Credo, quia absurdum.

旧「Mani_Mani」。ちょっと改名気分でしたので。主に映画、音楽、本について。ときどき日記。

「チェ28歳の革命」「チェ39歳別れの手紙」スティーヴン・ソダーバーグ

2009-02-02 22:22:16 | cinema
チェ ダブルパック (「28歳の革命」&「39歳別れの手紙」) [DVD]

NIKKATSU CORPORATION(NK)(D)

このアイテムの詳細を見る


「チェ28歳の革命」「チェ39歳別れの手紙」

チェ 28歳の革命
CHE: PART ONE THE ARGENTINE
2008アメリカ/フランス/スペイン
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
脚本:ピーター・バックマン
撮影:ピーター・アンドリュース
出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル 他

チェ 39歳 別れの手紙(2008)
CHE: PART TWO GUERRILLA
2008フランス/スペイン
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
脚本:ピーター・バックマン
撮影:ピーター・アンドリュース
出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル 他


二本続けて観たです。
で、例によって1本目はすやすや寝てしまってほとんどまともに思い出せず;;
そのかいあって?39歳のほうは全く眠らなかった。
全く眠らなかった映画劇場鑑賞は久しぶりで大変ありがたいことだ(笑)
(多分「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」以来)

ソダーバーグはほとんど観ていないのだが、彼は「セックスと嘘とビデオテープ」「ソラリス」の2本で見事なまでにワタシに苦手意識を叩き込んだ強者です。
なので今回も怖いもの観たさに、題材に惹かれていったわけです。

しかし肝心のキューバ革命の顛末をほぼ寝てしまい、後半のボリビア挫折記のほうをしっかり観てしまったので、なにやらうら悲しい印象のみ残る鑑賞でした。
主に『39歳~』について語ると・・・

描きっぷりは、挫折記という類似性もあって、『実録/あさま山荘への道程』と比べずにはいられませんでした。
どちらも、外からの視点は極力排除し、実際に当事者には何が起こっていたのか?を淡々と描こうという姿勢を持っている点で共通したものがありました。
しかし、こうして比べてみると、『実録~』のほうは、冷徹な視線というものを装って、実は登場人物たちに深いシンパシーを寄せていた作品であったということがよくわかりました。『39歳~』のほうは、英雄ゲバラが支援も共感も得られずただ失敗していく様を、本当に無機的に描いたという点では、偶像破壊的な力すら持っていたように思えます。

これもひとえに、絵面的にはただただジャングルの木や草をかき分け進み、時折いきなり銃撃戦が始まる、それの繰り返しに終始するという、いわば映画的創意工夫のなさ(笑)が、意外にもゲバラへの覚めた視線というものを確立するのに貢献したものでしょう。
怪我の巧妙というヤツです(笑)

この冷徹な無味乾燥な絵面によって、ゲバラの失敗の本質が上手いことあらわになっていたのではないでしょうか。かつ、ゲバラの思いもよく伝わったのではないでしょうか。成功や挫折の物語に酔うのではなく、成功や挫折の伝説の中で人は実際はどのようであるのか、という説話を越えた地点から、ゲバラという人物に、たまたま偶然に?するっと迫ることができちゃった、という印象です。

ソダーバーグの持つ不思議な映画作法(ex.なにを基準に編集しているのかよくわからない、などなど(笑))によって、ワタシはかえって『39歳~』を好意的に受け取ってしまったということになるでしょう。

いや~映画ってのは観てみないとわからんもんだなあ。。。

ラストの数十秒のカットは、おそらく『28歳~』を覚えていないせいで全く意味不明だったが、その前の・・・・・なカットは、唐突に訪れた最期の意味をよく伝えて秀逸だったと思いますし。

*****

それから、ボリビアというのが、ワタシの経験的には「希望果てる地」として刷り込まれていて、それもこの物悲しさという印象に一役買っているのだろうと思います。

ボリビアという地のことを初めて意識したのは、ジョージ・ロイ・ヒル『明日に向って撃て!』でブッチとサンダンスが最後にたどりつくのがボリビアだったということによります。
あの映画ではまさにボリビアは夢の終焉の地としての特徴を備えた土地として描かれます。貧しい農村、寂びれた街、せこい銀行、ろくでもない警察、そしてむやみに強い軍隊。

