シャンソン歌手

シャンソンの好きな方 ようこそ !

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 代11回目 中央区まるごとミュージアム リり・レイ シャンソンコンサート

2018年10月31日 04時13分07秒 | Weblog
中央区 まるごとミュージアム 2018年11月4日 日曜日  りり・レイシャンソンコンサート

中央区 明石町12-1 教育センター五階 視聴覚ホール  お問い合わせ 中央区文化・国際交流振興協会TEL 03-3297-0251
入場無料 先着順 各回 120名 一時間前より 入場券を配布


プログラム
一部 13:30

リオン駅          青木 雪枝

私の心はヴィオロン   とやみちる 弾き語り

懐かしき恋人の歌    土井 純子

小雨降る径        土屋 美耶子

帰り来ぬ青春       三神 裕子

リリ・レイ
パリの空 パリ野郎 ジャヴァネーズ 愛の讃歌 世界の果てへ              


二部 15:30

愛の讃歌            宮本 まり子

バラ色の人生         菊池 安佐子

懐かしき恋人の歌      前野 冨美子

ウィーンにて          鈴村 好恵

ミモザの島           宮本 裕子

りり・レイ
枯葉  黒い鷲 いつ帰ってくるの ある恋の物語 ベサメムーチョ

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY  弾き語りシャンソンの醍醐味

2018年10月31日 02時17分33秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY  弾き語りシャンソンの醍醐味

八月から
久しぶりに 作曲を開始したので
とても 新鮮です。

アポリネールの 五つの詩に作曲して
弾き語りするために
弾き語り稽古の 毎深夜です。

シャンソン作品に仕上げる・・・
メロディーは 天から降ってくるので
それには 苦労はしないのですが

コードの選択 リズムの選択は 
この五年間
ジャズピアノを習ったので
クラシックだけのピアノレベルの昔より
ほんの少し
アイディアが豊富になりました。

音楽色彩としては
毎週100本以上の生け花をしつづけ 
お一人様の孤独時間を長く
家で過ごし 料理や
裁縫などをしたり
クリエイトの時間を 嫌という程過したお陰様で
色々な 空間的な 想像力が
以前より増したように感じます。

人生 習って学んで継続したことで
無駄なことなど 何もないわー
と どれもこれも それほど 上達しては
いないのですが
まあまあ 自己満足です。

私の音楽には とても栄養になる孤独時間です。

ウドンこさんは 五年のパリ生活をやめて
日本に戻ってから
なーんと
ウクレレを 習っています。

先日の 芝パークホテルのコンサートの
伴奏に 夜いらしてくださる前 
昼間は
ウドンこさんご自身のウクレレの発表会に 
出演して
打ち上げに出ずに 我々のコンサートに
いらしてくださいました。

元気だわー
まだ ウクレレは初心者だそうです。

バゾリさんは パリで日本語と三味線を 習っているらしい

私は 
今は お休みしていますけれど
ジャズピアノと 裁縫と バレエストレッチを
習っていたので
欲張りでした。
どこにも 出かけたくない程 やることが一杯過ぎました。

フランス語は いまだに 個人レッスンしないと
下手になるので 続けています。

バレエ毎週土曜夜 習っていたのが 無くなり
自習になり
なかなか 毎週一時間することが 億劫になり
あっと言う間に10日間 筋肉を伸ばし忘れ・・

昨晩遅く あっ ボディメイクーーー
また 成城日帰り温泉にいき
バレエ床ストレッチ を 岩盤浴部屋みたいな
ただっぴろい 場所で
誰も居ない お一人 稽古して参りました。
痛い痛い
冬になり かなり 筋肉は かなり ちぢんでいました。

私の 何事も継続する もくもくこつこつでれでれ は
欲無し マイペース 怠けつつ です。

下手で もともと どうでもいいユルキャラで
ただ ぼよよよーんと続けているタイプ
です。

ブログとて だらだら 続けています。あっと言う間に
15年近いものね。へええええー

引っ越しも こつこつ もくもく てれてれ
埃まみれの毎日ですが
お稽古したり お教えしたり 自分の稽古したり
24時間を 適当に 割り振って 楽しんでいます。

やることが沢山あるって 私の生きがいみたいです。
忙しければ 忙しい程 心が ゆったり のんびり
します。
時間が 有り余る程あると
切なさ 虚しさが 台頭してくるので
今年の秋から冬は 心が満たされています。
引っ越しの 埃の部屋にも 少し慣れてきました。

今日は 今度住む部屋に 二度目 室内に入りました。
内検して
採寸したりして来ました。
わくわく です。
24時間 グランドピアノ演奏可能なんて・・・夢みたい。

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 東京シャンソンアカデミーの仲間達

2018年10月29日 00時49分20秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 東京シャンソンアカデミーの仲間達

間質性肺炎肺炎だった 芦野宏先生は 確か89才まで 
舞台で カッコよく シャンソンを歌い続けていらっしゃいました。
堀さんは いまも 美人のまま 間質性肺炎の後 お稽古にいらしたり
歌う会で 歌ったり・・素敵です。

伊藤先生も
酸素ボンベが 外れたら きっと きっと 伊藤夫妻二人で
お稽古にいらして
また 東京シャンソンアカデミーの
生徒会長と 会長補佐として
我々を 守ってくださるでしょう。











シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 感動 感激 感謝と共に暮らすシャンソン仲間達との絆

2018年10月28日 23時43分23秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 感動 感激 感謝と共に暮らすシャンソン仲間達との絆

一年半前の春先
伊藤雅治さんが  突然に 間質肺炎になり 
ご自身で お電話くださり 
これから 入院するので
個室ですから先生 お見舞いにいらしてください・・と。

そして
その後 直ぐに 危篤という知らせが 久子さんからあり
私は
手も足も唇も震えて・・・呆然

一週間前まで 稽古にいらしていたけれど・・
咳をなさるから
専門医に見てもらって・・と
伊藤先生に 頼んでいた矢先でした。

祈る思いで 毎日を過ごし
集中治療室に および下さり
ただただ泣いて手を握り合いました。

あんなに 悲しくショックな思いは
私の人生では 久しぶりの事でした。

つい この間まで 美声で歌う伊藤先生と
可愛いキャラクターの暗譜記憶力の良い久子さんが 
二人で 毎週 習いにいらしていた
土曜日でしたのに
突然に
その後 真っ暗な気持ちの土曜日になりました。
 
ピーちゃんも 号泣した夜が幾番もあったとのことでした。
毎夜毎夜 私も泣き続けていました。祈り続けました。

東京シャンソンアカデミーの生徒会長になってくださいな・・と
私が 伊藤先生にお願いしたとき
「自分から 立候補したことはあるけれど 頼まれたのは初めてです
喜んで お引き受けします」
と 前向き 積極的 頼もしい限りでした。

私達は お互いに 先生と 呼び合う師弟関係でした。

伊藤先生は引退後
介護協会の会長と 東京シャンソンアカデミーの生徒会長と
二つのボランティアを 邁進するとおっしゃってくださいました。

久子さんとお二人で 楽しんでシャンソンライフ満喫してくださって
そして
私が出演する沢山のノルマのあるコンサートの時は
「先生 私が 先生のティケット売りを お手伝いさせてください」と
いつもいつも
私を助けてくださることに
甘えつづけていました。

伊藤夫妻には無償の愛を沢山いただきました。
私は いったい何か 伊藤夫妻に 恩返しできないものか・・

いつもいつも 思いながら・・・
何も出来ないまま

突然の危篤。

お会いできなくなることの辛さが深すぎました。
お弟子さん達も 皆 伊藤夫妻が大好きです。

そして
奇跡が起こり 伊藤先生が無事に
在宅介護ということになり

退院して ご自宅に戻られた日 
私は 白いユリの花を自宅に 山ほどお送りしました。
その時
電話口で
「先生 久しぶりに退院して家に戻ったら
白いユリが一杯でした。又 歌えるようにリハビリして
稽古に伺います」

それから お会いすることはなく
何時の日か・・・また 歌いたいという伊藤先生の気合と
久子さんの 献身的な介護 リハビリが続いた様子です。
そして
昨日 土曜日
酸素ボンベと共に
伊藤先生が 我が家にいらしてくださいました。

まだ 酸素ボンベが必要で歌えませんが
稽古場に 来れたのです。

鈴村パパが 伊藤先生宅を 送り迎えして
成城を 引っ越す前に・・という
想い出の場所に 戻っていらっしゃいました。

下北沢に 引っ越すから また 習いにいらしてね。と
私は 伊藤先生の手を握りしめ続けました。
私の 全身全霊の 気 を 移入したつもりです。

歌いたくて仕方ない 気持ちだと思います。
伊藤先生は 歌うのが大好きだから・・

丁度
11月4日 日曜日の 中央区主催丸ごとミュージアムの
リハーサル開始の時刻
伴奏の近藤さんも みえて
成城の稽古場は 感涙の場に 変わりました。

皆 泣いていました。私も まだ 涙が零れます。
感謝 感動 感激
美しい感情というものは
涙となって
皆の 心の奥から あふれてきます。

こういう 仲間達の共通する情は不思議です。 
共に 学び共に舞台に出演し
ありとあらゆる経験を共にして
皆 下手なところから成長して 上手くなっていった
お稽古を継続しつづけた 絆なのです。

私にとって お弟子さんは 私の血と肉と息で
教えた 子供なのです。私の肉の一部
音楽という肉の一部です。
私の肉は 音楽でできているから・・・

思わず
ウドンこさんに伴奏を頼んで 
そこに 転がっていた楽譜で 二曲歌いました。
想定外

あまりに 感情が高ぶって 涙がこぼれそうで
それでも 何とか 伊藤先生と久子さんに歌いました。

私は
震災の後
お昼間の稽古の時
恐怖感で 声が出なくなっている生徒さん達に
弾き語りして 音楽で シャンソンで 
恐怖の心を癒そうとしたことがあります。

私が 出来ることは 歌う事だけ。
私の愛は その人の為に 歌う事。
私の愛と感謝は 歌う事で 気となって 伝わるはずだもの。

伊藤先生は
私が歌った後
程なく
 
帰って良いですか?
と 生徒のように 私に尋ねました。
先生は77才なのに 私には 7才に
とてもかわいく とても純粋に 愛おしく感じました。

お疲れだったと思います。ピーちゃんパパが お送りしてくださいました。
感謝いたします。

久子さんから お礼のメールが届いて
伊藤先生が帰宅してから
とても 良い顔をしている・・と
皆さん 美しいですね・・・とも 書いてありました。

音楽の神様に稽古という奉仕をし続ける絆
お互いに 切磋琢磨して 内面を磨き合って
出会えたこと 知り合えたこと 絆が生まれたこと
そして 感謝 感動 感激を共有できることに
改めて 深く深く感謝の気持ちが湧き上がりました。
ありがとうございます。

