一人ではない・・・と 感じます。






シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY   三か月間の お一人様引っ越し

2018年12月03日 22時18分01秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY   三か月間の お一人様引っ越し

ゴミの日は 各地域で違い
妹宅は 藤沢なので 東京と違い 六種類くらい分別するので
床の上が ゴミ袋だらけで つまずきそうです。

我が家の横が ゴミ出し場なので
この度の 大量ゴミは ほぼ 全て
燃えるゴミの日 燃えないゴミ 資源ごみ
週三回


そして 区に電話して予約して
品物を告知すれば
 一品 400円 から2000円まで
コンビニで売っているA200円 券 B300円券というシールの券を
組み合わせて 
予約番号と日にちを書き
シールをはがして貼って 朝八時までに出せば 

壮絶な量でも すっきり 跡形もなく 消えてくれます。

区の 粗大ごみは 四回 出しました。

この 作業は 60歳過ぎたら 一人で しないほうが良いかも・・・

私は 莫大な食器棚と 本棚を お弟子さんに助けて頂き 
運び出しましたが
あとは
ほぼ 大変な 大変な知恵で
腰を痛めず 疲れない 体幹を利用して

我が家の 椅子 テーブル 戸棚 本棚  
庭の 大きな鉢 100個以上
莫大な数の粗大モノ

ありとあらゆるものを
お一人様で 出してしまいました。

なので
廃棄会社の 人は 
見積もりにいらして
がらーんとした 我が家を見て 唖然。

ほとんど 最後のゴミは ガラクタだけです。

大きな 二個ある 物置は 埃だらけなので
片付けませんでしたので
庭の ガラクタは 廃棄やさん に お任せ。

それにしても よく働きました。
物凄い 運動量の日々

最後に 運ぶ大物家具が 皆無なんて
あり得ない程 楽しんで 区に 無料 あるいわ ほぼ無料に近く
ばんばん 廃棄していただき 大感謝。

我が 体力と 飽きない片付け 廃棄 マメな気質にも 感謝。

ちょっと 自分はアスパラガスかなーーーと
思う程
本も10冊とか 20冊ごとに 並べて
紐で縛り
こつこつ 二階から100回 200回と 一階に運び
二階に上り
往復すること 山登り下山
そして 外に出し・・・

嫌にもならない
身体が痛くもならないのか・・・

バレエストレッチを マメに 日帰り温泉で
施したからなのか
脳が 空っぽなのか・・・


明日も ボディケアー バレエストレッチ お一人様で
日帰り温泉で 筋肉伸ばしに 行こうかなぁー
と 考えています。

この 引っ越しのお陰で すっかり 朝型になりました。
午前に 業者さんのお届けとか があり
午後は お教えしたり稽古したり
夜は 荷物の整理整頓という スケジュールでした。

今宵は成城泊まりで お風呂に入り
また明日朝 気合で成城の事務書類整理しなくちゃー
もうひと頑張りです。

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY シャンソン歌手だという私を知らない人たちとの会話

2018年12月02日 23時37分30秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY シャンソン歌手だという私を知らない人たちとの会話

いま 成城に再び戻りました。
夕食は 新居も 旧居も 台所を使える状態ではなく
外食です。
昼間 なんとなくパンや頂いたクッキーやチーズなどで済ませ
また
再び 昨日と同じ 新代田の食堂 吉田屋さんで
夜10時ごろ 五目あんかけ焼きそばを 頂きました。

時は金なり
一分でも早く食べて 店を早く出たい・・

定食でもないのに 暖かい木綿豆腐や ブロッコリーのマヨネーズ和え
大根の浅漬け スープが ついていて
あまりの 大量さに ビックリ仰天
半分くらい残してしまいました。

家庭の味 定食屋
しかも
毎晩 いらしている 独身男性が数人 顔見知りになり
昨日
ピーちゃんが 私を先生・・と 呼んでいるのを
聞いていらしたらしくて

「ヨガの先生ですか ハワイアンですか? 何のダンスの先生ですか?」と・・・

だいたい
いつも 知らない街で 一人の時は 
奥さんと 呼ばれることは ほぼ皆無で 一生過ごしました。
奥さんだったときもあったけれどね。

残念ながら
大手会社の キャリアウーマンにも
医者にも 弁護士にも歌手にも
学校の先生にも
みられたことは 皆無です。

自由人風らしくて
肉体労働の仕事師
特に バレエや ダンサーと 思われがちです。

でも 男性と一緒に居ると 奥さん・・と 呼ばれたりもするので
隣に 男性が居ると しおらしく 見えるのかも・・・

一人で 深夜 定食屋に居れば
どう考えても
ちゃんとした 人妻には見られるわけもないし
未亡人風でもないし
まあ 仕方ないです。

知らない方たちとの会話も お店時代の訓練のお陰で
苦ではありません。

お店時代 初めて接客したときは
脳がパンクしそうでしたけれど
人生すべからく 全て挑戦と練習継続すれば
音楽と同じで 上手くなっていくもので

体で覚えたことは
自転車運転と同じように
久しぶりに 乗っても乗れる・・・みたいに

知らない街で 知らない人たちと 会話して
結局
私が 質問するものだから
皆さん 職業や 年齢や 病歴まで
苦労話を 沢山してくださいます。

人は どれだけ幸福だったかという話は
人に 優越感を与えると悪いと思うのか
ほとんどの場合
苦労話と 病歴の話が多いです。

ナタリーさんも よく
フランス人は 人が嫉妬するから
あまり 自慢や恋愛の話はしない・・と おっしゃいますが

長くいると
シャンソン歌手だと 告白してしまいそうなので
15分で 食べて退散しました。

昨晩も行った
デザートキャフェのお店の ママさんに
大きなお皿などを 貰ってくれるか 初めて そのお店で
お茶して ハッシュド゛ビーフを頂いた日に
伺ったら 
是非くださいと おっしゃるので
吉田屋さんの後
とても重かったけれど 二階の階段を ふーふー言いながら登り
運びました。

