Credo, quia absurdum.

旧「Mani_Mani」。ちょっと改名気分でしたので。主に映画、音楽、本について。ときどき日記。

バッハとの出会い〜「Die Kunst Der Fuge BWV 1080」Gustav Leonhardt

2022-09-08 23:36:50 | music

久々にバッハを巡る個人的な思い出

バッハについてほとんど何も知らないころに、
とりあえず何を聴くもんだろか?と思い、いろいろ巡ったなかで、
「フーガの技法」なんか凄そうだしチェンバロだし
ということで購入したレオンハルト盤

当時はもちろんアナログ盤で、真っ黒いジャケットだった。

最初は同じような曲調(まあ当然だ)でしかもチェンバロの単調な響きなので
なんだかよくわからん〜と聴いてはうとうとしていたものでした。

それでも、ある日突然全体がなんとなく抵抗なく入ってきて、
ああこういう音楽なのかと目覚めるので、音楽を根気よく聴いてみるのは面白い。

それで、レオンハルトによる解説がライナーにあって、
楽譜としては楽器指定のない四声だが、鍵盤楽器を想定したものだろうということが書いてあったので、
よし、とばかり楽譜を買いに行ったが、
2手に編曲(?)された楽譜というのが当時なかなか見当たらなく、
ようやくヘンレから出ていることを突き止め購入。

で、自分でも弾いてみるものの、手も足も出ず。
まあ仕方がない、と楽譜をみながら音源を聴いたりして、親しみを深めていったわけです。

その後もめげずにときおり引っ張り出して弾いているうちに
月日が経つについてそこそこ全部弾けるようになってきたので、
人間積み重ねが大事なのだなあ。。

今はベーレンライター版で2手のもの(しかも新バッハ全集版)が買える。

*******

レオンハルトはフランス風のContrapunctus6で、
16分音符をイネガルというよりはかなり付点で跳ねるように演奏している。
これは他の声部との関係などの面で、合理的な理由があるとは思うが、
これをかなり譜面通りに弾いている演奏もあって、
正解というのがあるのかしら?

というようなあれこれ考える楽しみがあるですね。
楽譜に親しむと。

ということで、60年代の録音なんだが、そんなに時代を感じない。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ポーラX」レオス・カラックス

2022-09-04 21:34:42 | cinema

これも観たのは結構前になってしまったので、
雑感メモ程度で。。

公開時に観損ねて、依頼機会をずっと伺っていたものの
ことごとく見逃してしまった「ポーラX」

「アネット」公開にあわせた回顧上映でついにみることができましたぜ。

(あとは「マルメロの陽光」エリセ←機会があったら絶対見るぞ)

******

で、
例によってオープニングがすごく変

あのどかんどかんは正直今のところなんなのかよくわかっていない。
よく考えたら何かがわかるかもしれない。

(でもカラックスいつもそんな感じかも)

それに続く謎のスプリンクラーからのクレーン撮影(と思う)も不思議

ストーリー的に暗いというのもあるが、
どうやら父親の所業に由来する暗さが
主人公と「姉」の人生に影を落としていることが匂わされる以外に
なにも理由というか事件というか必然性がないのに
生きているだけでどん底に落ちてゆく
そういう恐ろしさがみなぎっている。

「姉」と出会う森の暗さ
森を彷徨うシーンの視界の不明瞭さ
都会の殺伐とした空気
子供が殴られるシーンの視点(なんと殴るやつの視点)

バイクの疾走シーンの(いつもの通りの)禍々しいアングル
(カラックスのバイクシーンはいつも他に類のない異様さがある)
主演俳優の事故と重ね合わせているのか、
バイク事故の持つ変な意味合い