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY  クラシック声楽家 オペラ歌手 シャンソン歌手 

2018年10月27日 03時17分46秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY  クラシック声楽家 オペラ歌手 シャンソン歌手

大きな家に一人で住み かなり日々 整理整頓や掃除をマメに熟してきたものの
家には 押し入れや天袋
収納スペースが沢山あり

父や母の 新婚当時の 思い出のアルバムから
二人のやり取りした ラブレター 
喧嘩の手紙やり取り
父の仕事上手柄が 掲載された新聞切り抜きや
母の 取得したあらゆる免状
母の書き続けた 和歌の作品集何冊も・・

私の声楽家時代の 演奏会プログラム
オペラ出演の時のプログラムは 母が維持していたみたい。
私は 皆 過去の声楽家時代は 思い切りよく捨てたのに。

色々 次々と出てきて

彼らが亡くなってから 物凄い年月 
が経ったのに

入れる場所があったものですから
しまい込んだまま
月日は過ぎ・・・

子や孫が居るわけでもないから
あなた方の祖先は こんなだったのよーー
と 見せることもないわけで

しょっちゅう見て解雇する程
ファザコンでも マザコンでもないし
現在と 未来に生きる私としては
懐古趣味でもないけれど

色々な 過去の想い出の存在を知り
いざ 捨てようとすると
なんとなく 
衣類や食器 本と違い
躊躇する私がいます。

妹に電話して 貰ってよーというと
いらないわよ
捨てて頂戴ーーー

母と父の ラブラブ時代の写真アルバムなんて
その他
なんで
母たちは こんなに 沢山の手紙を残したのだろうか・・・
こういうのが 一番困る。

私が 他界したとき
子供が居ないから
業者さんが 皆 まとめて捨てて
片づけてくれるだろうけれど

そういう手配しておかないと・・・と

情というものは
困った感情です。
母の作品とて
何だか捨てる時 申し訳ない気がして・・
だからといって
六部屋ある 自宅に住み続けて
掃除人生続けるより

晩年は 歌手人生謳歌したり 労力は 音楽にかけたい。

高齢になってからは 残りの人生は効率よく
こじんまり 生活したい。
美奈子さんや 藤倉さん達のように
ばんばん 整理整頓して
元気溌溂に・・・と
願いながら

思い切りよく捨てなくちゃ
割り切って GOGO

丸二日間の 掃除人生も 明日は休憩。
音楽家として
シャンソン歌手としての 幸せを満喫いたします。

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 引っ越し作業で学ぶ人生 思想 哲学 生き方選択

2018年10月26日 17時18分30秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 引っ越し作業で学ぶ人生 思想 哲学 生き方選択の違い

人間は 生まれてくる時も死ぬ時も一人
と 人はいうけれど
孤独に慣れ 孤独を制覇した人こそ幸福を得る
とも聞くけれど

そんなに 簡単に割り切れるものでもない気がしています。

一人生活のメリットは 自由ということに 尽きます。

判断決断行動が 何の障害もなく 思ったようにどんどん片付きます。
相手が一人でも余計にいれば 家族  親戚 会社 組織などでは
勿論 報告 連絡 相談
が 綿密で マメでないと 会議ばかり多くて長くて 遅々として
先に進まず・・

阿吽で 物事を決めたり 進めたりできる絆という信頼関係
があれば 楽ですが・・・

又は 多数決に 納得して従える素直な人ばかりで
ドンとなる 決断判断行動の 人材が仕切り手にいれば
これまた 何事もうまく進みますが・・・

人間社会生活をしていく間
自分一人では 決して 生きられないので
関わり合う人々の中で
仲間は必要ですけれど
災いや もめることなく
自分の したいこと やりたい夢を
叶えて 幸福になりたいと願います。
とはいえ
難しいものです。

私は人生において
完全な お一人様時代がとても長いので 

伴侶も 親も 子もいないという
孤独という世界観は 学習して
一人で生きることに 慣れ親しんでいるものの

誰とも会わず 話さず 自宅にいたなら
一日目は 良いとしても
せめて 二日目は 外食か 買い物でもして 人と接しないと
人間という社会的動物として
しょぼしょぼ 枯れてきて
元気が湧かなくなります。

木曜日 金曜日 引っ越しの為に 自宅に籠り
まるで 受験勉強しているみたいに
自分の立てた スケジュールの通り
自分が従い せっせと
もくもく と 片付け 整理整頓 廃棄 業者との交渉
貰ってもらったり 買ってもらったりの 
お一人仕切り お一人絶対服従で
予定通り
どんどんばんばん 進むのは 
自分一人で専心して 体力気力があるのかも・・と
自画自賛したいところですが

