隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

テレビ Vol.391 『ドラマ 「リコカツ」』

2021年05月14日 | テレビ番組

隊長が観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第391回は、『ドラマ  「リコカツ」』をお送りします。

 

 


4月から始まった民放各局の連続TVドラマ(連ドラ)は、20数作品があるかと思います。その中で隊長が観始めたのは、11本です。


その “春の連ドラ” を批評するコーナーの一作目は、『イチケイのカラス』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dc16335f397adaf8cb35913a912b418e


二作目が、『珈琲いかがでしょう』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2aa0f134bfbc0dc0d3e5405159c0faa3


三作目は、『最高のオバハン 中島ハルコ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6fab7112d6ebfc73b0a4d7c792eff16c


四作目が、『ネメシス』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/047dc4249bbc00a74290a8654da867db


五作目は、『大豆田とわ子と三人の元夫』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5727c50492d4fa5678fb3a1c1078459a


六作目が、『恋はDeepに』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/74fd4e671ad9454b2beefa970040d4a3 でした。

 

今日ご紹介する『リコカツ』は、TBSテレビ系列「金曜ドラマ」枠で、4月16日から放送開始されました。放送時間は、毎週金曜日の22時~22時54分。


尚、「金曜ドラマ」の前作は、 『俺の家の話』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b245f99d74f9251db340601f493dc6c1 です。


脚本は、泉澤陽子のオリジナル作品。


泉澤陽子さん脚本のドラマは、2013年1月期 『あぽやん~走る国際空港』http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/aab985b809d37c382710160f84465585 を、取り上げています。


演出:坪井敏雄、鈴木早苗、韓哲、小牧桜。


主演は、北川景子と永山瑛太。


北川景子さんが出演する作品は、2010年3月公開映画 『花のあと』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fe69be2ee008e2d2b944addabba4e456 その他を、


永山瑛太さんの出演ドラマは、『Living』第2話 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/41a0764bdfb0c1eac9f063d90552642c その他を、紹介しています。


共演者:佐野史郎、三石琴乃、酒向芳、宮崎美子、平岩紙、高橋光臣、白洲迅、ほか。

 

 

第1話のあらすじ:水口咲(北川景子)と緒原紘一(永山瑛太)は、運命の糸に導かれるように結婚しました。出会いは、わずか3カ月前。雪山で遭難した咲を、航空自衛隊航空救難団の紘一が救助したのがきっかけでした。ファッション雑誌の編集者をしている自由奔放な咲と、厳格な自衛官一家に育った生真面目な紘一。性格は正反対ですが、結婚式では、二人で幸せな人生を築くと誓いました。


ところが、結婚式の翌日。咲は早朝4時に起床ラッパの音で起こされたうえ、紘一から緒原家の家訓を唱和させられます。会社で後輩のなつみ(大野いと)にこぼす咲。なつみからは笑われた挙句、元カレの青山貴也(高橋光臣)の方が良かったのではないかと言われてしまいます。


休日、紘一の提案で外食することになりましが、紘一はファッションから店選びまで何もかもセンスが違っていました。そのうえ自分の考えを押し付けてくるため、咲の不満が爆発。紘一も「思っていた結婚生活と違う」と大喧嘩になり、互いに「離婚」を言い放ちます。


二人は離婚を考えていることを緒原家の食事会で、紘一の両親に話そうとしましたが、母・薫(宮崎美子)と父・正(酒向芳)から先に、「自分たちは離婚する」と言われてしまいます。さらには、咲の父・武史(佐野史郎)と母・美土里(三石琴乃)の間にも不穏な空気が。。。

 

第4話までの感想:タイトルの“リコカツ”とは、「離婚に向けた活動」の意味です。“就活”、“婚活”、“妊活”、などに引き続き“リコカツ”もこのドラマで、広く世間に認知されるようになるでしょうか。


運命的な出会いをし、“交際ゼロ日婚”した二人。お互いのことを良く知らないで結婚したために、価値観の違いや、育った家庭環境の違いなどにより、離婚を決意するとは、ありそうな話しです。


そのありそうな話を、スタッフ・キャストの力で、見事“大人のラブコメディー”に仕上げています。コメディ作品という観点から、隊長が観始めた“春の連ドラ”では、一番面白い作品です。


