シャンソン歌手

シャンソンの好きな方 ようこそ !

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 8月31日 夏は台風とともに去りゆく

2016年08月31日 02時47分45秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 8月31日 夏は台風とともに去りゆく


台風の影響は 左程は無く
中央道の山々の 雨にぬれる夏の緑を
楽しみながら 無事に 東京へ戻りました。

我が家への帰路の途中に 鈴村家があるので
山梨の地元の朝積み野菜や お土産を届けて
我が家に戻り
またまた 一人 幸せ感の余韻に浸りました。

久しぶりの我が家は ありがたい空間があるし
珈琲を入れて
お仏壇に 旅の無事のお礼を伝え

一時間ほど仮眠いたしました。

それから
やたらめったら 元気が湧き上がり
洗濯 掃除 整理整頓 事務処理
炊事など 日常仕事が はかどる はかどる・・・

夏休み
生活環境を変えて
善意の魂のシャンソン仲間に パワーを頂き
私の 全身全霊が また エネルギッシュに パワーアップ。

相変わらず 今も
あの 王侯貴族の 美酒の 思い出に浸っています。
思い出せる味は テタンジュのシャンパン マルゴー
ラトゥール ロットシルド
貴腐ワイン 仁左衛門・・・・

ロマネコンティの 味は 官能と夢心地・・・のみの記憶です。
味の記憶も出来ない程の 夢うつつのワインなのだと思います。

いわゆる 幻の美酒なのですね。
簡単に出会う事が無いという事です。

あー 凄い あー 興奮 あー 人生経験
いやー 何ともはや 
きっと 死ぬまでこの思い出は 薄れない事でしょう。

シャンソン家族の鈴村家 藤倉さん
シャンソン仲間の 伊藤家 宮本家
私は
皆様のお蔭で またしても 文化芸術の五感の快楽を
与えて頂けました。

仏壇に手を合わせ 先祖様皆さんに 今の幸せを報告いたしました。
そして 空間に手を合わせて
みえない 八百万の神様に向かい ペコペコ
お辞儀して お礼を伝えました。

感謝 感謝。




シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 8月31日 夏は台風とともに去りゆく

2016年08月31日 02時34分48秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 8月31日 夏は台風とともに去りゆく

昨晩 マッサージが 良かったかどうか・・
一時間の間
自分のイビキで 目が覚めちゃうくらい
ぐだーんとマグロの様に横になり
全身 凝っていますねーという
声が聞こえるのみで
あー きもちいいーと思いながらも
ヨダレを垂らして 伸びていました。

宮本裕子さんからも ステキな旅の皆さんの
笑顔の写真が
携帯に届いて
ピーちゃんからも写真も沢山添付で
到着していて

嬉しさ 懐かしさのあまり
また ブログ入れて 思い出に浸り
寝たのは 深夜二時。

マイスリーを 持ってくるのを忘れたのか
失くしたのか
旅の間 見つからなくて
睡眠薬なしなので

うとうとしては ワインを思い出して
寝れない位興奮していました。

旅の前日は マイスリー飲んでも
いつも ほとんど 三時間位しか寝れていないので

飲んでも 興奮している時は
私の場合 睡眠薬は 効かないです。

もっとも マイスリーは 短眠型の 
睡眠導入剤なので
大興奮とか 激しい感動 極度の心配 や
プレッシャーがあれば
効くわけがありません。

特に 私は よく言えば 感受性が強い
タイプで
悪く言えば 理性と知性と自己管理能力が
乏しいタイプですから

睡眠というのは 安らぎと休息時間を
身体や脳が 要求する時間なはずですが

体力過多で 能刺激と 心と魂が感情と
連動するタイプの本能的な私は
まず
リラックス出来ることなんて
ほとんど 無い人生です。

それでも
リラックス出来ない刺激的な私の人生は
それなりに 素晴らしいですよ。
疲れるわけではなくて 
いつも 今日と明日に向かって
興奮しているだけですから・・・