知力体力気力も まだ女性の60代前半は 大丈夫だと
皆さん先輩女性陣が おっしゃる通りみたいです。

外国生活も含め自分自身の引っ越し以外でも
数店舗の 業種転換による引っ越し
母父の他界時の物の廃棄 物の移動

廃棄 と 引っ越しには 慣れているので
どの位の荷物に どのくらいの時間が掛かるか 
ほぼ分かるものの
もし 足腰の具合や 体年齢など鑑みると 
時間的余裕も含め
プロに全部任せた方が 良いかもねぇ

今回は 生まれて初めて 一人で 色々やれることは
自分でやろうと好奇心でトライしています。

最後の 廃棄は 業者さんに頼むつもりです。

仕事をしながら二階建て一軒家全室一人で引っ越しできる年齢としては
まだ 余裕かもですが
埃と 散らかった全室の 景観が酷くて 気が狂いそうです。

我が家は 室内は自慢の景観にしていたのに・・・
引っ越しを一か月かけて 楽しもうとしたら
なんと 一か月 埃と 散らかした整然とろしていない部屋を
見続けなければならないという事に
気が付きました。

あー 汚い部屋に 一日と居られない
眼が贅沢な私
景色がきれいでも 家の中が すっきり 明るく整然としていないと
精神が 狂いだし
とても 音楽なんて
とても フランス語なんて 似合わない
料理のお皿も
汚らしい部屋では 綺麗な食器が似合わない
そうしているうちに
私は
もしかしたら 歌手ではなくて カスなんだぁーという
気がしてきます。

横の長さ3メートル 高さ90センチの二階の 本棚の中の本は
もう一度 読みたいものばかりでしたけれど 捨てました。
本棚には蓋があるのに 本を縛るだけで 凄い埃。
霧のタンスの着物も まだ着るものは残し
不要物は 差し上げたり 売ったりしました。

霧のタンスにも扉があり 本棚らも蓋があっても 埃は酷くて
マスクと メガネして 手袋して 片づけているのに
眼が痒く くしゃみ鼻 鼻水
ハウスダストに 降参です。あーあーあー 
人生 経験。

引っ越し業者さんや 廃棄業者さん 買い取り業者さんとの
コミュニケーションでも 人生勉強させていただけます。

いまや モノ余りで 物満載の家や マンションを
そのままにして 入院したり 亡くなる方が とてつもなく多くて
そういう 廃棄業の需要が膨らんでいるようです。

まだ使えるもの 素敵なものを 安くても売るメルカリシステムは
古屋さんが得意で 端から 処理してくださり有難いです。
私の性格は メルカリのような 
相手不詳の方とのメール交渉向きではなくて
一度トライしたものの 精神的に萎えてしまいました。

戦後の高度成長で 我々は 豊かに買いたいものを手に入れて
家族を膨らませ 幸福を物質からも 得てきました。
今も 私は 綺麗なものは大好き
眼を楽しませてくれるモノ達に感謝して暮らしています。

綺麗な料理に綺麗な食器
花達の色彩
整然とした部屋で
自分は幸せを感じます。

その美から 私の心に温かさ 優しさ 愛情深さを
頂いているといっても過言ではありません。
なので モノ余りの時代を そうそう 否定は出来ない・・・
けれど 物との お別れする 潮時というものも
あるなぁーと そこは ぐぐぐーっと涙を呑んで
身ぎれい 心が潔く 生きなくちゃー
と 思っています。



シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY コンサートの感想文をありがとうございます

2018年10月25日 01時58分48秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY コンサートの感想文をありがとうございます

パリからバゾリさんのメールが届き
本当に幸せなコンサートだったということでした。
我々 音楽家にとって 音楽を演奏できる時が 人生の全てなので
あー 良かった

夏にバゾリさんから突然にメールで
四国に 演奏に来て 東京に三日間滞在して
お食事でもしましょう・・・という メールが届いたとき
私は
それらな コンサートを開催しましょう・・と 思い立ちました。

シャンソン文化を介して
人と人との絆 国と国の絆
小さな細やかな友好活動が出来たような幸せな気持ちになれました。

コンサートを開催するのは
私としては 昔から慣れっこですけれど
盛りだくさんの活動には
我がお弟子さん達 皆さんに支えられて
助けていただき
お客様がいらしてくださって
初めて成り立ちます。

皆さんが 喜んでくださる時
私は 幸せです。
お弟子さんで 一番若いピーちゃんに 記念の感想文を書いていただきました。
感動を 忘れないために・・
感謝感謝。

10月21日 リリ・レイ先生コンサート  パトリック・バゾリさんをお迎えして PARISの香り 

Lili Ley リリ・レイ シャンソンコンサート
2018年10月21日(日)
パトリック・バゾリさんの伴奏 PARISの香り
 来日パトリックバゾリさんと近藤正春さんと楽しむ日仏友好コンサート
会場:芝パークホテルバーフィフティーン
一部 リリ・レイ 伴奏パトリック・バゾリ
二部 リリ・レイとお弟子達 伴奏近藤正春
三部 お客様の歌える会

    感動コンサート

コンサート開始前、お客様をお迎えしているリリ先生のドレスとスタイルに
まず、皆で圧倒され、魅了されました!!
ブラウンに裾はブルーグラデーションでスパンコールが輝いていて、
「まるで人魚姫マーメイドの様!」
又、背中や脇が大きく開いていて、「かっこよく、セクシー!」 
「大人の女性の香り・雰囲気満開で、色っぽかった!」と皆さんおっしゃっていました。
本当に、美しいプロポーションとドレスが見事にフィットしていました。

そして、一部は、パリから来日のバゾリさんの美しいピアノで、リリ先生とクリエイト。
パリの香りを感じ、色々な世界に行った気分になりました!!!

