atakaの趣味悠久

ウォーキング、ウォーキング途中で出会う野鳥、草花の写真、その他、趣味について記載

黒岩涙香 島の娘(9)

2016年03月31日 07時52分36秒 | 



 黒岩涙香の「島の娘」を第九十話まで掲載しました。
 イギリスの作家、サー・ウォルター・ビサントの原作「Armorel of Lyonesse」を訳した作品です。
 1913年(大正2年)6月21日から1914年(大正3年)4月12日まで新聞「萬朝報」に連載されたものです。

 島の娘 第九十話までの概略

 蛭田江南が路田梨英や柳本小笛嬢の作品を盗作どころか、作品そのものを丸ごと、自分の作品として発表し、天才作家の名声を得ていることを知った網守子は、この事実を公にすることを決意する。
 蛭田江南が次に狙ってこき下ろした、柳本阿一の戯曲を、自宅で催すマチネーと呼ばれる試演会で発表し、その場で小笛嬢の詩や路田梨英の絵を世に出そうとする。
 蛭田江南は網守子のそんな意図も知らず、網守子主催のマチネーにやって来た。

 黒岩涙香の「島の娘」を読む方は下の 
 「島の娘」をクリックするか下のURLの
 「トシのウォーキング&晴耕雨読」からお入りください。
  http://www.tosi-w.com/
  

「島の娘」




にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 Blog Ranking

写真(植物・花) ブログランキングへ





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

水飲みシメ

2016年03月31日 06時39分11秒 | 野鳥



 シメが水飲みに来た。
 鋭いまなざしであたりを見廻す。
 水を飲むと直ぐ飛び去った。
 まだ集団で餌を啄んでいる。
 警戒心が強いのは相変わらずだ。
 人が近づくと直ぐ近くの木に飛び退く。

シメ
 ・スズメ目アトリ科シメ属シメ
 ・ヨーロッパ中部および南部からロシア南部を経て中国東北部、サハリン、カムチャッカ半島までのユーラシア大陸に広く分布
 ・北方で繁殖した固体は冬季南方へ渡る
 ・冬羽は肌色になる
 ・頭の耳に当たるところに耳羽がある
  (Wikipediaより)


 












にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 ブログランキング

写真(植物・花) ブログランキングへ



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

紫紺のムスカリ

2016年03月30日 07時37分38秒 | 



 田んぼの土手にムスカリが咲いている。
 比較的大きな群落になっている。
 庭や花壇に植えられていたものが逸出して、色々な所で見られる。
 大きな群落は次の年はちょぼちょぼに成る。
 掘られて持ち帰られるのか、連作を嫌って消失するのか定かでは無い。

 ムスカリ
  ・ムスカリ属の植物の総称
  ・ユリ目ユリ科ムスカリ属
  ・南西アジア、地中海沿岸に分布













にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 Blog Ranking

写真(植物・花) ブログランキングへ
 


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まだまだキクイタダキ

2016年03月29日 08時05分30秒 | キクイタダキ



 キクイタダキ、何時も見るのは二羽に成った。
 明日は居ないかも知れないと思いながら又行く。
 昨年の11月初旬から、殆ど毎日の様に見に行った。
 まだまだキクイタダキに居て欲しいが、もうそろそろ行ってしまうかな。













にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 ブログランキング

写真(植物・花) ブログランキングへ



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

モクレンの花

2016年03月28日 08時12分36秒 | 



 モクレンの花が咲いている。
 コブシに似ているが花はコブシより大きい。
 コブシはいろいろな方向を向いて咲くが、モクレンは上向きに咲く。
 白い花、淡い紫、濃い紫といろいろな種類が有る。


 モクレン
  ・モクレン目モクレン科モクレン亜科モクレン属モクレン種
  ・白いモクレンはハクモクレン、花の内側が白く、外側が紫色の物はシモクレン
  ・中国南西部原産
    (Wikipedia)より

今日のハクモクレン(3月28日)






















にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 Blog Ranking

写真(植物・花) ブログランキングへ
 




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初めてのミソサザイ

2016年03月27日 06時14分56秒 | ミソサザイ



 初めてミソサザイを撮ることが出来た。
 子供の頃、田舎で何度も出逢ったことはあった。
 しかし、小さくて動きの速い鳥と言う記憶しかない。
 姿、形の見覚えは無かった。
 写真に撮って見て、今更、こんな色、形の鳥だったのかと納得した。