この印象は『39歳~』でも変わることがなく、むしろさらに現実味を増して描かれます。


それから、ガルシア=マルケスの小説『迷宮の将軍』の主人公、シモン・ボリバルが、コロンビアで統一を成し遂げたあと、南米北部の統一を夢見て成し遂げられなかった地もまたボリビアであったと思います。ボリビアの名称はボリバルから撮られているのは周知のことです。


『明日に向かって~』もボリバルも、そして『39歳~』も、いずれもボリビアの地にやってきた外国人の挫折、というテーマで括ることが出来ます。ボリビアに限定する必要はないかもしれませんが、流浪の末の挫折、というものには、妙に惹かれるものがありますね。

****

さらに付け加えると、今公開中の『007/慰めの報酬』では、どうやらボンドが赴く地がボリビアだということらしいじゃないですか!ボンドが挫折するとは思えませんが、時ならず共鳴しているこのボリビアの響きに導かれ、ぜひとも『007~』も観てみたいところです。前作も観たことだしね。



人気blogランキングへ
↑なにとぞぼちっとオネガイします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゲバラ本 | トップ | 「フェルディドゥルケ」ヴィトル... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ゾクッ! (えい)
2009-02-03 22:51:07
こんばんは。
そうか、ブッチ・キャシディと
サンダンス・キッドが
命を散らしたのもボリビア。
いまゾクッとしました。
ぞくぞくっ (manimani)
2009-02-03 23:39:04
☆えいさま☆
コメントありがとうございます
共鳴してくださいましたね!ボリビア
ブッチとサンダンスの史実はもっと前の時代ですが、あの映画は確か69年。ゲバラの死は67年ですから、映画企画時にゲバラのことが制作者たちの胸をよぎったかどうか・・ロマンティックな想像ですがね。
眠らなくてよかったです♪ (かえる)
2009-02-05 21:35:45
慰めの報酬でマチュー・アマルリック扮するドミニク・グリーンが散ったのもボリビアなんですが、それはもちろん関係ないですね。(笑)

私も違うポイントで、何度か『実録/あさま山荘への道程』を思い出しましたよ。
あちらは、ヘンな女が上の立場にいたのが大きな問題だったなぁって。
あの人たちに比べたら、チェは何て素晴らしいリーダー気質をもっていたのでしょうって。
ほんとほんと (manimani)
2009-02-05 22:29:23
☆かえるさま☆
いや、ボリビアに散る、これはおおいに関係ありますよ。こうなると一大映画ジャンル(笑)