さて そんなわけで
寝ているのか 起きているのか 夢かうつつか
目が覚めたら 
山中湖の朝は 真っ白い霧の中
雨も振っていて
窓の外は 白濁の神秘の世界でした。

あー 此処は 山中湖 富士山に抱かれて
寝ていたのだわー

お腹は空いていなくても
朝八時半から 十時半まで
大きな窓のある レストランで
ビュッフェ朝食を
次から次へと とってきては頂きながら
藤倉さんと お喋りしながら
二時間も 食べ続けました。

マウント富士の朝食ブュッフェは
素晴しくて
お野菜は 機械で切った感じではなく
手仕事。

和食もあるし オムレツもシェフが焼いてくれるし
パンも 手作りで
至れり尽くせりです。

一番 感動したのは
私の大大大好物の 生ライチ―が沢山 
おいてあり
気分は 最高ボルテージです。

タイや カンボジア バリ島に行くと
私は ライチ―と 竜眼を バケツ一杯位
朝 ずーっと 猿みたいに皮を剥いては
食べ続ける程 好きです。

ありがたい 幸せを 又 感じました。

藤倉さん 今朝は 足の痛みも無いらく
凄いスピードで 歩いていたので
どうして こんなに回復したの?
とお聞きしたら

いつもよ。プールで歩行して筋肉強化して
そのあとメンテナンスすると
回復するのよーーー
とのこと。
そして 良質のパワー美食を大量に
補てんするので アスリートみたいな生活に
みえます。
素晴しい。お肌も つやつや つるつる。


シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 夏の思い出2016年8月29日から30日

2016年08月30日 01時07分12秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 夏の思い出2016年8月29日から30日

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY オーベルジュ オーミラド

2016年08月30日 00時20分20秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY オーベルジュ オーミラド

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY シャンソン仲間たちとの 芦ノ湖オーミラド

2016年08月30日 00時13分37秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY シャンソン仲間たちとの 芦ノ湖オーミラド

オーミラドに到着したら
大雨
宿泊している バリ島地域から レストランまで
傘をさして 民族の大移動。

二次会の時も
部屋に戻ってからも
朝まで テレビも パソコンも無い
部屋では 土砂降りの音が バックミュージックでした。
そして
帰宅時は 雨は止み 太陽が照りました。



シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY ふじさんパワー ふじくらさんパワー

2016年08月30日 00時10分06秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY ふじさんパワー ふじくらさんパワー

オーミラドの朝食



シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 芦ノ湖から 山中湖 シャンソン母との旅 

2016年08月29日 23時25分08秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 芦ノ湖から 山中湖 シャンソン母との旅

亡き芦野宏先生から ご紹介された藤倉さんですが
こうして ご一緒に旅をしていると

シャンソンの母という 感じです。
いつも元気と 刺激を下さるのですが
あっという間の12年間で

二人とも12才 加齢したはずですが
そうは 思えず
毎年 若返っている気がいたします。

特に 藤倉さんは お洒落なので
服装や 装飾品のセンスだけではなく
肌も ボディも メンテナンス
食事栄養も 素晴らしく

山中湖の マウント富士のプールでは
一時間の水中ウォーキング
なさります。

やはり そのあとは かなり 筋肉が痛いらしいです。
それで 私も藤倉さんも 
夕食と バーの後 マッサージを頼みました。

夕食は フランス料理でした。
全て とても美味しかったです。
山梨産の ヒレステーキが 抜群。

そして
バーへ行き バレンタイン30年をダブルで
頂き
夏休みと 昨日の ワインの宴の大成功にカンパーイ。

マッサージが終了したら
私の 肉体は 楽ちん。

土曜日の バレエの筋肉痛が出ていたので
私も マッサージで ボディのメンテナンスできました。

ピーちゃんが
東京に着いてから
沢山の オーミラドの写真を 送ってくださり
アップすることに致します。 

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY オーミラドから 山中湖へ

2016年08月29日 16時08分55秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY オーミラドから 山中湖へ