奇妙な夢、暗闇のベッドシーン
謎のロック・ノイズ・オーケストラ

メルヴィルの原作以上に
カラックス的な暗さが炸裂(というか充満)している

恐ろしい。。

***

スコット・ウォーカーのサウンドトラックもとてもよい。
機械が巡ってきたらサントラ欲しい。

シャルナス・バルタスはリトアニアの映画監督であり、
彼の作品にカラックスが出演したこともあるが、
バルタスのパートナーというかミューズ的な存在が
「姉」役のカテリーナ・ゴルベワであった。

ゴルベワは後に(というかポーラXの時点で既に?)カラックスのパートナーとなり
早逝している。

カラックスはゴルベワの娘を養女とし、
娘は「ホーリーモーターズ」「アネット」に出演して(というか少し写って)いる。

という話のようだ。

@ユーロスペース

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「アネット」レオス・カラックス

2022-08-25 22:27:56 | cinema

結構前になってしまったがカラックス

あまり覚えてないので、観たよーということを記すために
適当に思ったことを書いておこう。

*******

アダム・ドライヴァーの毒々しいスタンダップコメディアン
トム・クルーズのこういう感じのがあったよな
「マグノリア」だったかな。
あれはコメディアンではないけれど。

「レニー・ブルース」も思い出す。
あれは題材としてはもう少しストレートか。

なんとなく「オール・ザット・ジャズ」も思い出すが、
これはなんとなく傍若無人な雰囲気が通じるだけか。

一方で最近ジャームッシュのアレ
「デッド・ドント・ダイ」とか「パターソン」とか
ギリアムの「ドンキホーテ」とか観ているので、
いろいろなアダムのイメージがくっついていて

といういろいろな背景を勝手に背負っているように見ちゃったが
アダムの存在感は、コメディアン・ヘンリーらしく見えるにもかかわらず
どうもなにか違う、なにか生きていない人のよう?というような
不思議な感じ。

 

そもそもオープニングから変だ
これは変だ。
そこにいるリアルな製作陣の妙にリアルな存在感が
この先の全部の虚構と普通に繋がっている。
この異様さをうまく言い表せないが、これがこの映画の基調ではないかしら。

すごいあけすけな虚構の網と、その目の向こうに透けて見える剥き出しの何か。
生きているのか生きていないのかよくわからない感じ。

で、その虚構の網の虚構らしさの丸天井のようなものを
ミュージカルというやりかたがもたらしているのかもしれない。

 

そもそもカラックスは毎回オープニングがすごく変だ。
それだけでも他に類を見ないという気がする。

******

で、今回は極力前情報を得ないように頑張った末に観にいったので、
マペットの件は全く知らなかったのです。
で、本当に新鮮にその登場シーンで驚いた。
こういう初見の驚きというのは久々かも。
こういうのは楽しい。

その驚きは、あまりにもあけすけな虚構、虚構の中の虚構が
臆面もなく現れたという感じだった。

不遇な娘(虚構)は最後に受肉(現実化)をするが、
現実化がこの映画の終点であるだろうか。
最後にアダムがちらと監視カメラ(である我々)を見る。
現実への目配せ、現実への綻びではないだろうか。
あそこで虚構の網の世界は均衡を完全に失い
密かに映画は崩壊する。

面白いと思う。

ユーロスペースにて

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「萩尾望都がいる」長山靖生

2022-07-31 21:44:35 | book

 

「萩尾望都がいる」長山靖生

書店で見かけて購入。
著者についてはまったく知らなかったですが、
とっても同世代。

おそらく結構なマニアな方ではないかと思われ、
本書中にもその熱意はみなぎっている。

ただ、強い思いや考え方、解釈を熱弁するのではなく、
あくまで論証的に、高度な文化としての漫画表現を確立した第一人者として
萩尾望都の偉大さを検証してみせるので、
とても好感が持てる。

というか熱意と論証、主観と客観のバランスが
新書というあまり力まないメディアにふさわしい塩梅で、
同じく萩尾ファンである我々の興味と思いによく響くのがよい感じ。

初期から現在まで、作品を中心に
時代の空気や、作家の家族関係をふまえて
革新的な表現を切り開いていった過程を論じていくので、
作品に親しんだものは「そうそう!」とガクガク頷きながら読み進めるだろう。