 ミソサザイ
  ・スズメ目ミソサザイ科ミソサザイ属ミソサザイ種
  ・日本では大隅半島以北に周年生息している
  ・日本に生息するに野鳥の中で、キクイタダキと共に最小の部類に属する
    (Wikipedia)より

















にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 ブログランキング

写真(植物・花) ブログランキングへ



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

雪をかぶったような雪柳

2016年03月26日 07時30分54秒 | 



 雪柳が満開だ。
 長く伸ばした枝に沢山の花を付けてしなっている。
 白い雪柳は名の通り、雪をかぶった様に見える。

 ユキヤナギ
  ・バラ目バラ科シモツケ亜科シモツケ属ユキヤナギ種
  ・中国原産との説もあるが日本原産と考えられている
  ・自生種は石川県で絶滅危惧種に指定されている。
  ・ピンクのユキヤナギは園芸品種
     (Wikipediaより)



















にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 Blog Ranking

写真(植物・花) ブログランキングへ
 


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

巣作りシジュウカラ

2016年03月25日 06時49分05秒 | 野鳥



 シジュカラが巣作りを始めた。
 数日前に巣箱に留まって、入ったり出たりして、中の様子を調べていた。
 巣を作る所として気に入ったらしい。
 せっせと巣の部材を運び始めた。
 こんなに肌寒い時期から巣作りを始めるのかと感心した。

 シジュウカラ
  ・スズメ目スズメ亜科スズメ小目シジュウカラ科シジュウカラ属シジュウカラ種
  ・日本や韓国を含む東アジア、ロシア極東に分布
  ・日本には4亜種が留鳥として周年生息
  ・抱卵期間は約二週間
  ・一度に7から10個の卵を産む
     (Wikipedia)より




















にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 ブログランキング

写真(植物・花) ブログランキングへ




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

紫紺の花大根

2016年03月24日 07時45分10秒 | 



 紫紺の花大根が咲いている。
 雑草化してあちこちに咲いているが、外国産の植物だ。
 本来は多年草との事だが、暑さに弱く、日本では一年草扱い。
 野に咲く花大根は毎年同じところに咲くので、多年草のような気がする。
  

 ハナダイコン
  ・フウチョウソウ目アブラナ科ハナダイコン属ハナダイコン
  ・夕方に非常に良い匂いがする
  ・和名は形と色が大根に似ていたためだが、大根とは別属
  ・中世から庭園などに植えられていたとされ、特に気候の寒いヨーロッパ北部のドイツ、イギリスなどでは良く親しまれる。
        (Wikipediaより)














にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 Blog Ranking

写真(植物・花) ブログランキングへ
 




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まだ居るキクイタダキ

2016年03月23日 09時09分54秒 | キクイタダキ



 キクイタダキがまだ居る。
 番になって行動している感じだ。
 数日間隔でしか水場に降りなくなった。
 人が居ないと降りては木に戻り、又水に入る。
 菊の冠はしまったまま開かない。

 キクイタダキ
 ・スズメ目キクイタダキ科キクイタダキ属キクイタダキ種
 ・頭にモヒカンのように黄色い羽が生えている
 ・興奮すると菊の花のように立つ
 ・オスの菊には赤い線が入る
 ・日本国内では最小の鳥の一種
 ・水浴びをする時以外は樹上で生活
     (Wikipedia)参照

















にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 ブログランキング

写真(植物・花) ブログランキングへ

にほんブログ村 トラコミュ 超望遠デジタルカメラによる花、野鳥写真へ超望遠デジタルカメラ




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

黒岩涙香 島の娘(8)

2016年03月22日 08時12分16秒 | 



 黒岩涙香の「島の娘」を第八十一話まで掲載しました。
 イギリスの作家、サー・ウォルター・ビサントの原作「Armorel of Lyonesse」を訳した作品です。
 1913年(大正2年)6月21日から1914年(大正3年)4月12日まで新聞「萬朝報」に連載されたものです。

