2016年冬アニメ「僕だけがいない街」第1話の感想文

2016-01-10 23:40:20 | 2016年冬アニメ関連

今回はフジテレビ深夜アニメ枠「ノイタミナ」の新作「僕だけがいない街」の第1話を視聴したのでそちらの感想を書いてみたいと思います。

「僕だけがいない街」…ヤングエースで連載されている三部けいの漫画「僕だけがいない街」のアニメ化作品で、アニメ制作はA-1Picturesです。

蝶が見える演出が絡むとリバイバル現象が発動するという流れは分かりやすくて良かったです。さらに主人公の一人語りでどのようなことになるのかもちゃんと説明していたため、序盤での話の流れに納得がいき序盤のつかみは良好でした。後輩の女子校生がさりげなくついてきているところもポイントが高いです。

物語の核心は小学五年生のときの誘拐事件のようですが、1話では断片でしか語られなかったためどれほどのことだったのか、そして真犯人が別にいると暗示する展開、そして後半の衝撃の流れといい後半は一気に話が進み予想外のところで終わったため先が読めませんでした。アニメではこの昔の事件の真相を暴くところまでやるんでしょうか。

作画は普通です。特に良いとも悪いとも感じませんでしたが原作のトゲトゲしい絵柄に対しアニメでは若干抑えられていてその分女子校生が可愛くなっていたのでそこは評価したいです。BGMはほとんど無かったですが作品の雰囲気が重めなためBGMがほとんど無いほうが逆に合っていました。主題歌もあまり印象には残らなかったです。

総評

1話の全体的な感想としては、謎が多いけれど面白かったです。ちゃんと序盤で能力について説明しているし、最後の展開も予想外で先が読めないし期待できそうでした。まさにノイタミナ作品ぽい出来だったと思います。

1話の個人的評価としては、能力のことが分かってきたところでまさかの展開で続きが気になるので視聴継続のBランクです。


コメント   この記事についてブログを書く
« 2016年冬アニメ「ラクエンロ... | トップ | 2016年冬アニメ「だがしかし... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