モノを捨てるほうが
貰っていただくより 楽ちんですが

貰っていただく場合は
時間も労力も失うけれどけれど
モノに対する 敬意というか・・・
モノを手放す禊というか 懺悔というか・・・

労と苦は
私にとって 心の清涼剤
苦の後には 必ず 心の楽がやってくるからです。

楽して 億劫がって動かないと 私は後悔しそうなタイプみたいです。
イケメンマイカーが
この一週間は フル回転 荷物車として 大活躍。

イケメンマイカー手放す前に 毎日 かなり 乗ってあげています。
良かったです。イケメン君が お婿さんに行くのも決まり
私としては 全てに大満足です。

明日は 月曜日
午前中から
まだまだ 色々手続き 引っ越し業務満載です。
頭の体操 身体の活性化・・・自分の為・・・もうひと頑張りして

さぁー 
今週から クリスマスコンサートの練習に突撃いたします。


  

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 平成最後の師走を迎える清々しさのシャンソン奮闘記

2018年12月02日 17時05分31秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 平成最後の師走を迎える清々しさのシャンソン奮闘記

今年になったと思ったら
もう 来年ですが
月日が早く過ぎるのは 決して 嫌ではありません。
勿論 子供の頃から
早く 大人になりたくて
早く 自由に好きなことをしたくて

いつもいつも
早く 一年が過ぎればよいのに・・と 思っていました。

加齢して
これから 婆さん街道を まっしぐら 天国への道を歩くのも
それなりに
嬉しいです。

だって 私の人生ですもの。

私は 私に 責任を持ち 義務を背負い
自由街道を 自分の意志で ハードルを越えながら
生き抜かなくてはならないし
最後の自分が どんな気持ちで どんなふうになるのかも
しっかり 確認したいです。

今はやりの ボケや認知症になるかもしれないし
歩けなくなるかもしれないし
知らないうちに 事切れるかもしれないし

それはそれで
また ハードルなのか 安楽なのか・・
計り知れませんが

とりあえずは 今年の 自分の自由への決断は
大きな家から 身の丈に合った 暖かいマンションへの
お引っ越しでした。

お弟子さん達も 皆 私の新居を気に入ってくださり
駅近で
周りに キャフェ 食べ物屋さんが 沢山あり
稽古帰りに 利用なさって楽しんでいらっしゃいます。

土曜日夜
我が家から 歩いて30秒の
吉田屋さんで 
ピーちゃんと 日本酒熱燗を飲みながら
カキフライ 野菜炒め 水餃子を つまみにして 二人宴会して
二軒目は 手作りケーキと お酒の店へ行き
ホットアップルパイ と ガトーショコラ ホットワインを
頂きました。
お菓子専門なのに
夕方五時からスタートのデザートキャフェです。

最近は
昼は ぽかぽか 暑い位なのに
夜になると  どんどん寒くなります。

新代田の駅は ホームに暖かい待合室があり
冬場の夜は 下北沢まで 直ぐ近くても
京王井の頭線に乗るのが 楽です。
ぴーちゃんは 30分で我が家から 新百合ヶ丘のご自宅に
着いたようです。

毎日 毎晩 毎朝 
成城のラスト 掃除をして 
新居へ
残物をマイカーで運び
また荷物を 新居で 整理整頓し
遅々として進まないように 感じますが
あと 一週間で ほぼ この 私一人の 大がかりな終活第一話は
終了いたします。 

お一人様が 一人で考えた将来への不安の一つを
少し解決したような 安堵感があります。

昨晩は 新居の新しいソファーベッドで 眠りました。
暖かくて 
まるで 一軒家と 違う ぽかぽか 深夜と朝
冬場の幸せを感じました。

起きてすぐからの行動が てきぱき出来ました。

妹夫妻は 秋からの寒暖の差で 二人そろって 足腰 全身が痛い痛い症状で
病院や整体に通い
咳が出たり 副鼻腔炎になったり 免疫力低下の
60代の二人
私は
今のところ感謝
今年も 何もなく 引っ越しも疲れず
楽しく ランランルンルン気分です。

やはり 私は能天気の 進め進め 前へタイプ
後悔なんて 絶対にしない。
反省は するけれど
改新するためだもの。

本も 楽譜も 2000冊以上捨てて まだ800冊捨てます。
それでも1000冊は 新居に運びました。cd dvd も 4000位捨てて
1000以上持参・・・・と

それだけ 自分投資して 勉強したという事で
何にも 無駄ではなかった・・・
私は 私に沢山 読ませ 聞かせ 見せ 着させ 食べさせ
そうして
今の シャンソン歌手の 実力・・・・・大したことはなけれども
それが 私の声で 私の表現力になったわけです。