*******

目次をみると、萩尾本人がもう最後にしてほしいという趣旨での出版の後なのに

大泉の件にも触れているようで、
これはどうなのかと思ったが、
読んでみると、ここも論証的なアプローチで、
大泉時代がどうだったのかということよりも、
近年「大泉サロン」的な物語化、神話化がぼんやりと進み
それに心地よく飛びつき耽溺しがちな我々読者に、
もっと慎重であれと語りかけるようである。

**

中盤からは特に1作毎の章が設けられ、
(ワタシの大好きな)「スター・レッド」や
(ワタシの大好きな)「訪問者」や
(ワタシの大好きな)「メッシュ」や
(ワタシの大好きな)「銀の三角」や

きりがない

が論じられていて
盛り上がりを禁じ得ない。。

 

ということで、萩尾ファンにはおすすめと思います〜

 

漫画世界最高峰とワタシは思う「訪問者」

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「オフィサー・アンド・スパイ」ロマン・ポランスキー

2022-07-16 18:58:00 | cinema
新作の題材は1894年に起きた「ドレフュス事件」

作風は質実剛健という感じで、
演出的な盛り上がりも抑制的。

だが、淡々と進むストーリーテリングによって、真相解明サスペンスの緊張がぐっと濃縮されている。

ポランスキーらしいコンプレス具合で
131分があっという間に過ぎた。

***

冤罪であることが公になる過程でも、
関係者も街の人々も反応が圧倒的に反ユダヤ的であることが、
作品の通奏低音のように描かれ、
ずっしりと疲れる。

冤罪事件そのものよりも、
この事件を経たにもかかわらず
人々が正義や公正ではなく憎悪と憎しみを選んでいくということに、この映画の主題はあるだろう。

主題というか、
これを題材とした映画を撮る動機の核心なのかも。

***

ウィキペディアでドレフュス事件の項を見てみたら、事件を描いた当時の挿絵が掲載されているが、映画はこの挿絵にかなり近いイメージ。

とりあえず挿絵の出典を把握していないので、後で調べてみよう。
(と言って結局放置なのがいつものパターンだけど)

ルイ・ガレルのドレフュスもウィキにある写真とそっくり。

***

監督本人が演奏会シーンにチラ出演しているらしいが、
まったく確認できなかった。
ので、
もう一度観たい。

そこで演奏されるのはフォーレなんだが、
せっかくチェロとバイオリンがいるのに、
両者が延々とオクターブユニゾンするという、
フォーレの室内楽によく見られる不思議な特徴がよく出ている部分。
(フォーレは宇宙人だと常々思っている)

冒頭静かな風景かと思いきや
よく見るとすごくたくさん人間がいる〜とか、
弁護士の受難シーンのぶっきらぼうな感じに
ポランスキー味を感じた。。

あとデスプラの奇妙な音楽も。


シャンテにて





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「MEMORIA メモリア」アピチャッポン・ウィーラセタクン

2022-05-02 22:11:00 | cinema
アピチャッポン・ウィーラセタクン
初鑑賞でした。

これはとてもよいと思う。
コロンビアで撮られているので
先入観的にマジック・リアリズムという言葉がよぎる。

思えばどのエピソードも
どの断片も
自然な現実の一コマのようであるが、
あとから考えてみると
あれは「現実」なんだろうか?
不確定な/不明な/不穏な
ことばかり。