「パリの空の下」では、バゾリさんの演奏とリリ先生の歌声で、ラストには、パリの空にまるで虹が、かかっているように感じました。「パリ野郎」では、パリのまた違う面を皆で一緒に味わい、「そんなパリも、やはり最高!」という気分になりました。「リオン駅」「いつ帰ってくるの」「黒い鷲」とバルバラの曲が続き、「リオン駅」を聞いて、雨のパリに別れを告げ、リオン駅にすぐに行きたい気分、情景が浮かびその先のイタリアまですでに行った気分にもなり、「いつ帰ってくるの」では、パリの春から秋への変化、「黒い鷲」では湖畔にいて鷲の動きを感じながら、切ない気持ちをエレガンスな音楽の中で一緒に体験出来ました。

ピアフの「ハンブルグにて」では、色々な港が浮かび、先生の英語・スペイン語・ドイツ語のセリフがかっこよく、
同じくピアフの「私は後悔しない」では、バゾリさんの伴奏で先生と皆さんと歌うことができ、とても楽しかったです。

「ラ・ジャバネーズ 」は、りり先生の美しい仏語・歌声、そして抱きしめられているポーズにウルトラセクシーと歓声が上がりました。「ラ・メール」は、リリ先生とバゾリさんの音楽で海・夏空を感じ、お洒落な後奏が印象的でした。

大好きな「世界の果て」では、すばらしい国に一緒に連れて行って頂いた気分になりました!!
(感動してうっとりと夢心地だった為、曲順は、順不動です。)

「世界の果て」の後、本当に先生は10曲も歌われたのかしらと思うほど。あっという間、5曲くらいの長さに感じ、
このままさらにせめてあと「10曲アンコール!」と言いたくなりました。

観客の皆さんは、「リリ先生の歌とバゾリさんのソフトで力強くお洒落な感じの演奏で、パリの香りがしました。」・
「フランスに行った気がしました。」「とても心地よい気分になりました。」等々…ニコニコ顔でした。

打ち上げでは、バゾリさんが「今日の演奏は、電気が走ったように指が動いた。うまくいった気がする。すごく楽しかった。」 とおっしゃり、リリ先生「Moi aussi 私もよ」とおっしゃっていました。

私も大感動!興奮! 美しい余韻のまま、二部へ。皆さん素敵ですごい! 
あっちゃん(父の従妹)から「とても楽しいコンサートでした。リリさん、素敵でしたね!!お弟子さん方も大変良かったですよ。私でも皆さまのシャンソンが回を重ねる毎に上達して、自分らしさを出して歌っているのがわかります。また次も楽しみです」との感想が届きました。
生徒さんのシャンソンに感動していると、リり先生の「べサメ・ムーチョ」! 会場から「わあ、聞けるの?」
「待ってました!!」との声が、聞こえました。
バゾリさんは、とてもとても嬉しそうに聞いていらっしゃいました。
ご自分が弾いていらしている時は、リリ先生をご覧になれないので、初めて実際にご覧になられたのですね。
近藤さんの伴奏でリリ先生の「べサメ・ムーチョ」リリ先生の声が音楽が、自然にどんどん進んでいく感じで
とてもかっこ良く、そしてセクシーでした。
途中で「ダリダのまね」とお茶目におっしゃった後、そのポーズが見事に美しくて、思わずカメラ連続シャッター。
音楽、歌い方は、もちろん、ダリダの真似ではなく、リリ先生の歌い方ですごく魅力的でした。

りり先生の作詞作曲「シャンソニエ」を私も一緒に口づさみながら、「ぐっすり眠れて 美味しく食べれて 毎日歌うこと
明るい 笑顔で 元気に生きてゆければ それが夢」なんて幸せなんだろうと思い、温かい気持ちになりました。


三部のお客様の歌える会では、生徒さんや仏語シャンソン愛好家の方々が歌われ、バゾリさんいわく「二部も三部も皆さんフランス語で本当にすごい」と驚いていました。
「リリ先生が、情熱的で丁寧に生徒一人一人に、教えてくださるので先生のお蔭なのです。」とお伝えしました。
フランス語のシャンソンは、本当に難しく、リリ先生に教えて頂いたことを皆さんが、素敵に表現されすごいと思いました。
リリ先生のシャンソンが好き、フランス語が好きという方々は、生徒さんでなくてもご自分で勉強し歌われ、またすごい!
私達生徒が歌う時に、テンポなどを果てしなく、さりげなく、瞬時に合わせてくださる近藤さんはすごい!
急遽来日決定したバゾリさんとスケジュールが合い、偶然、奇跡の連続のリリ先生コンサート!!
その場にいた全員が楽しそうで幸せなムードが 漂っていました。

本当に素敵な感動の一日でした。「フランスでこんな楽しいコンサートは無い」とバゾリさんがおしゃり、打ち上げでは盛り上がりました。まさに日仏友好でした。
(来年3月にバゾリさんが来日され、またコンサートの可能性があるとお伺いしました。)

リリ先生のコンサートを今年、あと3回、聴くことができて嬉しいです!!