モノを捨てるたびに モノ達に感謝して
あー 私は これらのモノたちに 沢山 人生勉強させてもらったー
と ペコペコ 頭を下げて バンバン ばしばし 躊躇なく 捨てました。やっほーーー

これから また 新居に 物を運び
又 成城に 帰宅して
成城に泊まって 掃除しよーかなぁー

モノと廃棄ゴミと共に 埃まみれドロドロ生活も
もうひと頑張りです。
マニキュアや 指輪をつけれる日が 来るのが楽しみです。
今は 掃除専門家の手です。
そして
毎夜 成城でお風呂に入り 毎日新居で洗濯
髪も服も 手足ドロドロ ・・・



シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY シャンソン仲間達と 祖師谷大蔵 うな鐵 で楽しむ木曜日夜

2018年11月30日 18時04分28秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY シャンソン仲間達と 祖師谷大蔵 うな鐵で楽しむ木曜日夜

かつて ブログで 美味しい炭火焼きのウナギの あらゆる部位を
焼いてくれる ウナギ屋さんの事を書いたので
青木さんと 菊池さんが 予約してくださり
美奈子さん 大和田さん 小林博和さん・・と 合計六人
大人の ウナギ会でした。

会話が アダルトで 韻を踏んでいて
皆さんと 大笑いの うな鐵 
美味しかったです。

そして 二次会は パリ風のキャフェで・・・


昨日木曜日 本日金曜日は あらゆる 引っ越し 最終章

最後の廃棄は
廃棄業者さんに 依頼し

我が家に 引っ越してくる方に
いらしていただいて
沢山 物を 貰っていただきました。

オーディオセットや 電気カーペットや
グラスやら
たーくさん 貰ってくださって 大感謝です。

マイカーも 売ってしまいました。
引っ越す日まで 乗り続けますが
新天地は 駅から 二分ですから
車は もう 必要ないです。

それにしても マイ イケメンカー 二年間で13000キロしか
乗らなかった・・・
はっはっは
いかに 車を使わないか・・・

売ってしまい すっきり。

晴れて 身軽になり来年は
飛んで飛んで・・・
旅もし
飲んで 食べて
歌って歌って・・・

ますます 自由。

健康であれば
自由です。自由であれば 健康です。

私なりに 人生の冬を 謳歌するために
沢山のモノの入るおおきな家と 
車が必要な駅から遠くの生活と さよならできます。

お誘いくださる仲間がいて
一緒に 遊んでくれたり 飲んでくれる お弟子さん達
シャンソン仲間 シャンソン家族に 感謝いたします。 

お弟子さん達と 夜10時頃 祖師谷駅出発  
りり先生は 下北沢で下車して 
新居に泊まりました。
暖かくて 駅近マンションは ただただ有難いです。

不動産屋さんに
よく これだけ大きな家を 綺麗に お一人で長年
維持し続けましたね・・・と
褒められて
あー 本当に 苦と思わなかったけれど
六人用の スペースに 一人で生きるというのは
大変な労働力
偉大な掃除力

身の丈に合った スペースに 身の丈に合った 
溌溂 老後の暮らしを
生き生きと クリエイトしたいと思います。

 

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY ありがとう感想文 芝パークホテルの想い出

2018年11月29日 13時29分55秒 | Weblog
Sent: Wednesday, November 28, 2018 1:04 AM


ピーちゃんから 丁寧な 思い出のコンサートの感想文が届き 感謝です。
毎日 引っ越し業務の ゴミ暮らしの中で 癒される 音楽の想い出です。
一昨日
新しい 完璧防音で とても良い音響の稽古場で
アポリネールの作品を 弾き語りして練習してきたところです。

ナタリーさんが
アポリネールの詩の 内容と 脚韻の 作曲の仕方が
まさに アポリネールの詩の言わんとしている 事と ぴったりだ
と絶賛してくださり

凄い芸術だー 私は あなたのファンよー
貴方を クリエイターと 表現者として 芸術家として 尊敬するわー

ビックリ仰天の 大絶賛で

私の アポリネール作曲は 詩の音と内容が
共に表現するピアノの音と 演技と 重なりあわせて
私の全身全霊と 人生と
全て 一体化したい
という 目標が 高評価された のだと思い
少しの 安堵を得ました。

ピーちゃんから 折しも お勤めの忙しいにもかかわらず 
初演の日の想い出感想文を書いてくださり

あー
私は 掃除のお婆さんの毎日なのに
芸術への 奉仕と 音楽の天へ続く道を 歩むのを続けて
生きてきて 良かったー
私の 人生の救いは 愛と音楽なんだーー

しみじみ
感謝感謝
ありがとうございます。 

Subject: 愛の詩人アポリネール オマージュコンサート   リリ先生作曲5つのクリエイト作品に感動!

11月11日「愛の詩人アポリネール オマージュコンサート」
芝パークホテル 別館一階 バーフィフティーン

一部、 アポリネールへのオマージュ(1918年没)100年

初めに、アポリネールの詩を、フランス語でナタリー・ウルシェル先生(リリ先生のフランス語の先生)が
朗読されました。
ナタリー先生の声は、マイク無しで、バーフィフティーンの後ろまで、はっきりくっきり聞こえました。
自分は「アーティストではなく、先生です。」とおっしゃていましたが、1つ目の詩を暗唱されていたり、
それぞれの詩に振りが付いていて、読み方の強弱、声色等を変えながら朗読され、驚き、惹きこまれました。

「Le Pont Mirabeau ミラボー橋」は、リリ先生に、以前グループレッスで教えて頂いたお蔭で、
ナタリー先生が「vienne la nuit ヴィエンヌ ラ ニュイ。」と朗読され、
皆で「sonnel‘heurer ソン ルー。」
ナタリー先生が「Les Jours s‘en vont レジュー ソン ヴォン。」、
皆で「Je demeure ジュドゥムール。」と応答する展開になった際に、
自然に言葉が出て、一緒に楽しむことができました。
リリ先生の、シャンソン 「ミラボー橋」もまたぜひ聞きたい!!と思いました。

「Automne malade」という詩の朗読の際にナタリ―先生が、
「feuille à  feuille」 とおっしゃりながら、持参されたfeuille葉をさっと下から上へ投げられる演出を
されたので、ラスト、ミラボー橋の朗読の後、床に落ちていたその葉をリリ先生が拾われ、皆さんに葉が
見えるように手を上にあげられた後、チャーミングにナタリー先生に渡された場面も、とても素敵でした。

朗読の後は、アポリネールの詩5つに作曲された、リリ先生の弾き語りでした!!
初めてリリ先生の今回の作品を聞いたのは、確か9月23日、(9月29日の内幸町ホールコンサートのリハーサル終了後)先生のご自宅からピアニストの近藤さんが帰られる前に、「今、作曲中なの。」とリリ先生が3曲演奏してくださった時でした。近藤さんが「面白いですね。フランス歌曲の香りがしますね。」とおっしゃいました。内幸町ホールの舞台本番では、2曲弾かれ、そして今回のコンサート前日11月10日のリハーサルで、完成した5曲を弾かれ、ナタリー先生、興奮! 近藤さんも「フランス現代音楽のようですね。」とおっしゃっていました。私は、コンサート冊子製本のお手伝い準備中だった為、当日、11日にしっかり聞けて嬉しかったです。そして大感動!!

① 「Hôtelホテル」
前奏が美しくて、太陽の光が差し込む感じがするメロディーで、
「蜃気楼を見る為に、タバコを吸いたい、働きたくない」という詩とマッチし、
幻想に浸りたくて、気だるい感じ、大人の雰囲気がリリ先生の歌によって漂っていました。
今もずっと、その1つ1つの音、メロディーが耳に残っています。
最後に、煙草を吸うジェスチャーで、息と一緒に煙が見えるようでした。

② 「L‘Amour est mort 愛は死んだ」
メロディー、リズムと、歌詞との対比、バランスが面白く、
「Ah あー」と、リリ先生が、おっしゃるところも楽しく、
メロディーとリズムを思い出しながら、頂いた冊子に載っている歌詞を勝手に口づさんでいます。

③ 「Automne 秋」
こちらもまた、前奏のメロディーがとても美しくて、詩とメロディーが完全一致!!
美しいコードで今の季節にぴったり!歌われている部分も途中の間奏部分も大好きです。
とても難しそうですが、「Une chanson d‘amour et d’infidelité」のメロディー等、ピアノで
弾いてみたいと思ってしまいました。
「Oh! l‘automne l‘automne a fait mourir l’ été あー秋よ 秋よ 秋は夏を殺す」と
いう部分が素敵で、音と表現が重なり、思わず、リリ先生が詩も一緒に作られたように感じました。
後奏も美しく、最初に弾き語りされた「Hôtelホテル」のテーマ メロディーが、ラストに流れ、
繋がっていることが感じられ、益々惹かれました。

④ 「Les closhs 鐘」
初めて聞いた時も、タイトルを聞かずとも、おーすごい!鐘が鳴って聞こえる!と思いました。
重厚な音で、詩の響きと合わさり、テンポが速くなるところも一緒に感情が動きました。
「J‘en mourrai peut- être 」 の「peut- être たぶん」というセリフも、心にぐっと来ました。

⑤ 「LA TZIGANE ジプシー」
興奮するリズムとメロディーで、一気に惹きこまれ、瞬時にかっこいい!!と思いました。
途中テンポが、ゆっくりになる部分のコードも変化がすごく美しく、雰囲気があって切なくて
お洒落な感じがしました。
終盤に向け、再びスピードが上がり、どんどん感情が高ぶる感じがまたピアノも歌も圧巻。
両手を挙げるジェスチャーで終わるラスト、歌詞にある、未来を占っているような、別れの暗示のような、
誓っているような、熱望しているようで、諦め委ねているようにも感じ、激しさ、寂しさ、潔さ等
感じました。