目の前で起きていること
遠い過去に起きたこと
未来に起きること
あるいは起きてもいないこと

自分に起きたこと
他人に起きたこと
あるいは起きたか起きてないかわからないこと

それらがもっともらしい風情で
浮かんでは消えてゆく
そこにある「記憶」の
奇妙な現実感

と、わたしたちの存在を成しているもの
との
響き合い

のようなものが
絵として、
あるいは特に音として立ち上る

そういう時間を経た後の
最後のシークエンス
(風景と環境音のみ)
の存在感、
そこに含まれるものの深みは
圧巻で。

他にこんな映画があるかしら。

***

ということで、
同時期に上映していた
「A.W.アピチャッポンの素顔」も観てきたり。

「メモリア」のメイキング的なものであるが、
これはこれでアピチャッポンを主人公にした一つのアピチャッポン的映画

密林の川をボートで行きながら語る映画や自身の考えていること
誰も真摯だがどこか魔法の世界のことのよう。






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ひまわり」ヴィットリオ・デ・シーカ

2022-03-13 21:58:00 | cinema
ウクライナの悲しい情勢でありますが、
その事態となる前にたまたま観ていたのです。
リストア版です。

戦争に翻弄された夫婦と周りの人々。
彼らのあり方を淡々と見せるだけの
シンプルなリアリズム。

なぜ彼らは別の道を歩むことになったのか
なぜこんなことにならないといけないのか
戦争の不条理が
声高に指摘されるのではなく
説明されるのでもなく
人物のありようの中に染み込んでいて
それが無言で伝わってくる

主人公の二人の動と静の姿も良いが、
アントニオの母のほぼ無言の佇まいや
イタリアやロシアの人々の朴訥とした存在感や
ロシアで妻となった彼女の純粋な気丈さとか
に染み込んでいる。

そういう虚飾のないやり方を
もっと大事にしなければいけないのではないかと思いました。

一方で極寒の戦争場面はやや象徴的な表現。
小屋に這うようにたどり着いて戸を開けると
人が密集していて皆無言とか、不思議な場面も多し。

こういう映画が伊仏ソ米合作で撮られたこともよく考えないといけないかも。

ひまわり畑はウクライナのどこどこということで、時節的には話題ですが、
作品中では、地理的なこととかここが平和の象徴とか殊更には描かれていない。
さらっと映る。
観る方がそれぞれの思いをそこに映し出す感じ。







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年を振り返る〜極私的映画鑑賞記録〜

2022-01-31 10:41:00 | cinema
恒例の振り返りで、
例年「ランキング」と題していましたが、
ランクつけるのも面倒なので
ランダムショート感想路線にします。

2021年もまたコロナイヤーでした。
もともと新作映画をどんどん劇場に観にいくタイプではないところ、
さらに引きこもり度アップでディスクorサブスクで旧作鑑賞多めです。
というか全体的に少なめ。

見た映画を列挙

「新感染半島ファイナル・ステージ」ヨン・サンホ
「わたしの叔父さん」フラレ・ピーダセン
「ローズ・イン・タイドランド」テリー・ギリアム
「メアリーの総て」ハイファ・アル=マンスール
「マジカルミステリーツアー」ザ・ビートルズ
「Tokyo!」ミシェル・ゴンドリー/レオス・カラックス/ポン・ジュノ
「サスペリア」ルカ・グァダニーノ
「下女」キム・ギヨン
「イージー・ライダー」デニス・ホッパー
「吠える犬は噛まない」ポン・ジュノ
「ナイト・オン・ザ・プラネット」ジム・ジャームッシュ
「サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス」ジョン・コニー
「アランフエスの麗しき日々」ヴィム・ヴェンダース
「戦場のメリークリスマス」大島渚
「誰のせいでもない」ヴィム・ヴェンダース
「残像」アンジェイ・ワイダ
「ハリーの災難」アルフレッド・ヒッチコック
「ジュテーム・モワ・ノン・プリュ」セルジュ・ゲンズブール
「吾輩はカモである」レオ・マッケリー
「デッド・ドント・ダイ」ジム・ジャームッシュ
「Arcアーク」石川慶
「スノーピアサー」ポン・ジュノ
「ミステリートレイン」ジム・ジャームッシュ
「ユリシーズの瞳」テオ・アンゲロプロス
「アンティークの祝祭」ジュリー・ベルトゥチェリ
「ミッドナイト・イン・パリ」ウディ・アレン
「雨の訪問者」ルネ・クレマン
「仁義」ジャン・ピエール・メルヴィル
「バリー・リンドン」スタンリー・キューブリック
「ガルム・ウォーズ」押井守
「すばらしき映画音楽たち」マット・シュレイダー
「SPITZ JAMBOREE TOUR 2021 “NEW MIKKE” THE MOVIE」
「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」キャリー・フクナガ
「マラソンマン」ジョン・シュレンジャー
「ようこそ映画音響の世界へ」ミッジ・コスティン
「ゴッド・ディーバ」エンキ・ビラル
「TOVEトーベ」ザイダ・バリルート
「汚れた血」レオス・カラックス
「オデッセイ」リドリー・スコット
「レベッカ」アルフレッド・ヒッチコック
「カリスマ」黒沢清
「地獄の警備員」黒沢清
「ザ・ビートルズ:Get Back」ピーター・ジャクソン
「ツイン・ピークス リミテッド・イベント・シリーズ」part1デヴィッド・リンチ