☆11月4日は 中央区「まるごとミュージアム」
①13:30~ ②15:30~(各回50分)
教育センター5階 視聴覚ホール

☆11月11日は 「愛の詩人アポリネール オマージュコンサート」
18時~21時 芝パークホテル 別館一階 バーフィフティーン(全50席まで)
一部 アポリネールへのオマージュ。 
アポリネールの詩でナタリー先生が朗読、ソプラノ歌手武内朋子さんがプーランク作曲歌曲を歌われ、
リリ先生はアポリネールの五つの詩に作曲したシャンソンを歌われ、楽しみ。
二部は武内さんのフランスオペラ
三部はリリ先生と弟子達のシャンソンと お客様の歌える会

☆ 12月23日は 「クリスマスディナーショー 皆で楽しもう クリスマス!」
18時~21時 芝パークホテル ローズルーム
一部 皆でシャンソン 二部 リリ・レイショー 三部 歌う会
(シャンソンとディナービュッフェ・フリードリンク)

どれもとてもとても楽しみです!!

興奮・感動の余韻で元気ハツラツ!!
ありがとうございました。
メルシー満開!
感謝のうちに。


シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY  いよいよ冬の到来

2018年10月24日 00時58分00秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY  いよいよ冬の到来

寒くなりました。あっと言う間に 冬。
暖房を入れています。
私が もっとも 不得意な寒さの季節です。

トン汁作成
引っ越し準備を楽しみながら
荷物の中で 料理したりしています。

次のコンサート舞台は11月4日 中央区主催の 丸ごとミュージアムです。
このコンサートへの出演依頼は 11回目です。
11年前を 思いだします。

毎年11月初旬に開催される恒例イベントになり
年頭に 中央区から 依頼の書類が届きます。

引っ越し作業しながら舞台稽古している
私には 昔から 慣れています。
私の人生って
二十歳過ぎて 家を出てから
引っ越しが とても 多かったです。

そして 舞台出演は ずーっと続いているので
稽古を休んだことなどない 音楽人生が続いています。
歌う事 料理を作ること 掃除をして片付ける事
それだけが 私の人生のような・・
そんなきがする私の生活

さあー 片付けなくちゃー
さあー 捨てなくちゃー

来月半ばに 成城から 少し都心に近く 駅に近く 下北沢に超します。
365日 24時間 音を出せる ビルです。

今の自宅の 三分の一の広さなので 荷物も三分の一に
減らして 身軽にならなければなりません。

どうしても 手放せないのは ステージ衣装と楽譜 音楽本と 着物と
食器です。
本も洋服も はしから バンバン捨てています。
何だか どうでもよくなって 物を見るだけでうんざりしてきます。
 
全部捨ててしまい
ホテル暮らししたい位です。
あー 声が出せない部屋では 困るわぁー
あー ピアノが無いと 困るわぁー
裸では 生きれないし ごはんも自炊しないと栄養が今一つだわー
なんだかんだ
生きるという事は モノが 必要という事です。
あー 寒くなったら オーバーコート ブーツも必要だしーーー捨てられない。

私の人生で 二十回以上の引っ越しを してきました。今回も 楽しみます。

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY  フランス語シャンソンコンサート翌日の自分的行事

2018年10月23日 03時24分22秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY  フランス語シャンソンコンサート翌日の自分的行事

パリジェンヌの藤倉さんを 昨晩 銀座のホテルへ
ピーちゃんパパの車でお送りして
我々は
大量に ウイスキー摂取した藤倉さんを
心配していましたけれど
朝 お電話があり
元気の様子。

会社へいらして社長業を熟し
夜は歌舞伎を鑑賞して
新幹線で ご自宅の湯河原へ戻られて
シンデレラタイム頃 お電話いただきました。
わぁーーー元気ーーーー素晴らしいーー

私は
コンサートの翌日は
どーんと 気落ちするのが常なので
午後
二子玉川の高島屋へ 出かけました。
夕食は 天一で 天ぷらを食べて
自然食品店で買い物し
デザートをキャフェで頂いて
三時間くらい デパート散歩して
帰宅しました。

毎度のコンサートの後は
打ち上げして アルコールを飲んで
神経を緩めて 
仕切り直します。
また 次のコンサートへ 旅立ちます。

舞台は 私にとって ハードボイルドな 小旅行です。
自宅練習と リハーサルゲネプロ 本番と 接客などで
丸一日 立ちっぱなし歌いっぱなし
リハーサルも含めると30曲 40曲と 集中し
歌い 演技し続けるので
翌日は とてつもなく
空虚な感覚になります。

舞台緊張は 中毒的な激しい刺激です。
山高ければ 谷深し・・・
今宵は 虚しい明け方になりました。
昨夜は 幸せでした。
皆さんの笑顔が 蘇ります。

皆さんが 喜んでくださる為に また 稽古して洞察して
次の舞台の為に エネルギーを貯蓄いたします。


シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 10月21日 日曜日 芝パークホテル BARのコンサート

2018年10月23日 03時20分53秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 10月21日 日曜日 芝パークホテル BARのコンサート