一つ一つの曲が個性的で、それぞれ違う雰囲気で独立していて素敵ですが、5つの作品全体が必然的に
繋がった感じが素晴らしいと思いました。
クラシック・シャンソン・ジャズ等、色々融合されているような、様々なスパイスが入っているようで、
でも全く新しいように感じ、美しくて、芸術的で、且つ、聴衆が、自然に夢中で楽しめ惹きつけられる魅力
があって興奮感動!
「元々この5つの詩がセットになっていたのでしょうか。」と、どなたか先生に質問されていましたが、
ご自分で、一つ一つ選ばれたとのことで、すごい!
季節や愛、感情の変化等が5つの作品を通して感じられたり、「L‘Amour est mort愛は死んだ」の
軽いトーンが間にあるのも、必然に感じたり、「Les cloches 鐘」の詩に 「ジプシー」という歌詞があり、
次、5番目の曲が「LA tzigane ジプシー」となったのでは、とか、「Les cloches 鐘」では重厚な鐘の音が聞こえましたが、他の曲で、明るい鐘のような音が聞こえた箇所があったような気がしたり(気のせいかもですが)と、色々と想像が膨らみます。
5作品の完結に感動し、最初から順番にまた聞きたいと思いました。
又、完結していてる5つの物語の運命、続きも気になるような感覚もあります!
天国のアポリネールさんは、5つの作品を聞いた際には、どういう表現をされるのかわかりませんが、
驚き、すごく芸術的だブラボー!とおっしゃるのでは、世界の方々もびっくりするのではと思いました。

一部の最後は、ナタリー先生がタイトルと詩の一部を読まれ、武内朋子さんが、アポリネールの詩で
プーランク作曲の作品を歌われ、マイク無しで会場に素敵なソプラノの声が響きました。
アポリネールの詩の「chanson d‘orkenise」が特に印象的でした!!
リリ先生作曲を先に聞いていた「Hôtelホテル」も聞くことができました。
「Montparnasse」は、プーランクが曲を仕上げるのに4年かかったとインターネットに書いてあるのを
拝見し、驚きました。

1部、ナタリー先生のアポリネール詩仏語朗読、5つの詩に作曲リリ先生の弾き語り、武内さんのプーランク作曲作品7つと歌曲で、アポリネールのオマージュの世界にたっぷり浸ることができました。
リリ先生が、意図せず、真夏にアポリネールの詩をご自宅で朗読しながら、5つの詩に曲をつけている
途中であることをナタリー先生にお話しされたところ、アポリネールの命日が、1918年11月9日であり、
今年2018年が、没後100年の為、日仏学院でもアポリネールを取り上げており、ぜひコンサートを!となり、
今回のコンサートが決まったこと、又、コンサート当日の11月11日は、第一次世界大戦の終結の日(アポリネールの亡くなった2日後)であることをナタリー先生、リリ先生に、教えて頂き、戦争と平和、愛、時代や国を越えての繋がり等に想いを馳せ、感慨深かったです。

休憩の後は、二部、武内さんのフランスオペラ。
至近距離でアリアやオペラをたっぷり聞いた経験があまりないので、(ベルギー大使館で、留学先から帰国された方々の歌を少しリリ先生と聞いたことや、ベルギーに留学されていた頃のリリ先生の情熱的で豊かな表現メゾソプラノの歌曲をDVDで以前拝見したことがありました!!)大変貴重な体験でした!美しいフランス語で、知っている曲もいくつかあり、嬉しかったです。改めて、マイク無しすごい!と思いました。

三部の初めは、東京シャンソンアカデミー生徒のシャンソンからでした。
先輩の皆さん、とても素敵でした!(自分は、緊張し、歌の説明から、既に汗だくでした。
色々反省、また次楽しんでチャレンジしたいです。感謝です。)
シャンソンの魅力をリリ先生に教えて頂き、有り難く、幸せだと思いました。

そしてリリ先生のシャンソン、大好きな「枯葉・ベサメムーチョ・愛の讃歌・パリ野郎・世界の果て!!」
が聞けて嬉しかったです。
音楽と言葉一つ一つの表現・振りと、心の機微と一致してるように感じ、いろんな情景が浮かび、
一緒に心が動きました。曲によって、歌詞によって、リリ先生七変化で、様々な曲を
次々とずっと聞いていたいと思いました。
歌う会でも皆さん、様々なシャンソンを歌われ、素敵でした!

今回のコンサートは、仏語朗読から弾き語り、クラシック、オペラ、シャンソンと、盛りだくさんで楽しく、
お客様もバーの定員以上いらっしゃり、ナタリー先生作成の冊子やリリ先生の弾き語りの訳、
武内さんの歌曲の訳など、足りなくなるくらいでした。
いらした方々が、とても楽しいひと時だったとおっしゃっていました。

感動を覚えておきたくて、すぐに感想を一気に書いたのですが、パソコンがフリーズしてしまい、
やっとまた復活!
リリ先生は、連続舞台の中、作曲もされ、引っ越し準備も全部お一人でされ、驚き、尊敬の連続です。
来月、12月23日の芝パークホテルローズルーム クリスマスディナーショーも
今からとても、とても楽しみです!!