劇場鑑賞はなんと9本だけ〜

「ローズ・イン・タイドランド」
これなんで昨年観たんだっけ?と思ったら、東北新社が話題になった時に、同社関連DVDで持ってるものを並べてみたら観たくなったのだった。

整理してないが「〜タイドランド」はなんとなく当時よりも今の方が問題作扱いされそうな気がする。
社会のというか現代の人の精神の歪みみたいなものが、剥き出しでいくつも無造作に並べられているような感じがする。
先日某所でギリアム連続放映してた時もこれは入っていなかったし、企画側もなんかこれはヤバいという気がしたんでないかしら。
まあ実際のところはわからないけど。

「TOKYO!」観たと思っていたが未見だった。。
カラックスのトンデモ具合と、ポン・ジュノの不思議さを改めて噛み締める。
でそこから「吠える犬は噛まない」(やはりこれは名作)とか「スノーピアサー」とか観て感動したり、「汚れた血」を超久々に観たり。

ついにこれを観る日がきた!系のものは
「サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス」「ジュテーム・モア・ノン・プリュ」と「下女」かしら。
最初の二つは、自分の先入観に反して結構しっかり作られた映画という印象。
「下女」は、1960年頃の熱量に圧倒される。当時は日本映画にも確かにあった熱にそのまま通じていると思われた。

ジャームッシュはやはり好み。
「ミステリー・トレイン」久々。
「デッド〜」もすげえ好き。
某誌で「「ゾンビ映画」に挑戦したがジャームッシュには無理だった」的な評をみたが、いやソレはとても違うだろうと思ったり。

「オデッセイ」面白かった。普通といえば普通だけど。砂嵐のところの絵面は流石の手練れと思う。絵面としてどうするかの発想がステレオタイプを常に超えている。
マット・デイモンは少し苦手な俳優さんだったが、近年存在感が変わってきたような気がして大丈夫になってきた。

「Arcアーク」は世間的にはなんとなく不発感があるように思えるが、ワタシは好きでした。前半のなんというか嘘くさい感覚が後半にじわりと効いてくる作りがよいです。
浮かび上がるいくつもの課題は我々の存在を揺らすようなものであるが、表現としてはずっとマイルドで、まあ今風というのか。

黒沢清「カリスマ」よいですねー
「地獄の警備員」も好きだけどまだこれからって感じはする。

で年末と年始はツイン・ピークスの最近のシリーズを再鑑。
「一時ブームになった昔のTVドラマシリーズ」以上の深く広い何かをあの作品群は含んでいると改めて思う。

ということで2022年も頑張りましょう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「汚れた血」レオス・カラックス