あっと言う間に 火曜日になってしまいました。
21日 日曜日は 長くて 濃くて 幸せで 感動的な一日でした。

あまりに 素晴らしい盛り沢山の感動があり過ぎて
明け方まで眠れなかった ピーちゃんと 私。
メールのやり取りが 深夜三時まで続きました。

ピーちゃんから 沢山の写真をメール添付で 
お送りいただきました。

他にも 皆さんから ぞくぞくと 大喜びのメールが届き
あー 良いコンサートだったのだわねぇ
と 嬉しく思いました。

皆さんが 喜んでくださり
まるで パリに旅してきたような
コンサートだったと おっしゃっていただけると
あー
全て 私としては 労が快楽になります。 

もう 外国旅行は 体力的に行けない
と おっしゃる藤倉さんですが

パリが あちらから バゾリさんと共にやってきてくれた・・・という
世界でしたので

バーでも レストランでも 藤倉さんチップが ばんばん

芝パークホテルでは
もう 何十年も昔から藤倉さんは 特別重鎮です。

私は 
バゾリさんの伴奏で フランス的感性の
音楽を感じて のびのびと歌いました。
幸せでした。

一部 私とバゾリさんの演奏の後
二部の ウドンこさんの伴奏のお弟子さんのコンサートを
聞いてくださったバゾリさんは あまりにも お弟子さんのフランス語が
上手いので 喜んで
お弟子さん達の歌唱の
写真や ビデオを撮っていらっしゃいました。
三部の お客様も歌える会では
私も バゾリさんも 飲みながら 楽しんで 皆さんを聞きました。

85才の川名さんが フランス語でROMANCEを 良い声で
良い発音で しみじみ 歌ったので
バゾリさんは 驚いていらっしゃいました。

私は パリの香り・・・を意識して
13年前にPARISで購入した スパンコール衣装を
久しぶりに着ました。
下着無しで着るタイプのスパンコールフィットドレス
ですが
ボディサイズとスタイルが 長年
まったく 変化しないのが
私の特技みたいで ラッキーです。

芝パークホテルのコンサートは
いつも 飲みながら三時間続きます。

音楽の力は 凄いですね。
あっと言う間に 三時間が過ぎます。

歌手が 沢山出演すると 気合の力 エネルギーが山ほど浴びれます。
歌手が出す オーラ エネルギー 波動 パワーは
とてつもない人間力だと思います。

そして 今回は 二人の伴奏者ですから
盛りだくさんでした。

コンサートの後
芝パークホテルの キャフェレストランで 13人が集まり
バゾリさんと ウドンこさんへの感謝の打ち上げを
致しました。

そこへ バーの担当 上野さんが 藤倉さんにウイスキー竹鶴21年を
お勧めにいらして・・・
あーあーあー
皆さんに ボトルで振る舞いつづける藤倉さん
ご自身も たーくさん 召し上がり・・

バゾリさんが ビックリ仰天

表現力 気配り 指や手を 絶えず動かしている
藤倉さんを 絶賛していました。
藤倉さんはバゾリさんの
おばあ様に 顔も体つきも そっくりだ・・・と おっしゃっていました。
藤倉さん パリジェンヌってことね。

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY  パリの香り 芝パークホテルコンサート と 打ち上げ会

2018年10月22日 23時14分43秒 | Weblog












シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY  芝パークホテルBARフィフティーン コンサート10月21日

2018年10月22日 22時59分36秒 | Weblog



シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY  芝パークホテル BARフィフティーンの コンサート

2018年10月21日 00時41分00秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY  芝パークホテル BARフィフティーンの コンサート

10月21日 日曜日 会場17;30 開演18:00

出演のお弟子さん達と リハーサルの土曜日
芝パークホテルの為の 皆様の振付も 無事に出来上がり
安堵いたしました。

明日の本番は お客様とご一緒に
私も お弟子さん達のシャンソンを 聞き入ります。

パリの香りコンサート

パリ在住 パトリック バゾリさん

去年まで
ウドンこさんも 五年間は パリ野郎でした。

私は ベルギー帰国子女
でも パリには ベルギー滞在時代 マイカーで
歌のレッスンに 良く通いましたし
昨年まで
ずっと
毎年 パリに 行き続けてきたので・・・

あっ 今年は パリに行くどころではなく 
演奏活動が続き
パリの代わりに
夏に 屋久島に行きました。

ほぼ毎週 ナタリー先生に習い続けているお陰で
フランス語が 身近にあるので
フランスが 遠くにはならず

バゾリさんが パリのシャンソンの香りを 五月と十月に
運んでくださった。 今年は
パリに行かず
パリが やってきてくれる 訪ねてくれる
そういう 運命なのかなぁー

私の運命には 私自身もビックリ仰天
本当に
生まれた時から
今まで 退屈することなく 色々 奇想天外なことが
大吉続きで ぞくぞく やってきて
今年も ますます あっと 驚くことの連続です。

さぁー 明日も大吉的に 良いことが沢山ありますよ。


シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY  花達の寿命 菊と百合は長生き

2018年10月20日 01時05分33秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY  花達の寿命 菊と百合は長生き


玄関は とても寒いので
生けた菊の花が 生き生き 元気で 大きな花を誇らしく咲いてくれています。
手のひらサイズよりまだ大きくて
花びらが 花火のように 線のように広がっています。