鈴村家ピーパパの車は伊藤家と共に 朝九時に東京に向かいました。
宮本家とも お別れしたのに

なーんと
山中湖の 忍野八海近くの 山の上にある
天翔庵という お蕎麦屋さんを
裕子さんから 教えて頂いたので
携帯で検索して
藤倉さん共に 私の車で お昼に寄ってみると

宮本家の皆さんと 出会いました。
えーえーえー

待ち合わせしていたわけでも無く
偶然ですが
宮本家は 既に 食事を済ませて
帰る車の中でした。

我々は 山中湖マウント富士ホテルで
夏休みの二泊目を 遊ぶので
チェックインまでの 時間稼ぎ・・・

初めての お蕎麦屋さんで
美味しかったです。
とうもろこしの茹でたてが
レジで 売っていて
藤倉さんは お蕎麦の後のデザートに

マイカーの中で 召し上がっていました。
あつあつで 美味しそうでしたけれど
私は
お腹が苦しくて
とても 無理でした。

お蕎麦も 少し残したほどです。

いつも 夕食しか食べない私にしては
藤倉さんとの 旅の時は
とても よく食べるのですが

いま
マウント富士の部屋でブログを
入れていても
お腹と 胃が 満タンです。

台風の影響は 富士周辺には 皆無です。
晴天ですが
富士山の二合目より上は 雲がかかっています。
富士山の 雄大なシルエットが見えるのみですが
夕日が 見えるかもしれません。 

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 芦ノ湖 オミラド のシャンソン仲間

2016年08月29日 15時42分10秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 芦ノ湖 オミラド のシャンソン仲間


あまりにも
興奮しすぎて
ブログを 入れていても まだ 宇宙に脳が飛んでいます。

ピーママは お酒を飲めないので
申し訳ないけれど
いつも 
我々の旅の時は
愛犬アンジュ様と お留守番が多いので
オーミラドの旅行は 初めて ご一緒でした。
嬉しいです。

我々シャンソン仲間の パパ様三名
伊藤パパ 宮本パパ 鈴村パパ
大活躍。

藤倉さんは なんといっても
オーミラドの 大常連ですし
どんな時も 英知満載のアイディアウーマン。

そして
全てを具現化していくのも
学生気分で 楽しくて仕方ない
雰囲気です。

10名が あうん で 気心知れて
なんと 素晴らしい 魂の宇宙なのか・・・と
私は
音楽の神様 シャンソンの神様に
感謝 感謝。

シャンソンの絆で 出会えて
こうして みんな 子供の様に感動して
楽しめるなんて・・・

ディナーの後は
ピーパパの部屋で 二次会でした。

私は 
部屋に戻り
ベットに転がったら
気絶して 一時間半も 寝てしまい
電話で起こしていただいて
ぶっ飛んで参加しました。

美味しいお酒と美味のディナーの後
「仁左衛門」という 日本酒を宮本パパが提供して
下さったので
その 美味しさは 素晴らしくて

日本酒大好きな私は
皆さんと
深夜二時半まで また 盛り上がってしまいました。

解散して 部屋に戻ったら
まだ まだ お一人でも興奮していて
ロマネコンティに 思いを馳せ
楽しすぎて 寝ているのか 起きているのか・・・ 
うとうと・・・
朝食の時間を 一時間早く 勘違いして
一人 食堂へ 出かけたら

温泉風呂へ行く ピーちゃんと出会い
「先生 一時間早いですよ」

あれあれ
寝ているのか 起きているのか
オーミラドの合宿は 
昼も夜も 繋がってしまい

土曜日の夜から 何が何だか
宇宙空間に 飛んでいるようです。

感動感激 感謝の 念だけが
脳裏を駆け巡ります。

朝食の時 皆さんの顔が光り輝いていました。

「玲さん あんなに 沢山飲んだのに
全然酔いが 残らないのは なんでなのよ」
と 藤倉さん。

藤倉さんは ずーっと 誰より元気でパワフルです。

「やはり 美酒は 添加物も防腐剤もなくて
身体によいから 残らないのよねぇ―――」
ピーママも
仁左衛門を 飲んだそうです。

役者の仁左衛門も いい男ですが
日本酒も 素晴らしいーーー
水もしたたる いい男のような 良いお酒。

ほとんど 睡眠不足のはずの皆様 全員 朝から
元気溌剌。オーミラドの朝食も 美味しかったです。

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY フランス文化堪能シャンソン仲間

2016年08月29日 14時06分54秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY フランス文化堪能シャンソン仲間