2021-12-16 08:45:00 | cinema
久々に観て、やはり面白いよなぁとしみじみ思ったり。

色彩やら構図やら質感やらは、
ヌーヴェルヴァーグやらフイルムノワール的なものの反映を感じるものの、
同時に他ではあまり観られない独創性も常にあるような気がする。

あの喧嘩のヘンテコなシーンはもちろん
人物がやや奥にいて手前を人影が通っていくとか、
寝ているショットのやや斜め上から見下ろしている角度がなにか不思議だったり、
光があたったり当たらなかったり、
あるいは鮮明でなかったり見えそうで見えなかったり、
とかさまざまな奇妙な絵が積み重なっている印象。

ここでしか観れないものを見てるという面白さ

音楽の使い方は基本的には現場主義的というか、フィルム中で誰かが歌うとか、ラジオでかかるとかそういうことに伴って音楽が流れるやつ(そうでないところも)

鼻歌や留守電の音がいちいちプロコフィエフだったりとかいうのがなぜか面白い。

****

飛行場の彼セルジュ・レジアニは
もはやいにしえのイケメン俳優という存在だが、歌手でもあって、本作ではボリス・ヴィアン詞による彼の歌が使われている

終盤に車で皆で歌う歌は誰の作なのか
ざっくり調べた範囲ではよくわからなかった。

そのあたりはゴダール的な雰囲気がありつつ、アンナと思われていた女性が歩いているのが見えるなどの謎感覚も喚起され、最後の引用を伴うシークエンスからのラストカットという流れで、とてもよい。

***

カラックス、パワハラ的というか芸術至上主義的な感じらしいのはよろしくないとは思うが、映画としては大変好みだよなあ。

ジュリー・デルピーはとてもよいが、結構辛い思いをしたようでもあり気の毒である。
その後の活躍があってよかったと勝手に思ったり。

ゴダールがまた後にデルピーとカラックスを共演させたり、本当にこいつらときたら(苦笑)
ただデルピーはゴダールとの関係は良好だったと言っているようで、意外な感じw
「映画史」にも出てるしそうなんだろう。


デルピーといえば、小品だけど「スカイラブ」がとてもよかったのだが、また観る機会はあるかしら。。
(と話が逸れる)



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「仁義」ジャン=ピエール・メルヴィル

2021-11-18 12:49:00 | cinema
(某所に書いたものを加筆修正)

何故か突然メルヴィル。

冒頭の仏教だかヒンズー教だかの賢者の言葉(と妙な映像)が印象的だが、
そこでの教えと映画の内容は呼応するようなしないような微妙さ。

アウトロー3者の奇妙な友情
というか、
いずれ終わる虚しい生がもたらす
人の繋がり。

彼らを追う警察の面々にも同様に虚無と厭世的な悟りがある。
彼らの方がどちらかと言うと宗教的なひそみを持って考え行動している。

全編全然熱くはならないが、
皆内面はすごくテンション高い。

周到で容赦ない両者の行動を
クールな映像と音が手触りとして表現しているのがよい。
ハイライトたる侵入シーンは
ほとんど無音で
音楽も全編ほとんど入らない。
静寂が思想を孕むような娯楽映画が作られる文化が1970年フランスにはあったのか。

ジョン・ヒューストンの映画の影響が濃いということだし、
もちろん当時のフランスでそうだったということだけではないだろうけど。

なんとなくゴダール「勝手にしやがれ」の車シーンを思わせるドロンの走行シーン。

メルヴィルの影がゴダールに出ているとも思われるが、そういう共通したムードもまた、ゴダールの/メルヴィルの中に積もったそれぞれの過去の映画の堆積から生み出された結果なのだろう。

そういうことを含めてゴダールはメルヴィルを「勝手〜」に出し、そこでのベルモンドの気配がだいたい10年後に「仁義」のドロンに滲み出ているのではないかしら。

とか、いやまあ適当に考えてるだけですが。

***

ドロンに助けられる彼は
なんとなく蟹江敬三に似てる。

捜索シーンでずらりと警官を並べるあの過剰な感じと、イヴ・モンタンの幻覚シーンの「特撮」が、とってもメルヴィルな感じがしてよいわ



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする