シャンソン歌手

シャンソンの好きな方 ようこそ !

シヤンソン歌手

2007年12月19日 01時32分39秒 | Weblog
CHANSON FOLIE シャンソンフォリ

銀座十字屋ホール
日本シャンソン協会主催 森若三栄子さんのピアノ
アコーディオン桑山哲也さんの伴奏で三部17人づつ
計50人以上のシャンソン歌手が出演しました。
私は夜の部で「GARE DE LYON」を歌いました。
相変わらず フランス語でBARBARAの
作詞のまま歌いました。日本語訳では 到底言い尽くせない
バルバラの世界。日本語に訳すと 原詩の三分の一の
短さになり しかも 彼女の詩は韻も踏んでいて
綺麗なフランス語の息の流れがあります。
そして 日本語の文法では 曲も違って聞こえてきます。
作詞者の意図が伝わりません。
みずから 作詞作曲する私としては
もし 私の詩がフランス語で歌われて 意味がフレーズや
音と違っていたら嬉しくない・・・・・商売で売るため
印税のためだつたら別ですけれど
作品としたら原語とメロディーは直結なのです。
その又昔私はオペラ研修所で
モーツァルトのオペラのアリアを日本語で
歌っていた時期 カルメンのハバネラを日本語で
「恋は野の鳥 気まぐれ気ままよ」と歌いながら
マリアカラスやシミオナートの感性からかけ離れているのに
日本語で歌うほうが お客様が喜ぶと思い込んでいました。
日本の演歌は日本語で
ジャズは英語で
シャンソンはフランス語で
聴きたいし 歌いたい。
でも 外国語って難しいです。フランス語は特に難しい。




シャンソン歌手

2007年12月17日 12時24分50秒 | Weblog
LE PIANO BLANC  ピアノブロン 白いピアノ

シャンソニエマダムREIのクラビノーバが壊れたので
修理に出しました。
ヤマハの白いグランドピアノが直ぐに手に入るというので
店に購入。
中が金色 白い綺麗なピアノです。
グランドピアノを弾くとき 何故かクラシックのモーツァルト
のソナタを弾きたくなってしまい
楽譜を出し お店で弾いてみました。
自分の指が昔みたいに動かなくて 下手でがっかり。
でも 私は弾きこなせなくても 毎晩ピアニストが
いらっしゃるので 
きっと 美しく深い音を奏でて弾きこなしてくれるでしょう。
私にとって グランドピアノは 
昔 芸大の受験生の時 その弾き方で散々教師に叱られた
記憶だけが残る 難しい相手なのです。

シャンソン歌手

2007年12月10日 02時49分04秒 | Weblog
太陽に黄金色に輝く銀杏も散り始め
いよいよ 冬。
庭にパンジーを植え替え シクラメンや
しゃこばサボテンが主役になる季節。
今年最後の大舞台は12月
12日のシャンソンフォリー出演
23日の日本シャンソン館出演です。
そして 毎日のシャンソニエの出演
年末まで 風邪をひかず 
明るく元気でいなければ・・・
インフルエンザの予防注射も 済ませました。

シャンソン歌手

2007年12月09日 21時19分26秒 | Weblog
三国の越前蟹 焼き蟹

シャンソン歌手

2007年12月09日 21時18分30秒 | Weblog
三国の越前蟹 生の刺身

シャンソン歌手

2007年12月09日 21時17分37秒 | Weblog
三国の越前蟹

シャンソン歌手

2007年12月09日 21時16分24秒 | Weblog
La Mer 海

日本海の海で丸一日 静かに過ごしました。
今年はまだ 一日中 何もしない 日が 一日もありませんでした。
何処にいても 楽譜 フランス語 舞台の構成など 
頭から離れず それは 音楽家にとって 幸せな24時間ですけれど
自分に「何もしない」と命令して
丸一日 ぼんやりと 何も無い 海辺の宿で
温泉につかり 浴衣のまま だらだらと過ごすことにしました。
三国という土地は 石川県の海岸の漁港。
料理宿をとりました。 荒波の音が聞こえ
どんよりした低い暗い空の下に 冬の日本海に雨。
越前ガニの中でも 三国の蟹は優れもので
深夜 船で捕獲した蟹を朝 競り 生きて元気の良いものを
真水につけて 泥を吐かせ がにという部分は灰色ではなく
真っ白で 三国の越前蟹の味は 表現できない程 繊細で美味です。
毎食 蟹ばかり食べても 飽きない 絶品でした。
三国でしか味わえない 生きた蟹と 温泉と 荒波の音色
何もしないでいると24時間が一年のように感じました。
はっと気が付くと 楽譜を出して 新しいシャンソンの仏語を
暗譜している自分 温泉の中でシャンソンをくちづさむ自分。
何もしない・・・・方が難しいことに 気づきました。

 

シャンソン歌手

2007年12月09日 20時40分10秒 | Weblog
DECEMBRE 12月


富山県で160年続く呉服屋さんの主催する200人の
ディナーショーにお招きいただきました。
今年7月 北海道のパリ祭ディナショーに
牛島屋さんのオーナーが お客様でいらして
いて その時 「富山にも歌いにいらして」
とお声を掛けていただき  シャンソンの一時間のショー
をしてまいりました。
富山県は 東京と変わらない気温で
山に囲まれた 静かな感じの良い街でした。
お料理は ブリが旬でした。
伴奏は松川裕さんを お連れしました。
お客様は 全員着物姿。そして 若い女性も多く
フランス語イタリア語の原語のショーでしたけれど
真剣に聞いてくださいました。
ディナーショーは 舞台と違い 開場がホテルで
テーブルの数が多く広いので 音響が難しく楽しい雰囲気や お客様との
一体感を作るのが 難しいので曲目 演出 衣装などを 色々考えます。
その お客様と作り上げるエンターテイメントの喜びの為に
悩むのは歌手として幸せな悩みです。