atakaの趣味悠久

ウォーキング、ウォーキング途中で出会う野鳥、草花の写真、その他、趣味について記載

コスモスのカワラヒワ

2017年10月08日 06時04分46秒 | カワラヒワ



(上の写真クリックで拡大、左上の←で戻る)

 コスモスにカワラヒワが留まった。
 コスモスの花の花びらが散った後の実を食べに来たのだ。
 カワラヒワもコスモスの中に入るので大部分は枝越しにしか見えない。
 時々全身が見える所に出る事がある。
 コスモスの花とカワラヒワは比較的撮り易い。
 



(上の写真クリックで拡大、左上の←で戻る)



(上の写真クリックで拡大、左上の←で戻る)




(上の写真クリックで拡大、左上の←で戻る)







(上の写真クリックで拡大、左上の←で戻る)

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 Blog Ranking

写真(植物・花) ブログランキングへ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

河原のマヒワ  訂正 河原のカワラヒワ

2016年07月13日 06時31分34秒 | カワラヒワ



 「河原のマヒワ」としていましたが、確認した結果、「マヒワ」では無く、「カワラヒワ」の幼鳥だとのことです。
 胸に黒い縦縞模様があったので、マヒワと即断してしまいました。
  11月にマヒワを撮ったので、気に成り、もう一度見直しましたが、マヒワとは違う感じでした。
  野鳥に詳しい知人に尋ねたところ、カワラヒワの幼鳥だと云う事でした。
  改めて訂正し、間違いをお詫びいたします。
  前の文章も削除せずに残しておきます。

 (以前の文)
 河原の運動場の草原にマヒワが居た。
 カワラヒワが餌を啄んでいると思って居た。
 カワラヒワを撮ったつもりで居たが胸の模様が気になった。
 マヒワにしては細身だが、どう見ても胸の模様がマヒワである。
 今の時期、河原にマヒワが居るとは思っても見なかった。

マヒワ
 ・スズメ目スズメ亜目アトリ科ヒワ亜科カワラヒワ属マヒワ
 ・夏季ヨーロッパ北部やアルプス山脈、中国北東部やウスリーで繁殖
 ・冬季はアフリカ北部、ヨーロッパ、中国東部、朝鮮半島、日本で越冬
 ・日本では冬季に越冬のため飛来する
 ・北海道や中部以北で繁殖する(留鳥)
      (Wikipedia)より












にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 Blog Ranking

写真(植物・花) ブログランキングへ





コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

桑の木のカワラヒワ

2016年05月25日 10時31分25秒 | カワラヒワ



 実が熟し始めた桑の木に、カワラヒワがやって来た。
 ムクドリやスズメは黒く熟した実を食べるが、カワラヒワは余り熟していない赤い実を食べている。
 普段は警戒心が強く、直ぐ逃げるカワラヒワだが、桑の木では実を食べたいらしく、直ぐには逃げずに実をたべていた。

 カワラヒワ
  ・スズメ目アトリ科カワラヒワ属
  ・くちばしがインコの様に分厚かったので、初めはインコが逃げて野生化したのかと思った。
  ・太目の嘴は種子食の小鳥の特徴。
  ・オスとメスとでは体の色が異なる。














にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 Blog Ranking

写真(植物・花) ブログランキングへ








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カワラヒワの飛ぶ瞬間

2012年04月22日 08時15分43秒 | カワラヒワ

 カワラヒワの飛び立つ様子が撮れた。
 地面にいる時は暗緑色の色だが飛んでいる時はこんなにカラフルだとは思わなかった。
 河原から飛び立つところを堤防の上から撮ったのがよかった。

カワラヒワ
 ・スズメ目アトリ科ヒワ属カワラヒワ
 ・留鳥

















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へにほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツイッター

<script type="text/javascript" src="//platform.twitter.com/widgets.js"></script>

ブログのアクセスカウンター