ありがとうございました。
感謝のうちに
P

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 開拓精神 挑戦 冒険生活 

2018年11月26日 23時23分02秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 開拓精神 挑戦 冒険生活

引っ越し業務に取り掛かり
もう二か月近く 過ぎますが
まだ 9割

旧家に ある 事務用品の 整理整頓だけ
残っています。

過去の書類や手紙 
お店時代の懐かしい 思い出のダイレクトメール
新聞にでたり テレビ 雑誌に出たりした 記事
捨てたものか とっておくほうが良いのか・・・
なかなか 決断がつかず
その 悩みの時間が とてつもなく無駄にも
感じます。

どうせ 私は 前へ前へと 旋回し続け泳ぎ続ける気質で
過去を また 自分で味わう必要があるのだろうか・・・とか

これだけ努力して 頑張った証は
今後の自分の もうひと頑張りの起爆剤になるのだろうか・・・とか

自問自答して
書類やチラシ DMを 捨てるか 持っていくか
自問自答しています。

昨晩日曜日は シャンソン家族たちを
お招きして 新居を見ていただき
我が家で 乾杯して
すぐ近所の 玄鮨で 会食。
初めて行ったのに
とてもとても 気に入りました。

江戸前で つまみも 日本酒も 握りも
私好みでした。

また 行きたい・・・

二軒目
ピーちゃんパパが 是非 行きましょうーーと
お隣の 
お気に入り吉田屋さんにも
行きました。

シャンソン家族と 皆で 楽しみました。
新代田 探検隊。

今日は 下北沢の駅ちかくのビストロで
牛の頬肉赤ワイン煮と ニンジンのラぺ
と グラス赤ワイン 冒険
フランス語のニュースが 流れ続けていて
ムッシュが一人で 営業している店でした。

凄い量で 三分の一 残しました。

あー 昔の私だったら この量
この しつこさ 平気で食べられたのに

何だか 昨日の お寿司と 日本酒が懐かしい・・

一日が あっと言う間に過ぎ
この 引っ越し業務も 月日と共に 快進して
三か月目に やっと 完了しそうです。
やはり
シャンソン新曲 一曲仕上げるのに 三か月間位掛るのと
同じ雰囲気です。

大きな家から そこそこ お一人様に相応しい大きさのマンションに
引っ越すときは
選別 選択 決断の勇気が必要だと思いました。

捨てると決め 持っていかない事を 後悔しない事・・なので
誰にも 頼めない 自分一人の仕事です。
潔さが 必要なのだなーー

明日は 書類 事務用品 完結して
来週は 廃棄業者に ばばばばーんと 廃棄してもらうつもりです。
そろそろ ゴミ捨てに 飽きましたーーーー

そして 新居だけの管理になったら
また 大好きな 整理整頓 掃除を 楽しみながら
新天地のお店開拓 冒険挑戦することにいたします。

新しい刺激で 若返り生活です。
人生は 楽しまなくちゃ
でも 必ず 苦があって楽があり
楽の後には また 苦がやってきて
そんなことの 繰り返しなのかもしれません。

引っ越しは 苦と楽と同時進行 両方です。
 


    

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY シャンソン仲間は 皆探検隊 冒険隊 好奇心で元気溌溂

2018年11月25日 12時53分38秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY シャンソン仲間は 皆探検隊 冒険隊 好奇心で元気溌溂

シャンソンを お教えし始めたのは1999年 からで
それ以前の 声楽家時代は
上馬の我が家 野沢 豊洲 ベルギー 

シャンソン歌手になってからは高輪 台場 銀座 そして 成城

と 各地点々と あらゆる場所で お教えして
生徒さんや 音楽仲間達は
皆 私の生活に溶け込んで
音楽仲間の集いと 絆を 育んできました。

今回の 新天地
もう すでに 皆さんは 我が愛の音楽の家の近辺を
探検 冒険して
好奇心行動家になっています。

新しい事 知らない事は 刺激です。
世界は広い 東京も広い・・・

先週 日曜日 シャンソン家族と 成城の和食店いちぼで
引っ越し祝いをしていただきました。
本日は また シャンソン家族と 我が新居 すぐ近所の
玄鮨という お店を新開拓してみます。

ピーちゃんパパ ママ しんちゃんは 我が家にみえるのは
初めてです。

昨晩も 食事をするのを忘れて 新居の片づけをしていて
はっと 気がついたら 夜九時過ぎていました。

新居から歩いて三十秒の 吉田屋という 食堂に
二度目来訪してみました。
よる遅くまで開いていて お客様がいらして
便利なお店です。

肉野菜味噌炒め定食を食べてみました。美味しかったです。
学食みたい。

営業時間が 朝11時から 夜10時までだそうですが 
深夜11時過ぎまで
開けているそうです。
しかも 休日は 二週間に一度 木曜日・・・月に 二回だけの
おやすみだそうで・・・
お爺さん風 85才くらいの男性が二人で 切り盛りしていますが
ピーちゃんが いらしたときは
お婆さんも 切り盛りしていたようです。
昨晩は おじいさんさん人でした。
なかなか 丁寧で家庭的な 地元密着型 定食屋です。

店のお爺さんも お客様も 話しかけてくれて
いきなり 常連もどきの 私です。
庶民的なお店なので 絶対に おフランスの おシャンソン歌手だとは
告白せず 私は 街の お掃除のお婆さんに 徹することにいたします。

よく考えてみれば
シャンソン歌手の舞台日は 年に12~15回ぽっち
あとは
私は お掃除ばかりしているので お掃除の お婆さんか私の職業だと
本心から つくづく 感じています。

街に溶け込む形で 探検隊してみようとおもいます。

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 晴天 満月 心身の歓喜

2018年11月24日 01時26分17秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 晴天 満月 心身の歓喜