あさま山荘ね~
でもチェほどの気高い人はそういませんよね。周りを見渡しても(笑)
連赤はもう民衆の支持とかそういう次元ではなかったですしね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
チェ 39歳 別れの手紙・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
革命家、チェ・ゲバラの半生を描いた二部作の後編。 前作「チェ 28歳の革命」では、主にキューバでの革命戦争を通して青年ゲバラの姿が描か...
チェ 39歳別れの手紙/ベニチオ・デル・トロ (カノンな日々)
『チェ 28歳の革命』に続く後編はキューバ革命後も世界の革命に燃えるチェ・ゲバラの人生の最期までを描いた作品です。前作のことを考えるとけっこう集中力が必要で睡魔にも襲われやすいので、あえてポップコーン付きで鑑賞しようかなぁ? 出演はその他に、カルロス・...
「チェ 39歳 別れの手紙」そして彼は、“英雄”になった。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[チェ・ゲバラ] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年1月20日 2:06 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  『2009年は、「チェ」と「チェ」で始まる…』という予告編でもお馴染み、“2つのチェ”の2つ目、前作「チェ 28歳の革命」に続く...
「チェ 28歳の革命」彼は如何にして、革命家となったのか? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[チェ・ゲバラ] ブログ村キーワード  20世紀最大のカリスマ、チェ・ゲバラ。今も世界中の人々から、熱狂的な支持を受け続ける彼が、如何にして革命家となったのかを描いた本作「チェ 28歳の革命」 (ギャガ・コミュニケーションズ/日活)。ソダーバーグ監督とデル...
チェ 39歳別れの手紙 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:CHE: PART TWO/GUERRILLA公開:2009/01/31製作国・年度:フランス/スペイン、2008年上映時間:133分鑑賞日:2009/02/01監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:ベニチオ・デル・トロ、カルロス・バルデム、デミアン・ビチル、ヨアキム・デ・アルメイダ、エルビラ・...
チェ 39歳 別れの手紙 ▲18 (レザボアCATs)
ドラマティックに成功を収めたキューバ革命は終わった。革命の理想が体現されたかのように。だがチェ・ゲバラにとっては、この地で彼の成すべきことは終わったと、カストロに別れを告げる。革命終了、新政府樹立の際に、ゲバラがここに居ない声が大きくなり過ぎたカストロ...
『チェ 28歳の革命』『チェ 39歳別れの手紙』 (ラムの大通り)
(Che El Argentino/Guerrilla) -----えっ、2本一緒にしゃべっちゃうの。 それって無謀じゃニャい? 「う~ん。だけどこの映画、 もともと、プロデューサーのローラ・ビッグフォードは 第2部『39歳別れの手紙』のパート、 一般的にあまり知られていない チェ・ゲバラのボ...
チェ 39歳 別れの手紙/CHE PART2 (いい加減社長の映画日記)
先週公開の映画の中で、最後に残った「チェ 39歳 別れの手紙」。 月曜日に、溜まっていたポイントで観てきました。 「UCとしまえん」は、平日だと普通なのかな。 「チェ 39歳 別れの手紙」は、中くらいのスクリーンで、1割か。 【ストーリー】 1959年にキューバ革命...
チェ 39歳 別れの手紙 (Akira's VOICE)
目を閉じないで,見届けよう。  
「チェ 39歳別れの手紙」:品川車庫前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}ずいぶんピントのぼけた光景ね。 {/kaeru_en4/}チェ・ゲバラが殺されるときの視覚ってこんな感じだったのかもしれないぜ。 {/hiyo_en2/}意識が遠のいていくときのチェの目線ね。でも、「五十三次」なんて見えてなかったと思うけど。 {/kaeru_en4/}あのねえ、...
『チェ 28歳の革命』、『チェ 39歳別れの手紙』  (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
なんてストイックなカッコよさ。伝説の英雄エルネスト・チェ・ゲバラの半生を映画化するなんていう企画は、とても魅力的な反面、非常に難しい側面をもっていると思う。伝記ものには、それが作り手の解釈だと言い切って、対象の一側面だけを強調して、物事を美化してドラマ...
チェ 28歳の革命 ▲9 (レザボアCATs)
・チェ 28歳の革命@映画生活
ある革命家の死~『チェ 39歳 別れの手紙』 (真紅のthinkingdays)
 CHE: PART TWO  GUERRILLA  スティーブン・ソダーバーグ監督が、20世紀最高のカリスマことエルネスト・ チェ・ゲバラを描いた4時間を超え...
「チェ 39歳別れの手紙」 ドキュメンタリー以上に乾いた視線 (はらやんの映画徒然草)
やっぱりソダーバーグ監督とは相性が良くないというのを再確認したという感じがします
