気ままな趣味の散歩道

趣味にまつわる話題を、デジカメ画像などを活用し郷土の写真、菜園と園芸、郵趣、版画と年賀状などを紹介してまいります。

初冬の牧之原茶園風景

2016-11-29 16:16:30 | 風景写真
 間もなく12月を迎えようとしていますが、三寒四温の気候のように暖かい日があり、一方では暖房をかけようとしている日もある静岡県気候です。

 本日、静岡空港に近い付近を走行中に、牧之原市と島田市(金谷地区)の境界近くの初冬の茶園を撮影しました。
 全国にも名の知れたこの茶園は何百年も前に栄西禅師によって中国から紹介されたお茶に始まると言われています。

 その広い茶園の一部ですが車を止め数か所で撮影して見ました。

   

   
          (来年春の新茶に向け、整備された茶園。)

 茶畑の中に無数に立つ扇風機のようなファンは、防霜ファンと呼ばれ、冬から初春にかけての霜対策のファンです。

   
       (近くによると、その手入れの様子がわかります。この先に来春新茶の芽が。)

 上の小画像小画像は、牧之原茶園からも眺められた掛川市の粟ヶ岳山頂にある「茶文字」。ここからも確認することができました。

コメント   この記事についてブログを書く
« ダイヤモンドリリーの加茂荘 | トップ | デジブックのアーカイブ⑩ 『... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

風景写真」カテゴリの最新記事