脚本の泉澤陽子さん、脚本家の大御所・大石静の『大恋愛~僕を忘れる君と』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5df6aee78ac4e1f5162d171a6e3ae0ca のサブライターだったので、ヒット作品の本の書き方の極意を、大石静さんからその時に盗んだかも知れませんね。


米津玄師の書き下ろし主題歌「Pale Blue」も、ドラマの雰囲気にピッタリです。


キャストでは、北川景子さんの安定した演技力も魅力ですが、永山瑛太さんの造り過ぎと思わせる自衛官のキャラクター設定も見事です。オーバー過ぎて、自衛隊からクレームが来ないかと心配です(笑


脇役陣も適材適所でハマっていますが、残念なのは、ヒロインの父親役の佐野史郎さんが、病気治療のため第3話までで降板し、第4話から平田満(みつる)さんが代役として出演していることです。佐野史郎さん、29年前の同じ「金曜ドラマ」『ずっとあなたが好きだった』での怪演以来、好きな俳優さんです。このドラマでも、浮気性でツンデレ感のある武史役に注目していました。


平田満さんも同じく39年前の映画『蒲田行進曲』のヤス役以来のファンです。佐野史郎さんの強烈なイメージに対して、ヤスと同じ“気弱な”武史に見えて、家族の中で孤立している様子が窺える、平田満さんらしい演技になっています。


このドラマで他に注目しているのは、咲と紘一の新居が、隊長が住んでいる東京都文京区本郷の隣町「春日」に設定されていることです。第4話で、テーブルに広げられて離婚届に二人の住所が、「文京区春日三丁目10番地」と記載されていました。ところが、春日は二丁目までしかないのですが。。。


それと、お茶の水の「聖橋」や同橋の下の「湯島聖堂」に沿った歩道 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/03f4bb16b6d51caf3fcbbd7481f9cd17 が、ロケ場所として頻繁に登場します。普段は歩行者が多い場所なので、深夜にロケをしているのでしょうね。

 


尚、『リコカツ』次回・第5話「ついにホントの新婚生活、開始!?」は、今日・5月14日(金)午後10時から放送予定です。

 

 


==「テレビ番組」 バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~375 省略。

Vol.376 2021/3/22 『ドラマ「あなたのそばで明日が笑う」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/39b7709f68010f6dba03b44381de26b8

Vol.377 2021/3/26 『大河ドラマ「青天を衝け」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/077baa8a2c35892c6a42aa3777e38c7c

Vol.378 2021/4/2  『世界ふしぎ発見~上野公園は歴史のテーマパーク~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d67301d4dbaa7dfa2c5d7d2eae5fcd86

Vol.379 2021/4/8  『中国ドラマ「ミーユエ 王朝を照らす月」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3d9a66785d6004d48e3ef93b9813295c

Vol.380 2021/4/16 『笑ってコラえて!綾瀬はるか祭り!愛と戦いの10年の歴史』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/86e681826de8283b10e3dadbe346439f

Vol.381 2021/4/19 『中国ドラマ「紳士探偵L~魔都・上海の事件録~」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/81c55c9bac9e61b3c97e61be31438af9

Vol.382 2021/4/23 『ドラマ「エアガール」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a427e7574f3514ad95576fb72b674fab

Vol.383 2021/4/26 『ドラマ「イチケイのカラス」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dc16335f397adaf8cb35913a912b418e

Vol.384 2021/4/28 『ドラマ「珈琲いかがでしょう」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2aa0f134bfbc0dc0d3e5405159c0faa3

Vol.385 2021/4/30 『ドラマ「最高のオバハン 中島ハルコ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6fab7112d6ebfc73b0a4d7c792eff16c

Vol.386 2021/5/2  『朝ドラ「あぐり」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/49c3d8489d6f27f5daf15b9e26091e18

Vol.387 2021/5/4  『ドラマ「ネメシス」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/047dc4249bbc00a74290a8654da867db

Vol.388 2021/5/8  『にっぽん縦断 こころ旅「2021年春の旅」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/27b8e45fb48477fcd20765c929f79da9

Vol.389 2021/5/10 『ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5727c50492d4fa5678fb3a1c1078459a

Vol.390 2021/5/12 『ドラマ「恋はDeepに」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/74fd4e671ad9454b2beefa970040d4a3


コメント   この記事についてブログを書く
« グルメ325食 『栃木の酒 「モ... | トップ | スポーツ No.212 『有観客開... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

テレビ番組」カテゴリの最新記事