チェ 39歳 別れの手紙◆山岳に潰えた南米革命の夢 (好きな映画だけ見ていたい)
   画像:「The Bolivian Diary: The Authorised Edition 」   「チェ 39歳 別れの手紙」 (2008年・フランス/スペイン)    CHE: PART TWO/GUERRILLA 1月17日公開の「チェ 28歳の革命」に続き、チェ・ゲバラの人生の終幕を描いたソダーバーグ作品の後編。キ...
チェ 39歳別れの手紙 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「今、世界のどこかに私のささやかな助力を求めている人々がいる。別れの時が来たのだ」 人間の価値観が新たな変化を求める現代に最も知るべき男、チェ・ゲバラ。 その最期の341日間には、未来への計り知れない希望がある。 物語:「キューバ革命」を奇跡的成功...
チェ 39歳 別れの手紙 (だらだら無気力ブログ)
フィデル・カストロとともにキューバ革命を成し遂げたチェ・ゲバラの 半生をスティーヴン・ソダーバーグ監督がベニチオ・デル・トロ主演で 描いた伝記ドラマ2部作のうちの第2作。 キューバ革命後、ボリビアでの革命運動を起こしてから戦い敗れて、死に 至る過程を描く...
『チェ 39歳 別れの手紙』のビスタ・サイズ (Days of Books, Films)
あれれ、この画面はビスタ・サイズじゃないか。確かパート1の『28歳の革命』はシネ
『チェ 39歳別れの手紙』 (自由の森学園図書館の本棚)
映画『チェ 39歳別れの手紙』を見ました。『チェ 28歳の革命』と対をなす作品でした。 最後まで自分の信ずるところを枉げずに生きるチェ・ゲバラの姿が印象的でした。孤立して、悲惨な道をすすんでいくことになるのだけど、やっぱりかっこ良い。 権力・抑圧者...
チェ 39歳の別れの手紙 (利用価値のない日々の雑学)
第1部「チェ 28歳の革命」のレビューでの懸念が、筆者に取ってはそのまま反映した鑑賞になった。なぜ、今、この時期にゲバラなのか。そもそも1本の作品を2分割することによって得られる効果はあるのか。ゲバラが革命を通して生涯残したたかった事を作品で表現できたのか...
チェ 39歳別れの手紙 (Sweetパラダイス)
キューバ革命を成してのち姿を消したゲバラについてごまかし切れなくなったカストロが彼の「別れの手紙」を読み上げるところから 映画は始まる。最初の方は状況がつかみにくかった「28歳」に比べ仕掛けがないぞ切なすぎてもう観てて嫌になってきたぼうっとなったりむな...
映画「チェ 39歳 別れの手紙」(2008年、西・仏・米) (富久亭日乗)
     ★★★★☆  キューバ革命の英雄Che Guevara の一生を描いた 伝記ドラマの後編。監督はSteven Soderbergh 。 原題は「Che: Part Two 」。        キューバ革命の立役者Che Guevara( Benicio Del Toro )は、 1965年3月、突然姿を消した。 Fidel Ca...
チェ★39歳の別れの手紙レビュー (銅版画制作の日々)
 CHE PARTIE 2 いよいよ後半です。ベニチオ・デル・トロ、益々ゲバラに近づいていくような気がします。パート2は、ボリビアでのチェ・ゲバラの活動が描かれています。後半の作品の方が何かしら食い入るように観てしまいました。タイトルからも分かるように、彼の最...
♯10 「チェ 39歳 別れの手紙」 (cocowacoco)
映画 「チェ 39歳 別れの手紙」 CHE : PART TWO GUERRILLA を観ました        スティーヴン・ソダーバーグ監督 2008年 アメリカ/フランス/スペイン        何だか、今回はどう書いていいのか分かりません。 チェ・ゲバラの死までの物語が淡々と進め...
39歳 別れの手紙 (☆.:*・.奥様はうつ病☆.:*:.:・゜☆)
観てから1ヶ月経っちゃったけれど これと「28歳」を同時に観ました。 すんごい重い気分になりグッタリ。 「28歳」でキューバ革命達成達成後 ボリビアに渡ったゲバラは何をしたか? 何故、ボリビアで成功しなかったか? キューバと何が違ったのか? ソダー...
「チェ 28歳の革命・39歳別れの手紙」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
連続で2本見ちゃいました^^
チェ 28歳の革命 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『かつて、本気で世界を 変えようとした男がいた─。』  コチラの「チェ 28歳の革命」は、20世紀最大のカリスマ、チェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)の一生を描いた2部作の前編となるバイオグラフィー映画です。本作は、邦題に28歳と入っておりますが、27歳ぐらい...
チェ 39歳別れの手紙 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『信念は、死なない』  コチラの「チェ 39歳別れの手紙」は、「チェ 28歳の革命」の続編となるバイオグラフィー映画、”チェ2部作”の後編です。いきなりハゲヅラのゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)?何があったのぉ?と早速置いてけぼりですw  映画の中のセリフにも...