菊の花は長生きです。
菊から菊へ・・と ジャックプレルの壮絶なシャンソンを思いだします。
DE CRISANTEME EN CRISANTEME

百合の花も 負けじと元気です。
私的には
百合の花は 水が濁らず 最後の一輪まで咲くのが気に入っています。
一つの茎に五輪位は 花芽があり
下から順番に咲きますが
真夏は 一気に咲いてしまいますが
真冬になると
二週間から三週間かけて
全部の花を咲かせます。

菊も ユリも 最近は 数多の種類があり
ピーちゃんパパが 届けてくださる時
毎度 違う種類なので
刺激的です。

先回のピンクの百合は めしべが 黄色でした。
だいたい めしべは赤いのですが・・・

花達と 対話しながら生け花しているので
三時間くらい 掛かる日もあります。
暫く
引っ越しの支度に時間を掛けることにして
生け花は 休憩です。

お店時代の18年は 数足の草鞋を履いて
経営社 店ママ 店歌手 舞台歌手 歌先生
掃除人 経理人 家庭人
ありとあらゆることを 何でもやさんみたいに
活動し続けたので

今現在は
どんなに 仕事量が 同時に増えても 驚かないのですが
花達は 綺麗な部屋で 静かな精神で居る時の方が
美しく クリエイトできるので
バタバタしている 
床にモノが転がっているようなときは
生け花は 似合わない。

今 我が家は 引っ越し作業で 
稽古部屋以外
万引き家族という映画の中の部屋みたいに
凄いことになっています。

押し入れ 天袋 物置 
一軒家には 物を 置くところが山ほどあり
全部
引っ張り出すと
何もかも 使用しないものだらけなのに
ただ その中に 置いてあります。
へぇーーー

人生において 必要なものって 何なのかしら・・
何だったのかしら・・・
自問自答しながら・・・

あー 必要だったのは 経験
これからも 経験こそが 人生だわーー
知らない事を知ること
やったことのないことを試してみる事

手に入れたくて 購入したものも
やがては 必要でなくなるーー
永遠にそばに置いておきたいものなんて 何もない

歌いたくて勉強した歌も やがては 歌わなくなってしまう。
人間って 飽きっぽい 
人生に飽きないように
色々まだ 好奇心で 楽しい事を 経験していこーっと。

母の遺品の 毛糸と 編み針の量の多さに ビックリ仰天。

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 歌手で居続けたお陰様

2018年10月19日 23時33分31秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 歌手で居続けたお陰様

自分の体の事が よーく 手に取るように分かり 
好調 不調 まあまあ・・など
客観的に 自分の体の声が聞こえ
それを感じて調整するのが得意になったのは
歌手の人生が半世紀続いているからだと思います。

歌手の体は 楽器だから。音が出ないのは 困っちゃう。
身体が良ければ 音も 良い。
無理して出すのではなくて
声というのは 楽に 響くものなのです。

先週の金曜日 突然寒くなり
唾をのむと 痛かったので
あっ
数日前に30度以上の真夏日から 十度も下がると
身体が冷え込んだのかもー
っと 感じました。

土曜日夜は
新宿テルマという日帰り温泉で のんびりして
日本酒飲んで 枝豆食べて

あご の出汁のラーメン屋で
背油入りの ラーメンを食べて
夜中の新宿を6000歩
歩きました。

日曜日は フランス語レッスンに行き
アカペラで一時間以上歌い続け
よろよろ でしたけれど

頑張って
喉痛 で ヘロヘロなのに
お一人鍋 豚しゃぶを250グラム
白菜 春菊 キノコ 白ネギと共に・・ 
そして
レモン みかん りんご
マヌカはちみつ しようが湯
ゆで卵
牛乳 ヨーグルト
詰め込めるだけ詰め込んで
10時間以上寝続けました。

月曜日 完治。

そのまま 今週は 毎夜 防音室で
かなり 歌いこみました。

本日は 
金曜日の皆さんが おかえりになってから
自炊して
夜七時半 成城温泉に行き 岩盤浴風の部屋で
バレエストレッチして 大汗かいて
先程 帰宅いたしました。

温泉場の体重計に乗ると また46キロ
あれぇーー理想は47キロ

あわてて 食堂で ラーメン食べたのですが 
添加物系の味がして ガッカリ・・

練習した後 夜食を食べて 太る努力します。

風邪をこじらせた方もいらっしゃいますけれど
私は 何とか 無事に 冬モードの体調に 調整しつつあります。

一軒家は マンションより6度 気温が低いです。
なので 突然 夏バージョンから
冷え込むのが 怖いです。
やはり 我が家のお風呂より 日帰り温泉が 温まります。

本当の温泉に行く時間が無い時
仕事の日常の最中
日帰り温泉や マッサージなどの
身体ケアーをする方法を 教えてくださったのは
藤倉さんです。

藤倉さんは ずっと現役の仕事を続けているので
責任感から 体調管理の方法を
編み出したのかなぁー

私も 歌手の人生が長いので 元気噴出させて 
ご機嫌 ニコニコわくわく方法の
編み出してGOGO
  
自分の運命に感謝です。人生にも感謝。

意図して 歌手になったわけでもないけれど
なってしまい そのまま歌手のまんまなのが
心身健康の秘訣のような・・
そんな 気が しています。