シャンパンは テタンジェ

そして
ボルドーワインは 伊藤先生がパリから かつて
飛行機で運んだという
五大銘柄のボルドーの
シャトーマルゴ
シャトーラトゥール 
シャトームートンロットシルドが
提供されました。 
そして 鈴村パパの ロマネコンティは40年モノ
丁度 宮本裕子さんと 同じ年齢の ブルゴーニュです。

デザート貴腐ワイン も鈴村パパ提供

どのワインも状態が良くて
感激です。
勝俣シェフが そのワインにソムリエと共に
相談して ワインと お料理の相性は
お見事でした。

特に
ロマネコンティは
年間5500本しか 生産されない貴重品であり
40年間もの 眠りの後の目覚めでしたので
心臓が 高鳴る感じで
味わいました。

昔 その昔ベルギーで
クラシック歌手の三十代に 頂いたことがありますが
すっかり 忘れてしまっていた
得も言われない 味の美に 酔いしれました。

味というのは 忘れてしまうものですね。
感動というものを 脳に焼き付けるのは
難しいです。

それにしても 素晴らしい 特別給の品格の
ロマネコンティ。
上手く表現できないけれど

舌の上に 一滴 乗せただけで
刺激の無い 滑らかで豊かな 膨らみが
広がり
溶けるように 喉に滑り込み

口の中に 絵を描いたかのように
多彩色の 夢物語が
口から 脳へ伝わります。

ルビー色の透明な液体が
あらゆる色に 膨らんでいく感じです。

どこにも 類似した味はありません。
記憶にとどめておくには
あまりにも 癖が無さすぎて 穏やかな味なので
脳に記憶するのが 難しいです。

40年前のロマネコンティを
オークションで
愛好家が手に入れる為には
200万円位 掛かるらしいです。

鈴村パパが 我々の為に
提供してくださる 光栄な ロマネコンティの
お蔭様で
フランス文化の 王侯貴族の 幸せな思いを
させて頂けました。



 

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY シャンソン仲間との合宿

2016年08月29日 13時55分37秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY シャンソン仲間との合宿



いつものことですが
旅の前日は 興奮していて
なかなか 眠くならないし

うとうと・・・として
朝早く目が覚めてしまうものです。

芦ノ湖の オーミラドに10人で集まる
夏の合宿みたいな ロマネコンティを
頂く旅を 思えば
わくわく して 興奮してしまいました。

台風の影響を気にしていたのですが
雨も降らず 東名高速道路は空いていて
藤倉さんの自宅 湯河原まで二時間で到着
致しました。

そして 奥湯河原経由で 芦ノ湖までは
一時間で すーいすーい 
車も居ないし 景色を堪能しながらドライブ
するのは とても 幸せ気分です。

車の中で 頂けるようにと
藤倉さんの気遣いは なーんと 前日に
お寿司の美旨へいらして
かんぴょう巻と 笹巻寿司を
折り詰めで 用意してくださり

車内で 運転しながら ぱくぱく。
夜は フランス料理なので
既に ハイテンション ドライブです。
お寿司は 嬉しいです。

オミラドには 待ち合わせ時間より
早めに着いてしまい
ケーキと お茶して
早めに チェックインできました。

オミラドの勝俣さんが 藤倉さんに
挨拶にみえました。

順次 鈴村家と伊藤夫妻 宮本家が 到着して
バリ島風の コロニアル館は 借り切り
合宿状態でした。

大声で話しても 迷惑が掛からないので
大笑いしても 大声で呼び合っても
大丈夫な 我々のシャンソンワールドです。

夜のディナーは 六時。
皆さん お洒落して 特別メニューの晩餐会。
しかも
信じられない 豪華絢爛な ワインの数々が
だだだーーーと 並べてあり
ソムリエも 緊張顔。