木曜日 金曜日は港区にお教えに出かける以外は オフデーとして
丸一日
引っ越し片付けや 業者とのあらゆる作業に明け暮れました。

ピーちゃんと ピーパパが 勤労感謝の日
朝一で 我が家の 捨てられずに困っている
食器類を 貰ってくださる為に いらしてくださいました。

蘭の花 ポインセチア シクラメンなど植木を
新居用に 持ってきてくださいました。大感謝。

金曜日は
成城と 新居を二往復して
ずーっと 片付けしつづけ

新居で 慌ただしく開封した段ボール
8個残して 引っ越しのサカイが カラの段ボールを
夜 取りにいらしてくださいました。

明日朝は オーダーした カーテンが 来ます。
新しい家具も 既に入り
来週末には 全ての家具が届きます。

家具が入らないと 荷物も全部収納できないです。

成城我が家には まだ 食料品と
事務用品 CD DVD が 残っているので
まだ仕分けして 運ばなければなりません。

それでも 本格的に 引っ越しに関わったのは
10月ですから
二か月 日常生活をつづけながら
健康も保ち
あと 一歩

二軒を 行き来すると 仕事量が一気に増えますけれど
かつての昔の自分を 思えば
どうという事もなく

店五件 実家 自分のマンション二軒・・という
生活もあったわけで
あの頃は 睡眠時間は4時間でしたけれど
何ということなく 若さで いけいけどんどん でした。

今は もう少し 睡眠時間も取って
お酒は 飲まずに
もくもく と 働いていると
自分が三十代のような気がしてきます。
なんだか
疲れ知らずです。

はぁー 早く 終えたいけれど
何事も こつこつ 忍耐強く 
人生を謳歌しながら・・

結局 私は 体力自慢の 旋回魚
マグロのように 泳ぎ続けているだけ・・
止まれないタイプです。

とはいえ
引っ越し疲れ・・・なんかになっては 嫌なので
夜 成城温泉に行き
床が熱い部屋で
バレエストレッチ45分 一人武者修行して参りました。

また 元気が湧き上がりました。
人生は 愉快です。
勤労感謝の日
自分の勤労に 思わず ブラボーと 声を掛けちゃいました。 

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 驚くほどの慌ただしさを楽しむ 

2018年11月22日 22時43分04秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 驚くほどの慌ただしさを楽しむ 

毎朝 とても早くから起きて
八時頃から 待機という事が多いです。

色々な 業者さん来訪
家具や荷物の運搬やら 私の生活は始まり
二か所の 場所を 頻繁に往復して
その合間に 片付け
お稽古 食事・・・

本日木曜日は 港区へ教えに参りました。
その前に 新居へマイカーで寄り まだ旧居にある分類のしていなかった
CD ビデオ 写真 などを 少しづつ運び
収納しています。

パソコンや 電話 FAX インターネット類は 最後になるので
事務用品なども 未完

私のイケメンのマイカー君は 二人乗り オープンカーになる
スポーツカーなので
トランクは ほとんど 荷物がはいらないのに
毎日 パンパンに 荷物を詰め込んで 配送車として 活躍しています。

これから 約 三週間で 旧家の荷物を 
運んだり
処分したりします。

人生は 思い出に生きるか 未来に向かうか
人それぞれですけれど
私は まだ かなり 気持ちが若い。
でも
地球上に生きて 引力の重さで
それなりに 加齢して いるはずです。

肉体は 衰えていたとしても
自分には 音楽的将来の 伸びしろが
まだあると 勝手に思い込んでいます。

人間的 社会的成長も まだ 伸びしろが
あるだろうーーーとも
もっと よりよい人間として活動したい。
お弟子さん達は
私の 音楽の子であるのに
加齢することに関しては
同じですから
色々 勉強になることが多いです。

川名さんや 龍子さんが70代から フランス語シャンソンを
はじめて
80代になり
年々 ますます 上達して
声も大きく艶やかになり 
音程やフランス語 発音 表現力も
素晴らしく成長した様子を拝見し続けました。


内面からのオーラも出ています。

自分も そういう風に上達し続けたいと思い
私も 成長するぞー と 前向きになれます。

新居に移って 駅から近くなり 新天地なので
お弟子さん達も 大喜びしてくださっています。

私も 大喜びです。寒くないし 音の事を気にせずに
一日中 演奏も出来 
大声 大笑い 足音バタバタ 深夜の 大音量で CDや ビデオも
大丈夫です。

音楽家になると 自分が出す音に苦労します。
びくびく 音を気にして 稽古すると
音色やピッチに 悪影響を及ぼすので
新居は 音楽家にとっては 新天地です。感謝。

新代田駅で 
ご主人がドラマーで
ご自身が 料理を作り 女性一人で 切り盛りしている
キャフェ風 ビストロを 見つけました。
洋菓子デザートが専門のお店ですけれど
ハッシュドビーフとサラダ チャイ
暖かいスイートポテトにバニラアイス添え

を頂きました。全て美味しい手作りでした。
午後 四時からの
営業だそうで
その店の 上階には ライブハウスがあるそうです。

私の新居の 真向いにも 有名ライブハウスあり
音楽家が 楽器を抱えて歩く姿が多く
ライブハウス帰りの方々の為の
深夜営業の店が多いのも
私には 向いています。

探検に飽きるまで 私には新天地です。

新代田は暖かい良い町だ・・と 思いました。
まだ 下北沢には 探検隊として出かける
時間がありません。
来年が楽しみです。 

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 新代田という駅 下北沢という駅

2018年11月21日 02時15分35秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 新代田という駅 下北沢という駅