 島の娘 第八十一話までの概略

 網守子に会った、貧困に喘いでいた画家路田梨英は、再起を誓って網守子のもとを去る。
 網守子はまだ梨英が、自分の書いた絵を蛭田江南に渡し、江南が自分の書いた絵として世に出していることを知らない。
 江南に付き纏(まと)われて、いらだっている網守子は、従妹藤子の元へ相談に行って、藤子の部屋に懸かっていた江南の絵を見る。
 その絵は紫瑠璃諸島の景色を描いたものだった。
 この絵は路田梨英が書いたか、路田梨英の下書きを借りて書いたものに違いないと、網守子は直感した。
 ある日、江南が網守子を訪ねて来た時、網守子は自分の書いた絵の手直しを江南に頼む。
 江南は絵筆を持って、絵の手直しをする振りをしたが、直すことはしなかった。
 江南が絵を書けないことを見抜いた網守子は、益々江南が路田梨英の絵を、横取りしていることを確信する。
 江南が他人の作品を横取りして、絵、詩、小説の三分野の天才として振る舞っていることに、義憤を感じた網守子は、江南の化けの皮をはがそうとする。
 
 黒岩涙香の「島の娘」を読む方は下の 
 「島の娘」をクリックするか下のURLの
 「トシのウォーキング&晴耕雨読」からお入りください。
  http://www.tosi-w.com/
  

「島の娘」




にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 Blog Ranking

写真(植物・花) ブログランキングへ





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コブシ咲く

2016年03月22日 07時08分20秒 | 



 コブシが花盛りになった。
 花の形、色、いろいろなコブシが咲いている。

コブシ
 ・モクレン目モクレン科モクレン属コブシ
 ・九州、本州、北海道および済州島に分布
 ・果実は集合果であり、握りこぶし状であることから「コブシ」の名が付いた


 

















にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 Blog Ranking

写真(植物・花) ブログランキングへ
 


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

木陰のトラツグミ

2016年03月21日 06時31分39秒 | トラツグミ



 初めて出逢った後五日経って、やっと又トラツグミに出逢った。
 中々出逢えなかったので、もう居ないかと諦めるところだった。
 木陰の奥の方に飛んだ鳥が有った。
 うろこの様なものが見えた気がした。
 しばらく経って、遠くの地面にトラツグミが見えた。
 日陰だったが、今回は比較的長く居てくれた。

 トラツグミ
  ・スズメ目ツグミ科トラツグミ属トラツグミ種
  ・シベリア東南部から中国東北部、朝鮮半島などに分布
  ・日本では留鳥として周年生息
  ・食性は雑食、ミミズや昆虫、木の実などを食べる
     (Wikipedia)より
















 

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 ブログランキング

写真(植物・花) ブログランキングへ

にほんブログ村 トラコミュ 超望遠デジタルカメラによる花、野鳥写真へ超望遠デジタルカメラ







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

白い沈丁花

2016年03月20日 08時33分23秒 | 



 白い沈丁花が咲き出した。
 ピンクの沈丁花より一か月近く咲き出しが遅い。
 白い花が好きな人が多いらしく、白い沈丁花も結構見られる。
 ピンクの沈丁花と同じく好い匂いを辺りに漂わせている。

 沈丁花(ジンチョウゲ)
 ・フトモモ目ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属ジンチョウゲ種
 ・原産地 中国南部
 ・日本では既に室町時代に栽培されて居たと言われる。
 ・日本にあるのは殆ど雄株で実が成らない
   (Wikipediaより)














にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 Blog Ranking

写真(植物・花) ブログランキングへ
 




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

換羽が始まったオジロビタキ

2016年03月19日 06時27分19秒 | オジロビタキ



 一週間見ないでいたら、オジロビタキの表情が変わっていた。 
 オジロビタキの換羽が始まったようだ。
 顔の羽毛が抜け始めて、顔の表情が変わっていた。
 夏羽の顔がどんな表情なのか見てみたい。
 だがすっかり夏羽に成るまで居るかどうかは分からない。

 オジロビタキ
  ・スズメ目ヒタキ科キビタキ属オジロビタキ種
  ・ユーラシア大陸の亜寒帯で繁殖
  ・日本で越冬する個体は少なく、殆どが雌か若鳥
  ・雄は喉が橙色、雌は喉は単色
    (Wikipedia)参照













にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村


FC2 ブログランキング

写真(植物・花) ブログランキングへ




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ツイッター

<script type="text/javascript" src="//platform.twitter.com/widgets.js"></script>

ブログのアクセスカウンター