atakaの趣味悠久

ウォーキング、ウォーキング途中で出会う野鳥、草花の写真、その他、趣味について記載

昼咲き月見草

2018年05月23日 12時38分14秒 | 

Canon Eos kiss x6i & EFS 55-250mmレンズにて撮影 (上の画像クリックで拡大。左上の←クリックで元に戻る)

 昼咲き月見草が咲いている。
 アメリカの月見草だ。
 所々の道端に野生化しているものもある。


 ヒルザキツキミソウ
  ・フトモモ目アカバナ科マツヨイグサ属ヒルザキツキミソウ種
  ・北米原産の帰化植物
  ・名前の由来は昼間も開花して居る事による











にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 Blog Ranking

写真(植物・花) ブログランキングへ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森のキビタキ

2018年05月23日 05時46分08秒 | キビタキ

BORG89EDレンズにて撮影 (上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)

 好い声で囀る森のキビタキ。
 渡りの途中で森に立ち寄る鳥だ。
 他の渡り鳥に比べて比較的長い間森に滞在する。
 オオルリ、サンショウクイ、サンコウチョウは一日の滞在。
 キビタキは3,4日滞在することもある。
 春の渡りのシーズンはそろそろ終わりだ。









にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 Blog Ranking

写真(植物・花) ブログランキングへ





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小判の様な小判草

2018年05月22日 08時39分36秒 | 

Canon Eos kiss x6i & EFS 55-250mmレンズにて撮影 (上の画像クリックで拡大。左上の←クリックで元に戻る)

 道端に小判草の草むらがあった。
 沢山の小判がぶら下がって居る様だ。
 辺り一面が小判草になるので繁殖力が強そうだ。



 小判草
  ・イネ目イネ科コバンソウ属コバンソウ種
  ・コバンソウ属の1年生植物
  ・ヨーロッパ原産












にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 Blog Ranking

写真(植物・花) ブログランキング





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森のサンコウチョウ3

2018年05月21日 05時59分40秒 | サンコウチョウ

BORG89EDレンズにて撮影 (上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)

 サンコウチョウの雌、
 雄の様に尾に長い羽が無い。
 尤も雄の長い尾も繁殖期が終われば抜け落ちる。
 秋に南へ渡るときはオスもメスも尾が短い。
 アイリングは雌雄とも同じく青い。
 








にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 Blog Ranking

写真(植物・花) ブログランキングへ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒岩涙香 「活地獄(いきじごく)」2

2018年05月20日 16時41分19秒 | 



 5月20日 黒岩涙香の「活地獄」第二十回を掲載しました。
 明治35年(1890年)新聞「都新聞」に連載されたもので、ボア・ゴベイの「活地獄 一名大金の争い」の訳です。
 

**「活地獄」のあらすじ
 *破産しかけた銀行に当面必要な三十五万フランの金を作ろうと、博奕に手を出した柳條健児。
 *折角勝ち取った金をもう一歩のところで、ドイツ士官に取り返されてしまう。
 *片目、片腕の傷痍軍人であるドイツ士官は柳條を苛立たせ、平常心を失わせて博奕に勝ったのだ。
 *博奕が終わった後、ドイツ士官は柳條が士官を侮辱したとして、決闘を申し込んで来た。
 *片手、片目の身の不自由な人とは決闘をする気はないと断るが、それなら貴方が片目を隠し、片腕を縛って同じ条件になれば好いと言い出す。
 *幾等断ってもしつこく決闘を云い張るので、柳條は仕方なく決闘を受ける。
 *決闘方法はナイフを武器に馬車の中で何方かが死ぬまで行うという恐ろしい方法だった。
 

 黒岩涙香の「活地獄」を読む方は下の 
 「活地獄」をクリックするか下のURLの
 「トシのウォーキング&晴耕雨読」からお入りください。
  http://www.tosi-w.com/
  

「活地獄」



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めてのアケボノフウロ

2018年05月20日 06時44分53秒 | 

Canon Eos kiss x6i & EFS 55-250mmレンズにて撮影 (上の画像クリックで拡大。左上の←クリックで元に戻る)

 道端の花壇のピンクの花。
 花や葉の形はゲンノショウコに似て居る。
 西日本の赤花ゲンノショウコかなと思った。
 少し調べたらアケボノフウロという花があった。
 花壇に咲いていたのでアケボノフウロとしておく。


 アケボノフウロ
  ・フウロソウ科フウロソウ属
  ・欧州からコーカサス原産
  ・花期 4月から7月








にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 Blog Ranking

写真(植物・花) ブログランキングへ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピンクのバラ・ナイナ

2018年05月19日 12時53分20秒 | 

Canon Eos kiss x6i & EFS 55-250mmレンズにて撮影 (上の画像クリックで拡大。左上の←クリックで元に戻る)

 5月は次から次と色々な花が咲く。
 紹介が遅れている間に盛りが過ぎる。
 薔薇の花も沢山咲いているが盛りが過ぎて仕舞った。
 そんな中で少し北向きのピンクのバラ、ナイナが盛りだ。









にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 Blog Ranking

写真(植物・花) ブログランキング




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森のサンコチョウ2

2018年05月19日 05時55分56秒 | サンコウチョウ

BORG89EDレンズにて撮影 (上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)

 森のサンコウチョウ。
 サワラの木が好きらしい。
 サワラの樹の近辺を飛び回って虫を捕って居る。
 後一日二日で森への立ち寄りも見られなくなりそう。









にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 Blog Ranking

写真(植物・花) ブログランキング





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キショウブ

2018年05月18日 07時46分10秒 | 

BORG89EDレンズにて撮影 (上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)