生まれてから 二十歳まで 世田谷区上馬1の597
という場所で暮らし
父に 勘当されてから 
南青山 駒沢 三軒茶屋 豊洲 に住みました。

親が成城へ引っ越したので グランドピアノとマイ荷物を 成城に置いて
ベルギーへ留学 
ベルギーでは三回引っ越し 三か所に住みました。 
そして
高輪で 三か所
台場 で 二か所
そして 成城に戻りました。

父が亡くなり
銀座の店の引っ越しも 四回以上
虎ノ門の店一回

最後の店を閉めて
我が家には お店のグッズが沢山 きてしまいました。

父や母が他界したときは 全部私が一人で 整理整頓して
先祖の品物もかなりありますけれど
お店で飾っていた絵とかが あり過ぎて
驚くばかりです。
それらを 
大きな家で収納スペースがあると
ずっと 抱え込んで生活していたのですから
笑えます。

一生涯 もう 使用しないであろうはずのものが
山ほど 出てきました。
ゴミ出しばかりし続けても
終わりません。

毎日 新代田という駅の側の 新居へ成城から通い
通勤しているようですが
ずっと
マイカーで行き続けていましたけれど
本日は 電車ででかけて下北沢から 歩きました。八分。

お稽古したり新居の段ボール開けを
終わらせて
シンデレラタイムに帰宅です。

新代田の駅までは 二分の地の利なので
帰宅の時は 京王線と 小田急線に乗りついで
結局
深夜帰宅 なので
成城駅からタクシーで・・・我が家へ。

二件を 掃除し続けて 足の裏が強歩の後のようです。
今また 45リットルゴミ袋 8袋出してきました。はぁーーー

そうそう
新代田駅では 早速探検隊をしています。

新代田は ラーメンの名所と ネットで見たので
本日も ラーメン有名店 開拓しました。
昨日は サバの味噌煮定食を 新代田の居酒屋風店で頂きました。
けっこう 美味しかったです。

私の歴史にない タイプの店を開拓しています。
ラーメンは 一年に一度
食べる程度でしたけれと・・・
引っ越してから 二度も食べました。

新天地は 気取らない街
若者たちの多い町
音楽家が多い町
面白過ぎです。
好奇心が満たされます。

お弟子さん達も 新たな地で 楽しいとおっしゃってくださり
新居の稽古部屋は
音響が良くて 皆さんの声が とても 良い声に響きます。
ピアノの音も 良いです。

夜 遅くにいらしても お稽古して差し上げられるので
仕事帰りの方は 喜んでくださっています。

24時間 大きな音が出せる場所を 音楽の神様が
与えてくださったのだわーと 
私はとても 感謝しています。

引っ越しの ハードル越えをすれば
きっと 幸福な時間も やってくる・・・苦あれば楽あり
徹底的に
肉体の限界まで 掃除し続けています。

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY シャンソン稽古で癒されながら 引っ越し業務邁進生活

2018年11月19日 23時59分39秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY シャンソン稽古で癒されながら 引っ越し業務邁進生活

音楽に癒されるということを しみじみ感じています。

大きな一軒家からマンションに住み替えるのは
思ったより 重労働で ゴミと埃まみれ
汚いものの片付けばかりで
新居も 旧居も どちらも 雑然とした日々が続く中
お稽古を続けたり
コンサート活動を つつがなく熟しているお陰様で
辛うじて 心身のバランスを保てています。

ただ 片付けばかり していたのでは
とっくに 精神的に疲労困憊していたに違いないです。

ブログを入れる時間が
作れないです。

ついつい 引っ越し業務邁進生活してしまい
そして
新居での 段ボール60個を ひとつひとつ開けては
収納しなくてはならず

本日までで 40個まで 収納しました。
あー それにしても
手が ガサガサ 
爪は 割れて

なんとなく 全身が ゴミだらけみたいな気分です。
汚いものばかり見ていると
自分も汚れているような気分になります。

黙々と口もきかない一人仕事が多いので
お弟子さん達と会えたり
ピアノを弾いたりしていると 癒されます。
そういう意味で 24時間 いつでも 音楽演奏が出来る
マンションに住めるのが ただただ有難いです。
そして
一軒家と比べると マンションは とても暖かいです。
これから 極寒になる冬場が
憂鬱ではない感じ
将来が楽しみ・・・・

私って 過去に執着しないタイプで
ただ 前しか 見れない 考えられない 能天気なので

嘘偽りなく 長年の我が家とサヨナラするのが 嬉しいです。

人類は 民族の大移動の歴史を繰り返しているので
本能的に私も 新天地に向かうのが
とても 嬉しいです。

同じ場所に居るのが どちらかというと苦手かもしれません。
好奇心が満たされる 引っ越し。人生に乾杯。

大きな家から 暖かいマンションへ 
終活 第一話そして また 
第二話 第三話と 続くような気がいたします。

私の人生が始まり終わるまで
MA VIE さんを 沢山 喜ばせたいと思います。音楽と共に・・・