生まれて初めて
これ程のワインの名酒を 立て続けに 頂きました。
うぁおーーー

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 土曜日の シャンソンとバレエ

2016年08月27日 23時56分42秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 土曜日の シャンソンとバレエ

土曜日は
バレエがあるので
長い一日 ずーっと シャンソン稽古部屋で
過ごすのですが

私にとっては 色々な声 色々な音楽シャンソン
色々な世代
四方山の話と笑いが 流れる
素晴しい時の流れを
楽しんでいます。


四国から習いにいらっしゃる谷川さんの
気合いと エネルギーには
皆さん 刺激を受けますが
私自身も
パワーを頂いています。

シャンソンを一時間お稽古して
再び バレエの稽古にも 参加して
一泊なさるそうです。

そういえば
宮崎県出身の 大脇さんは音大受験の時
飛行機で東京まで 習いに通ったそうですし

勝本先生も 大阪から東京まで
受験のために レッスンに通ったそうですから
そういう 行動力や気合い パワーは
精神力を 培うし
良い意味での 技術習得への情熱執念が
芽生えるのではないかしら・・・

うーーん
私も 西洋本場まで 技術や音楽性習得のために
奨学金試験の為に 猛烈に勉強して
留学して 見知らぬベルギーに
お一人様で 出かけて行ったとき
なんら 怖さも 無かったなー

燃えていたわ。

そのうちに
一人で 長く 一人で暮らしているうちに
才能の無さや 西洋で仕事をしていく辛さや
恋愛などで
だんだん 暗く寂しくなっていったけれど・・・

それは それで 良い経験でした。

あの時の情熱は もう 無いかもーーー
いやいや
別の意味で あるかもーーー

基本的に 私の肝には
相変わらず 情熱執念は 何だかの形で
あるぞ あるぞ あるーーーー

それに
私の周りには 情熱的なシャンソン仲間が
沢山 集まってきてくださり
いつの間にか
台風も ビックリ逃げていく位のパワー

気圧が高い 気力がパワフルで前向きな方ばかり。
低気圧で 頭が痛い――と 訴えていても
お稽古の後
我が家のシャンソン部屋高気圧圏内で
いつの間にか 頭痛もぶっ飛んでしまうーーー

不思議ね。 明日も 高気圧仲間の集合で
又 皆 若返っちゃうかもね。


シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 台風 10号 そしてシャンソン バカンス

2016年08月27日 23時29分32秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 台風 10号 そして シャンソン バカンス

今年も
気候には
ビックリすることばかりです。

昨年とは また 全く違うタイプの夏でしたねぇ。

真夏の三寒四温・・・みたいに

本日は とても 涼しいです。
昨日は 昼は暑かったです。夜は 寒かったわ。

台風が 西に向かっていたのに
また 東向きに 戻ってくる・・・

台風10号は これから
東向きに 戻ってきて
本州に上陸するかも・・・

という時
私は シャンソン夏休みで
シャンソン仲間 10人 
芦ノ湖の オ ミラドに
宿泊いたします。

台風の時に
お稽古にみえる皆さんの交通事情に
はらはら せずに
私が 台風の中 出かけていく
台風バカンス ということみたいですね。

自分のことは
どんなでも 何とかなるものです。

雨のドライブや 
台風の中の 宿泊は 「いき」な感じです。

若かりし頃400cc スズキのバイクで
雨の中も 嵐の中も
バイク 正統派ライダーとして
ツーリングした私なので

雨だろうが 台風だろうが
屋根もある マイカーでの移動でしたら
いい感じ
そして
嵐の宿泊だったら
仲間たちと 飲んで 食べて わっはっはー
だわね。

どんな風な旅になるのか・・・

一日目のバカンスは
オミラド という オーベルジュで
宿泊できる フランス料理の 老舗名店。

宮本家パパ ママ 裕子さん
鈴村家パパ ママ ぴーちゃん
伊藤家 雅治 久子夫妻
藤倉さん

10人総出の
実は 
大イベントです。

世界一の 名ワイン ブルゴーニュの
ロマネ コンティ を 皆で 頂ける事になっています。
年代物です。

昨年企画していた ロマネコンティ
オーミラドの旅 でしたけれど
箱根が 噴火しそうということで
延期になり いよいよ 今年実現です。

わぁーーーーー凄い。
ロマネコンティの オーナーは 鈴村パパ。
わぁーー 明日の夜 永い眠りの美女を
起こして 飲んでしまうわけです。

その翌日は 解散ですが
私は 藤倉さんと 山中湖のマウント富士に
移動して もう一泊。
楽しみます。 

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY シャンソン部屋のそれぞれの花の個性と美

2016年08月26日 00時47分10秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY シャンソン部屋のそれぞれの花の個性と美

咲き方 香り 日持ちの日数
水揚げの違い

花達には それぞれの個性があり
全部まとめて 花瓶に入れると
調和がとれている時は
各々の 美の競演で なんと華麗な事か・・

そして
一つ一つの 花は
それだけでも十分に 美しくて 眺めているだけで
癒されます。

生きているのね
枯れるまで 生きているのよねぇ
枯れても美しい花も いますしねぇ。

綺麗に咲いているかと思ったら
翌朝 でれれれーん と 首を垂れている花も
いたりして・・・

花達との生活も
私にとっては ドラマです。

花の命は短くて・・・けれども
懸命に 私は 水の濁りをチェックして
暑さの日は 氷を入れてあげて
出来るだけ 美しく長く過ごしてもらえるように
ほんの少しの 気遣いをしています。

なので
花達も 答えてくれているように感じています。
百合の香りが 
ピアノのある 稽古部屋や
玄関に漂っています。

感謝いたします。わが家は 毎日 花やしき。
花の精が 私に 微笑んでくれて
孤独の時を ディズニーの オーロラ色に
変えてくれているようです。

孤独の色は なに色だろうーーー
虹色かなー

はてはて

レインボーカラーは 世界的にゲイの色だったわねぇ。

私の孤独の色には 過去の全ての色が
詰まったノスタルジー色だから
くっきり 七色には別れていないなー
まざってぼやぼや動いているから
やっぱり オーロラ色だわー

私のシャンソン人生は オーロラ孤独色。
と 今夜は 感じています。

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 時は過ぎゆくシャンソンのように

2016年08月26日 00時05分24秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 時は過ぎゆくシャンソンのように

銀座のお店を18年続けて
2011年の 地震で お店を〆て
もう その後
五年半も過ぎ
あっという間です。

シャンソンにドラマがあるように
一人一人の人生にも 物語ドラマがあります。

シャンソン仲間の皆さんにも
色々な人生の 山坂谷 があり
長く 一緒にお稽古しているので
それぞれの 人生を知り
共有できる感情も沸き
ご一緒に お互いの人生を感じあえます。

過ぎて行った過去より
今と 明日
明後日を クリエイトしていくのが
大切なんだわねぇ。

あっという間に 過ぎゆく年月で
会いたいなー 話したいなーと
思う お世話になった方々に
今の 私の幸せを報告したいと思いながら

又すぐに 時が流れます。

本日は お裁縫の後
七年ぶりに 三歳上の またいとこ に会いました。

この七年間の お互いの身辺の話をしたりして
横浜でしたので
その後
妹の藤沢の家へ 寄りました。

妹の亭主が
学校勤めから帰宅する妹と私の為に
夜八時過ぎ
美味しい夕食を作ってくれていました。

すごいーーー
20品目もの おかずが 並んでいて
「えー 毎晩 こんなに 沢山 おかずを
愛情込めて 作って待っていてくれる
旦那なんて いないわよー」 

「そうなのよー 最近 私 炊事したことないのよー
お弁当も この おかずを 詰めているから
ダイエット後 リバウンドも しないのよー」
と 妹。

いやービックリ仰天。

ご馳走様でした。のろけ もご馳走様でした。