 紫色のアヤメより少し遅れて咲くキショウブ。
 今の時期あちこちで咲いている。
 日が上がった直後で無いと花びらが萎垂れる。


 キショウブ
  ・アヤメ科アヤメ属キショウブ種
  ・西アジアからヨーロッパ原産
  ・花期は5月から6月、アヤメや花菖蒲と同じ
  ・明治から栽培されていたものが全国の水辺や湿地、水田脇などに野生化
    (Wikipedia )より  










にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 Blog Ranking

写真(植物・花) ブログランキングへ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森のサンコウチョウ

2018年05月17日 05時50分42秒 | サンコウチョウ

BORG89EDレンズにて撮影 (上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)

 お昼近くに何時もの森に行って見た。
 ホイホイホイ、ホイホイホイの囀りが聞こえた。
 サンコウチョウが来ていた。
 前回は40から50mくらい先の所だった。
 今回は30位のところにも来た。
 薄暗い所を素早く動き回るのは同じだ。









にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 Blog Ranking

写真(植物・花) ブログランキングへ






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青空に映える白いヤマボウシ

2018年05月16日 05時39分02秒 | 

Canon Eos kiss x6i & EFS 55-250mmレンズにて撮影 (上の画像クリックで拡大。左上の←クリックで元に戻る)

 ヤマボウシの花が白さを増し大きく成って来た。
 蕾の様な苞がはじけた時は小さく緑色をしている。
 緑色をしていた苞が花びらの様に白く大きくなってきたのだ。


 ヤマボウシ
  ・ミズキ科ヤマボウシ属ヤマボウシ亜属ヤマボウシ種
  ・本州、九州、朝鮮半島、中国に分布
  ・水はけが良く常に水がある場所を好む
  ・花期は五月から六月
  ・花びらの様に見えるのは総苞 












にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 Blog Ranking

写真(植物・花) ブログランキング





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青いアイリングのサンコウチョウ

2018年05月15日 12時17分14秒 | サンコウチョウ

BORG89EDレンズにて撮影 (上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)

 青いアイリングの尾の長いサンコウチョウ。
 たまにホイホイホイと囀る。
 去年と同じ日に出会った。
 尾が長すぎ、全身を入れようとすると体の部分が小さくなる。


 サンコウチョウ
  ・カササギヒタキ科サンコウチョウ属サンコウチョウ種
  ・日本、台湾、フィリッピンのバタン島とミンダナオ島に分布
  ・日本には夏飛来し繁殖
  ・日本で繁殖した固体の多くは冬季中国南部、スマトラに渡り越冬する
  ・食性は昆虫食で林内で飛翔中の昆虫を捕食する
     (Wikipedia参照)










にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 Blog Ranking

写真(植物・花) ブログランキングへ





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハコネウツギ

2018年05月14日 07時37分36秒 | 

Canon Eos kiss x6i & EFS 55-250mmレンズにて撮影 (上の画像クリックで拡大。左上の←クリックで元に戻る)

 何時の間にかハコネウツギが咲いている。
 咲き出しは白で、段々赤みを帯びていく。
 空木の中では咲き出しが一番早い。
 赤い花が交っているので咲き出して一週間は経った感じだ。


 ハコネウツギ
  ・スイカズラ科タニウツギ属ウコンウツギ種
  ・日本各地に自生する
  ・花期は5月から6月
  ・かつて箱根地方に多く見られたので命名された
    (Wikipedia)より










にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 Blog Ranking

写真(植物・花) ブログランキングへ




 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長い尾のサンコウチョウ

2018年05月13日 07時15分49秒 | サンコウチョウ

BORG89EDレンズにて撮影 (上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)

 やっと尾の長いサンコウチョウに出会った。
 森の中の遠くて高い木の間を、彼方かと思えば此方と、忙しく飛び回った。
 何所に留まったか見つけるのも一苦労だ。
 尾が長く、枝で二分三分される。
 全身枝に邪魔されずの絵は中々撮れない。


 サンコウチョウ
  ・カササギヒタキ科サンコウチョウ属サンコウチョウ種
  ・日本、台湾、フィリッピンのバタン島とミンダナオ島に分布
  ・日本には夏飛来し繁殖
  ・日本で繁殖した固体の多くは冬季中国南部、スマトラに渡り越冬する
  ・食性は昆虫食で林内で飛翔中の昆虫を捕食する
     (Wikipedia参照)










にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 Blog Ranking

写真(植物・花) ブログランキング




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

待てをするスイカズラ

2018年05月12日 17時39分32秒 | 

Canon Eos kiss x6i & EFS 55-250mmレンズにて撮影 (上の画像クリックで拡大。左上の←クリックで元に戻る)

 両手を広げて、「待て待て」をする様なスイカズラ。
 見る方向によっては、水木しげる の一反木綿の様にも見える。
 咲き始めは真っ白だが、段々黄色い花になる。


 スイカズラ
  ・マツムシソウ目スイカズラ科スイカズラ属スイカズラ種
  ・日本全国、東アジア一体に分布
  ・別名 忍冬(にんどう)
  ・名は古くは花を口にくわえて甘い蜜を吸ったことに因(ちな)む
  ・秋から冬に掛けての茎、葉は忍冬(ニンドウ)という生薬で、共に抗菌作用、解熱作用があるとされる
           (Wikipediaより)










にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 Blog Ranking

写真(植物・花) ブログランキングへ






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツイッター

<script type="text/javascript" src="//platform.twitter.com/widgets.js"></script>

ブログのアクセスカウンター